ひっぽのメモ帳 in OZ

ひっぽのメモ帳 in OZ

トルコ人の相方君と3人の子供達とオーストラリアのパース在住のひっぽです。

2012年2月生まれの長男・かあ君。2015年2月生まれの双子の姉妹、セラちゃんとメラちゃん。
私とは日本語、相方君とはトルコ語、学校では英語で生活している子供達です。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o




ご訪問、ありがとうございます音譜


パース在住のひっぽです。


オーストラリアのこと、家族のことについて思うがままにメモしてます。


ブログランキングに参加してみました☆

よければ、ぽちっと押してみてください。↓↓↓







海外での育児ランキングへ

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o






本来なら、明日が1学期の最後の日。

ホームスクーリングも、明日で一度お休み。
で、イースターホリデーうさぎうさぎ

普段、イースターの為にチョコレートを買ってきて、エッグハントなんて自らしようとは言わない相方君(ムスリムなんで当たり前だけど)。
昨日、買い出しをお願いしたら、バニーのチョコレートに、エッグハント用にチョコレートを買ってきました。

これで少しは、子供達もホリデーっぽい事ができるかな??


ここWA州の州知事のFacebookにはこんなイラストが。


“WA州のキャンプサイトは、今は閉まっています。でも、庭なら開いてます!”


いやいや、うちのような小さな庭にはテント⛺️なんてはれないから。。


と、州をあげてイースターホリデーだけど、旅行には出かけないでと呼びかけられています。


一応、ここパースのビーチはあいてるけど、あくまでもエクササイズの為。他州は閉まってるところもある。
ただ、最近また暑くなってるので、ホリデー中にビーチに出かける人達増えるだろうなと。
これが増えすぎると、ビーチも閉まってしまうんだろうか。。

うちは、一番近いビーチでも25分から30分かかるので、まあ、行く事はないとは思うけど。。





このコロナウィルス関連で、’Social distance’
(ソーシャル・ディスタンス)の重要性が言われ出されてから早1ヶ月。

オーストラリア🇦🇺で一般的に言われているソーシャル・ディスタンスとは、人との距離を1.5m開けましょうというもの。

オーストラリアの老舗の教育番組、Play Schoolでも子供向けのコロナウィルスとロックダウンについての動画が放送されたところ。


そんな訳で、ソーシャル・ディスタンスを理解したセラ&メラ。


そしたら昨日、

セラちゃんが、「ちょっとこれ見て!」と。


「お母さん、今コロナウィルスがあるでしょ?だから、私たちの歯ブラシもこんな風に置いてみた!」


歯ブラシにも、ソーシャルディスタンスが必要なようです🤣🤣🤣
今日は土曜日で本来なら、トルコ語クラスから日本語補習校へと1日忙しいんですが、今日はそれも家から。

トルコ語教室は授業はなかったんですが、日本語補習校からは昨日連絡が入り、来学期に向けてのトライアルとして、zoom(会議用のアプリ)で授業を行いますとの連絡がありました。


そして、今日。



zoomを使っての授業。

かあ君のクラスとセラ&メラのクラスが15分差くらいで始まったので、かあ君にはiPadでセットアップ。セラ&メラには、ラップトップでセットアップ。

感想としては、かあ君くらい年の子だったら、こもzoomでの授業も問題なさそうでした。

セラ&メラ達のクラスは、🤔🤔
授業自体は20分くらいだったけど、5-6歳児17人だったかな!?を画面の前で授業をうけさせるのには無理があるかなぁと思いました。
一応、うちの双子さん達は、手遊びとか絵描き歌とか楽しそうに参加していましたが、席をすぐに離れてしまう子も多かったです。
もっと少人数だと良かったのかな?


来学期から、補習校もそうだけど、公立の小学校まで、zoomで授業とかになっちゃうのかしら⁉️


それにしても、テクノロジーの進化ってすごいわ。