まる子・次郎長・エスパルス^^
  • 20Nov
    • 北川の日本代表3試合目は

      やっぱりスッキリしない今年最後の代表戦となったキルギス戦、アジア杯を戦い抜く為の準備として戦力の底上げを狙いとした為ガチメンで戦ったベネズエラ戦からスタメンを総入れ替えして挑みました結果は4-0と無難な結果に終わったものの、後半の終盤に投入されたレギュラー組との差が改めて浮き彫りになった印象しかありません試合は開始2分、北川がドリブルでゴールに迫り打ち込んだくさびのパスを杉本が左に叩くと、走り込んだ山中がファーストタッチを左足で豪快に蹴り込み・・・代表デビュー2分で初ゴール更に前半19分、ペナルティエリア手前で倒された原口が自らFKのキッカーとなり、ニアを狙ったシュートが相手GKのミスを誘い追加点ゲットその後は伊東が2度決定機でシュートを外し、杉本もヘディングで狙うもノーゴール、北川は伊東からの早いニアへのラストパスに合わせられず、2-0のまま前半終了大迫のバックアップとして試された杉本はほとんど収まらず動き出しが1テンポ遅い印象、北川も局面を打開する突破は皆無でオフザボールの動きも少なく繋ぎ役に徹している印象後半15分過ぎ、杉本に代わって大迫が投入され大迫が1トップ気味に戦線に張るも、キルギスの運動量が落ちずパスが回らなくなり肝心のパスが大迫に入って来ません業を煮やしたポイチ監督が前線のメンツを総とっかえしようと、既に投入していた大迫・堂安に加え中島・南野の交代を準備し北川のプレー機会が終わろうとしていた後半27分・・・守田から打ち込まれた縦パスを北川がペナルティエリアで受けるフリして足の裏を使って大迫に落とすと・・・大迫が半端なく冷静にシュート北川はギリギリ交代間際に大迫へのアシストを決めてピッチを後にしたのでした日本の3点目を決めた大迫が指さす先に北川が居たのは想像に難くありません72分間で1起点1アシストと2度得点に絡みながらも無得点に終わり、FWとしては消化不良の結果に終わった北川北川がベンチに座ったか座らないかと言う交代1分後、代わって入った中島があっと言う間にゴールですよ大迫⇒南野⇒堂安⇒中島とダイナミックかつ小気味よく繋がるパスワークからの綺麗な崩し、まさしく控えメンバーとの違いを見せ付けた格好ですこの後も前への推進力を増した日本が圧倒的に攻め込み、それまでの停滞感を払拭する戦いを見せキルギスを危なげなく寄り切ったリアル・サムライブルーなのでしたさて、この試合では元エスパルスのゲンタ・ミューラー選手も北川と共にスタメン出場し、こちらはフル出場を果たしましたキルギスに押し込まれる場面が少なく守備機会では目立ちませんでしたが、CKから打点の高いヘディングシュートを2本放つなど攻撃のオプションとなる事を証明して見せました2本目のは入っていたよね北川、試合前に「良い時も悪い時も応援してくれたエスパルスサポに恩返ししたい気持ちが強い」とサンスポ記事に紹介されていましたが、今日の所は残念でしたしかし交代間際のラストプレー、喉から手が出る程ゴールが欲しかっただろうにターンしてエゴイスティックにシュートを撃たず献身的にきっちり大迫にアシストするキャラ、嫌いじゃないまた大迫とプレーする機会があったら、今度は大迫が北川へとびきりのアシストをしてくれそうな気がするんですが、ポイチ監督また懲りずに使ってみてはいかがでしょうVIVA, KOYA!!!

      NEW!

      34
      16
      テーマ:
  • 19Nov
    • スローピッチ大会で準優勝

      近所の仲間達と毎年参加している地区のスローピッチソフトボール大会に今年も参加、準優勝と言う結果となりました《スローピッチのルール》・通常より大きなボールを使用・ピッチャーは山なり投球する・走者は打者が打つ迄離塁禁止・2ストライク後ファールでアウト・野球ソフトより1人多い10人制・7回又は試合時間70分で終了・5回で7点差が付けばコールド来年2月に開催される清水区民大会へ地区代表として出場する権利は逃したものの、地域交流の一環として参加者の皆さんと楽しい時間を過ごす事が出来ただけで満足です普段野球やソフトボールをしている人や経験者でも、山なりのボールを正確に打つのは難しく、ジャストミートしてもボールが重くて打球が中々長打になりません2回戦からの出場となりましたが、初戦を難なく突破して迎えた準決勝は先制されながらも逆転してペースを握り、終わってみればコールド勝ち経験者の私は4番サード、決勝戦ではヒットを2本打ち攻撃のリズムを作りつつ守っては仲間との連携でダブルプレーを3つ取りましたが、相手の強力打線に屈し1-5で敗戦午後には自治会館で慰労会Jユース杯決勝戦で惜しくもマリノスユースに敗れ準優勝に終わったエスパルスユースに自分達の準優勝をダブらせる良い歳したオヤジ軍団。笑際限なく続くかに思われた馬鹿話も開始4時間で強制終了、後片付けをして皆それぞれに家路に歩いたのでした地域交流、いいね!

      32
      18
      テーマ:
  • 18Nov
    • 鐘壱さん家の塩そばが絶品

      LINEでゆきピーからやべーやつ、ついに登場@鐘壱との情報をキャッチ、早速その日の夜に相方を連れて鐘壱へやべーやつを確かめに行って来ましたははーん、これだな何と言う気品溢れる佇まい昔ながらの屋台風しょうゆラーメンも大好きだけど、この上品な塩ラーメンには魂ごと持って行かれました透き通った香り高いスープ、この見た目で美味しくなかったラーメンは経験上皆無そもそも自家製麺の美味しさは折り紙付きなので安心して美味しく頂きましたまーしかし、鶏チャーシューまで作ってしまうとはどんだけバイタリティある店なんだ更に胡椒に柚子胡椒を設定したお店の判断も大正解だと思いましたおいおい相方、味見し過ぎそして相方はまたまたまたまた厚切りとんてき定食をオーダー。笑 相方がとんてき好き過ぎてそのうちタヌキからブタになってしまわないか心配と言いながらも、おこぼれ期待の私としては嬉しいのですコクがありながらも上品であっさりした塩そばと共にガッツリとガーリックソース掛かったとんてきをほおばる幸せカレーうどんのリゾットセット、厚切りとんてき定食、季節限定メニュー、昔ながらのラーメンに加え、鐘壱に珠玉のレパートリーが加わったと言うレポートでした先々週フィリピンから帰国したその足で鐘壱へ突撃しましたが、一気に食ボケを直す事に成功したのは言うまでもありませんレポートが遅くなりウエさんに先を越されたのは痛恨。笑ちなみに鐘壱さん家の塩そばはランチ限定メニューに設定する予定だそうですので、以後は夜食べに行ってもメニュー表が出ていない可能性がありますのでご注意を塩そば、いいね!

