ADHD、愛着障害のある娘。~産んだ覚えはございませんが。


  • 21Oct
    • 今日のブログは癒されますよ。写真が美しくて。

      なんのかんのと慌ただしく思うように進まなくて更新の余裕がなくてごめんなさい。待っていてくれている人がいるのはすごーーーーく嬉しいです!!もうそろそろ、ってかけてくれるプレッシャーもすごーーーーく嬉しいです!!もうすこし時間くださいね。代わりにと言ってはなんですが画像をお借りしている「かりおんさん」のステキな写真にどうぞ癒されてくださいませ。(すごいでしょ。慣れないスマホからのラブレター更新です)こんな私ですが忘れずにいてもらえたら幸せです。シェリナナ

  • 25Sep
    • 妹の命日 その3

      過去記事です。ーーーーーーーーー今日は朝からずっと、レンに命日だとは言わなかった。寝る前に、写真に手を合わせさせるつもりで。いつものように寝かせるために、ベッドに抱いて運んで横に寝かせて扉を閉めて。少ししてから、それをしていないことを思い出した。慌てて、もう眠りかけているレンを起こす。「大事なこと忘れてたから起きて」大事なことと聞いて、レンは愚図らず目を開けた。「今日さ、ママが亡くなった日なんだよ。ママに挨拶しよう」「え? そうなの?」私はまた、5歳ではなく5年生になった彼女を抱き抱えてリビングに戻る。お線香を焚く。クサイ、とレンが言う。それから。私に促されることもなく、レンは黙って手を合わせ、目を閉じた。結構長い。秒数を計ろうかと時計を見たら、それから10秒ほどで顔を上げた。また、同じように抱っこして寝室へ運び横に寝かせる。「長かったね。何、話してたの?」言わないだろうと思いつつ聞いたら、わざと、たどたどしい言い方で話してくれた。「えーっとねぇ…」今までありがとうございました。天国はどんなところですか。レンが天国へ行ったら色々教えてください。おばあちゃんと(私の母)、シェリーちゃんと(私の飼っていた前犬)、ロテちゃんとデラちゃんに、(レンが産まれる少し前に死んだユカリが飼っていた猫)よろしくね。   レンより。ママを思うレンの気持ちに寄り添って頂く優しい方には水を差すようですが。それを聞いた私は、「おかーさんを毎日大変困らせています」くらいは言えよなー、と思いました。ユカリ。大変だけどなんとかやってるよ。会いたいよ。あんたにもお母さんにも。画像by かりおん さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

  • 24Sep
    • 妹の命日 その2

      過去記事です。ーーーーーーーーー私は熊本に、もう3か月滞在し続けていた。1週間か10日で東京に帰るつもりが、余命ひと月を宣告されたからだ。この日、ユカリは朝から目を覚まさなかった。ずっと眠っていた。朝から夫に「(熊本に)来て」と電話で頼んだ。平日だったかもしれない。予感通り、夕方近く、予定通りの医師の往診で「危篤状態にあるといっていい」と言われた。「危篤ってどういう状態を言うんですか」と聞いたら、確か(24時間以内に亡くなる)というようなことを言われた。もう毎日、覚悟していたことだから改めてのショックはなかった。その時が来るんだな、と思う。夫がその時、側にいたかどうかも覚えてはいない。でも、早い時間に熊本まで来てくれたとは記憶している。義父母も駆けつけてくれた。家族はそれだけ。5歳になってまだひと月ちょっとだったレンはもう何度も「ママ死んだ?」と聞く。「死んでないよ。眠ってるだけだよ」私は都度、口角を少し上げた。大丈夫でもないのに大丈夫かのような言い方だな。だけど、レンは、ママがもうすぐ死ぬのを、もう知っていたから。今日か明日だよなんて、言うことはできなかった。往診時に医師から聴覚はあると聞かされて。「ママさ、眠ってるけど、お耳は聞こえるんだって」「ホント?!」「うん。一緒に声掛けよう。『ママ、だいすき』って声をかけよう」私たちはユカリの耳元で叫んだ。レンが大きな声で言う。「ママ―っ! ママ―っ!だいすき―! ママ―っ!」私は。私も何か叫んでいたけど。私は何を彼女に伝えようとしたんだろう。今、ちょっと思い出せない。ただ、後で、(そんなことより、『レンのことは心配しなくていいよ』って言えばよかった)と後悔したことは覚えているから大したことは言えなかったんだと思う。レンの声で、その日では初めて、ユカリの唇がほんの少し動いたのが分かって、私はすごく嬉しくて、「レンちゃん! ママにレンちゃんの声きこえたよ!」そう言って、レンの小さな小さな背中をポンポンとしたけどレンは「ママ、やっぱりねんねしてるだけだ」と、うつむいてユカリのベッドに背を向けた。小さな背中が部屋の隅にまで離れていくのを見ていた記憶がある。あの頃のレンは、子どもながらの癇癪や、大きな声で泣くことはあったけど、東京で暮らし始めてからのような、気が触れたような泣き方は、そういえばしてなかったなあ。画像by かりおん さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

  • 23Sep
    • 妹の命日 その1

      過去記事です。ーーーーーーーーー今朝、写真にお線香を焚くと「早いね」と夫が言い、「そうだね」と答えました。時間が経つスピードは早いのか遅いのか分からない。あの頃のことは記憶は飛び飛びなのに、残るものはあまりにも鮮明で。5月10日。今日はユカリの命日だけど、レンが寝るまで、気持ちが落ちることもなく穏やかに時間が過ぎました。今夜の夫は飲み会で。夕方から外出。まだ帰らない。最近、大変なことが続いていたから、楽しんでいるといいなと思う。数年ぶりに手帳を取り出してみる。ああ、そうだったな。亡くなる2日前までの10日間程度、毎日何かしら書いてある。記憶と少し違うところもあった。読みかけて止めた。まだ少し早いみたいだ。画像by かりおん さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

