アニバーサリー

テーマ:

今年は年初から、よく笑っている。

笑うように心がけていたら、自然と笑っちゃう。

私が笑うと、いるかも笑う。

一緒にケラケラ笑う。

 


 

 

 

1/17は、いるかの76歳の誕生日だった。

出会った時は、たしか60歳だと言っていたから、16年経った。

 

 

その前々日に、いるかのリクエストで、

帝国ホテルのバイキングレストランサールへ。

 

 

2012年、結婚披露パーティー当日に、私たちはここに宿泊。

理由は、単に会場から一番近いホテルだったから。

楽天から一番安い部屋を予約したくせに、結婚式のあとの宿泊だと電話でそれとなく伝えたら、チェックインの際、フロントが「特別な日ですから、ふさわしいお部屋を用意しました」と、サプライズで、ジュニアスイートにグレードアップしてくれた。記念品まで用意してくれていたから、一生、ファンになっちゃうょ。

 

 

 

久しぶりに来たけど、何から何まで、めっちゃ、おいしい。

高級ホテルなのに、こんなにおいしい料理に、ワインなどの飲み放題をつけても、へんな居酒屋2回分くらいの値段なので、居酒屋2回行かずに、こっち1回のほうが、絶対に良いよねーといるかと言いあう。とはいうものの、実際、ふだんそんなに外食もしない。少は細いし、食事にあんまり重きを置いていないんだけどね。

 

 

 

この日は朝から私はコンディションばっちり、お腹スッキリで、元気もりもり。いつもはたどりつけないローストビーフやケーキまで行けて、おいしい!を連発していた。

ところが、調子にのりすぎて、終盤になって、突然、気分が最悪に。食べ過ぎのためか、体が前傾しちゃって、元に戻らず。

 

 

帰り道は、いるかがやさしかった。

電車の席が空くと、さっさと取ってくれたり、乗ってきた自転車は置きっぱにして駅からはタクシーで帰ろうと言ってくれたり。でも、行列だったので、それぞれ自転車こいで帰途へ。へろへろの私を見守りながら、すぐ後ろからゆっくりゆっくり走ってついてきてくれた。ふだんこんなことは、絶対にない。

 

 

なんか、誕生日を祝ったはずなのに、こっちが世話されたような日だった〜。

 

 

 

 

さて、生きている時間にはかぎりがある。

今年は、一日一日を思いきり楽しむ!実施year 。

(元旦から数えて)18日目◎継続中。

 

 

 

 

 

 

 

真南風からのおしらせ

『真南風の旅のつづき』(しかくらかおる)
https://amzn.to/2FahrM9
プリントオンデマンドで、Amazon販売中。