      36
      20
      テーマ:
  • 17Nov
    • J2最終節、悲喜こもごも

      松本山雅、J2優勝!エスパルスが9連勝フィニッシュで最終節に自動昇格に滑り込んだ2016年、得失点差で最後の最後に3位となりJ1復帰を逃し涙を飲んだ松本が捲土重来、おめでとう2014年J1ギリ残留、2015年J2降格、2016年J1昇格、2017年ギリ残留、と近年のエスパルスがカテゴリーの境界線を彷徨う戦いが続いた事で他人事とは思えないJ1昇格・残留争いエスパルスとしては対戦成績が0勝4敗とこれまで一度も勝ったことがない苦手・松本と来季は少なくとも2試合以上対戦する事が決定、来年こそリベンジを果たして欲しいものですさて、今日はJ2リーグ全11試合同時開催、最終節の結果次第で松本・大分・町田・横浜FCの4チームが優勝の可能性を残すと言う稀に見るデッドヒートが繰り広げられていました中でもFC町田vs東京ヴェルディの東京ダービーにはJ1残留争いをしているチームの注目を一身に集めた事でしょうJ1ライセンスを保有していない町田がJ1自動昇格圏の2位以内に入れば昇格枠が1つ消える事によってJ1の17位チームが入替戦に回る事となる為、J2降格枠が1つ減るのです前節17位以下が確定した長崎も町田が2位以内に入れば17位からの生き残りが可能となるし、現在17位の柏レイソルは現状のままでも自動降格には至らない状況となります注目の大一番は後半31分に老舗の名門・ヴェルディが先制ヴェルディもプレーオフ進出を賭けて負けられない一戦となっていましたからね他会場の経過も気になります首位・松本がスコアレス、2位・大分が1点リードで終盤まで推移、もし町田が逆転勝利したら松本は2年前同様に3位転落の可能性さえありましたそんな中、町田同点に追い付くそして大分が同点に追い付かれると、カオス状態にラスト5分を切った時点でもJ1昇格が安泰なチームは1つもありませんし、プレーオフ争いも混沌としてきました結局、預かり知らぬ所で余計な雑音が聞こえまくったであろう東京ダービーは両軍共に死力を尽くした結果、ドロー決着勝てばJ2優勝だった町田自力PO進出を逃したヴェルディ2位・大分はATにホーム・山形に手痛い同点弾を浴びドロー、J2優勝を逃したもののJ1昇格圏内の2位は死守した形となりました濃いATだっただろうなエスパルスは健太政権時に進出したナビスコ杯決勝でシャムスカ監督が指揮を執る大分に苦杯を喫しタイトルを逃したと言う因縁あるチーム、先ずは昇格おめでとうろ言いたい大分の監督、試合後インタビューでは顔をくしゃくしゃにしながらしわがれた声を絞り出す様に安堵の気持ちを噛み締めていましたプレーオフ圏外から滑り込んできたのは昨季J2降格した大宮、J2得点王に輝いた大前のフリーキックから挙げた決勝点を守り切り最後の最後にJ1昇格へ希望を繋ぎ留めた格好これで割を食ったのは、エダとリキが在籍するアビスパ福岡アウェイで勝点1を得たものの、ヴェルディを追いこせず大宮にまくられ7位とプレーオフ圏外に落ちてフィニッシュ岐阜まで応援に駆け付けた福岡サポの皆さん、心中お察しします私と同い年の井原監督もガッカリだろうけど、これが勝負の世界これがJ2最終順位(上位)優勝した松本山雅と2位・大分トリニータがJ1自動昇格決定、入替戦進出プレーオフは横浜FCと大宮アルディージャvs東京ヴェルディの勝者で争われる事になりましたそしてカマタマーレ讃岐はJ3降格決定42試合と長丁場のJ2リーグ戦なのに昇格も降格も決まっていない状態で最終節を迎えると言う前代未聞の混戦でしたね他会場の結果を気にしながらゲームプランを柔軟に変えて戦う最終節、ソリッドで得点の動かない試合が多くなるのは止むを得ないですね、ミスでチームの運命が変わるのですからこの結果によりJ1残り2節での残留争いも益々ヒートアップする事間違いありませんもうね、絶対J2に落ちちゃ駄目だと改めて怖さを知ったダゾーンサッカー観戦記でした松本&大分、おめ!【おまけ】♯清水エスパルスのハッシュタグランキングで何と表彰台独占、ありがとうございます16位のガンバ戦レポの再登場はまいやんファンの方が覗いてくれたかな?加えてサッカー観戦ジャンルの人気記事ランキングでは大量ランクイン、有り難うございます8件中6件がサッカー観戦と無関係なグルメ記事なのは皮肉ですが。笑ご愛読に感謝!

      53
      18
      テーマ:
  • 16Nov
    • 航也はアピール出来たのか

      キリンチャレンジカップ、日本は南米の曲者ベネズエラと対戦し1-1のドロー、エスパルスから代表選出されていた北川にも後半23分から出場機会が与えられました出場して間もなくラフプレーの洗礼たまたま玉、たまったもんじゃない後半32分にはスタメン出場していた中島・大迫・堂安・南野の前線のカルテットが全て交代し、北川は原口・杉本・伊東の3人とゴールを目指す事に後半39分、右サイドの酒井からライナー性のクロスが上がると、ペナルティエリアに侵入した北川にチャンス到来背後にDFを背負っていた北川は胸トラップから反転してゴール方向へターンしシュートチャンスを伺うも・・・ボールが弾み過ぎGKキャッチ北川、それはシンプルにヘディングで狙おうよ最大の見せ場はAT1分、左サイドを見事に切れ込んだ原口がグラウンダーのクロスを中央へ送ると・・・ペナルティアリア内でベネズエラDF5人に囲まれながらも柔らかなボールタッチで鮮やかに縦に抜け出し・・・左足で強引にシュートするも、相手DFにブロックされゴールならず、うーん、惜しかった味方のフォローがない中、孤軍奮闘してフィニッシュまで持ち込む辺りは魅せてくれました直後に映し出されたポイチの顔は成長した子供の成長を楽しむ親の顔、そして「もっとやれ」とばかりに拍手を贈っていました初出場となったパナマ戦では周囲に遠慮して無難なプレーに終始しましたが、今回のベネズエラ戦ではスタジアムを沸かせるシーンを作り少しは存在感を示せたかなとは言え、1-1のドローで終わった事を考えると、やはりゴールと言う結果が欲しかったその為にチョイスされている選手なのだから北川の評価ですが、スタメン組と比べると動き出しの質やスピードなどで見劣りするものの、持ち味の一端を見せられただけでも前回よりは良かったと思いますしかしオフザボールの動きが少なく流れを変えるプレーをしたとは言い難く、得点こそ唯一のアピールになる立場にいる事を考えるとアピール出来なかったと言う結果かな得点の匂いは漂い始めているので、キルギス戦でも出場機会を貰えたら、3度目の正直で代表初得点を絶対に取ると本人も意気込んでいるはず次は大迫とセットで(ぼそっ)頑張れ、航也!さて、試合の方を振り返りますエネゴリくん劇場でした開始早々はベネズエラがペースを握ります前半11分、SB佐々木とGKシュミットの連係ミスを突かれベネズエラに先制を許したかに思えたシーンでCB富安がスーパークリアしかしこの後はバタつく事無く長短のパスッワークと豊富な戦線の動き出しで徐々に押し返す日本、前半26分には堂安がフリーでシュートを放つもわずかに枠の左利き足じゃない右足だった前半34分には大迫のスルーパスに抜け出した中島が相手GKと1対1の局面を迎えるも、これはGKの勇気ある飛び出しと俊敏な反応に遭い、またしても決定機を逃しましたそ、そんなバナナ日本が試合を動かしたのは前半39分、堂安が倒されて得たFKで中島のピンポイントクロスをファーで酒井がジャンピングボレーで合わせると・・・相手GKの手を弾き、ゴールウホッ、ウホッ酒井の代表初ゴールで先制した日本は1-0をキープしたまま試合終盤を迎えましたが、後半36分にはその酒井がペナルティエリア内でジャンピングヒップアタック、高価なPK献上ダニエル、そっちちゃうねんAT2分にはCB吉田が豪快なヘディングシュートをベネズエラゴールに叩き込むも、これがオフサイドで決勝点ならずはい、渡って渡って~立派なオフサイドだねサムライブルーは監督就任後初の4連勝を逃しましたが、ベネズエラも日本も親善試合とは思えぬ程モチベーション高く試合に臨んでおり、良い強化試合になった印象の試合でした次のキルギス戦は北川を始め招集歴の浅い選手達にとってはサバイバルの場となりそう中島の様に「楽しんで」良いアピールが出来る様、頑張って貰いたいですGO, JAPAN!!!

