自閉症の心模様~ver 2

自閉症の心模様~ver 2

まるで今 深い眠りの世界から目覚めた人のように
生まれたての魂を心に抱き 透明なカプセルの中で 
魂の存在そのものの様に在る

カオスの世界 揺れる心の狭間で旅を続ける  

『冬が 来る』(かのこの過去詩)より     

CDキラキラヘッドフォン 【 お知らせ 】 CD キラキラCD CD キラキラ


本書籍『私達、発達障害と生きてます』

『デジタル出版』ATDO(デジタル図

版)にて音声収録。CD ヘッドフォン 

 http://www.normanet.ne.jp/~atdo/index.html  

〔ぶどう社・刊/アハメッド敦子 編〕

 (本人の声で 収録)


キラキラ

アハメッドDAISYのCDラベルキラキラ

どうぞ、よろしくお願い致します ビックリマーク


私は、我が子と共に母子連動の自閉症・圏内に位置する『アスペルガー症候群』ではありますが・・

私自身の内側に在る想いを詩に託して書き綴ってゆきたい・・

その様な想いから、こちらでは、趣味の詩(ポエム)を書いています。

〔”言葉(言霊)”にこだわりがあり、自己流のポエム(言葉紡

ぎ)を表現していますが・・〕



☆障害関連のブログ『自閉症の心模様』

   http://15490856.at.webry.info/




キラキラベル短歌の『返し歌ごっこ』、25編程あります~コスモス

〔詠み人:かに座ヒロりん & おとめ座かのこ〕です~みずがめ座キラキラうお座


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

☆☆ 記事文(詩)は、この下からです↓ ↓


【お知らせ】

思う様に皆様のブログにコメントを残して

来ることが出来ない状況が続いて居る為、

暫くコメント欄を閉じさせて頂きました m(_ _ )m


(皆様のブログにご訪問させて頂きました際には、

お時間の許す限り記事文を拝読させて頂きます。


いつもご訪問頂き、本当にありがとうございます。

スローペース、マイペースですがこれからも詩は

掲載させて頂きます。。

どうぞ よろしくお願い致します。。




















  コロナウイルス旋風が

  世界の様相を一変させつつあるけれど・・・

 

けれど・・・

この世界には未知の美しき魂の秘宝が

大地の至る処に眠っている・・・ 

それらは 遥か彼方の天空へと 

光の矢が 放たれた時・・・ 

 

私たちが 

忘れていた次元の扉が開かれ 

忘れ去られていた人たちの 

魂の声を この耳にする・・・  

 

今・・・、大地の声に耳を傾ければ 

 

鳥たちは 知っている

空の本当の青さを・・・ 

 

魚たちは 知っている 

海の本当の優しさを・・・ 

 

鳥たちは 地球の裏側の

世界の果てまでも飛びゆき 

今日の糧と 今日の眠りを得る・・・ 

 

魚たちは 深海の底に眠る 

もう一つの大地を・・・ 

その・・・、声なき声を聴きながら 

泳ぎゆく・・・ 

 

野辺に咲く花たちが そっと教えてくれたこと・・・ 

緑の風が優しく 大地を吹き抜けた日に・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今・・・、この時代に生きる誰もが”試練の砥石”を

その手に、心に、持たされ目の前の道を歩くことを

余儀なくされているけれど・・・ 

天地に想いを 託し、 委ね、信じ・・・

どんな時もありのままの私自身で生きてゆきたいと

切に願い続けていたいです・・・ 

 

この 日本の地が・・・世界が・・・ 

どうか守られ続けてゆきますように・・・ 

そうして 

この碧き美しき天体 地球が何処までも

その輝きを放ち続けてくれますようにと・・・

祈り 願い続けていたいです… 

 

どうか、皆さんの人生時間が

少しでも希望の光の道に沿って歩き続けてゆけますように。

いつもご訪問くださりありがとうございます。心から感謝しております。

 

              かのこ(アハメッド敦子)

 

 

 

 

 

今、


日本は・・


世界は・・ 


地球は・・  


未知の風の 調べの中に紛れ、

舞い込んで来たかの如く

拡大してきた コロナウイルス・・・!



私たちの精神的な生き様が

現代社会へと反映されて起こっている

現状とさえ想えてしまう・・・


物質的な豊かさを

追求しすぎてしまったが故の

現象に違いない・・・



私たち 人類が

争いや 武器を捨て


世界に平和をもたらし

調和の美しき花々を咲かせ、

溢れさせてゆくならば・・・


この 

青き美しき天体 地球は

深海にその姿を沈める事無く


この宇宙に美しい輝きを

放ち続けていてくれるに違いない・・!



私たち人類が今、問われていることは ・・・



私たち 一人ひとりが 

この地球という天体に


生かされていることの意味を

真に知ってゆくことが



きっと 今、問われている筈 ・・・



一人ひとりの 心の内に有る 

”想いの玉手箱”の紐を 解き


この大地に生命を与えられ 

約束された日を想い出すことの 


何よりもの大切なことを 

決して忘れてはならない筈!



私たち 一人ひとりは


天から ”約束のカード”を

魂の内に刻印され持たされて来た 

誰も皆、等しく尊い命だから! 



”生きる意味”を

今、再び 想い出さねばならない・・・



。。。。。。。。。。。。。。。。。


日々、心の内で・・

祈って・・祈って・・祈り尽くし涙が溢れ零れ落ちるけれども・・・ 


きっと・・、きっと・・、

日本は・・ 世界は・・ 地球は・・ 

必ず守られてゆくと信じている !!


この地球の大地は・・、空は・・ 

必ず、美しき碧き世界を甦らせてくれる筈だから !!


そして、真の地球の夜明けを再び 

私たち人類はこの目で、きっと迎えられる筈だから !! 


何があっても、私たちの魂は守られてゆく筈だから !!


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 


殆ど、更新も無い状況の私の拙いブログにいつも、

ご訪問頂き感謝しております。


         かのこ(アハメッド敦子)









 


2020年

皆さま あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーー 

 

明けましておめでとうございます。

 本年も宜しくお願い致します。

 

音を奏で

 終わりなき世を

      めでる声

子々孫々へ

   夢つなぎつつ

 

 令和 二年 一月 一日

 

以上 by 編心忍者


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※尚、上記画像・短歌はパートナーのヒロさん(http://ameblo.jp/kokoronosijin/entry-12563685101.html?frm_src=favoritemail   )作です。



殆ど、更新も無い状況の私の拙いブログにいつも、

ご訪問頂き感謝しております。


皆様にとって、この新たな 令和2年という年が、

希望に満ちた一年でありますことを心から祈念

しております。


       かのこ(アハメッド敦子)









首里城・・・、11月31日未明の火災で全焼・・・!! 衝撃でした!! 

余りにも哀しすぎる!私は、19歳の時に(今から・・もう、数十年も前・・)沖縄の首里の鳥堀町という町で暮らし(首里城のすぐ近く・・)、バスガイドの勉強をして暮らし、成人式を迎えた!


又、何時か再び沖縄の首里に行きたいと願いつつも、長い時間が過ぎてゆきました!                    

子供の状況が解決、打開出来たら、その時は我が子を沖縄に連れて行ってあげたい!そして、私が暮らした首里の町と首里城・守礼の門や、龍潭の池や・・たくさんの景色を、沖縄を見せてあげたいと・・、心密かに願っていました・・


けれど、こんな哀しい・・、哀しすぎる事が起きてしまうなんて! 沖縄は、私の・・第2の故郷!


けれど、沖縄(うちなー)の地は必ず守られている筈と、心から願い信じています!!


