7/15 Bräymen 1周年Tour 「Category “Trip”~to First Destination~」名古屋公演 at 池下CLUB UPSET

 

そして、昨日はBräymenの1周年を記念した主催ツアーである名古屋公演を見に先週に続き、名古屋へ行ってきましたよっと←

 

・SHIVA

初見だったけど、鴾弥はyo-ka寄りのキリトって感じがあって、潤さんに恥かかせるなとかキ◯ガイになれとか、最後の曲でAdolfな振りのレクチャーで「今、ニヤッとした人は計算どおりです」とか喋り方や身ぶり手振りがキリト過ぎたし、今時、この路線やるの!?っていうくらいに王道な部分が強く、昔のDuelJewelに近い古なところあり、首吊りや血糊とかな演出もあったけど、鴾弥がラーなだけあって振りとかもそうだし、中盤でPIERROTっぽい曲もあったし、ラーな人は一回見た方が良いと思えるバンドで、懐かしい部分も含めて楽しかったし、これは、また見てみたいですね。

 

こうして、Bräymenの主催で潤に近づけてるし、yo-kaや公大に続いて、キリトに近づくキリターなボーカルは多分、鴾弥じゃないかなって思わせる力があったし、いつかやってほしいであろうラー麺による対バンがあったら、是非とも出てほしいなあと。

 

・Leetspeak monsters

そして、1ヶ月ぶりで目当てのリートね。

セトリは、ビギニング、デボウワ、ワンダラ、13フライデー、マンション、スパイス、黒梟、モンパで、スパイスが聴けたのが嬉しく、ヨッシュのギター・ソロも良かったし、ヘドバンできる楽しさもカッコ良かったし、MCにおいては、ヨッシュの物真似がサンプラザ中野でランナーと、もののけ姫のモロで、モロを強制的にヨッシュにやらすドメさんは、さりげなく王子の後ろに回ってたりして、ワンさんの時に王子がいつものようにツボって笑ってたし、モロを強制されるヨッシュの驚いた顔も面白かったし、ワンさんで中国人みたいな喋り方を思いつくワンワンの対応力の速さも凄かったし、ランナー歌うヨッシュは、歌詞が分からなくて、途中から「にゃにゃにゃ~」になってたり、昨日はカメラ越しに手を振ったドメさんが一番楽屋でウケてて、ヨッシュが事故ったとさりげなく負けず嫌いなドメさんが見れたり、昨日は事故ったヨッシュのミスチルの物真似を潤さんが採点してくれたとか、SHIVAの子と一緒にブレメンのステージ上がろうとしたとか、お前達にブレーメンさんが救えるかと煽ったり、最初から噛んだりしていたヨッシュとかも面白くて、今日も王子は動いて笑うだけで可愛く、レコーディングの後で少し痩せた印象を受けましたね。

 

・-SET LIST-/The Beginning/Devour weak self /Wonderland/-MC-/Haunted Mansion/-MC-/13th Friday night/Spice of life/-MC-/Black owl/Monster's party

 

・REIGN

そして、本当に久しい感じのレインね。

6年というキャリアにもなってきているだけ今日一の盛り上がりと動員があったんじゃないかなと思えるくらいに一体感とか勢いの中に確かな安定感もありで、だいぶ成長したんだなってことが分かって今まで毛嫌いしていたけど見直したくなるくらいに良いライブをしていて、少し好きになれそうだなと思った。

 

・Bräymen

そして、こちらも半年ぶりくらいのBräymenで、立ち位置が変わって、潤が上手、健希が下手になっていたんだけど、新衣装になってから気になってはいたけど、今の衣装だと健希が女形な雰囲気で良い感じに美人さんで可愛いなあってところで、音も演奏も1年経て、一層にPIERROTというか潤らしいミドルテンポが多く、ソロこそ潤がメインとはいえ健希もソロからテクニカルなバッキング多めでYU-TAの男らしいコーラスも一層にインテリヤクザなAKiの確かなリズムのドラムも良かったし、SaToRuもフロントマンとして歌だけじゃなくて振りや乗せ方がしっかりと上手くなってきた印象だったし、元よりベテラン勢な感じだけどバンドとして確かな成長をしているのが感じられるカッコいいライブで、MCで、リートさんに救われたとちゃんと拾っていたのも良かったです。