      32
      16
      テーマ:
  • 15Nov
    • 仕出し弁当の蓋に大あたり

      いつもの様に仕出し弁当を持って食堂の定位置へ着席、フタを開けるとちょっとしたサプライズに出くわしましたおっ肉が多め、いいねだがミニ・フランクフルト、これがおかずで良いんかい・・・とか中味に驚いた訳ではありませんフタの裏に大あたり表示が連絡下さい!!と書いてありながら連絡先書いてないし、フタ持ったまま弁当屋さんが回収に来るのを待っていても仕方がないし、結局連絡の取りようがないと言う。笑もし大あたりで何か景品をくれると言うなら、こうやって写メで残して画像を横流しする人が激増するだろうからこれは無効だろうし、これは冗談だと悟りました弁当を食べ終わるとフタを空き箱の上に置き、そっと空き箱入れに置いて食後の一服をしたげんたなのでしたこの大あたりの景品がエスパルスのホーム最終戦勝利に振り向けられないかあお弁当屋さん、何とか頼むよ~気分だけ大あたりさて、帰宅して冷蔵庫を開けるとまた玉子にいたずら書きがしてあった相方よ、ゆでたまごの「ゆ」は「湯」や「♨︎」ではないからな少しだけ温泉気分(o^^o)

      36
      20
      テーマ:
  • 14Nov
    • 劇的ビフォーアフター

      先々週、初めて食べたLAWSON限定悪魔のおにぎり、斬新な食べ方を紹介して下さった外村美姫さんのブログ記事が気になっていましたそのまま食べても普通に美味しかったけど、お吸い物の中にインすると言う食べ方にとても惹かれたので試してみる事にしましたお吸い物は永谷園製をチョイスアムロ、行きま〜すおむすび、ころりんほぐして掻き混ぜ出来上がり【狙い】天つゆの味が染み込んだご飯に天カスと青のりがふんだんにまぶしてある悪魔のおにぎりが永谷園の松茸お吸い物の中に入ってどんな化学反応を起こすのかを検証する。【結果】何と言う事でしょう皆さん、信じられないかも知れませんが、悪魔のおにぎりが緑のたぬきのそばめしに早変わりしましたよ松茸の味はどこへ消えちゃたんだろう外村美姫さん、教えて下さってありがとうございましたとても美味しかったので私はこれからもこの食べ方を真似してリピートする事と思いますこの結果に興味を持った皆さん、嘘だとお思いの皆さん、たぬきに騙されたと思って是非お試しあれ但し、悪魔のおにぎりが入手困難なのがネックですいや~、マジ卍!

      40
      24
      テーマ:
  • 13Nov
    • もろこし激カララーメン!

      久々に中華とうもろこしに行ってきましたゆきピーから教えて貰った昔ながらの中華で、エビチャーハンが地域で指折りの美味しさだと認識しているお店です相方と共にカウンター席に座ります今どき灰皿を置いてあるお店を探す方が難しいですよねたとえ吸わないとしても開放感を感じます、結局吸いましたが厨房にはオトーちゃんとオカーちゃんが役割分担しながら黙々と調理に打ち込む姿が見られます水出しとオーダーは娘さんと思しき40代に見える女性がまかないます今回はタイトル名のメニューをもろこし激カララーメン(600円)ベビーコーンに激カラ要素がふんだんにトッピングされていました中華だから唐辛子のたぐいかな?中米の香りはしませんでしたよキムチの素も入ってるかな?かき混ぜるとこんな感じにベビーコーンは綺麗に洗い流されたけど、スープ一面が激カラ色に箸を止めたら店の勝ち、休まず食べ切ったら私の勝ち、これは店と私の戦争だ←何だかね 店との戦いに勝ち(笑)相方の席に運ばれたエビチャーハンをチラ見相方には分量が多いだろうと、おこぼれが回って来ることを見越して待つと・・・おこぼれ、きた〜(*≧∀≦*) プリプリのエビがダイヤモンドだね〜♩←そのプリプリではない味付けもしっかり付いているけど、濃いと感じる一歩手前で程よい感じです久々にとうもろこしの懐かしさを感じる味を堪能し、次回は何を食べようかな?なんて考えながら店を後にしたのでしたオトーちゃん、オカーちゃん、元気でねとうもろこし、いいね!

      37
      16
      テーマ:
  • 12Nov
    • コカコーラLINEスタンプ

      先週フィリピン出張中に相方からコカ・コーラのLINEスタンプが送られてきた時、丁度コカ・コーラを手にしていた私スタンプの真似っこした自撮り画像を返信してみましたコカ・コーラLINEスタンプげんたLOVEスタンプ相方の反応は・・・バレたか(●´ω`●)中々の完成度だと自賛していましたが、やはりたぬきはたぬき、うさぎにはなれないげんたなのでしたとは言えお蔵入りは勿体ないかなってポンポコポン!【おまけ】第32節vs名古屋 2-0残留がサッカー観戦ジャンルで鹿島のACL制覇や川崎のリーグ優勝などの記事を抑え人気記事ランキング1位となりました読者の皆様、有り難うございますちなみにハッシュタグランキングでは♯清水エスパルスで第32節vs名古屋 2-0残留と名古屋をどえりゃ〜食べやがワンツーフィニッシュ、盆と正月が一緒に来た感じですそれもそのはず、昨日は1,000を超える驚きのアクセス数でしたエスパルスが勝ってブログが大繁盛、エスパルス応援ブログを書いていてこんな嬉しい事はありませんエスパルスとグルメの二毛作ブログですが、時折今回の様な小ネタなども挟んでいきます宜しければ今後ともお付き合いの程宜しくお願い致しますVIVA, AMEBA!!!

