清水利生 Toshiki Shimizu BLOG 株式会社43lab

清水利生 Toshiki Shimizu BLOG 株式会社43lab

43Lab代表取締役
メンタルトレーナー

山梨県北杜市にある明野中学校からのご依頼で中学生、保護者向けの講演をしてきました。

今回、呼んでいただいたのは僕が中学生の頃にサッカーの監督であり恩師である飯野敦先生です。

飯野先生は現役時代、韮崎高校サッカー部で全国的に活躍された選手です。

僕は人生で一番自信を持てていたのは中学生だったと思います。
恐怖感もなく自信を持って何にでもチャレンジできたのは、育ててくれ、守ってくれた先生がたがいたからだとつくづく感じます。

僕の今の性格は中学生の時の影響を、大きく受けています。

「真面目さ、素直さ、一生懸命さ」

先生が常に話してくれたこの言葉を胸に毎日サッカーと向き合いました。
大きく成長を感じ、自信も育っていきました。

そしてもう一つ先生に教わった言葉は
「クリエイティブ」
という言葉でした。
クリエイティブ(創造性)という言葉を初めて聞いたときは
「意味がわからない。」
とハテナマークが浮かびました。

イメージを仲間と共有し自分達でプレーを創り上げる。
言葉の意味を理解し、次第にプレーを共有できるようになり、よりサッカーが楽しくなりました。
言われた通りやるということではなく、自分で考えてプレーを創る。
それこそがクリエイティブなプレーだと教えてくれました。

その成功体験が大きな自信を与えてくれたことは記憶に深く刻まれています。

恩師から今回のお話をいただき、成長した姿を見せられることが嬉しかったです。

自己肯定感をテーマに1時間お話させていただきました。
中学生のみんなにお役に立てるよう、精一杯話をさせていただきました。

僕はメンタルトレーニングで人の可能性を広げることを大切にこの仕事をしています。

人の人生に貢献できる人間になれるように、日々成長していきます。

一つひとつ情熱を込めて、仕事をしていきたいと思います。


飯野教頭先生、
清水校長先生、
貴重な機会をありがとうございました。

@43lab.inc
#韮崎市
#サッカー
#講演
#mental
#mentaltraining
#メンタルトレーニング
#メンタルトレーナー
#メンタル
#経営者#ceo
#スポーツ#アスリート
#山梨#東京
#japan
#パパ#ママ
#パンケーキプロジェクト
#パパコーデ
#株式会社43lab 
#清水利生



全日本モトクロス選手権第5戦終了。
今回は本当に大きなチャレンジだった。

ヤマハのファクトリーライダー2人は本当にすごい仕事をしました。
富田選手は素晴らしいスピードとスキルでトリプルクラウンを達成し、
渡辺選手はらしさ溢れた熱い走りでプッシュし続けて表彰台へ。

2人のライダーの強さを示してくれました。
苦しい時を過ごし、そこから抜け出せるようにサポートを続けさせてもらってきたので、今回は特に嬉しかった。

僕らの仕事は選手の結果のためにメンタルのサポートをすること。

よく「効果はでるのか?」と問われますが、その答えは結果でしか証明できません。
一つひとつの仕事に魂込めて、結果から逃げず、細かい部分にまで気を使い、信頼を作っていくしかありません。

そのために誰よりも勉強します。
脳の働き、思考の学問心理学、パフォーマンス向上理論、動作分析、競技の特性、チームの環境、あげればキリがないですが、これからも突き詰め続けます。

そしてそれだけではなく、人としても信頼してもらえるように、日々自分磨きをして成長し続けます。

一つの結果のために、ヤマハファクトリーレーシングに関わる様々なスペシャリストが力を合わせることで生まれた結果です。
やはり、人と力を合わせてする仕事の本質は、

社会のために、組織として何ができるのか?というスタンスをベースにおき、自分の持っている力を高めて貢献度を高くしていくことだと思う。
主語は必ず「チームは」です。
また一つ、成長できました。
こういったチャンスをいただけていることに感謝です。

#全日本モトクロス選手権
#モトクロス

@43lab.inc

#mental
#mentaltraining
#メンタルトレーニング
#メンタルトレーナー
#メンタル
#経営者#ceo
#スポーツ#アスリート
#山梨#東京
#japan
#パパ#ママ
#パンケーキプロジェクト
#パパコーデ
#株式会社43lab 
#清水利生
#ヤマハ



試しに1週間SNSを見ないということをやってみた。

普段SNSから多くの情報を取っているのがすごく良くわかった。


自分がSNSを使うメリットを考えてみた。

一つは仕事の情報発信に。

二つ目はただ単に楽しくて日記のように使う。

三つ目は情報を取れるからなんとなく見てしまう。



とくに三つ目はとても影響が大きいと感じた。

私は学生時代勉強をしてこなかったコンプレックスをずっと持っている。

知らないということがすごく嫌で潜在的に情報を取り続けたいと思っているのではないかと思う。


そのため、無意識にアプリを押してしまう。


ただ、普段疲れているのも事実。

その要因はどこにあるのか?

様々な情報を見つけ、知らなくても良かった情報を深く追って行って時間だけが過ぎる。

時にはすごく役立つが、この時間自分にとって必要のない時間。

ストレスと疲れが溜まる。


仕事の情報発信と、単純に楽しいという理由であれば、目的は明確。


情報を、とるという部分でいえばSNSでは無い方が良い部分もあると感じる。

自分から情報を取りに行った方が時間のロスもなく、知りたいことを的確に知れる。



逆にSNSを見ないメリットも考えてみた。

自分の生活の軸が戻ってくる感覚があった。

一つ目は、自分で自分を深く考えることが増えたこと。

二つ目は、目の前の現実を感情で味わうことができること。


考えているようで自分のことを考えていない。向き合っていない。

そしてなんとなくSNSを見て多くのエンタメを見ている実感となり、より考えなくなる。

自分の考えも深まらないなと感じた大きな要因。


二つ目は携帯の中で生きている感覚になり、今現実に起きている感情に気づかなくなること。

これは今回すごく感じたこと。

思考はまわるが、感情が置いてきぼりになる。


こんなことを感じた1週間だった。

自分の時間を大切にできるバランスを見つけたいと思った。