  • 12Sep
    • 「WISC―Ⅳ」(知能検査) 【検査結果所見】

      過去記事です。ーーーーーーーーー2011年。某病院小児科にてレンはADHD,愛着障害の診断を受けました。その後、ペアレントトレーニングを受ける中で2011年『WISC―Ⅳ』を検査。逆算すると…。小2の時ですね。さてこのときの『WISC―Ⅳ』の結果。全て載せようかと思いましたが。私の検査結果ではなく、レンの知能検査の結果であり、私が実母ではないことを踏まえると、控える必要があると考えましたので、申し訳ありません。お見せできる範囲を限定してご紹介します。こんな感じで結果はもらいました。ほんとに「感じ」だけですみません。薄くブロックかけているます。(※画像削除)Nさんは、レンの多動、衝動性は愛着問題が起因しているのではないか、と思うんですが、と、サラッと発言されたことが2度ほどあります。でもセラピー時の状態の時々で「うーん。やっぱりADHDなのかぁ?」とつぶやかれてもいます。ところで、NさんはADHDだそうです。Nさんいわく「ボクは真性です」。ちなみに。スクールカウンセラーの先生と最近有った諸問題について話した時に、話の流れでセラピーでお世話になった先生(Nさん)にも伝えているという報告から、Nさんの名前をたまたま初めて出したら、先生が驚いた様子でNさんのフルネームを言われました。「かなり有名な方です。私は、……(こういう)研修を受けた経験があるからかもしれませんが、この道でNさんの名前を知らない人はいないと思いますよ」とまで言われました。その方をもってして「相当重いものを持っている」と言わしめる子なのね、レンちゃん。Nさんとの出会いがスペシャルラッキーだということを再認識するのはするんだけど、なんか複雑。以前、夫を通して言われた言葉。「素人の私たちの手に負えるわけがない」それなのに私でないとレンが救えないなんて人生ってなんて理不尽なんだろう。あの世でレンの実母にして私の妹、ユカリちゃんによほど美味いもんでも食べさせてもらわないと。でもユカリは、自己中な、たった1人の私の妹だから。「他に頼める人おらんとだけん、お姉ちゃんが見てくれんと仕方ないたい♪」とか、へーきな顔して言うんだ。『WISC―Ⅳ』に話を戻します。【検査結果所見】(※3枚 画像削除)「…抽象的概念的思考が苦手なため、学習内容が高度になってくると苦手意識が強くなるかもしれません。多動、衝動的、不注意、注意集中困難というADHDのすべての特徴が行動面にも回答内容にも出ていますのでおさまってくるまで長い目で見守る必要があります。さらに愛着の問題が対人距離に出ています(近すぎる)ので、慎重に対応すべきです。……」続きます。5月10日。今日は妹の命日。レンのママの命日です。深夜間近でした。妹は全然苦しまずに、綺麗な顔で眠ったまま逝きました。画像by かりおん さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

  • 08Sep
    • ”早寝早起きの方法。我が家の場合。”リブログです

      管理画面を開いたら「2年前のブログを見よう」と、今回の記事が出ていたのでとりあえず、このまま送信することにいたします。画像が、当時、お借りしていたパステルさんのお写真になります。最近、ドラマを見たときも同じ感想を持ったのですが、これはドラマだからですか。それとも、私の経験の方が一般的なのでしょうか。追記です。コメントの返信が……。できていなくてごめんね。嬉しいです。いつも嬉し過ぎます。しっかり読んでいます。質問の答えも書けなくてすみません。みんなの回答を見る

  • 01Sep
    • こんなにしんどい毎日でも「こんなに幸せよー!」っていつか堂々と叫べるように

      過去記事です。読んでみて我が文章ながら、「ちょっと何言ってっかわかんない」サンドウィッチマン風の感想を持ちました。ーーーーーーーーー私はブログを書き始めて見知らぬ人たちが、こんなにも優しいことを知りました。圧倒的に優しい人が多い。深夜に書いた記事にコメントを頂きました。朝からいつもより少ないコメントの数にその方と同じようなお気持ちでいらしてくださっている方も少なくないのかもしれないと思いました。先ほど頂いたコメントもその方と同じだと書いて下さっていました。いえ、勿論コメントいただくことがなかっただけかもしれない可能性は大なんですが。勝手にいくつかのことを思って、心が穏やかに満たされるような気持ちで今、います。以前に期待させるようなことを書いていたので、「どんな様子だったのか気になっていたので、今回の記事は非常に嬉しいです」という気持ちを伝えてくださった上で、私の状態を気遣ってくださいました。「日々の思い、心の負担、すこしでも軽くなる記事の更新が最優先で。一番そのとき言葉にしたい、吐き出したいものをマイペースで。飛び飛びでのシリーズ連続モノだって、全然構いませんから」どうもありがとうございます。もうその言葉に調子に乗ってしまって、早速、言いたいことを記事にしています。本当に本当にありがとうございます。このコメントを頂く前は、こんなことを書く前にあんなことを書く前にアレを書かなくちゃ、と確かに思っていました。少し前には「もったいぶりですね」と一言言われ気になっていた小っちゃい私です。ホントにそうだよな、って。気が急いていました。でもあの時も、翌日の記事コメントで数人の方がさりげなくフォローしてくれていて。「主婦は忙しいんですっ!ここの皆さんはわかってますよ」なんて。頂いたコメント全部ここに挙げたいくらい。様々なコメントに私が過剰に反応せずにいられるのは私が冷静だからとかではなく、こうやって助けて頂いているからです。前に愛着障害について強い批判を受けた時も同じ苦しみを持つ方が私の言いたいことを全部先に言って下ったから言わずに済んだ。そんなことがもう何回もあります。コメント欄を開放するのは、こんなストレス系ブログには勇気がいることです。でも、頂くコメントで何度も教えられ、最近になってようやく気が付いてきたことがあります。記事を楽しみにして下さるお気持ちと、でも、ムリしないで、といってくださるお気持ち。ありがたいことに本当に同じなんだろうなって。であれば、私は、書かなきゃの気持ちではなく、書きたいことを書きたいように書くことはもしかしたら、もっと安心して私を心配して頂く必要なく色んな意味で楽しんで読んでいただけるかもしれないって今日、改めて思いました。益々、言いたい放題の右往左往のブログになってしまいそうな予感がして自分でも怖いような気はしますが、もっともっと日々が楽しめるようにしていこうと思いました。こんなにしんどい毎日でも「こんなに幸せよーーー!」っていつか堂々と叫べるくらいになります。私が成功したら、そこそこしんどい人くらいだったら「私もなれるかもー!」なんてなるかもしれない、と妄想したら嬉しくなってきました。「妄想力」って本、書こうかしら・笑。今更ですが、なんだかとっても変なタイミングですが、これからもどうぞよろしくお願いします。今日も開いて下さってどうもありがとうございました。画像by かりおん さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

  • 31Aug
    • ADHDと愛着障害の診断を受けた経緯。

      過去記事です。ーーーーーーーーー娘レンは、タイトルの通りADHDと愛着障害の診断を受けています。一昨年、昨年と、愛着障害の治療セラピーを半年ずつ受けました。(内容は「セラピー」というカテゴリーに書いています)※ADHDとは関係のない愛着障害に対する治療です。3月末に最終フォローアップに行ってきたことを以前の記事でお話しました。Nさん(担当頂いた先生)とお会いするのも昨年10月以来。半年ぶりでした。前の記事で触れましたが、その際のレンは落ち着いていて多分初めてNさんに暴力も振るわず、窓の桟にもテーブルにも乗らず!(^_^;)このテーブルは足が折り畳み式の小さなものでいつか折れるとヒヤヒヤしていました。実は、レンがおとなしかったのには理由がありました。過去は全く効かなかったけど簡単に言えば、コンビニでのお菓子吊り。でも、Nさんの質問に出来るだけこたえるという条件付きでの買い与えで、レンの拒否反応等、難儀し、彼女がこれを受け入れるまでを書けば5倍くらいの量が書けるます。セッションの様子ですが。この日のレンは落ち着いていて、粘土で鳥を作っていました。Nさんの膝の上にゆったりと座って。そしてそれを時々食べました。彼女の精一杯の頑張りによる不安や、複雑な感情がそうさせたのだと思います。口に持って行く度にNさんが慌てるので、(ここでは、念のため、食べても害のない粘土を使用しているそうです)それが目的じゃないかと私は単純に思って見ていましたが。Nさんらは、この行為を専門用語で呼んでいましたが書き止め損ねました。虐待児等に見られる行為で珍しくはないようです。レンの場合、この部屋でのみ、過去数回、これを行っています。食べたものは、紙と紙粘土でした。学校での話や、家庭での話。春休みにお父さんと「アナと雪の女王」を観たことなどをNさんに聞かれるままに、話してきかせていました。↑愚痴メインブログなので、書けていませんでしたが、ここ、すごい変化でしょ!(ご存知ない方に軽くご説明しますと、夫とレンの仲は上手くはいっておらず、ここに至るまで、難儀多々ありました)レンが落ち着いていて大きな問題点も見られないという確認を終えて、その後は、いつものようにレンを残し(別のセラピストの方が対応)Nさんと私は別室へ移動。プレイセラピー部屋を出てすぐに、Nさんがこっそり「(膝の上におとなしく座っているなんて)こんなの初めてですよね?いや、初めてですよ!」「いや、ありましたよ」と返答したら、「あれは、膝に乗っていたんじゃない。ボクは踏み潰されていたんです!」と大否定だったことはお話ししました。さて。この話の前に、レンの受けた診断を確認しておきます。2011年(月不明) 某病院小児科にて病院の専門臨床心理士(40代くらい)とレン本人との面談、私のヒアリング及び、筆記にてADHD,愛着障害の診断を受ける。※この時は、面談等のみでの診断が腑に落ちず、医師にも臨床心理士にも諸々質問、意見も投げました。医師からは、ADHDは脳の問題。だからといって、脳を割って確認することは出来ないので一般的に、状態、その他で判断する、との説明を受けました。臨床心理士からは、「状態を見たら、明らかにADHDの症状。例えばこの絵本のめくり方、(常に動いている)足の動き方などが顕著」と言われ、そういうものかと。その後、同病院にて夫婦で養育困難を相談。別の精神科の医師と、夫婦のみ、レンのみ、という形で面談した上で、困難改善の指導を受ける(←無意味だった)※この時の精神科の医師の「普通は施設でしょ」等々の発言で夫が現実に引き戻されるかのように、レンに対して拒否感情を抱くきっかけとなっていくし散々だったなぁ。その後、同病院で開催されたペアレントトレーニングを受ける中で2011年9月『WISC―Ⅳ』を検査。※大口たたいてしまいますが、1回2000円で受けたこのトレーニングは期間が4回と短かったからだと思いますが、既に独学で学んでいたものが全てでした。新しい学びは一切なく、養育困難状況は全く改善されず。夫との仲もレンの処遇で対立し最悪。この頃はこの地獄に、光すら見えなかった。あの頃の私に教えてあげたい。小4で(発狂泣きがなくなる等)大きな変化はあるし劇的に改善するよって。でも、それとは違うレベルでの地獄は小5でもまだ続いているということは決して言うまい。当時の私、確実に折れる。中途半端ですみません。続きます。画像by かりおん さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

  • 22Aug
    • とてもとても疲れています。

      過去記事です。こんな日もあったな。というかほとんどこんな日だったな、このころは。ーーーーーーーーーーーーなかなか心は落ち着かず、色んな事に自信を失いそうになります。体がなのか、心がなのか、とてもとても疲れています。しっかり気合いを入れていきたいです。画像by かりおん さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