      35
      22
      テーマ:
  • 11Nov
    • 今季最後のサポパ堪能^ ^

      J1第32節vs名古屋戦の直後、シャチョー、あいちゃん、りんかちゃんと共にエスパルスドリームプラザへ直行しエスパルスサポーターズパーク(通称サポパ)に参加して来ましたサポパはホームゲームのデーゲーム勝利後にのみ試合直後ドリプラで開催される、選手2名のトークショーと2人のサイン入りグッズ抽選会を中心としたイベントです次節もデーゲーム開催ですが、ホーム最終戦となりアイスタでセレモニーが行われる為開催せずと決定しているので、この日が今季最後のサポパという事になっています進行役を務めるのは常葉大学の後輩にあたる浅野芙和(ふわ)ちゃん(右)、無駄にDAZNベースボール風シャツを愛用してるのが私の後輩である証です。笑彼女は在学中にZIP!!!の静岡ローカル版お天気お姉さんを務めプロ並みに歯切れの良い活舌と愛嬌あるキャラで朝の癒しになっていました浅野だけに朝の顔、なんててっきりアナウンサーになるのかと思っていたらエスパルス関連のドリプラに就職、そしてサポパを担当してくれる様になりファンとしては嬉しい限りですこら、映り込むんじゃないドリパル「ボクも紹介してよ」ドリパル、ドリームプラザに生息するパルちゃんでドリームパルちゃんと命名され、マリンルックが特徴です背番号は108でドリプラ創業記念日の10月8日にちなんでいますさて、準備が整いスタジアムDJの克馬さんも会場入りし今季最後のサポーターズパークが幕を開けました今回参加して下さった2選手は兵働選手(右)と石毛選手(中)でした当初はベンチメンバーの二見選手がリストアップされていた様ですが、直前に兵働選手に差替ったとの事兵働選手は試合前にはサイン会、試合後はサポパ参加とキャリア大詰めに来て正に兵士の様に働くなあと。笑石毛選手は今季二度目のサポパかなユース出身選手だけありファンに向き合う責任感を教育されているからか、イベント参加率が高めの選手です兵働選手はDJ克馬さんによって事前に会場で参加者から募った3つの質問に対し、えなりかずき風の人懐っこい笑顔を浮かべながら答えて行きました①引退したら何をする?⇒エスパルスの会社とフロントや運営に携わる仕事をしないかと言われ色々話をしているところ。まだ何も決まっていない。②一番印象に残るゴールは?2009年の静岡ダービーで挙げたゴール。後方のDF岩下(現・福岡)からのパスだった。弾丸ミドルを決める事が出来て気持ち良かった。③勝ちロコ誕生秘話を教えてたまたま自分がキャプテンをやっている時にサポ代表の方が話を持ち掛けて来て下さったと言うだけ。私は何もしてないし、誰がキャプテンだったとしても受けたと思う。石毛選手は名古屋戦が難しい試合だった事を改めて告白、特に前半は中盤で常に数的優位を作られボールの取り所が無かったと。DJ克馬さんが試合に関する質問を石毛に振るも、この日ベンチ外メンバーだった兵働選手が流暢に答え始めた時には石毛も場内も大爆笑また石毛選手は次節vs神戸戦の抱負を問われると、イニエスタとの対戦が楽しみで仕方がない、イニエスタからボール奪取したいと目を輝かせていました一方、イニエスタがボール奪取に向かって来るのはいいけど、ポドルスキとイニエスタが二人同時に来るのは怖いから勘弁して欲しいと都合の良い事を言って笑いを誘いました選手としてはまだまだやれる自信はあるけどこのユニフォームを着て引退したい、兵働選手は終始笑顔でしたが私の目にはうっすら水分が溜まり掛けてヤバイ、ヤバイ抽選会、石毛のプレイヤーズTシャツを着た女性が当選したりDJの誘導を振り切って2選手と記念撮影する方がいたりする様子を場内の全員がほっこりしながら見ていました。笑石毛のプレイヤーズTシャツを着た女性こそ、何を隠そう愛知エスパルス会ブログの管理人チップやんの愛娘ちゃんだったのですその強運ぶりに周囲は口あんぐり興奮の抽選会が終わるとサポパは佳境を迎え、DJ克馬さんが2人に感謝の言葉を述べた後、石毛選手と兵働選手が最後に一言ずつファンに挨拶をしました石毛選手は偉大な先輩・兵働選手への愛着を表しながら、残り2試合を今季の総決算と位置付け全力で戦う決意表明していました兵働選手はこれまでのサポートに感謝するとしながらも、残り2試合は1選手としてチームを勝たせる為に全力で臨みたいと述べ万雷の拍手を一身に受けていましたいつまでも拍手が鳴り止まず少しだけ涙目になりながら言葉を選び、最後のサポパを締め括る兵働選手と先輩の雄姿を目に焼き付けようとする石毛選手、の巻楽しい時間はあっと言う間、かくして今季最後のサポパは幕を下ろしたのでしたふわちゃん、DJ克馬さん、エスパルスの2選手始め関係者の皆さん、有り難うございました最後にサポパまで残っていたチップやん母娘、ゆきピー&ウンさん、シャチョー、あいちゃん、りんかちゃん、Cちゃん、健太くんと記念撮影来年もタノムヨー!【おまけ】今日11月11日はポッキープリッツの日ですスポンサーとして長年エスパルスを支え続けているグリコ様をリスペクトし、プリッツを味わいながら恒例の画像を撮影しておきました♪オーレーオーレーオレオレッ(パパン)上記のエスパルスチャントグリコ動画、今年の静岡ダービーで撮影したものです海外出張時にWI-Fi環境の無い場所でヘッドフォンして再生しまくりテンションを上げてましたオレッ、清水エスパッ!