※ お写真が無いので、Cojacoさんのブログをリブログさせて頂きました。

この命の ・・ 

ありのままの ・・ 


真の自分自身に 立ち還ることは

思考の世界に 引き籠ったままでは

視えてこなかった世界 ・・ 



魂の湖水へと 

一すじの光が 差し込み 

優しい露となって 煌めきながら 

織り成す 光のプリズム ・・ 



森羅万象の 時の向こう ・・ 


音の世界から 聴こえくるのは 

いのちの糸が 優しく紡がれ 

新たに 創られゆく処 ・・ 



それは ・・ 


天に向かう風と地に咲く花や 

時を刻む 樹々のささやき ・・


あらゆる魂の色彩たちが巡り逢う

優しさ語りの いのちの輝く処 ・・


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

私は、とても悲しかった ・・

何よりも 失くしたくはなかった筈の

音の世界との隔絶(に・・、近かった・・)


それは、何よりも私自身の魂の居場所から

迷子になるも等しい事であったのだから ・・


とても・・辛かったし

とても・・哀しかった


まるで あての無い 魂の放浪者のように ・・

本当の私自身の居場所が失われてしまったかのように

どうにもならない哀しみで心の中は溢れてしまっていた ・・ 


音の世界に、この心を ・・ 魂を溶け込ませ 

心の糧を得る ・・ 


それは、私の生きる 証 ・・! 


いのち 甦られる 処 ・・ !

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


色々と哀しい事や辛いことが降り注いで来たけれど、それでも今日を生きて明日の時間を紡ぎながら、日々を重ね歩いてゆく ・・

今の私には音の世界の衣に包まれ癒されながら、与えられた過酷な時間の中を私自身のペースで歩き続けて行きたい ・・ 

最低限の必要なものだけを大切にしながら ・・ 


                  かのこ(アハメッド敦子) 



いつも、マイペースでしか更新出来ていない私のブログに足を運んでくださり、心から感謝しています! 


災害の頻発している日本ですが、どんな時にもささやかにでも、皆様の心に希望の光が燈されてゆきます様にと、

心から願い続けています!











 



平成~令和へと 

新たな風が流れゆく中で~



この大地が 
この宇宙が 

どうか

穏やかに 優しく

呼吸をしてくれます様に ・・


どんなに 年を重ねても

どんなときも

私自身でありたい ・・


己自身の心を 偽ることなく

この いのちのままで

りたい ・・


それが

真に いのちを生かし

生きてゆくことに 違いないと ・・


私の心が 私の魂に語る ・・ 


何処に居ても 

何処に行っても ・・ 


私は 私以外の私には 

なれないから ・・ 



あの 幼い日々から 

いつも大自然の懐から 

静かに 厳かに聴こえて来る 


”その 声” を聴いていた私が

存在していたから ・・ 


子供の頃 夜空に見た


”天の目” 


私はじーっと 動けずに 

無心の心で 見つめ返した 


”あの日・・” 



数年後・・ 幾度も救われた 命 ・・ 


17歳の時 出逢った ”4匹の白い犬たち” 