  • 21Aug
    • 作家、渡辺淳一さんを悼む。

      過去記事ですこれね。今はもう空に逝ってしまった大切な大切な大好きだった読者さんがコメントで「キレイだってわかる!」って褒めてくれたんです。読者さんとブロガーというつながりだけだったけれど私は彼女のことは一生忘れられないと思う。いつか会えると信じていました。渡辺淳一さんがお亡くなりになったときに書いた記事です。ーーーーーーーーーーーー数少ない、私の自慢のひとつです。母を喜ばせることが出来た想い出でもあるので、お話させてください。私は文章を書くのが好きだった。結婚し、諸々の理由から一線を退いてから、暇を持て余し、過去4回短文の文芸関係の公募に応募したことがある。2回は最終選考に残り、(と言えば聞こえはいいが要は落選)、2回は箸にも棒にもかからなかった。文豪、渡辺淳一さんが4月30日。前立腺がんのため死去された。特にファンだったわけではない。喪服の女が好きな男を視点にした男女の性愛を描くのが好きな作家だと思っていたくらいだ。だけど急な訃報は意外にも一瞬、言葉を失うほどショックだった。公募に出した作品で、最終に残った原稿の1つは、妹を題材にした医療のノンフィクションでこの審査員に渡辺淳一さんがいらした。その受賞パーティーには、なぜか落選した私にも受賞者としての案内が来た。私はそれでも嬉しくて、ドキドキしながら参加した。42歳の頃だったと思う。初めてお会いした渡辺淳一さんは周りが騒がしいからか、お耳が少し遠くて、ご高齢なのも感じたけれど、とてもおしゃれな男性だった。ノータイで、白に見間違うほど薄いピンクのシャツに薄紫のポケットチーフのスーツ姿。男性の色気を感じた。ちょうど「鈍感力」というエッセイが大ヒットしていた頃だ。「母が先生のファンです」と適当なことを言ったら「ちょっと待って」とおっしゃってご自身のバッグを取りに行かれた。私はサイン本でも頂けるかと図々しくも思い過ったのだけど、手渡されたのは「渡辺淳一」と印刷された名前のシール数枚。使い用、ないわー。と思いつつ「ありがとうございます。母が喜びます」とか調子のいいことを言ってしまった私。でも実はこのとき、私は渡辺淳一さんの何気ない一言に気分を害していたのだ。「患者力」をテーマにしたエッセイで、私は妹の力強さをそれに合わせて書いた。先生の周りは何者なのか、常に華やかな女性が数人で取り囲んでおり、近づくのも躊躇していた矢先。たまたま先生と2人、隣り合わせになった時間があった。ご挨拶をさせて頂き、書いた作品名を言うと、「妹さんね。いくつだったかな?」と聞かれた。「39です」と答えた。あの頃。私も妹も、生を諦めてはいなかった。認めたくもないけど。無知の強さといえるのかもしれない。医師でもあった先生には厳しい予後は見えていらした。先生は私の答えを受けて、「若いのに可哀そうに」とおっしゃったのだった。負けを考えず、まだ3才だったレンのために、最強の抗がん剤と闘う最中のその言葉は、笑顔を作っているままの私の心に密かに打撃を与えていた。当時の原稿は一部、妹なりを伝える手段としてこのブログでもご紹介したことがあったのだけど今となれば、考えが違っているところもあるのでそこは削除してまたご紹介させていただければと思います。妹がまだ生きていたころに書いたものです。自分勝手で我儘でとても魅力的な妹でした。読んでいただければ幸いです。あの夜。1枚だけ取らせて頂いた写真。もう少し、ちゃんとお化粧してればよかった。今夜は妹の命日も近いせいか、みんなが生きていたあの頃はすぐこの前の様な気がするのに。母が喜んでくれたあの受賞パーティーで撮ったたった1枚のこの写真。載せる気になりました。先生のご冥福を心からお祈りします。ーーーーーーーーーーーーー画像by かりおん さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

  • 19Aug
    • やっぱり私、根に持っているのかしら。

      過去記事ですまだまだ暑いですね。たまにしか更新しなくなってしまって。皆、どうしているかなあ、なんて思いながら更新して「見てるよ!」とコメントいただいたりいいねをいただくことでまだ続けていていいのかなってありがたく思います。この夏も色々ありますが私たちは元気ですごしています。あ、今回の記事、「母の日」について書いていますけどあこがれるような一日になったことは今年まで、まだ一度もありません。もうすっかり期待もなくなり母の日は日常です。( ̄▽ ̄)ああ、シャンパン飲みたい。今、飲みたい。ーーーーーーーーーーーーーおかげさまで遂にGWらしい休日を無事に過ごすことが出来ましたヽ(^。^)ノ家族でお出かけ。買い物です。GWでなくとも出来そうですが、そこは追及しない。レンは靴を2足買ってもらいました。「瞬足」です。瞬足というのは商品名で、小学生に大人気の早く走れるという靴。デザインは派手で私の好みでもないんですが、私の許せる範囲のものがたまたまあったので。レンはどこでどんな場所を走っているのか、物凄く靴が傷むのが早いし、瞬足でなくてもいいんですけど、すごく喜ぶので靴はいつもこれです。目的の、義父の誕生日プレゼントと義母の母の日のプレゼントも無事購入。毎年毎年、ネチネチと言うつもりはありませんが。今日のこの買い物時点では私の家族約2名。母の日というイベントに、実は私も関係しているということには全く気付いてはおりません。いえ、いいんですよ。本当にいいんです。いいんだけど、こうやって愚痴ってるってことはやっぱり根に持っているということなんでしょうか。でもですよ。「私も母の日、関係してんだけど~?♪」とかヘラヘラこちらから言って仕方なしにイベントにしてもらってもなんか嬉しくなさそうじゃないですか。もし、何もなかったら、私は友だち誘って、家族は置いて豪華ホテルランチでも行ってやる。ホテルでシャンパンも飲んでやる。ーーーーーーーーーーーーー画像by かりおん さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

  • 09Aug
    • GWの嘆き。疲弊する休日(過去記事です)