      42
      24
      テーマ:
    • 第32節vs名古屋 2-0残留

      クリスに捧げる勝利J1残留確定!J1第32節、清水エスパルスはホームで名古屋グランパスに勝利、残り2節を残しほぼ決まり掛けていたJ1残留を自力で確定させる事に成功しました開幕前の下馬評では降格候補の一角に名を連ねる評論家も多数いた中、混戦となったJ1リーグで戦いながら現場とフロントががっちり噛み合いチームが一つになった結果です東海ダービーと言う事で隣県の愛知から大挙して押し寄せたグランパスサポの皆さん、残留争いから抜け出すべく気持ちのこもった大声援をピッチへ届けていましたスタメンは前節精彩を欠き前半で退いた金子に代えて石毛を抜擢、日本代表に再選出された北川がドウグラスと2トップを組み、U-21代表でCBを務める立田は不動の右SBです先制点が大きくモノを言いそうな一戦、前半は局面で数的優位を作りながらエスパルスのプレスをかわして行く名古屋のペースで進みますエスパルスは前半5分にドウグラスが相手のクリアミスをダイレクトで流し込もうとするも相手GKに際どく触られゴールを逃したシーン以外は時折苦し紛れのミドルを撃つのみ名古屋は中盤でパスを繋ぐもでラストプレーの精度が悪く、シュートシーンではエスパルス最終ラインの体を張ったブロックで決め切れずと言った印象でしたお互いに足元へのパスが多く前線の動き出しも不足しており中々決定機に至らないほんのり塩味のするしょっぱい試合になり掛けた所で前半終了しかし後半、試合を動かしたのはエスパルスでしたちぐはぐな中盤にテコ入れすべく石毛に代わり金子がピッチへ投入されると流れが一変したのです後半14分、金子が右サイドで仕掛けて作ったスペースに立田が走り込み右足で中央へライナー性のクロス、これを北川がヘディングで合わせファーのサイドネットへねじ込みましたエスパルス、先制に成功前後半通じて唯一のシュートが貴重な先制点となった北川、ここぞと言う場面で見事に結果を残してくれましたその興奮から僅か6分後、再び右サイドから立田のクロスが上がると今度はドウグラスが強烈なヘディングシュートを名古屋ゴールに叩き込み、あっという間に追加点ゲット16試合で10得点世間ではイニエスタやフェルナンド・トーレスのJリーグ加入に注目が集まりましたが、ドウグラスを獲得したフロントの仕事が今季の明暗を分けたのは明白です2アシストを決めた立田、先制シーンでは北川にライナー性のクロス、追加点のシーンではドウグラスにフワッとしたクロスを上げるなど状況判断もスキルも成長の跡を見せました後半31分、CKを六反が弾くも折り返しクロスをヘディングで合わされ追撃されたかに見えましたが、ゴールラインの中に残っていた名古屋選手がプレーに関与したと判断されオフサイドでノーゴール、助かったその2分後にもハイラインの裏を通されたスルーパスから名古屋選手に決定的なシュートを撃たれるも六反のスーパーセーブで事なきを得ましたエスパルスは金子と白崎に1本ずつ決定機が訪れましたが、金子は狙い過ぎ、白崎は相手GKのファインセーブに遭いとどめを刺せないままATに突入既に得点を挙げた2トップはお役御免でベンチへ、変わって入ったデュークとテセは無理にゴリゴリ攻撃せずTPOをわきまえた試合運びをした末・・・試合終了のホイッスルもっと派手な撃ち合いになるかと思っていましたが、エスパルスはエースのジョーに良い形でパスが通るのを徹底的に抑え切った事で3試合連続のクリーンシートを達成攻守に頑張った立田はマン・オブ・ザ・マッチに選出され、U-21代表戦に臨む前に大きな自信を得た様ですね勝利の儀式・勝ちロコ勝ち星を1つ先行させたエスパルスの気分は駿河湾の様に澄み渡り、ラストプレーの精度とヘッド2発に泣いた名古屋の悩みは駿河湾の様に深い、と言った試合でしたしょっぱくなり掛けた試合で、フル代表に選出された北川と五輪世代代表に選出された立田がそれぞれ注目を集める中で結果を残しチームを勝たせる活躍をしたのは素晴らしい前節のドローと上位チームの状態から正直ACL出場権を獲得するのは非常に難しくなっている現状ですが、残り2戦も勝利して当初の目的だった5位以内を目指して欲しいですクリスランに関しては、全治8ヶ月の大怪我と言う事でポルトガルのプラガが大幅ディスカウント、又は保有権を放棄してエスパルスが買い取れたら良いなと思いますVIVA, S-PULSE!!!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・【番外編】(1)オレンジウェーブいつも入場するバックスタンド入口でワクワクスイッチを入れてくれるオレンジウェーブの皆さん、今回もご多分に漏れず素晴らしい笑顔でワクワクスイッチがしっかり入りました試合後にはワクワク納め思わずふぁーおと言う効果音を入れたくなるキレのあるラインダンスを披露よっしゃー、勝ったでーいつも有り難うございます(2)鐘庵めしこの日はとても暑かったので冷たい天ぷらそばをチョイス、選んだ事を後悔させない爽やかで香り高い逸品です富士山の見えるバクスタの元喫煙所スペースでまったりと頂きましたつゆも一滴残らず完食、応援前の腹ごしらえ完了です(3)スポパラ森ちゃん再入場口から場外へ出て食後の散歩をしていると、ローカルスポーツ番組スポーツ・パラダイスで沢登さんの相手役として司会進行している森アナに遭遇スポパラー、チェーックむはー、きゃわうぃー先日番組内で今季限りで引退表明している兵働選手にゲスト出演交渉すると言っていたので、彼女にはガチャで引き当てた兵働ミニタオルマフラーを進呈しておきました(4)選手サイン会売店で買い物をした際くじを引いたら久々に選手サイン会参加券が当選しました当日の試合でベンチ外となった選手2名がサインと握手をしてくれるスタジアムイベントです今日は誰が来るんだろうと思いながら漠然と最後尾につこうとしていたら、ちょうど千花ちゃんが通り掛かり声を掛けてくれたので、千花ちゃんに参加券を譲る事にしました通り掛かったのは千花ちゃんだけではなく、日本平動物園のゆるキャラ、ロッシーくんとも遭遇、こちらは千花ちゃんにカメラマンになって貰い記念撮影シロクマとたぬきのコラボ。笑千花ちゃんも巻き込んだ。笑そうこうしているうちにサイン会に参加する選手が判明、何と引退表明した兵働選手と新人の平墳選手の両名でした兵働選手のミニタオルマフラーにサインを書いて貰う千花ちゃんいやー、この絵が撮れただけでサイン会の参加券が当選した甲斐がありました兵働選手はエスパルスのキャプテンも務めた事がある功労者ですので、引退後は昨年引退した杉山浩太さんの様に今後もエスパルスに関わる仕事をして欲しいと思います(5)ブロ友さんとの交流シャチョー、あいちゃん、りんかちゃんと清水駅で待ち合わせしてアイスタへ待機列でイケちゃんと、座席でゆきピー、うんさん、あべちゃん、チップやん母娘と合流しました試合前に元18番さん、健太くん&パパ、千花ちゃん、ウエさん、チエさん、Cちゃんとご挨拶したり歓談したりして楽しみましたCちゃんには焼き鳥2本を餌付けして貰いました。笑ハーフタイムにはウッチーさん、めいさん、ジュンさんも加わり、前半の試合展開について感想を述べ合ったりしながら交流タイムを楽しみましたそして恒例の記念撮影前半の内容に不安を覚えていたので、皆で気合いを入れ直し何とかエスパルスを勝たせようと手を合わせてエイエイオー今回も沢山のお菓子やら何やらを頂きました皆さん、有り難うございました私には勿体ないと思いながら、既に幾つかは胃袋の中です。笑自力ゲット品も紹介しておきます松原のキーホルダーは松原ファンの某大阪サポさんへ来年養子に出そうと思っています試合後、いつもいいね!を押して下さるピグ友・プルメリアさんからお声掛けして頂きましたまさかエスパルスサポさんだったとはとても爽やかな美人さんでしたホクホクしながら何人かの仲間とエスパルス・サポーターズパークを観覧しようとドリームプラザへ向かいましたが、こちらの様子は別の機会にレポしたいと思います今季も残す所あと2試合、ホームゲームは次節のイニエスタヴィッセル神戸戦がラストゲームとなります来季の更なる躍進に向けて今季の総決算となるし試合を期待します日本一を夢見る位置へ

