コウメイ日記(仮)part2

ブログの説明を入力します。


テーマ:

運動会から数日後
今度は支援学校の見学会がありました。

今の気持ちで
進路は地元の中学校。

ただ卒業までに
何かあるかもしれないから
念には念のため
見学会に参加しました。

実は小6の子がいる先輩ママが
6月に支援学校の見学会に行っていて
別校区ではあるものの
少しでも情報をもらおうと
8月末にランチをした時
「6月の見学会からわりとすぐに
進路をどうするのか学校に聞かれた。」
と言われ、今回の見学会に参加をする
後押しになりました!

コウメイは学校休みたくない!
というので私だけで参加しましたが
ほとんどが親子参加、
そのうち数組は父親も来ていたり
(支援学級なのか)学校の先生が
来ているところもありました。

前半は授業の様子や施設の案内、
後半はカリキュラムの説明。


見学会に参加した正直な感想は


支援学校っていいな。

と思ってる自分にびっくり。



改めて支援学校なだけあって
自立・就労に向けての支援が
充実しているところは魅力的。
あと先生の数も多い!

今、コウメイに足りないところである
支援体制がここでは整うのか…と実感。

ただ、子ども同士の関わりは
どうなんだろう。

地元の中学を希望する理由は
健常児との関わりを三年延ばす。

今のところ学校へは
楽しく通ってはいますが
子ども同士の関わりとしては
低学年ほど密ではなくなってきています。

尚且つ(支援の)先生からの情報が薄くて
本当に楽しめてるのか分からない。

コウメイが低学年の時は
よほどの理由がない限り
地元の中学校へ行かせる!
と思っていたのに
高学年になってみて
健常児との関わりを
意地になって続けなくても
いいのかなと揺らぎ始めました。


支援体制をとるのか

人間関係をとるのか


細かいことも含めても
比べようがなく
これから一年かけて
答えが出せるのだろうか。

ま、悩んでても仕方ないので
周りに聞きまくる作戦として
(小学校を選ぶときにした作戦)
まずはじめにちょうど
小児科の定期受診があったので
専門家のご意見を伺ったところ

「面倒を見てくれる子がいないなら
支援学校の方を勧めます。」

やはり段々と会話に入れないとか
部活に入れないとかあって
学校生活を楽しめなくなるよ
とのことでした。

内気なコウメイは
自分から話しかけられないからなー
でも一人でも過ごせていけそうやけど
(一人っ子の強み)
それって地元の中学に行かせる意味がある?

となりました。


一人でぼ〜っと過ごすなら
人の目が行き届く支援学校の方がいいのかな。





AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。