 

・-SET LIST-/最低な今日に花束を/No.9/Quintet/Suicide/Bug Ringo/Drop/ユララユラ/MIST/Shadow Speaker

 

アンコールは無かったけど、どのバンドも持ち時間長めらしくバラエティに富んだ楽曲で、それぞれの魅せ方をしっかりできていて、珍しい組み合わせもあって、リート目当てとはいえ、刺激的な4マンでした!! お会いした方々も参戦された方々もお疲れ様でした!!

 

7/13 NoGoD×えんそく 2MAN TOUR 「14年目の聖戦」 at 高田馬場CLUB PHASE

 

そして、土曜日は、久しぶりに癒着なフェイズでNoGoDとえんそくのツーマンでツアーファイナルを見に行ってきました、はい。

 

・NoGoD

名古屋のとおりに先攻がNoGoDで、セトリとして真実の花を久しぶりにやってくれて、タオルを使うのも含めて久しぶりだったし、モンキーダンスなDREAMERや回るTonight!も楽しかったし、最初のほうのセトリ以外は楽しかったし、今日はネタ潰しのクラオカさんは登場せず、Kyrieもんも帽子じゃなくてコルセットからペンを取り出していて、大丈夫かな?と確認する団長、ペンでなく糞麺として説明し出してからのクラオカさんが登場で団長にベタベタに絡んでたのが面白かったw

 

MCでは、団長がぶうさんと自分の共通点は長いことやってきて、リスペクトしてくれる後輩が誰も居ないことだそうで、双方で奇をてらった感じに好き勝手やってきたからとのことで、「君たちがバンドをやって、好きなバンドにNoGoDやえんそくをあげてくれればいい。年間で何本行ってるか知らないけど、それだけ沢山行けるならバンドできます。」って言ってたのが面白かったw

 

・-SET LIST-/Curtain Rises/Masque/Borderline/真実の花/far away/ヘンリエッタ/-MC-/Arlequin/This is a pen.(糞麺としてクラオカさん登場)/DREAMER/Tonight!/最高の世界/机上の空論(セッション)

 

 

・えんそく

そして、後攻のえんそくちゃんね。

急遽とはいえ、マッケンローで、じょいさんは今日も、ぶうさんのキ◯見てたし、クラオカさんのストラップが外れて下がったところに前へ出てきたり、終末が未遂で急遽のマッケンローをやると言ったり、今日はリーダーの対応力の速さが凄いところを見せ付けられた感じで、流石、リーダーだなと改めて思ったし、パワーはサビのサの字も無いところからゴードンだったり、最後に宗教を本編で忘れてしまうぶうさんに、同期がおかしくなって宗教の最後が長かったり、トラブルが多かったのが印象的で、クラオカさんのマイクが名古屋に続けてインカムじゃなくなってて手が銀ピカになってましたね。

 

MCでは、時事ネタとしてジャ○ーさんに関して、僕を見出せなかったのが惜しいとか田○じゃなくて、僕が入っていれば、カブー○になってたとか言ってたのが面白かったww そして、団長の中堅どころという話で後半が居ないのに中堅というのはおかしいとか、このままいったら、それはそれで凄いとか団長のMCも拾うとこ拾ってましたねww

 

・-SET LIST-/神様は盲点色/ブルーハーツ/夜泣く!!噂の赤ん坊少女/-MC-/THE POWER~ゴードン/-MC-/万国深層大サァカス(改造Ver.)/Society finch for teen./-MC-/終末を知らない大人たち(中断)/とってもマッケンロー/放課後毒電波クラブ/少女戦闘員M、踊る。/最後のえんそく/-ガンダーラ-/僕の宗教へようこそ/机上の空論実行部隊(セッション)

 