      過去記事です。しかもGWの(^^;)まるまりさんの「そろそろ更新」の応援コメントに心で「はーい!!」と返事をしたまま早8月も9日。今、レンさんは、学校関連行事で数日不在で私はとても元気です。明日、帰ってきます。残念です。ひと月くらい留守にしてくれていいのに。でもその間。お金もかかるので「何ともいえねぇ!」この記事、サラサラと読みましたがこういう記事を書いているから虐待ブログと呼ばれたのだなあと今更、思っています。ぶっちゃけ、当時も私の方が精神的虐待されていたとしか思えないんですけど。ああ、こんなことを正直に書くから私ってば!まあ、もういいの。知ってくださっている方に分かって貰えていたら。では、過去記事です。ーーーーーーーーーーーーーーーGW。黄金週間ですって。サラリーマン家庭の我が家は、カレンダー通りではあるけど、それなりには楽しみでした。だけど、予定もキャンセルになり。よれよれの夫は昨日は手当もつかない出勤に「行きたくない…」と呟きながら出ていきました。レンも昼間は外遊びしましたけどね。帰宅後は、見た目に口調は小5女児の小生意気さを持つ中身、年長児を子守り。(したくもないが、勝手にまとわりついてくる)子守りといえばまだ聞こえはいいけど、殆ど戦いだな、これは。疲労だとか困憊だとかいうレベルを超えて生気を抜かれる所業の数々。癇癪なんて言う生易しいレベルではないので夕方には寝室にナナ(愛犬)を連れて逃げ込んだ私でしたが、私がナナを連れて行くことに嫉妬の炎が猛り狂うのがレンさんですから。「なんで、おかーさんは、いっつもナナちゃんばっかりいいいいい」怒号。あー。うるさ。と、ドアをドンドン激しい力でやりだした。この子の力も強くなったもんだわ。ドアの破壊もそう遠くないな。新築マンション買ったのに、購入翌年にはレンが来てしまった。ナナには何の意地悪もしていなかったのにナナまで連れて行かれ、レンにはどうにも納得はいかないのだろうけど、おかーさんの長年(でもない)の勘ではこのままナナをリビングに置いておくわけにはいかんのだよ。自分一人が悪者扱いされたことが許せなくて、怒りにまかせてリビングで初めて聞く物音の数々。バサッ。どたっ。これまではせいぜいドアのドンドンか、リビングで仰向けになって泣く程度だったはず。少し静かになったので、ナナを寝室に置いたまま、リビングに出てみると、床一面に広がった、私の書類の数々。喚きながら巻き散らかしたのだろう。ジロリとレンを睨むと、レンはまだ泣いていた。ここは異論、様々おありでしょうが。仰向けになって泣くもよし(良かーないっ)。ドアをドンドンも、壊したら怒らない自信はないけど(壊したら大激怒する旨はそもそも言い渡し済み)これも良し(いや、決して良かーないっ)でもナナに対してはもちろんのこと、モノに当たるのも我が家では禁止です。ナナに対していただくご意見は様々ですが、叩くマネに叱るのであってレンがナナを叩くことは滅多にありません。(滅多にないっていうことは、たまにでも叩くことあるんかよ)という言葉が聞こえますので言い訳しますが、ナナが甘噛みしたときに、レンがやり返すことがあります。ここは脱線部分なのでサクッと戻します。で、ご法度の「モノに当たって」しまいましたね、レンさん。「これはなに?」「……」「だれがやったの?」「……レン」「やりたくなったのはなぜ?」「……おかーさんが出てきてくれないから」「おかーさんはどうして出られなかった?」「レンが愚図っていたから」「こんなことやっていいの」「……ダメ」そうだよね。「ハイ、これはパチンです」いやだあああああ。遂にレンちゃん、パチンされました。ぎゃああああああああああ。発狂再燃。物やナナに当たるのもそもそも許さないけど今回はその程度があまりにも酷かったのでパチン。言っときますけど痛くもないからね。バではなくてパですよ。あまりの疲労感に具体的に話すこともできず、渾身の記事とならず残念です。というくらいやられています。実際はもっと白熱のシーンわんさかです。パチンの言い訳も書きたいけど気力もないから好きに取ってもらって構いません…。カテゴリー変更で最近、初めてこのブログを読んで下さっている方もタグを押して下っている方がいらっしゃるような気がします。本当にどうもありがとうございます。娘を思う母の気持ちに同情し、お励ましをいただいているのではないかと思います。ただ、早めに申し上げなければいけないことなのですが、ぱちんをしたとはいえ、手を挙げることはまずない私ではありますが、(上げたいのはやまやま。我慢してるだけですけど)普通の、優しく子どもを愛する母とは少し(いや随分)違うかもしれません。いえ、私もね。こんなに早く暴露したくはなかったんですが、徐々に(あれ?この人なに??・怒)と思われるのもそれはそれで悲しいものがありますから、先に言っておいたほうがいいかなと。昨日なんて最高記録。バラバラにとはいえ、1日で5錠安定剤服用しましたよ。今日は、夫とレンの間に立つ気力がとてもなくて初めて私の方から友人にレンの預かりを頼みました。よほど参ってたんだろうなあ、私。……とは思っていましたが、1日を終えた今、まさかここまで疲労する1日になるとも思いませんでした。リアルタイムで述べることは控えます。話が中断してしまいすみません。私のGWは散々だという愚痴でした。もう疲れて疲れて言わずにいられませんでした。励まし届いています。ありがとうございます。ホント凹みそうな日々です。負けてたまるか。です。皆様はどうぞいいお休みを。私もあと2日がんばります。画像by かりおん さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

  • 20Jul
    • 夫と娘は冷戦中。

      おはようございます。最近、夫と思春期反抗真っ只中の娘がぶつかっており間に入るお母さんはもうへとへとです。小学生のころと違ってお互いに怒ってスルーしあい。会話は私が通訳。夫を諭し娘を諭しするけどどっちも折れない。生活しにくいことこの上なし。しかも今日はクーラー交換設置工事で5時間家に張り付き。この料金の高さにもクラクラするが家庭内の雰囲気の悪さにもクラクラする。クーラーだからのダジャレじゃないぞ。娘は休日は家にべったりの人。夫は大事な家の工事ということで家を出られない人。私は出てもいいんだけどだらけてゴロゴロしたい人。こんなんなのに全員家にいるという。はぁ。どっちも強情。親子だわ、ってくらいどっちも強情。こんな愚痴程度では伝えられないくらい地味に長引いているストレスです。まぁ、我が家は成長しても所詮こんなもんっす(T-T)でもね。悩みやストレスが普通の家庭みたいになってきたよね。皆さんはその後いかがでしょうか。夏休み、なんとか乗り越えてまいりましょうね。皆さんはどうぞ家族仲良く楽しい週末をお過ごしください。画像by かりおん さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

  • 10Jul
    • 「子どもを守る」とは被害者にしないことだけじゃない。

      過去記事です当時、子どもへの性的被害について考えた記事です。ーーーーーーーーーーーーー大事だと思うことがあります。それは親がこのような事件や記事に過剰反応しないこと。保護者として、娘に対して強制力があるからこそ、それをむやみに使い、過度な反応で、彼女の自立心や自由や子どもらしさを奪うことのないよう自制する必要があると、私は考えます。子どもを安全の名目で縛り付けることにならないか、自問自答します。小学生にもなれば、どの場所でも一人になる時間帯はあって幼児ならまだしも、小学生になった子どもを24時間見守ることなどできません。お友だちと一緒にいても別れてからは1人です。心配なんてしたらキリがないものです。だからこそ、この心配が、必要な心配なのか過度な心配なのか、親は冷静に判断しなければ子どもを歪ませると思うのです。無駄な心配はしない。私に今、これはとてもハードルが高い課題だけどしないよう努力しています。指導し、一層の防犯意識を持たせ、できることをやったら、後は仕方がない。これが放置だとは思いません。子どもを守ることは大人の責任です。ただ、私が「守る」という意味で言いたいことは2つです。1つに、子どもに危機意識を持たせるだけではなく、何が、「あなたの身に起こってはいけないのか」を具体的に教え、自分の身を守る術を教える。2つに、子どもを加害者にしない。自分の子どもを守ることは、被害者にしないということだけではないです。敢えて言えば、ここは「性被害」でも「いじめ」でも同じ。「自分の子はそんなことはしない」と信じることが子どもを信じることではない、と言いたいのです。ご自分のお子さんが被害者になることを心配するのは当然ですが、それだけではなく、取り返しがつかない間違いを犯す可能性があることを知った上で育てなけれないけないと思うのです。私が言う、信じて育てるとはそういう意味です。画像by かりおん さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