私は何を 成す為に 

この地上へ この命を

授かってきたのだろうか ・・ 


いつも・・ いつも自分探しをしていた ・・


忘れている ”何か” を

想い出したくって ・・ 

まるで 魂の放浪者の様に ・・ 


どうしても 

忘れてしまいたくはない 何かが 


いつも いつも・・

心の波となって 押し寄せてくる日々を

かい潜って 彷徨い続けた ・・ 


そんな想いの原点を 見つめていると ・・


いのちの声が 聴こえてくる ・・

いのちの心音が 後悔の念とともに 


涙となって 零れ落ちてくる ・・ 


私の魂が ぼんやりと ・・ 

ベールに覆われてしまい 

視えずらくなっていた ・・ 


心の靄を払って 

元々の 魂の輝きを放って 


魂の故郷へと 

その願いの灯を携えて 


私は 再び 

魂の旅を始めたいと 願っている ・・ 


この地上で 

この大地で ・・

生きてゆくうえで 必要なことは 


きっと・・

必要な時に ・・ 

天から 授けられ 

与えられる筈だから ・・ 


だから ・・ 

多くを望まず 

多くを求めず ・・ 

ほんの ささやかな人生であっても 


どんな時も 私自身のありのままで 

生きてゆこう ・・ 


常に 心に問い 内なる声を

聴きながら ・・ 

残りの人生時間を 静かに

見つめながら ・・ 


それが 今の私の 

何よりもの願いとして 

心の内に 在るのだから ・・ 


道を間違えたら 

ほんの少し 後戻りする 勇気を 

忘れずに在りたい ・・ 


大切な 与えられた ”いのち” だから ・・ 


人と 比べなくっても 善いのだから ・・ 

どんな時も 

私は 私の心を信じて 歩き 

生きてゆこう ・・ 


ほんの少しの物で 

心を 豊かにしてゆける そんな 

私自身で 在りたいから ・・ 


たくさんの物を持っても 

天には 持ち還れないのだから ・・ 



         かのこ(アハメッド敦子)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新しい 令和の訪れに 


皆 多くの期待と希望や夢や平和への

願いを抱きながら・・ 


時の狭間に様々な想いを託しつつ・・ 

今日から 明日への時間を共有しながら

生きている・・

この世界が ・・人々が幸せに生きてゆけ

ます様にと・・、ただ 唯、ひたすらに願い

たいです・・








 








人は幾度でも原点に立ち戻り

生き直す事が出来るのだから・・!

己自身が

此処に存在している意味を

問われていることを

忘れてはならないのだと・・

 

どんなに道に迷っても

願いの在った処へと立ち戻ることが出来る筈だから・・!

 

自分自身の生きる方向性を

見失ったとき・・

人は哀しみの淵に立ち尽くして

しまうかもしれないけれど・・

 

遠くの空に向かって

叫んだらよい!

もう一度・・、もう一度・・!

私の生きられる道を

見出させてくださいと・・!

必死に願い 

乞えばよいのだから!

そうして 何とか立ち上がって

生き直せば良いのだから!

 

人は 

この世に生を享け

生まれ育ち

天地を仰ぎ・・

草や花や樹木と語りながら

純真な幼い眼(まなこ)で

世の中を見つめ

人生の橋を渡ってゆく・・

 

やがて

大人への階段を昇り

世間の荒波に揉まれて

様々な試練に遭遇してゆくけれど・・

 

人生の分岐点には

まるで・・

人生の謎解きの様に

必要な”キーワード”や

 

 

”心のホームの鍵”が隠され

点在している様な気がしている・・

 

それは・・

現実には視えないけれど・・

心の眼で見つめたならば・・

魂の手に誘われ(いざなわれ)、

視えぬ手に誘われ 

きっと・・ 心にインスピレーションを

受取ってゆけるに違いないと、

信じたい・・!

 

     かのこ(アハメッド敦子)

 

ーーーーーーーーーーーーーー

生きることは

とてもしんどくて、大変だけれど・・

それでも、

この足があるかぎり・・

この手があるかぎり・・

願いを抱き、希望を失わず

視えなくとも 僅かな夢を未来に託し

 

ささやかな人生だとしても

人として生まれて来れた事に感謝して

 

今日の いのちに

せめて、ありがとう・・と、 己自身に伝えて

今日の眠りに就く・・

 

そんな 一日・・、一日が・・

遠き未来の 私自身の姿として

其処に在るのかもしれない・・

 

例え・・

明日、世界が失くなるとしても・・

今日・・

たった ひとつでも 誰かに向けて

想いを伝えたい・・

 

ひとひらの 花びらだとしても・・

風に乗せて 誰かの処へと

舞い降りて欲しいと・・ 願う・・

 

それが・・

この世に いのちを与えられたことへの

せめてもの 感謝の恩返しかもしれないから・・

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。

いつも、ブログへのご訪問ありがとうございます。皆様、どうか体調に気を付けて日々、過ごされてくださいね・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新年 明けまして おめでとうございます

本年も 宜しく お願いいたします

 

猪突駆け

 獅子奮闘に

  夢を成す

面持ち静か

 想いは遥か

以上 by 編心忍者  

- - - - - - - - - - - - - - - -

※ 尚、画像・短歌はヒロさん作です!(今年のイノシシくんはちょっと・・迫力が溢れて・・いますが・・良かったら、ヒロさんのブログhttps://ameblo.jp/kokoronosijin/entry-12429809798.html?frm_src=favoritemail

にも足を足を運んでみてくださいね~♪)

------------

 

2019年、あけましておめでとうございます!

新たな一年が皆様にとって希望の年で

あります様に心から祈念しております。

 

2018年は様々な災害の多い年でしたが、きっとこれも私達人類にとっての大きな試練として齎されされたものなのかもしれません・・

この様な試練を乗り越え此処に生かされていることの意味をつくづく考えさせられた一年でもありました。

昨年中は更新も殆ど出来ないままで過ぎてしまいましたが、ブログへのご訪問頂きましたことを心から感謝申しあげます。

又、今年も(マイペース過ぎる更新ですが・・)どうぞよろしくお願い致します。

         かのこ(アハメッド敦子)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして

この世に生を享け

与えられた人生の道程を歩み来た中で

 

様々な出来事に遭遇し、人生の途上で

多くの人々に出逢い

様々な事象と出逢い

感性を揺さぶられ

魂を刺激されながら

私自身に与えられた使命について

自らの心の内側へと 

その答えを探す 魂の旅に出る ・・

 

優しさの羽音に ふと・・振り返り・・

心の波動で それらを感知し

想いの根を掘り起こしてみれば

忘れかけていた 優しさの原点や

懐かしき日々の

もう一人の 私自身との遭遇 ・・

幼少期からの様々なエピソードが

ひとつに連なり ・・

それはまるで ”いのちの万華鏡”の如く

魂の瞳に優しい煌めきを伝い落としてくれる ・・

 

この 人の世で生きる私に

いのちの証を 顕し 見せてくれた ・・

 

時に 生きることが 苦しいのは 

余りにも 心に多くの物を抱え込み

詰め込み過ぎてしまうが故に ・・

 

この 人の世で

与えられた 人生時間の中に於いて

一体 何を大切にし 守り続けて来なければ

ならなかったのか ・・

果たさねばならない 今生での約束事として

提示されていたものたちが 

大地の至る処から 顕われ出で

ふつ・・ ふっ・・ と、天空へと放たれ

天の在り処まで

風の気流に乗って流されながら

私に生きる意味を教えてくれる ・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当の強さとは ・・

 

人々の心の汚染が

世界中に蔓延りゆけども

彼方の空には

煌めく星たちが輝き

人々の心を暖めてくれる

 

太陽の陽射しが

世界を照らし続けてくれる ・・

 

心の眼(まなこ)を開いて

見つめてみれば

大切な心の在り処が見えてくる ・・

 

心の耳を澄ませ 聴いてみれば

透明な波動の魂の声が

聴こえて来る筈だから ・・

 

だから ・・

どんなときにも

己自身の心を信じて

生きてゆこう ・・

 

だから ・・

真の優しさを忘れずに

人の心に触れてゆこう ・・

 

そうして

この世界が いつまでも

美しく輝いていてくれることを

何よりも信じて 生きてゆきたい

 

それが ・・

この生命を与えられたことへの

大切な恩返しでもあるのだから ・・

 

生きている 今に感謝し

与えられている現実に

目を背けることなく 

真っ直ぐに人生の道を

歩んでゆきたいと 願う ・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

理不尽な 哀しみの渦 ・・

哀しみの連鎖は拡大し続け

止まらない ・・

 

人々が この世に生を享け

オンリーワンの人生を

歩き始めた瞬間から

それぞれの人生ドラマは展開され

この世に生み落とされてゆく ・・

 

マイナスの人生を辿って来たならば

プラスへと転じてゆける道程を

歩んでゆけたなら ・・と、願う ・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

余りにも哀しいことが多すぎて、私たちは一体、何処に心を置いたらよいのだろうかと、本当に心が辛くなる日々・・

それでも、与えられた命と魂を守ることを忘れずに生きてゆくしかないのでしょうね・・

 

         かのこ(アハメッド敦子)