<損益通産による所得税と住民税の軽減効果> 

 

給与所得と不動産収入の2つの収入があるのでまず

確定申告をしなければなりません。
わかりやすくご説明すると
家賃収入-必要経費=不動産収入

この不動産収入を赤字にすることにより、

 

給与所得と不動産収入を損益通産することにより給与所得の金額が下がりますので、
その下がった給与所得に対しての所得税を支払えばよい事になります。
給与所得は源泉徴収されますので、

確定申告後所得税の還付になります。


その為税金対策になるのです。 

<固定資産税と都市計画税>

 

不動産賃貸経営の為にアパート・マンションを建築した場合、

土地は

「貸家建付地」

として更地や土地建物より低く評価をしてくれます。

更地などに比べ、

月200㎡までそれぞれ1/6、1/3となりアパート・マンション敷地の税金が大幅に軽減されます。

更地や駐車場として利用されている土地をアパート・マンションにする事で税金対策になります。

<相続税の軽減効果>

 

固定資産税と都市計画税の項目にあるように税金が軽減されているものを引き継ぐので

更地を引き継ぐより評価がっている分相続税の対策にもなります。
又、

建築のための借入金が相続財産から控除されるのに対し、

建物の評価は建築価格より低くなることが多いです。

これらの評価減と債務控除により相続税を安くすることが可能となります。

更地や駐車場や家屋として相続するより

アパート・マンションにする事で評価が下がりますので、

相続の際に相続税も少なく済むので税金対策になります。



預金金利に比べて不動産投資の利回りが高いので、不動産投資をはじめるのにはとてもいい時だと言えます。