・セッション

アンコールのセッションは、NoGoDの机上の空論と、えんそくちゃんの机上の空論実行部隊をファイナルらしく両方やって、演奏はリズム隊はそれぞれ入れ替わってたもののギターは、じょいさんとKyrieの2人で弾いていて、じょいさんは安定のShinnoさんパートがメインでして、曲が始まる前に今日も、じょいさんは孝介とK君に痴漢されてたし、Kyrieの帽子は今日もクラオカさんに取られてからのリーダーが被ったり、今日もじょいさんの後ろは電車ごっこに、ぶうさんは手押し車で、また負けては最後まで持たずで、Shinnoさんがカメラマンで、じょいさんの後ろからゾンビみたいに写るSINさんだったり、団長の動きをクラオカさんがやると別ものだの、ぶうさんがやるとナイフでもドスだとか言われてたり、最後の最後まで情報が多くて面白かったですww 

 

こんな感じで、最後の最後までわちゃわちゃしたツーマンで面白く楽しかったし、今度は行ったことないようなところでやってほしいと思う次第で、お会いした方々も参戦された方々もお疲れ様でした!!

7/12 DADAROMA presents 3MAN LIVE「ジャパニーズ・ゾンビ・コロッセオ」 at 青山RizM

 

金曜日は面接からの初めての箱で青山RizMへDADAROMA主催の3マンを見に行ってきました!!

 

・モンストロ

初見。

煽るだけ煽るも最終的に、どういう形でも好きなように見てくれればいいみたいな感じの緩さで、荒ぶるベースと後ろからちょいちょいニコニコなドラムが印象的だった。あとは曲のインパクトが、もっと欲しかったところあるけどジャジーに聴かせるのもあったし、これからかなあ。

 

・えんそく

今日はクラオカさんのインカムが戻ってたけどテープでぐるぐるなのは変わらなかったし、衣装も壊れてきてるみたいだし、夏のツアー持つんかなとか、リーダーも最初の方でクラオカさんとあたふたする感じあったし、トラブってたんかな?っていう部分がありつつ、セトリとしては、平日で金曜日ということでチェンソーがあったり、墓地やデジデリオといった魅せるところで魅せられる曲もあったりしたのが良かったし、デジデリオはクラオカさんのリフも良いけど、じょいさんのカッティングも好きだから両方見たくなる。

 

MCでは、DADAROMAのよしあつのお立ち台が高すぎて一段追加したら、モンストロのベースに邪魔と言われるもボーカルには楽でしたと言われたぶうさんで、使用者のよしあつも使ってて高いと言ってたらしく、おまえが設計したんじゃないのかwとツッコんでたのが面白かったw

 

あとは、あの頃のオカルトが帰ってきたというコンセプトの衣装と説明した上で、じょいさんだけ趣味扱いされて、JKみたいに手を広げてポーズするじょいさんで、アイツ町の歌詞も超能力者じゃなくて女装家に変えられてましたね。

 

・-SET LIST-/机上の空論実行部隊/金曜日のチェンソー/-MC-/アイツが町に帰ってきた/世界の墓地からこんにちは/デジデリオ/-MC-/放課後毒電波クラブ/12モンスターズ

 

・DADAROMA

こてつパパが加入してからは初で久しぶりに見たけど、よしあつは表情が蜉蝣の大佑過ぎると改めて思った。 最後にやった曲がスワンのCALL MY NAMEに似てたのとバラード以降の照明が綺麗だったし、箱のritmは雰囲気としてREXに近いところがあったし、フロアに降りてきて煽る感じもあったりで、この手は好きな人こそ好きだろうなあってところで、MCにおいて、えんそくの皆さんは、こてつパパが前のバンドで事務所一緒でお世話になったから誘ったとちゃんと振れていたのが嬉しかったところで、ぶうさんの置いた踏み台が邪魔と言ってどけたり、お立ち台が高いと言っていたのが面白かったww

 

こんな感じでアンコールは無く3マンは終わりましたが、えんそく目当てとはいえ、いつもと違う面子で見られる面白い対バンで今後もこういうのをやっていくなら、今のダダロマちゃんも気にしていきたいところで、参戦された方々もお会いした方々もお疲れ様でした!!