      48
      32
      テーマ:
  • 09Nov
    • 名古屋をどえりゃ〜食べや

      フィリピンから無事帰国しました夜明けと共にホテルをチェックアウトしマニラ空港へ向かう途中、ダブルレインボーが私を見送るかの様に顔を見せてくれました(^∇^)羽田空港から京急で品川駅へ出て新幹線に乗り換えますが、やっぱり死にたい位に憧れた花の都・大東京、早足で多くの人が歩いてますね←長渕剛、乙静岡に着くとやっぱり落ち着く明日アイスタで会う見込みの皆さん、私からもれなくフィリピン土産を押し付けられますが、私が見てる前でベシッと捨てないでね。笑キットカット、カットカンカッタで買いにカントカン(キットカット、買っておかなかったので、買いに行かないといけない)、これは相方に教わった名古屋弁の早口言葉そう、明日はJ1第32節として清水エスパルスがホームに名古屋グランパスを迎え撃つのですフィリピン出張を見越し対戦相手を食っちゃうぞ願掛けを事前に前倒し実施置きました先ずはカップ麺を食べたがや〜台湾ラーメンは立派な名古屋独自の食文化だと蓋の裏にお墨付きしょっぱい手羽先、濃厚な味噌煮込み、甘い小倉トースト、そして辛い台湾ラーメン、名古屋人は味覚が多彩そして実食、台湾ラーメンがとても高いレベルで再現されていました蓋を開けた瞬間のむせ返る様な中国臭、中国出張に来てる様な錯覚を覚えました又、休日のモーニングにはコメダ珈琲店へ足を運びモーニングサービスをオーダーしましたコメダ珈琲店、清水だけでも2店舗展開されていますオーダーしたのは勿論Cセットブラックと共に頂きました甘いおぐらあんと苦くてコクのあるブラックのコンビ、アメとムチみたいな絶妙のバランスが良いですね最初にこれ試した名古屋人、天才だよ最後は定番の銘菓なごやんもう、なごやんってば〜、いつも優しいんだからぁ〜安定した美味しさには自然と笑みがこぼれ癒されてしまいますこれはフィリピンに持ち込んで頂きました対戦相手の名古屋は現在J1残留争いを演じる15位で何としても勝点をもぎ取りたい立場、昨年J2の底なし沼に嵌り掛けた経験をしてるだけに絶対残留を誓って挑んで来るはず前節過密日程だった湘南相手に良い所なく勝点1しか取れなかったエスパルス、今節も中3日となる名古屋が相手ですが決して受けに回らず自分達から仕掛けて欲しいですACLとかベスト5とか一桁順位とかJ1残留とか関係なく、ただ目先の試合、目先のプレーに拘って全力を尽くすのみヨンソン監督不在の中、やっておしまいエスパルスVIVA, S-PULSE!!!

      33
      22
      テーマ:
  • 08Nov
    • フィリピン料理三昧@昼飯

      どう?マニラっぽい?^^本日フィリピン出張最終日を迎えていますクラクションをパフパフ鳴らしながら割り込むのが当たり前と言うアジア特有の交通事情は何度来ても恐怖を煽ります信号の無い交差点が多めですが、特に交通量の多い工業団地出入り口には警察官が手旗信号で交通整理をしていましたホテルフロントのオネーサン、清楚でいてエレガントゆーあーそーびゅーてぃふぉーと伝えたら顔を赤らめてこの笑顔ですよディーン・フジオカの女性版と言った感じかなこちらに到着して最初の2日間は30度超えと日本で言う夏日を記録、ホテルのエアコンは室外機がワオンワオン大音量で唸るのでうるさいし、エアコン消すと暑いしで寝不足気味に次第に食欲もなくなりパラグアイ(腹具合)も思わしくなかった事も有り、昨日まではフィリピン料理を口にせず昼も夜も安全な和食オンリーでしたしかし業務最終日の今日は現地スタッフがご当地料理をご馳走して下さると言うので、お言葉に甘え思い切り堪能する事にしました先ずはプリプリの海老料理、ソースの味付けも日本寄りだったので食べ易かったですマッシュルームと玉ねぎも刻んであったかな次にベジタブルカレー、清水の料理店アガサのグリーンカレーと似た感じのヘルシーなスープカレーでしたが、少し辛さが足りなかったかなこれは鶏肉と豚肉とレバーの3つを同時に煮込んで1つの更に盛り付けたカオスな料理何の肉を食べてるか一瞬分からなくなります更に得体の知れない野菜?フルーツ?な一品、一切れだけ摘まみましたが、どんな味だったか正直覚えていません骨の多い白身魚の上に野菜がこれでもかとトッピングされた魚料理私を含め同席した皆さん、小骨を除去するのが面倒臭くて最終的には大量に残りました。笑←何故オーダーしたランチ終盤に入りあずきとバナナを春巻き風に揚げたスイーツ、結構ずっしりお腹に溜まるメニューで食べ応えありましたデザートはご存じハロハロハロハロとは元来よく混ぜると言う意味だそうで、ボールの中のアイスやらトッピングやらを混ぜ混ぜしてから器に盛るのが正式な食べ方だそうです最後にマンゴージュース、甘いのにくどくなく美味しかったですが後に腹が下ったのはこのマンゴージュースが原因だったと睨んでますちなみに紙製のストローを使用してましたお腹一杯、もうマニラってますさて、最近のマイブームはACL応援の下見と称し金JでDAZNから頂いたエスパルスのベースボールシャツを着て出張先の街中を歩く事フィリピンもエスパルスもACLから遠いけどしかしランチで食べ過ぎた上にマンゴージュースでお腹が下ってしまっていたので、今晩はホテル周辺のコンビニでスポンジケーキとバナナを買い部屋で質素な夕食をバナナが一番美味い(ぼそっ)。明日の早朝にはホテルをチェックアウトして帰国の途に就く予定ですので今晩は早めにゆっくり休みたいと思います寄る年波には勝てぬ!

      36
      24
      テーマ:
  • 07Nov
    • フィリピン出張マニラなう

      月曜日の朝、新幹線で品川駅へ向かい京浜急行に乗り換え羽田空港へ、国内線で一旦福岡空港へ出てから国際線へ乗り継ぎフィリピン航空でマニラへ飛びました中国ともベトナムとも異なるフィリピンへの出張、安心して美味しく頂けるのはバナナのみと言うイメージなんだけど、大丈夫かな胃薬は常備してますがご当地グルメは以前ひと通り有名な高級レストランで食べさせて頂いたものの、茶色い揚げ物ばっかりだったし毎度高級レストランに行ける訳でもないし・・・と言うわけで、こちらに来てからは日本人駐在員の方に日本料理屋ばかり連れて行って貰ってます味は間違っていませんが、所々に間違いがあり笑えますそばにレンゲじゃがバターに塩辛刺身にドライアイス仕事でも文化の違う国の方々に日本人のマインドを伝えるのは中々難しいミッションですが、だからこそ面白くもありますではでは、残り一日頑張ります(╹◡╹)バナナは間違いない(^^)