  • 09Jul
    • 子どもの性的被害について。子どもを被害者にも加害者にもしない。

      過去記事です間をすっとばしているので分かりにくいと思いますが私は子どもの頃、性被害に遭っています。相手は中学生の少年でした。そのことを書き、それに対して多くのコメントを頂きました。そのあとの記事です。ーーーーーーーーーーーーー被害経験のある方からの告白の多くは母親には「言えなかった」というものでした。私は「怒られると思ったから」。ある人は「(お母さんを)悲しませると思ったから」。……。ここまでにももう随分、逡巡しています。それぞれの立場や経験、思いがある中で何をどう書けばいいのか。どこまで書いていいのか。多くの告白に、このままにしておいていいのかという思いがあります。性犯罪に対しての強い苛立ちや怒りがあります。反面、中高生男子を特別に怖い存在だと思うのは。やはり違うと思います。(女子に限らず、被害者が男の子の場合の加害者も男性、男子である場合が多いことからの発言ですので性差別のつもりはありません)子どもである中高生を、単純に何をするか分からない怖い存在と思い、それを子どもにそのまま教えてしまえば歪みが生じると思います。繰り返しになりますが。そういう可能性を秘めている存在だと知り、そして万一、過ちを犯した場合、それを大人が知らなければその犯罪はエスカレートしていくものだと知る。犯罪を起こさないように、見守り指導をしていくことこそが子どもを守ることに繋がり、重要だと言いたいです。言葉に躊躇しすぎて上手く伝えられません。ある方のコメントをお借りすれば、「息子を持つ親、娘を持つ親、両方持つ親、みんなが現実から目をを背けず、子どもの性に向き合っていきたいですね。難しいですけど」そういうことです。私は、自身の身に起こったことを母に話せませんでした。思うんですよ。話せていたらって。話せていて、意味なんかなくても、大丈夫、って母に言ってもらえていたら。私程度のことなら(私にとっては20年以上引きずった重いものです)、もう少し、楽に思春期以降を過ごすことができたんじゃないかって。体が小さいのに、他の子より生理が始まるのが早かったのも、あんなことがあったから、だとずっと思っていました。だから。生理が始まったときは、母にそうなんだよ、って言われても認めたくなくて、「違う!」と泣きました。話せていたら。だからなの?って母に聞けたかな。そして母は、関係ないよ、って答えてくれたかな。今の私はもう平気だけど、小学生の私が可哀想で泣けます。※ 状況のニュアンスによるので説明不足の感が多々ありますが、お許しください。私が娘に性被害対策の話を最初にしたのは、娘が1人で行動を始める1年生になった時です。○水着で隠れる部分はプライベートゾーンといって大事な場所。人に触らせてはいけないところ○もし、触られて(イヤだな)と思った時はすぐに近くの大人に言うこと。お母さんに言うこと。 ○「触られるのはイヤ」だとハッキリいうこと。→ ここは当時「イヤじゃなかったら?」と聞かれたので、最初に戻り「触らせてはいけないところだから」と言い聞かせました。○年上の人で、あなたが触れられて、「イヤだな」と思うことをする人は悪い人。(娘は小学生低学年だったので、同級生の類は別にすべきであることから、「年上の人」という言い方をしました)○何かヘンだと思ったら危険だから近寄らない。ヘンだと思う、あなたの感じ方は間違いじゃない。→ 私は、自身が被害に遭う直前も、何かおかしいと思っていたんです。子ども心に何か変だとは思うものです。意識がないところで被害に遭っている、ということもあるでしょう。○「何かヘン」と思ったときはその人がいい人であってもすぐに離れなさい。→ 子どもに善人悪人の区別はつかないと思っているので。○知らない人には絶対ついていくな。知らない人というのは、名前を知らない人。お父さん、お母さんが知らない人。○「イヤだな」と思うことをされて「だれにも言うな」と言われたことは。「必ず、お母さんに言うのよ。その人は悪い人だから」「おかあさんがやっつけるの?」「うん。お母さんがやっつける」○そして家族のこと。「もし、お父さんでも何かヘンだな、と思うことがあったら必ず、お母さんに言うんだよヽ(^。^)ノ」「うん」これは、娘が思春期になったときに変に夫を意識しても困るのであくまでサラッと。繰り返してはいません。夫は、女子高生や子どもには興味のないタイプなので小児性愛者とは程遠いと感じてはいますが、血が繋がっていない姪になるので。夫には、悪いけど、こう言うよ。と、話は、してから言いました。夫とも意見を合わせておかないと、夫婦間で「オレのことを信じてないのか?!」と誤解が生じちゃタイヘンですからね。また、夫に告げることは、変な言い方ですが、夫への抑制にもなると考えています。こんなことを言うからって、私の夫は決して変態ではありませんよ!疑いはこれっぽっちもありませんよ!ここは誤解しないでください。そういえば、恥ずかしながら。夫婦2人で生活していた時は、夫は、お風呂上りには全裸で体を拭きながら上がってきていました。でも、ママを亡くしたレンがうちに来てすぐのこと。その姿を見て冷静に一言。「おとうさん、キタナイ」(正確にはこの当時、おとうさんという呼び方は違っていますが)まあ、レンちゃん、パパもおじいちゃんも物心ついた頃には、いませんでしたからね。夫は慌てて「ごめん、ごめん」とすぐに脱衣所に戻りました(下着置き場は脱衣所にあります)。それ以降、彼が裸で彼女の前に出たことは一度もありません。これって結構な負担だと思いますよ。自分がローンを払う家なのに自由にできないなんて。突然入り込んできた小さな女の子に「キタナイ」なんて言われるわけですから。でも、5歳の女の子の前で配慮が足りなかったことを詫びた夫。私は結構いいヤツだなぁって思うんですよね。そう。こんなに人間的な人だったんだよなあ。レンとの生活は見る見る彼を変えましたけど(^_^;)話を戻しますが。夫はそんなことをする人間とはほど遠い存在だと疑っていません。だけど、だからこそ、話しておくことは大事だと考えています。万が一、万が一にも、夫に私の知らない1面があった場合、娘は、夫を信じ切る私に、話せなくなりますから。……。今、こうして改めて記憶を辿れば「いやあ、レンちゃん、アナタ、おかーさんに守られてるわねぇ」でも守りきるなんて不可能ですからね。24時間子どもに張りつけませんし幼児はともかく、小学生以上でそこまで張りつくのは間違っていると思いますから。あとはどう対処していくか、どう乗り越えるかということでしょう。画像by かりおん さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

  • 04Jul
    • 娘の仰天発言。

      過去記事ですーーーーーーーーーーーーー今日の夫はバイクで出かけており、娘も複雑なオヤゴコロには微塵も気付かずに元気に公園で遊んでいます。せっかく開いていただいているようなのに、予定した記事がまだ書けていませんで申し訳ありません。代わりにもなりませんが、昨夜のレンちゃん、仰天発言をご披露します。レンとたわいない話をしていた昨夜。友人の、高校生になる子どもの話になりました。で、レンから質問を受けました。「○○ちゃんって、レンが熊本いた時、もう生まれてた?」「もちろん、生まれてるよー・笑」「△△ちゃんの子どもは?(大学生)」「生まれてるよ(?)」「へー。そうなんだあ!!」……。「あのさ」念のため、ちょっと確認しときたいんだがね。「レンより年上の人は、みんな、レンより先に生まれてるよ?」レンさん、目を丸くして。「えーーーっ? そうなの?!」小学5年生。普通級。誰か助けて。画像by かりおん さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

  • 03Jul
    • 明日は明日の風が吹く。

      過去記事です。テンションただ下がりの暗い記事でした。朝から読むのはお勧めしません(^_^;)でも実際のところ、当時はこんなのが毎日だったような気がします。今はこんなに追い込まれることはなくなりました。高校生になった娘は相変わらず元気ですが、癇癪は激減。今は殆どなくなり突然走り出すこともありません。でもそれは私の心の持ちようと彼女への対応が大きく影響しているように思います。鍛えられすぎて随分、上手にもなりました。九州地方の大雨、被害が広がりませんように。良い一日をお過ごしください(^^)/ーーーーーーーーーーーーー頭痛がひどい。寝室で、横になっています。久しぶりに思います。いないならどれほど楽だろう。ナナはハウスに入れてきました。今日はロミロミに行ってきたんです。最近はホント、私もよく耐えたと思い、延長までして、すっかり気分良く、レン帰宅している自宅に戻って。……3分持ちませんでした。リラックスの余韻。何がいけないんだろう。叩けばいいのか。怒鳴りつければいいのか。そんなもので解決するなら容易いけど。多分、今夜はUPできないと思います。それをお伝えしたくて、初めてスマホから投稿しています。いつも応援してくださってありがとうございます。明日はまた最初の1日です。大丈夫。この程度、まだやれる。こんなところで挫けるくらいなら、とうの昔に挫けています。画像by かりおん さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

  • 30Jun
    • 「お母さんは、イジワル!」。

      過去記事です。コメントの返信もしないままでごめんなさい。わがままなまま、先をいかせていただきます!今から5年前の記事をコピペで更新し続けております。娘は小5。この記事の中で私は友人にこう言われていました。「レンちゃんもこのくらいになれば手が離れるよ!もうひと頑張りだよ」全く手は離れませんけどどういうことでしょーかああああああ。ーーーーーーーーーーーーー今週はあちこちで入学式。ご入学、進級、新しい生活、おめでとうございます。友人が愛娘の高校入学式の写真をLINEで送ってくれました。私に「恋チュン」のサビの振り付けを教えてくれた子です。大きくなったなぁ。キレイになったなぁ。母である友人からは「レンちゃんもこのくらいになれば手が離れるよ!もうひと頑張りだよ」というありがたきエールが。Yちゃーん。そこまでの道のりが険しすぎて息切れどころか、息、途絶えそうなのー。はい。ご想像通りの夜でございましたヽ(^。^)ノ今夕は家出しました。自宅マンション併設の公園に。怒鳴るのも嫌で。冷静に外に出た私をレンは追いませんでした。追わずに、しつこく私のスマホ鳴らしてきてましたけど。やることもどんどん可愛気がなくなる。出てやるもんか。もう寒くもありませんしね。寒くないとやっちゃうもんです。30分程度でしたけど。やることあるんでそう長くは家出し続けられません。しかしあれですね。どうして、こんなクソガキ子どものつまらない言葉にこうも心が乱されてしまうんでしょう。人生経験もろくにないいわば発展途上の人間相手に本気で怒るというのは実に大人げない行為だと思います。大人げなくて結構ですけどね。素朴な疑問として、叩き割っている私の器の問題だけなんだろうかと首を傾げます。昨日の荒れのきっかけも、理不尽極まりないものだったことを思い出しました。それも書きたいけど書いていたら今日のネタが終わらないので泣く泣く今日の話をします。どっちもくだらない、っちゃーくだらなくて申し訳ないんですけど。今日のバージョンはですね。塾から帰宅したレンが「紅茶が飲みたい」というので、もうご飯だけどなぁ、と思いながらも、そこそこ真っ直ぐ帰ってきたことを褒めるべく下僕が主に仕えるかのごとく言いなりになって、いれました。今日こそはと思っているので、こっちも抜かりないよう不用意に彼女の機嫌を損なないよう精一杯気を付けています。私の精神衛生のために。彼女の地雷はどこにあるか分からない。『日記』を書くという宿題をするために、まさかの、私の促しなしに机に向かっていたレン。「早速宿題やってて偉いね」と頭を撫でて、カップをそっと置き、私は夕飯の支度にキッチンへ。すると、間もなくそれが、お経のように繰り返され始めました。「おかーさんは、いじわる」「おかーさんは、いじわる」「おかーさんは、いじわる」「おかーさんは、いじわる」「おかーさんは、いじわる」「おかーさんは、いじわる」「おかーさんは、いじわる」「おかーさんは、いじわる」地雷を踏んだ覚えはないが。宿題、やっぱり嫌だよね。100回は軽く超えて言ってますね。なんせしつこいですから、うちの子。書いてて私、今は吹き出しましたけど。ちょっと、これ、おもろいやん。途中からは音程もついて歌に変わりました。「おかーさんは、いじわる♪」「おかーさんは、いじわる♪」「おかーさんは、……♪」これがそれなりにいい曲だったら私のムカつきも緩和されたんじゃないかと思うんですけど、イメージは「君が代」暗―い重々しさ漂う「おかーさんは、いじわる」です。それも音階が微妙にしか変わらない単調な曲。で。余裕のない夕刻の私は、そうですねぇ、70回目辺りからでしょうか。イライラしてくるわけですよ。どっかでカラスがギャーギャー騒いでんだというふうに思考をどこかに飛ばすと言うことが、煩悩の塊である私には難しくてですね。しっかり耳に入ってくるんです。「おかーさんは、いじわる」が。そしてレンもいつもながらのチャレンジャーですね。仕掛ける、仕掛ける。どこまでも試す。「ね! おかーさんは、いじわるでしょ?!」1回目、無視。「おかーさんは、いじわるでしょ?!」2回目「優しいよ」普通の声で(笑顔なし)返事。「やさしくないもんっ!」この返答としての私の素の表情に見捨てられ感も急激にあおられる。「抱っこおおおお」ハイ、出ました!今夜もスタート~!言い変えれば「抱っこ」が言いたいがための愚図りです。分かっていたって、立つ腹は立つんです。じゃあ、と、先に私から手を伸ばしても小5女児、もう可愛くないですから。「簡単にその手には乗らないわよ」的な反発心は一人前。そんな一人前は、連絡帳書けるようになってからにしてくれ。理不尽、際まりなりない、この仕打ち。でも、書いてて笑えたと言うことはその時点でも、笑える人は、笑えるんだと思うんですよね。今、「私は笑える」と、その胸でお答えになった方に、コツを聞きたいと思いましたが、ひねくれた私は、いや待てよ、と、思い返します。レンで試してみて欲しい。自己責任回避のつもりでもないですが、今日まで続けば、ママの誕生日カードだけが原因とも思いませんね。3年生まで新年度は毎年、お友だちに手を挙げて、謝罪していた過去を思い出せば、今年はクラス替えもあったし、レンにはハードルが高いストレスの多い行事も目白押しですから。新年度は子どもたちにとってもっとも環境が変わる時。子どものストレスのはけ口とされている皆様方。どうか、この荒波に呑まれ切ってしまわないよう、お互い手を取りつつどうにか波に乗り、流し流しで参りましょう。今日も今日の話だけですみません。言いたい放題を書かせていただきました。コメントいただいて返信したいことも沢山あるのにできていなくて、すみません。でも、どのコメントもすごく嬉しくありがたくしっかり拝見しています。それから、この本音はまた虐待疑惑に繋がってしまうかもしれないんですが。レンに対してブチ切れても、大人げないとは思いますが、口ほど反省はしていません。レンに「ごめんね」とも思っていません。十分、私は頑張った。私の精一杯じゃあー!という感じです。私の「すみません」はレンに対してではなく、読んで下さる方の「頑張ってね」のお気持ちにに応えたかったけどできなくて、の「すみません」。そして、その方たちが、「仕方ないなあ」と笑ってくださっていることも感じているから、またこうして懲りもせず情けない姿を晒していられます。こうして励まされ、やっぱり明日も頑張ろうと思えます。今日も読んでくださって本当にありがとうございました。心から感謝をこめて。画像by かりおん さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

  • 24Jun
    • やっと今日も今日が終わる

      やっと今日も、今日が終わる。子どもにかかるほうが仕事の100倍労力も精神力も使う。さ。ここから気を取り直す。明日からまた頑張ります!お返事できていなくてごめんなさい。お名前、見られてうれしいよー!こんな呟きみたいな言葉だけどコメントといいねのおかげで更新できる。うん。大丈夫。皆さんのおかげで幸せです。ありがとうございます。おやすみニャさい。※ コメント、返信するからねー。ちょっと待っててくださいね(^^)♡画像by かりおん さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

  • 20Jun
    • 成長したり、成長しないということが判明したり。

      大変ご無沙汰しております。瞬く間にひと月が経ってしまいました。前回の記事はなんと中学校最後の通知表が見つからない話。もう梅雨ですよ、梅雨。ああ、通知表はみつからないままでした。ブログっていいですね。ブログを書きながら通知書のこと思い出したら、これまた、すっかり忘れていたことを思い出しました。レンの中学校の卒業アルバム、私、見ていません。卒業後、送られてきたんですが、宛名が娘だったので、彼女に開けさせたところ、自室にもちこんでそれっきり。「いつか見せる」と言われたままでした。正直なところ大して興味もなかったのでそれっきりでしたが金は親が出している。ちょっと見てきます。……ただいま戻りました。彼女の部屋を見てきました。卒業アルバム見当たりません。床の上に敷かれた丸い緑色のマットの上に学校の問題集やらプリントやらが散らばっています。床の上にはありません。本棚にも目をやりましたがそれらしいものは見当たりません。結構厚みがあるのですぐ見つかると思ったんですが。家探しするほど見たいわけでもないのでものの1分でPC前に戻ってきました。ネタの土産も持たずにごめんなさい。今日、帰ってきたら聞いてみますね。娘との日常は小学校時代とは違う形で波瀾万丈ですがなにせ、高校生にまでなっちゃったわけなので彼女の日常を書きまくって、言いふらすわけにもいかず。彼女が卒業するまで待ってくださいね。彼女が成人して了解がもらえたら今、涼しい顔をしている私が(見えない)どんなに苦労しているか、お教えしたいと思います。成長したり、成長しないということが判明したり相変わらず戦っている家族です。コメントやいいね、ありがとうございます。更新しないということで心配してくださったmarphoneさんも返信もしなくてごめんなさい。おかげで更新できましたー!またサボり出したら、どうぞ皆さま、喝をいれてください。読者の方と話をしていて(Twitter)目標にしたことがあるんです。娘が成人するまで(18歳)このブログを続けて皆さま、読者の方々とオフ会するのがこのブログの目標です。2年半後。お会いできたらうれしいなぁ。そして今回はご報告が一つ。お気づきでしょう。ブログの写真が魅力的なことに。なんと1枚目はハート♥️の紫陽花。このブログを新しく彩ってくださる方をご紹介します。「かりおん」さんです。前にお世話になっていたパステルフラワーさん同様Twitterに素敵な写真を投稿されています。ブログに掲載させてほしい旨をお願いしたところ快く承諾してくださいました。これからの更新でこの写真にもご注目ください!また過去記事UPしていきますね!まだ読んでくださっている方がいらっしゃいますように願いを込めて。画像へのコメントもいただけたら嬉しいです。画像by かりおん さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter