村田弘子です。

お見合いをしたとき、自分では

盛り上がったと思ったのに

NOの返事が来た。

 

 

おかしいな?

何が悪かったんだろう?

と思ったことはありませんか?・・

 

きょうは女性側が男性から

お見合いの時にどこを見られて

判断されているのかを最初に

まとめます。

 

この文章を最後まで読んでいただくと、

あ、気づいてなかったけど

男性にとっての結婚はそういうことね

と分かっていただけるはず。

では、スタートしていきましょう。

 

お見合いで見られている4つの要素

IBJのお見合いのお返事の要素は

この4つになっています。

1.相手への興味

2.マナーと清潔感

3.価値観

4.判断基準

 

 つまり、この4つだけ

納得させられたら、お見合いは交際に行く

わけです。

 

一つずつ、男性は女性の態度をどうとらえているのか

見ていきます。

きょうはまず、相手への興味の部分です。

 

あなたに関心がありますとどう伝えるか

あなたに興味関心を持っています。

あなたともっと話したいです。

一緒にいたいです。

 

ずっとお話を聞いていたいです。

 

こんな心の中が伝われば、

それは「あなたに関心がある」と

相手にわかります。

 

そのために、質問を用意していく方もあると思うのですが、

その内容がとても重要です。

 

今まで聞かれて一番うれしかったことはなんでしょう?

質問を考えていくことは

意外に二人の関係を盛り上げることにはなりません。

 

それは、男性が聞かれて

思わず恋愛スイッチを入れる質問をしていないから。

 

恋愛スイッチを入れる質問は

どんなものか考える時、

 

まずは、あなたが今まで聞かれて一番

心に残っている質問を思い出してみてください。

 

何を聞かれて、この人をいいなと思ったでしょう?

 

趣味は?

どこにお住まいですか?

結婚したら子供は欲しいですか?

 

ほかにも・・

 

そのようなことを聞かれて、

わ、この人いいわ、私のことをわかってくれてる!

と思ったでしょうか。

 

いきなり質問というのはテンションを下げる

答えは、

思わない

というのがほとんどの方の答えだと思います。

 

あなたは料理はできますか?

と男性に聞かれても、

 

できますけど

それがなにか?

 

あなたに関係ないでしょ

と思ってしまうかもしれません。

 

お見合いのような初対面で

いきなりなことは

相手にとって

圧力でしかないのです。

 

 いきなり、あなたの結婚観は?

と聞かれても、本音を女性には言えない

と思うことも多いはずです。

 

 

では、どう聞いたらいいのでしょう?

いきなり質問というのはテンションを下げる

 いきなり質問はNGですが、

相手が話したこと、

プロフィールで自慢していたことなどを

 

まず、話題にして褒めてみて

そこに興味があるよということを伝えて

 

そのトピックの枝になる質問を

軽く、聞いてみれば相手は答えやすいです。

 

 

質問は仲良くなるためのもの、

自分の条件とあうかを見てるんだな

とは感じさせないような

聴き方を考えていくのが賢いです。

 

でも、結婚後、どのあたりに住みたいか

というような、お見合いのお返事に関わるか

という部分は、できるだけ他人のうちに聞く方が

いいですね。

 

質問は大事です。

賢い女性なら、こちらが聞いてほしい条件は

質問でなくお願いで言う方が、うまくいきます。

 

質問は、聞かれたら嬉しそうな顔をしているか

表情を見ながら、次を考えるといいですね。