      33
      20
      テーマ:
  • 06Nov
    • 大道芸W杯を見学してきた

      W杯ベストショット!常葉大学の大学祭を見学した後、静岡の秋の風物詩・大道芸W杯2018を観に行って来ました冒頭にいきなりベストショットを紹介したので、後のレポートは流し読みして下さい夜のローカルニュースでも大盛況に終わった大道芸W杯の様子が報道されていました私が見学したパフォーマンスも紹介されていましたが私は映り込んでおらず、ホッ私と相方は静鉄草薙駅から新静岡駅までのんびり電車旅、セノバから先ずは駿府城公園エリアを目指しました会場入りするとロシア民芸品の販売ブースがあり、120千円の高価なマトリョーシカにしばし見入ってしまいましたもちろんお買い上げはしませんが更に歩を進めて行くと、見慣れた店舗の飲食ブースがぎっしり各店の美味しそうな匂いが早くも私の胃袋を誘惑して来ますそして・・・ベーコン焼き(400円)をお買い上げパフォーマンスがどこで行われているかは探すまでもなく幾重にも重なった人垣が教えてくれるスタイルですパイプを何本も連結して高所でアクロバティックな出初式っぽいパフォーマンスを繰り広げるパフォーマーさんに釘付けになりましたあらよっとどりゃ~ほっうりゃ~どやっ※掛け声は全て効果音ですパントマイマーの静止パフォーマンスの数々も目を引きました「あっ、今うごいたよ」と茶々を入れる子供たちのツッコミにタジタジになりながら懸命に演技を続ける、の巻新体操の様にフープを使ったパフォーマンスには一際大きな人垣が出来ていて、隙間から覗くのもひと苦労覗くと言えば、駿府城の天守台の発掘作業現場を少しだけ覗いて見ました天守台跡地が何故地面を掘って分かるのか、不思議だなー駿府城公園から呉服町通りに移動、せっかくなので市街地エリアも見学して行きました非日常的な空間に胸が躍らない訳がありませんそして出会ってしまった・・・マッチョマンと体操ガールのコラボ白昼夢をイメージさせるミステリアスでムーディーなBGMを切り裂く様に繰り出される大技の数々に会場からはどよめきが沸きまくりでした世界の妙技を堪能した後は、ギターとハーモニカとドラムと笛を同時に奏でる一人セッションパフォーマーを見学、老若男女が聴き入っていました渋谷にハロウィンあらば、静岡には大道芸あり←大きく出た。笑 街中に笑顔が溢れる静岡の秋を満喫し、再びセノバで静鉄に乗車し帰途に就いたのでした大道芸W杯、いいね!

      38
      18
      テーマ:
  • 05Nov
    • 常葉大ホームカミングデー

      先日我が母校・常葉大学の同窓会から大学祭への招待状が届きました今年草薙の新校舎に移った母校の様子が気になっていたので、見学がてら相方を連れて行く事にしました草薙駅から徒歩3~4分、国道一号線を歩道橋で渡っている時にピカピカの校舎がドーンと視界に入って来て圧倒されました校舎内の同窓生受付へ行き、パンフレットを受け取ると、どことなくユルい感じの表紙デザインにほっこり、この辺のユルさは伝統として残っているんだなと瀬名校舎の時代には学園祭はオレンジフェスティバルと呼ばれていましたが、富士常葉と短大を統合し草薙新校舎に移った事で心薙祭(こなぎさい)と呼び名が変わっていましたま、時代は変わると言う事で受付を済ませた同窓生には1000円分の食券が貰えますこれを持って学生たちの模擬店を物色し気に入ったものをランチとして頂きます私が選んだのはラーメン本格!豚骨ラーメン作っていたのは紛れもなく学生さんでしたが、普通に豚骨ラーメン専門店で出て来るクオリティのラーメンでしたこれ、500円で良いの?ちなみに相方はチヂミと・・・チョコカステラをチョイス学生食堂を借りてランチをしていると、登呂遺跡のマスコットキャラ・とろべえがステージに上がり、とろべえのテーマソングを弾き語るお兄さんの横でユルーく踊っていましたフットサル場ではお笑いライブ開始、尼神インターやおばたのおにいさんなどが会場を沸かせていました食後の散歩を兼ね校舎内を見学講堂は綺麗で広く見晴らしも最高だな~トイレは便器が無駄に多く図書館はセキュリティ万全各サークルや学科の発表ブースはそれぞれ趣向を凝らし子供にも分かりやすくをモットーにしていそうなのが、教育系学部を持つ大学の特徴ですねポケモンカード大会、思わず周囲に後輩のポケモン好きカードマスター・元18番さんが居ないか探してしまいました。笑さて、少しだけ耳の保養をしてから同窓生ビンゴ大会に参加先着40名に景品が当たるビンゴ大会ですが、先着順に良い景品がもらえる訳では無く、更にくじを引き景品を引き当てるシステム、特賞が終盤まで残り会場は盛り上がりました私はリーチ迄早かったけど撃沈相方と仲良く参加賞のドリンクを1本ずつ持ち帰りましたとさここで使わなかった運をエスパルスの名古屋戦勝利の勝運にキャリーオーバーします、なんてねあっと言う間に3時間の滞在子供も学生さんも同窓生も皆ほっこりした気持ちになれるのは、キャンパスが変わっても変わらない伝統の様で安心してキャンパスを後にしたのでした常葉大学はエスパルスのスポンサーになっているのでパルちゃんが頻繁に訪れていますが、今回はいなかった様な週末の名古屋戦に向けて宙返りの練習でもしてたかな笑草薙キャンパス、いいね!

      39
      20
      テーマ:
  • 04Nov
    • 炒炒でチャチャっと麻婆麺

      塩ラーメンが最高に美味いと評判の中華・炒炒、勤務先から近い事もあり度々ウィークデーのランチに訪れています私の目当てはいつもマーボーメンエスパルスカラーの見た目も良いですが、どことなく懐かしさを感じさせる優しい味の虜になってます真四角ではなく大きさも形もアバウトに切られた柔らか豆腐が甘辛とろみスープの中にたっぷりと浮かんでいますレンゲで豆腐を掬っては口に入れを繰り返しているうちに体中がポカポカしてくると同時に心まで温かくなってくるのは何でだろう麺がまた良いんです塩ラーメンの様に繊細なスープの時は主演、マーボーメンの様に具材やスープのキャラが立つ時は助演と上手く役割を演じ分ける、どんなスープにも合う万能麺なんですこれから秋が深まるにつれて温かいラーメンが恋しくなる季節になっていきますので、マーボーメンを食す頻度がどんどん高まるんではないかと思います炒炒、いいね!

      39
      18
      テーマ:
  • 03Nov
    • 私を構成する成分は・・・

      ▼私を構成する成分は・・・\あなたは何で出来ている?/成分チェッカーで分析するみんなの結果をみるブロ友さんがやられているのを見て釣られてやってみましたが、もっと分析されているかと思いきや、レアタイプを引いちゃったみたいです要するにげんた100%って事笑これからも清水エスパルスを100%応援すると共に、しょーもない記事に頂く皆さんからの貴重なコメントには100%返信させて頂くスタイルですので、今後とも宜しくお願いします単純王げんた

