このページをご覧いただくには最新のFlash Playerをインストールし、JavaScriptを有効にする必用があります。
★書籍ビックリマーク
○心理学でチルアウト-心理学の論文の読み方-
☆発売中ビックリマーク
定価:¥2,000+税



○プロスポーツ選手の引退【非自発的役割離脱への社会心理学的アプローチ
☆発売中ビックリマーク
定価:¥2,000+税



★掲載情報ビックリマーク
光文社「FLASH」 5/10&17合併号(4/25発売)
心理学者としてインタビュー掲載


★TVレギュラービックリマーク




「The Girls Live」  ※ナレーション
テレビ東京 毎週(木)25:00~25:30 放送 
BSジャパン  毎週(日)25:00~25:30 放送


※お仕事のお問合せはこちらまで↓
アップフロントクリエイト TEL/03-6230-2811


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-01-22 23:02:44

ありがとうございました

テーマ:ブログ

18日 通夜

19日 告別式でした。

母は15日に亡くなりました。

 

わたしはきっと15日なんだろうな、となぜか知っていました。

母も知っていました。

二人で緩和病棟の病室のカレンダーをみながら、

「15日には退院ね」と一度だけ話したことがありました。

でも母は、本当に元気になって退院するつもりだったと思います。

 

 

元日から毎朝、日の出をみることにしました。

ビル群の向こうがピンクの日もあり、

オレンジの日もありました。

朝の6時28分頃に必ず朝はやってきてきました。

私などが何を思おうと、滞ることもなく、

着実に終わりにむかって進んでいくのを感じました。

 

 

 

 

 

 

 

待つこと。

それが緩和ケアならではの静かな苦しみでした。

なにも治療はしないので、ただその日がくるのをみんなが

職場で家で病室で、ただ待つのです。

迷いや葛藤がつきまといます。

 

看護師さんたちは本当に立派な方々でした。

 

 

わたしは病院地下の売店で新生児用の枕を買って母のベッドの足元に置きました。

母を看にきてくださる看護師さんの顔がほころんでくれたらいいな、

そしたら意識混濁状態の母にもいいな、と思ったのです。

 

 

 

 

皆さまありがとうございました、

 

 

仕事でご迷惑をかけてしまった方、

申し訳ありませんでした。

 

励まして言葉を下さった方、

葬儀に来て下さった方、

泣いてくださった方、

いろんな方のお顔がみえます。

 

ありがとうございました。

明日からまたがんばります。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(45)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース