ここ最近の報道等にあるとおり、私は自分の良心に従って行動しました。

昨日(24日)、本会議で令和3年度予算等を可決し閉会した後、兵庫県議会自由民主党議員団の幹事長宛に退団届を提出しました。

そして本日(25日)、11人で新しい会派の届出をし、夕方に齋藤元彦氏に知事選挙への出馬要請を行いました。



ポストコロナ社会の創造、若い力で兵庫県の持つポテンシャルを活かす、突破力と実行力、その為には齋藤氏が最適任の候補者であると思います。


彼は自民党の候補者として出たいと伺いました。

その為に、議員団内での「知事選挙等検討調査会」で議論の俎上に載せて、金澤副知事とどちらが候補者として相応しいか議論を深めたかったのですが、井戸知事が退任表明された12月11日、突如その日に結論を出すと言われ、そのことに反対しましたが全く敵わず、結論を出されました。

その再検討を求めて申し入れをしましたが、「結論は出ている・再検討はしない」との回答で、我々は退団することに至りました。議論の余地はあると今でも思っています。


金澤副知事は人柄も良く仕事もできる方で高く評価していますが、リーダーとしての資質、決断力・実行力・責任感を考えた時、齋藤元彦氏が適任者であるいうのが、私の結論です。

今日、齋藤氏に出馬要請をし、近日中に回答があると思います。しっかりと支えてコロナ禍を乗り越え、県民の幸せ・地元の発展・兵庫の発展のために全力を尽くしたいと思います。



またPCR検査の陽性反応者数が増えてきています。ご注意頂き、感染拡大防止策に取りながら、社会活動に取り組んで下さい。



投稿時間 令和3年3月25日 23:30


1年前の3月1日に県内で初めて新型コロナウイルス感染症の陽性者がでてから1年が過ぎました。

医療関係者を始め保健所職員、また緊急事態宣言の措置にご協力頂いている全ての皆様に心からの敬意を表します。

亡くなられた方々に哀悼の意を、罹患された方々の一日も早い回復を心からお祈り申し上げます。

 


2月17日から始まった2月議会(予算議会)も昨日で一般質問も終わり一区切り、今日はそれぞれの常任委員会、そしていよいよ予算特別委員会で来年度事業・予算の審議がスタートします。

来年度事業・予算(案)については次回以降のブログで紹介していきたいと思います(西播磨県民局管内の主要事業も含め)。



今日は朝早くから兵庫県旅行業協同組合・協力会の方々と現状を伺いながら意見交換。その後自民党県連で収録(青年局長として党歌「われら」の手話言語版)。10時30分から農政環境常任委員会でした。

有機農法について、先日たつの市内で行われた「有機農業と食育勉強会」に参加しました。主催者である「たつの自然農業クラブ」も兵庫県が勧める「環境創造型農業の推進」を目指し取り組まれていて、つい先日「ひょうご安心ブランド


」の認証を受けられました。有機農業の大きな流れが世界的に加速していてEUやアメリカが環境に配慮した農業への転換を掲げる中で、農水省としても2050年までに農地の25%(100万ヘクタール)まで拡大する方針を先月末に示されました。

コロナ対策でも出てきた「免疫力を付けること」「健康でいること」の基本は食です。有機農業の拡大を期待しつつ、地域の食材を・旬の食材を優先的意識的に摂ることが肝だと思います。この流れは大きくなっていくと思います。

 


テクノにバスターミナルが整備されていて、4月1日から供用開始します。これは播磨科学公園都市内の交通利便性を進めるためのものです。

来年度(令和3年度)には播磨道が中国道とつながり、人の流れが出てきます。テクノを魅力的なものにし、まちづくりが進むことを願っています。

供用開始に先だって1月に次世代モビリティを活用した西播磨Maas実証実験があり、超小型EV車・電動キックボードの乗車体験がありました。加田裕之参議院議員と末松信介参議院議員秘書の中西さんと共に伺い、体験しました。






コロナ禍で不要不急の行動が制限されましたが、それぞれの地域・職種・職場で切実な課題・要望を多くお聞きしました。少しでも改善・解決できるよう取り組んでいます。





 

 

投稿時間 令和3年3月3日 14:30

昨日から寒波で寒いですし、ところによっては雪が舞っていましたが、お変わりないでしょうか。

 

本日、新型コロナウイルス感染症対策調整会議が開かれ、政府に対して京都府・大阪府と連携して「緊急事態宣言」の発出を要請することが決まりました。

また、神戸市・尼崎市・西宮市・芦屋市の飲食店等に対する営業時間短縮の要請をすることも決まりました。

県立学校・社会福祉施設職員等への対策強化等についても措置されます。





1月6日から今日までの3日間、政務調査会でした。

この時期の政務調査会は、来年度(令和3年度)の主要事業について、各部局から説明を受け、それに対して質問や要望・確認をするものです。昨年9月に自民党会派から重要政策提言をし11月に知事申し入れをしたものがしっかりと反映されているか、個人的にも提案したものが反映されたか否か等でした。

農政環境副部会長として質疑進行も務めました。



 

その合間を縫って、6日に山本実たつの市長が来庁されたので、井戸知事・金澤副知事訪問に同席しました。

・揖龍南北幹線道路の御礼、またその新宮大鳥踏切以北の道路選定

・新宮高校の跡地利用

・山根川の改修工事

・高校生の通学対策

等々、お礼方々打合せ・熱心な要望・意見交換でした。

井戸知事もたつの市のことは特段ご存知で、あの橋が・あの道が・あの駅が、あの人が、と具体の話となりました。

 

地元の安心安全・発展・活性化の為、引き続き全力で取り組みます。

寒さ厳しき折、くれぐれもご自愛ください!

 

投稿時間 令和3年1月8日 21:40