1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2014年07月31日

数学

テーマ:お勉強
27日に参加した研修会は日本統計学会の統計教育分科会とスポーツ統計分科会ほかが主催する「第1回 スポーツデータアナリスティクス基礎講座プログラム」メモ

メインの講演は、慶應義塾大学理工学部の学部生小河君と大学院生中村君による『傾向スコアを適用した因果関係の検証 -データスタジアム提供プロ野球記録データに基づくバント効果の推定-』
photo:01


これは去年から始まった「スポーツデータ解析コンペティション」の優勝者によるプレゼンテーションです。
「スポーツデータ解析コンペティション」とは、スポーツ実データに基づく応用研究の促進と、その研究成果を現場に還元することなどを目的として、昨年から始まった取り組み。
今回の講演の研究も、実際のプロ野球でのデータを元に、「犠牲バント」をした場合としなかった場合を統計学的に分析して、その効果を検証するというもの。

個人的には、理学療法研究における因果関係の検証方法に関しては、まだ議論すべき部分や、統計学者から学ばなければならないところが多く残されていると考えています。
今回受講した講座のメイン・テーマの1つが「観察研究における因果への接近」。
「接近」という、数学者的ですが的を射た正確なスタンスに脱帽えっ
◯◯という統計手法を使えば観察研究でも因果関係を議論できる、と言い切った理学療法研究者とはレベルが違いすぎますショック!

講演にもあった「傾向スコア」も「観察研究でどれだけ因果に「接近」できるかという1手法ですが、その難解な内容にもかかわらず「犠牲バント」という(特に男性には)卑近な例を通じた解説や、応用過程での思考内容に関しては、初学者の下井でも十分に勉強になりましたにひひ

特に演者の学部生・大学院生のプレゼンテーションは素晴らしいものでした合格
くしくも7月22日(火)にTBS系列で放送された『生きざま大辞典』という番組で、あの林修先生が

「数学ができない人は、ものを教えるべきではない」

という主旨の発言があり、ちょっとした話題になったばかり。
(詳しくは林先生のブログを)
でも、彼のプレゼンテーションを聴く限り、林先生の言うことの説得力は抜群かと。


ただ、こう書くと下井は難解な統計手法を理解したんぢゃないかと思われるかもしれませんが、

学生:「ポアソン分布を仮定しない方がいいんぢゃないかと思うんですが」

女性教員:「そうね、それだとλ(ラムダ)が変わってしまうわね」

というような会話が漏れ聞こえる休憩時間ですら高度過ぎて、殆ど勉強になったかどうかわかりません…ガーン

なので、さらにお勉強カゼ

調査観察データの統計科学―因果推論・選択バイアス・データ融合 (シリーズ確率と情報の科学)/岩波書店

¥4,104
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2014年07月30日

立教

テーマ:ADL
大宮で昼から大衆酒場を満喫した後、池袋に移動電車
photo:01


向かうは立教大学走る人
photo:02


立教大学は、1874(明治7)年宣教師ウィリアムズ主教が聖書と英学を教える私塾を築地で始めたのが始まり。
1918(大正7)年、池袋に移転。
この時に造られた建物の1つが、正門の真正面にある本館。
photo:04

この本館(1号館)は米国聖公会宣教師アーサー・ラザフォード・モリス氏の寄付によって建てられたことから、「モリス館」とも呼ばれる立教のシンボル。
中央時計台の時計はイギリス・デント社製で、直径90cm。
動力は分銅式で、5日に一度、手で巻かれています。
東京都選定歴史的建造物だそうです。
立教大学HPより)

中庭に回ってみるとこんな感じ
photo:03

芝と蔦の緑と窓枠の白、そして空の青のコントラストが絶妙ラブラブ!
さらに中庭を進んで食堂前のテラスから見るとこんな感じドンッ
photo:05

喧噪の池袋から数分歩いて、毎日、こんな環境にいられると思うとなんとうらやましいえっ


最寄りの新幹線の駅からバスで30分時計
原子力発電所を彷彿とさせるデザイン性の全くない無機質な校舎の前の、狭い芝生の上で昼食を食べるのも一応同じ大学生なんだけどなぁしょぼん
これが「文化」というもの。

その本館をさらに奥に進むと、やはり池袋移転時に建てられた当時の寄宿舎(現2号館、3号館)があります。
photo:06

それらの建物をつなぐ廊下のアーチのデザインなんかも堪能しながら
photo:07

研修会会場に向かったのでした。
photo:08
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年07月29日

差向

テーマ:ADL
27日(日)はお勉強ととある先生の送別会で東京へ新幹線

研修会は午後からなので、土曜日同様、どこでお昼を食べるかが思案どころむっ
研修会会場の池袋も考えたのですが、池袋に行くのに乗り換える大宮といえばいづみやさんクラッカー
photo:01
(写真見切れてすみませんカゼ

大宮東口駅前にある大衆酒場。
お昼はこんな感じで暖簾が掛かってはいるものの、お店なんだか倉庫なんだかわからない外観ですが、夕方になるとものすごい量のお客さんが飲んでいるのが垣間見えるんですビール
前を通るたびにものすごく気になっていたのですが、隣の天下一品でラーメンを食べてしまったりしていましたラーメン

先日、吉田類を知ってしまったこともあって、今回入ってみることに走る人

酒場歳時記 (生活人新書)/日本放送出版協会

¥691
Amazon.co.jp



思ったよりも高い天井で圧迫感の無い気持ちがいい店内。
3~4卓のテーブル席もありますが、基本的には幅60~70cmくらいの細長いテーブルに他のお客さんと差向いに座るようです。
壁一面に一品料理から定食までのメニューが書いてあるので、一見としては選ぶのに手間取りましたが生中とレバニラをオーダー。
広い歩隔で一歩一歩体幹が左右に揺れる割烹着のおばちゃんが持ってきた生中は一般的に言うところの生大クラッカー
壁には

「違いのわかる器の大きさ」メラメラ

おっしゃる通り、看板に偽りなしにひひ
ちなみに生中は600円、大が850円、小が450円。
生小で十分に生中です。

さらに、その生中の泡がダバダバビール
溢れる泡をこぼしながら持って来て、テーブルに置く直前、こっちの膝の上にこぼれてもそのまんまにひひ
特になんの一言もありませんドンッ
さらにものすごい量のメニューを前にしてオーダーに手間取っていると、どこかに行こうとしてしまうスピード感メラメラ
お仕着せでマニュアル通りの接客ではなく、まともに対峙しなければならない緊張感がたまりませんラブラブ!

下井の目の前に常連さんがやってきて、おばちゃんに

「この間いなかったな」

おば:「死んだかと思ったかいはてなマーク

常連:「死んだとは思わねぇけどよぉ」

というたわいもないやりとり。
その常連さんの独酌が震えているのがまた印象的。

ちょうど日曜日は高校野球埼玉県大会の決勝野球
みんなが見上げるテレビはどうみてもブラウン管ドンッ


レバニラを食べ終わったので「ロース生姜焼」を頼んだのですが、どうも時間が浅くて出来ない様子。
代わりに頼んだアジフライ(330円)はサックサクのクオリティでした合格

もちろん手書きの注文票をレジに持っていって清算すると、からだすこやか茶いただきましたクラッカー
で、勉強会会場のある池袋に移動電車
photo:02
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。