      38
      20
      テーマ:
  • 02Nov
    • 第31節@湘南 0-0 小休止

      ガッデ~ム!!第31節、清水エスパルスはアウェイで湘南ベルマーレとのフライデーナイトJリーグに臨み、スコアレスドローで勝点1を分け合う痛み分けと言う結果となりました残留を目指す中2日の湘南に対しACLを目指す中12日のエスパルス、どちらが中2日か分からない程走り負け、どちらが上位なのか分からない程押し込まれるまさかの展開でしたスタメンは怪我明けのドウグラスが帰って来て北川とのツートップが復活、白崎を左SHに上げてボランチに河井を起用、好調だった石毛をベンチスタートとしました主審はイエモッツ(家本さん)、この人って昔はPK与えるのが趣味かと思う位笛を吹きまくるイメージがあったけど、この日は笛を吹かな過ぎて試合をコントロール出来なかった様な湘南ノ風の様にピッチ内を走り回る湘南スタイル、連続中2日の鬼日程の影響を考慮しさすがにスタメンを4人代えて来ましたね試合が始まると、早速湘南がプレッシャーを掛けて来ましたエスパルスは受けに回り防戦一方どうなる、この試合DAZN実況の方が堅守のエスパルスと言う度に違和感バリバリ攻撃は最大の防御と言う事で目立たないけど、六反いなけりゃ結構崩されてるんすよ、うちの守備陣湘南はエスパルスのコンパクトなハイラインを押し下げようとロングボールを多用し裏へ抜け出す動きでエスパルスDFを中央へ集め、サイドを起点に圧を掛けて掻き回してきました特に前半30分手前辺りからは激しい猛攻に晒され何度も決定機を作られるも、ギリギリの所で何とか持ちこたえました六反の好セーブイエモッツのPK流しゴール・バー選手のクリアATにショートカウンターから北川が絡み攻撃の糸口をつかみかけた所で前半終了、エスパルスとすれば何とかスコアレスで逃げ切った格好ですヨンソン監督、後半開始からミスが目立ちPK献上未遂の金子を下げスピードのある村田を投入、流れは変わったかに見えましたが出足と運動量に勝る湘南ペースのまま後半も進行後半6分、湘南のシュートがペナルティエリア内でフレイレの腕を直撃するも、フレイレが手を体から離していなかった事や後ろ向きだった為故意ではないと判断されPKにならずハイラインを保ちコンパクトな陣形で快進撃を続けてきたエスパルスですが、この試合では湘南に押し込まれDFラインがズルズル下がり、空いたバイタルを使われ完全な湘南ペース後半20分、ボール奪取してカウンターを狙うも湘南の帰陣するスピードが鬼神の如く速い為パスが繋がらず、苛々が頂点に達したヨンソン監督が奇人と化しますカウンターの起点となった場面で後ろからのチャージを受け河井がピッチにうずくまっているのにプレーを続行させたイエモッツに対するアンチテーゼなのか・・・ヨンソン監督、倒れたままの河井の存在に気付いた湘南の選手によってタッチラインに蹴り出されたボールをピッチ内に蹴り返す、の巻イエモッツ、ヨンソン監督に退席処分さすがにこれはそうなるよねこれで目を覚ましたエスパルス、この試合唯一と言って良い見事なカウンターを炸裂させます中央でボールを受けた北川が前を向きドリブルで持ち込んで右に開いた村田にフィードペナルティエリア付近までボールを運んだ村田がマイナス気味のライナー性クロスを逆サイドまで届かせると竹内がヘッドで中央へ折り返し走り込んだ北川がヘッドで繋ぎ最後は白崎がジャンピングボレーしかし湘南GK、ファインセーブ蝶の様に華麗に舞った白崎、惜しい後半29分に立田のクロスをドウグラスがダイビングヘッドで狙ったシュートが枠の上に外れてからは、再び湘南のターンとなり防戦一方となりました後半39分に河井を下げ石毛を投入し3バックにシステム変更したエスパルス、最後はテセを投入し一発に賭けましたが現実的には勝点1を死守してタイムアップを迎えた格好ですルヴァン杯優勝後のホーム凱旋試合となった湘南がエスパルスを圧倒した試合でしたが、残留争い中の湘南もACLを目指すエスパルスも笑顔なきドローゲームと言った所でしょうなぜ湘南がルヴァン杯を制したのか良く分かった試合でしたが、なぜあれだけ走れるのかはミステリーライザップのお陰なのかともあれ負けなくて良かった試合でした一足先に試合をしたエスパルスは暫定7位となりましたが、明日以降上位チームがどれだけ勝点を伸ばして来るかでACLは遠のくかも知れません今日の様な試合をしていてはACLに出場しても恥を掻くだけ、運を味方に付けながらも最後まで粘り切り無失点で終えられた事をポジティブに捉えて次の試合に備えて貰いましょう泣いても笑っても今季残り3試合、どうせなら笑って終わりたいスコアレスドローの苦い味を噛み締めて前を向いて頑張れ~VIVA, S-PULSE!!!

      39
      22
      テーマ:
  • 01Nov
    • 湘南をやっつけるぞ〜っと

      清水エスパルスは明日フライデーナイトJリーグ、いわゆる金Jとして登場、アウェイで湘南ベルマーレとJ1リーグ第31節を戦いますエスパルスは目下今季2度目の3連勝中で9位に付けており、残り4試合を全勝でACL出場権獲得の可能性も残しています既に第31節を終えた3位鹿島を勝点6差で追う展開です湘南は悲願のルヴァン杯初優勝を遂げるも、中2日で未消化試合だったジュビロとの一戦に敗れ残留争いに停滞、更に中2日で明日の一戦を迎えると言う超過密日程です天皇杯制覇に続くタイトル制覇に全力を傾けた直後に敗戦、走るサッカーを信条とする湘南スタイルはフィジカル面での負担が大きい為、連戦で持ち味を維持するのは大変そう一方エスパルスは休養充分で前節怪我で離脱していたドウグラスも復帰予定、湘南をスカウティングするサンプルを2試合観れた事も優位に試合を運べる材料かと勝負に情けは無用、しっかり隙の無いサッカーで勝ち切って貰う為に通例通り対戦相手を食っちゃうぞ願掛けを実施しました湘南は南神奈川を総称した地域名なので中々名物を絞る事が難しく、初戦で使った湘南ゴールドサイダーも季節外れだからか売り場から撤去されており今回は入手出来ずKOマートやエスポットやコンビニを中心に湘南と冠する商品を探すも見つからず、産地が湘南の柑橘類などもおいてありませんでしたそれでもエスパルス勝利の願掛けの為に絞り出しました先ずは、湘南が2018年ルヴァン杯王者である事からルヴァンビスケットを食べてやろう色んな食べ方があるのねー沢口靖子はんの様に上品には出来ないけど、ジャムを塗ったりチーズやベーコンをトッピングして今朝の朝食として楽しみながら頂きましたそれでも湘南を食べた気がしないので、苦肉の策としてJ2時代に町田戦で使った禁断の最終手段を再現する事にしょうなん(そうなん)です無いなら書きゃーいいのだ湘南をやっつけたい一心で敢えてやっつけ願掛けアイテムにしました、なんてねデコペンで湘南と書いたホワイトチョコのプレートをパキパキと美味しく頂いちゃいましたとさ順位が下位のチームにフィジカル面で圧倒的優位に立って臨む試合、これまでなら負けフラグとしか思えなかったけど、今は普通に勝ってくれそうな期待感しかありません勝ちたい気持ちを全面に出して余力を残さず戦い抜いてくれたら結果はおのずとついて来ると信じて応援するのみ明日は自宅でDAZN観戦だぞ~んウォーーオオオーオッ、湘南倒せーっ♪VIVA, S-PULSE!!!

      37
      20
      テーマ:

プロフィール

げんた

性別:
男性
お住まいの地域:
静岡県
自己紹介:
製造業の品質管理をしています。基本的には社交的で「じわじわ来るタイプ」と言われますw

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス