ADHD、愛着障害のある娘。~産んだ覚えはございませんが。


  • 15Jun
    • その4 私が号泣した日。

      過去記事。続きです。最初はこちらからお読みいただければ幸いです。  ↓私が号泣した日。その1――――――――――――意見を聞きたくて、駐車場に車を停めて、信頼する教育相談所のTさんに電話をしました。話をすると、Tさんは「あなたが思っている通りだと思うよ」でも、私の対応に、Tさんは少し怒っていました。「私だって相手は選んで言う」と言っているのが本当かどうかわかりませんが、Tさんは割と言いたいことをストレートに言います。そして私はそれを彼女の愛情だと思っています。「あなたが思っている通りだと思うよ。なのに、レンちゃんになんて言うの?大人が口を出すことじゃないでしょう」「そう思いますよ。でも、強引なのはレンなんです。それを私の立場で、我慢させてしまうお子さんの、顔も知らないお母さんに、意見なんてできません」「それは違うでしょう。親が出るのはおかしい。相手の子が『いい』って言うのはイヤな思いをするだけじゃなくて一緒にいて楽しいと思うこともちゃんとあるから『いい』っていうのよ」「Tさんが言うことは理解しているしそう思いますよ。私がレンの親じゃなければそう思います」「私があなたなら、相手の親と話をするけど」口論のようなやり取りをしばらく続けました。そして私はこの本音をいうとき、怒り泣きのようになって声が震えました「もう怖いんですよっ!何度も何度も謝りたくないんですっ。私なら、レンが『いいよ』というんならその先でレンが嫌な思いをしてもそれはレンの責任だと言います。でも、相手の方はそうではなくて一緒に遊ばせたくないわけじゃないですか。ここが違っているということは、根本の考え方が相違しているんですよ?やっている側の私の立場で、やられる側のあちらに納得してもらえるとは思いませんっ」結局。今回は私がレンに言い聞かせるということで、Tさんとの話は決着しました。多分「いいよ」って誰かに言ってほしかったんだと思います。私は自分が間違っていると思っていて、それでも、その間違いを正すほどの勇気がなかったから。Tさんは最後、「あなた、すっかりお母さんになったわねぇ」と笑っていました。どうしてこれがそうなのか良くわかりませんが。それから、泣いてすっかりブスになりすぎた醜い顔のまま、ロミロミに行って、可愛いオーナーにびっくりされて癒されて。たった1時間ですっかり完全復活して自宅に戻りました。帰宅したレンをソファーに座らせ、そのレンの前で両膝をつきました。すでに何かを察知しているレンが不機嫌そうに、私を見下ろしています。「Mちゃんたちとはお祭りには行けないから」「なんで?Mちゃんに『いい』って言われたよ?!Tちゃんは『明日、うちに迎えに行くね』って言ってくれたもん!」「もう2人で先に約束してたでしょう。後から入ったのはレンだから。あっち(お祭り)でも、だれかお友だちいるんじゃない?声かけてみようよ」「なんでよっ。いいって言ってくれたもんっ」レンはずるずるとソファーから滑り崩れるように落ちていき、愚図り始めました。床に仰向け。幼い子どものあの愚図り方。ああ、そうか。今夜もまた、あれが始まるのか。自分の感情だけでも持て余している今夜、絶望感に似た感情が過ります。「なんでーっ!お母さん、なんでもダメって言うっ!」体を何度も弓なりにのけぞらせ足はじっとできずバタバタと宙を蹴る。泣きはしないものの体全体で怒りを爆発させるレン。そうだよな。彼女が納得するわけがない。「レンさ。この前、3人で遊んだときもわがまま言ったり態度悪かったりしたでしょう」「……(怒)」「言いたいこと言えない子どものこと、その子のママは心配しちゃうんだよ」「なんでダメなのっ。Tちゃんもいいって言ってくれたよ。優しいよ」「レンが頑張っているの、お母さん、よく分かるよ。だけど、わがまま、何回かやったり、態度悪かったりしたら、すぐには安心してもらえないんだよ。だから、レンと一緒に遊んでも大丈夫なんだって思ってもらえるようにがんばろ」「もう、お祭り行かない!行っても楽しくないもんっ!」「行きたくないなら行かなくていいよ」「なんで行かなくていいって言うのっ!」「行きたいなら行きなさい。行きたくないなら止めなさい。おかあさんが一緒に行っていいなら一緒に行くよ」「イヤだーっ!」それから。リビングで暴れまわるレンを私は黙って見ていました。しばらくすると。暴れていたレンの動きが止まりました。レンは体を起こし、座った状態に戻すと怒った口調のままで言いました。「お母さんっ、なんで泣いてるのっ?!」「泣いてないよ」「泣いてるっ!」私の目は潤んでいたようです。「あなたがさびしいって思う気持ちが分かるから」「泣いちゃダメだよ」「あなたが泣かないんならお母さんが代わりに泣く」「さびしくないよ」さびしくないよ。さびしくないって?私はたった今まで、静かに答えていたのにレンのその言葉を聞いたら、もうなんだか色んなことが急に頭にきてしまって。「さびしいよっ!」気がつくと私は大声で怒鳴っていました。怒鳴ったら、レンの前なのに、涙がボロボロ出てきました。「Aちゃんいなくなって、あなた毎日毎日 学校で 誰と遊んでんのよっ。お母さんに泣いてほしくないなら自分でちゃんと泣きなさいっ」逆切れ。「レン、悔しいでしょっ。なんでだって思うでしょっ。お母さんだって思うもん。お母さんだって悔しいもんっ。悔しいから泣いてんのよっ。あなたが一生懸命頑張ってんのわかるから、でもうまくいかないから悔しくて泣きたくなんのよっ」流れる涙を拭うこともせずボロボロ泣きながら怒鳴る私を見て、レンは無表情で側に来ました。「抱っこして」黙って抱っこして。黙って抱っこされて。背中をトントントントン。ほんの数分、そうしてから、それからレンは何の愚図りも見せずに私から体を離すと「お風呂、入ってくる」と、リビングを出ました。思いがけないレンの行動。いつもであれば、今夜は間違いなく地獄の一夜になる話。褒めることも忘れてぼーっとしました。……成長したんだ、また。感動しました。私の痛みが、レンの痛みに寄り添え、そのことを彼女が理解した、初めての出来事だったかもしれません。今日のことは、この成長を教えてもらうための機会だったのかもしれない、と思えました。ああ、私たちがんばってきたんだな、と思えました。なんせまだ1年生か年長さんレベルで4年生を求められるんだもん。私もまだまだだ。ADHDの子を育てるんなら、このくらいのことセットだよ。まだまだ覚悟が足りんな、私。翌日も、この件で、友人から連絡があったので、私の気持ちは改めて正直に話しました。ここに書いているのは私の一方的な話です。友人も、私の言葉に対して子どもの世界に親が口出しすることには自分も反対だと言っていたし私とは違って、Tちゃんの親との関わり含む彼女なりの立場があってのことです。大人それぞれの対応についてはそうなんだとただご理解いただきたくお願いします。レンの成長に目をやっていただければとても嬉しく思います。今日も読んでくださってありがとうございました。画像by pastel flower(パステル) さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

      1710
      29
      テーマ:
  • 14Jun
    • その3. 私が号泣した日。子どものお友だち関係に親が介入すること

      過去記事。続きです。最初はこちらからお読みいただければ幸いです。  ↓私が号泣した日。その1――――――――――――我が家では、お友だちの家に遊びに行くのは禁止です。遊ぶのは外。我が家以外での室内遊びできません。迷惑をかける可能性大ですから。その上、この季節、学校からの下校が居残り勉強+寄り道で16時過ぎますから、すぐに暗くなる。彼女が満足できる遊び時間が確保できるわけもない。というわけで、お友だちと遊べる環境にもありません。お友だちと遊ぶのが大好きなのに。保護者会などで、「うちは帰宅したらお友だちと遊んでばかり」と複数で聞き、それを聞くと誰とも遊べないレンに切なくもなりましたが、お友だちを巻き込んで、帰宅を遅くしてしまうので、今はまだダメなのです。そもそもレンは幼すぎて、同級生とうまく遊べない。仲良くやれるのは下級生ばかり。今回の友人親子は、同じマンションで、親同士でも仲良くさせてもらっているということも大きく。レンが悪い事をしたら注意してくれ、私に教えてくれるという意味でもある程度安心できるし、私から見たら、仲良く遊べる数少ないお相手でした。そのお友だちと、もう1人のお友だちと3人でお祭りに行きたかったレン。昨年からケンカして手を出すこともないと先生から聞いているし、この友人からも、そんなことは聞いたことはありません。でも自己主張の強さは言い訳のしようがない。レンの参加で不快になるお子さんがいるのであれば、それを止めさせるのはやむを得ない、と私は考えています。ではこの涙は何なのか。何に私はこだわって、何に納得できずにいるんだろう。レンの親としては主観でしか考えられず、主観となれば「申し訳ない」「やむを得ない」と思うのです。客観的に。客観的に。自分に問います。では、と、私がTちゃんの親の立場であれば、と、考えてみたときに。私はレンが、そのお友だちと一緒に行きたくないのであれば。3人が嫌なのであれば。自分でそう言え、と言うでしょう。「先に2人で約束してたからごめんね」レンが「一緒に行っていいよ」と答えるのなら。その後、嫌な思いをすることを訴えてくることが分かっているのであれば、「いいよ」と答えるからには、不快な思いをするのは自分の責任だと言い聞かせる。自分の責任において自分の口で言わせる。ああ、そうか。私が納得いかなかったのは。基本的に、子どもの世界は子どもで解決するべきだと思っているからだ。今回のことは、それとは真逆だと思っているのに、トラブルを避けたい気持ちの方が強くて、安易に物分りのいい友人を演じた。自分の気持ちに気がつかない振りをして。(いじめは別です。いじめは大人の介入が必要な場合の方が多いと思います。また、どうしても言いたいことが言えないタイプのお子さんの場合も別。念のため言いますが、友人からは、レンが手を上げたりする話は一度も聞いたことはありません)自己主張がすぎて、嫌われたり、寂しい思いをすることも。反対に、言いたいことが言えなくて悔しい思いをすることも。それ自体が学び。お友だち関係がうまくいかないことも経験だと思っているからだ。私はレンのように我儘な子の親だから、主観であれば、頭を下げるしかない。だけど、私が第三者であったなら、こう思うのです。子どもを傷つけたくない気持ちはよくわかる。だけど、子ども自身が「いいよ」と言っていることをどのような展開になるか想像し親が先回りしてストップをかけるのは違うのではないか。子どものためと思いながら本当の自分の気持ちに気づかない場合がある。例えば、本当にそれが嫌なのは子どもではなく、親の方であったり。それはそれを自覚しているのであれば理解できます。ここ、説明していたら長くなるので先に進めますけど。繊細な心を持った子どももいますから。(立場や状況で見方が変わるのは当然です。私はレンの親としての立場で言葉を発しているだけなので、逆の立場で、私なんかの言葉にどうか傷つかないでくださいね)子どもに、どうしても嫌なことまでを受け入れる必要はないと、拒否することを教えることは大賛成であるしむしろ必要なことだと思います。だけど、子どもが「いいよ」と言っている世界に大人の考えで先回りするのが本当に子どもの為なのか。そして、ここまでを考えて、改めて涙の意味を自身に問えば。私は、レンに、説明ができないことを簡単に受け入れる自分に腹を立てているのでした。お友だち本人から「イヤだ」「ダメ」と断られたのならそれは仕方がない。諦めなさいと言う。無理強いしようもんならレンを叱る。だけど、子ども同士で「一緒に遊ぼう」と話していることに大人が大人の世界の中でこっそり覆すことに納得できない。納得できないことを、子どもに言い聞かせなければならないことに私は泣いていました。「いいと言われてもダメなの。(お友だち2人は)先に(その)2人で行くと約束しているんだから今回、レンは我慢しなさい」私はレンに今夜そう言わなければならない。同級生で誘える子がいなかったんであろうレンの気持ちも思っている。ずっと大親友だったお友達が転校してしまってひとりぼっちになってしまって。もう仲がいい子のグループが出来上がっている中、レンは一生懸命入ろうとしていた。これでも、最近、すごく頑張っているんだよ。すごく優しくなったってお友だちからも先生からも言われるくらい。そんなレンの健気な努力を私が抑え込む。悔しさなのか、悲しさなのか、その両方なのか。続きます。画像by pastel flower(パステル) さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

      565
      9
      テーマ:
  • 13Jun
    • その2. 私が号泣した日。

      過去記事。続きです。最初はこちらからお読みいただければ幸いです。  ↓私が号泣した日。その1――――――――――――今度の日曜日。地域でのお祭りがあります。昨夜、この友人親子と帰宅の遅い夫抜きで、食事に行きました。子ども同士もご機嫌で、大人は大人で話もできて、気楽で楽しかった。帰り際、レンが、Mちゃんを日曜日のお祭りに一緒に行こうと誘いました。Mちゃんは、「いいよ!」と答えてくれたものの、先のお友だち、Tちゃんとも一緒に行く約束をしているとのこと。子どもたち2人は盛り上がって「3人で」などと話をしており私は「Tちゃんにも (レンも一緒にいいかどうか)聞かないとだめだよ」程度の声掛けをしました。今日、ロミロミ(マッサージ)の予約時間までをバタバタ過ごしていた時に、友人からスマホに電話が入りました。「今日、レンちゃんが、お祭り一緒に行けるか(改めて、Mちゃん宅に)聞きに来るらしくて」電話口の友人の話では。Tちゃんのママは3人で行ってほしくないようなのだそうです。「Tちゃんのママからそういう話を聞いているのに、私が了解するのもちょっと違うかなって思って」詳しくは聞きませんでした。すぐに察しはつくからです。要は3人でお祭りに行くのは控えてほしいということ。別に珍しい話じゃない。自己主張の強いレンでは、大人しく優しいお子さんは我慢させられることも少なくないでしょう。ママの気持ちはよく分かります。「分かった。レンには私から話しとくから」時間がないことを理由に、私は早々に電話を切りました。何気ない会話でした。以前のという子どもたち3人での様子を聞かされた後での昨夜。レンがMちゃんを誘っていたときの友人の戸惑いらしきものを見て取っていたしだから、こうなる予感がなかったわけではありませんでした。だから今更、なんともありません。なのに。すぐに家を出て、車を発進させて。運転中、どうしたわけだか、涙があふれてきました。なんで私は泣くんだろう。Tちゃんのママの気持ちはよく分かるのです。間に立つ、友人の立場も分かるのです。誰だって、子どもには楽しく気持ちよく遊んでほしい。ロミロミまでの道すがら泣きながら冷静になれ、と自分に言い聞かせました。でも、涙はどんどん激しくなり視界が悪くなるほどでした。駐車場に車を停めると、私は遂には両手で顔を覆って号泣していました。続きます。画像by pastel flower(パステル) さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

      489
      7
      テーマ:
  • 12Jun
    • 私が号泣した日。 子どものお友だち関係に親が介入すること。 その1

      今の私の気持ちを書きたいと昨日の記事に書いたんですがうまく気持ちを整理できないままなので過去記事をUPさせていただきます。娘、小学4年生、12月のことです。彼女の大きな成長を感じたひとつの出来事がありました。―――――――――――――今日、私、車の運転をしながら、泣いていました。いえ、鬱ではないです。心当たりはガンガンにあるのです。でもどうしてそんなことで涙が出るのかすぐには自分で分からなかったんです。小学校に上がってから、同じ小学校のママで、レンの生い立ちについて、私から話をした人は1人だけです。2番目のお子さんMちゃんがレンの1学年下で、レンと同じ虫好きつながりで、親子共に仲良くさせて頂いています。優しい人で、気を遣わずに一緒にいられる大好きな友人の1人です。私だから、と、レンのことも注意してくれたり悪行を教えてくれたり、それもありがたいことです。今日の話をする前に、伏線があります。この友人が、数週間前に、話をしてくれたことがあります。詳細は省きますが。簡単に言えば、彼女のお子さんMちゃんと、これまた同じマンションのTちゃん。2人で遊んでいるところに後から参加したレンの我儘三昧を指摘してくれたのでした。片足を投げ出し、小生意気に人を見下すような態度だったようです。友人は、彼女自身がどうこう思うということではなく、他のところで、レンの態度を観る他の人のこと等までを心配して、私に教えてくれました。私は。とても恥ずかしいと思っているところであまり人様に言いたくはないことですが。本音はレンがお友だちと遊ぶのが怖いと思っています。塾も、今はお友だちと一緒に行きます。そのお母さんからも、「2人のほうが安心」だと言って頂いているにもかかわらず本当は1人で行ってほしい。口には出さないけど。好奇心旺盛のレンが1人で何をしようとそこは受け止めます。でも、他のお子さんを巻き込むことに耐えられないからです。そしてそれは、以前ほどではないにせよ、そこそこの頻度で起こります。3年生まで、何度、ひと様に謝ってきたか。もう、怖いのです。保身を思うこんな自分を私は恥じています。2年生の時からの大親友、Aちゃんが転校してしまって。急に一人ぼっちになってしまって。しばらくはレンも頑張っていましたが、11月は家でかなり荒れていました。よく愚図っていたのはお友だちとうまくいかなかったからです。「寂しい」とも言いました。ただ、幸いなことに、レンはむちゃくちゃ切り替えが早い。だから学校にも行けています。私から見ても、レンはレンなりに自分を抑える努力もし始めているし、お友だちを大事にすることも出来るようになってはきました。でも、それは彼女の年齢に求められるレベルのものにはとてもまだ追いつかない。友人が教えてくれたレンの態度の悪さは、彼女の特性を知り、理解すべき私にも言い訳のしようもなく。友人からは、レンの友人関係を心配してでしょう。同級生の中で、今、仲良しの子と、例えば席を隣にしてもらうように頼むなり、友人関係構築に学校の先生に間に入ってもらうよう、相談することを勧められたり、いくつかのアドバイスも受けました。自身のお子さんMちゃんと、レンとの関係もAちゃんが転校する前の距離感がちょうどいいと思うよ、と。これまで以上に急に近づいてきたレンに戸惑っているのが分かりましたが、アドバイスに頷くこともできずただひたすらにごめんね、と、ありがとうを繰り返しました。その夜はレンと話し合いました。レンは自己主張をする子だから分からないかもしれないけど言えない子の気持ちを理解する必要があることなどを言葉を易しくして言い聞かせました。こんな言い聞かせ、何度、やってきたんだろうと思いながら。でも。繰り返すことが必要だと思うから。レンは少し怒っていたけどでも愚図らず聞いてくれました。続きます。【企画イベント 第二回開催について】前回の記事でご相談した会議室の件では教えていただいたり、詳しくお調べいただいたりまた、住民向けの公共の施設等、代わりにお申込みをいただけるというお申し出までいただきました。心から感謝申し上げます。都度、お手を煩わせるわけにもいきませんので個人でやれる範囲で考えさせていただきます。本当にありがとうございました。前回と同じ場所で、満室だった会議室にキャンセルが出て9月8日(土)予約を取ることができました。私のスケジュールや手伝ってくれるスタッフの有無など確認した上で今後の安定継続を目標にさまざまな面を検討して進めてみたいと思います。1回あたり参加費は2000円程度で考えさせて頂ければ助かります。その前にも、小規模開催での会議室を借りられる見通しもあります。また、年間で計画が立てられれば年会費という設定も考えています。主催者側としてのメリットは参加人数の予測が立ちやすいこと。キャンセルの割合が小さくなり赤字の懸念が少なくなることが挙げられ継続の見込みが立ちやすくなります。デメリットとしては参加者の方の一時的な負担が大きくなることと個人的には確実な開催を実施していかなければならないという責任とプレッシャーの重さです。でも、そもそもやろうと思うんだったらそのくらい覚悟しろよという思いもあったり。開催まで、しんどかったことを思い出すとそこまでできるだろうか、と思ったり。手伝ってくれた仲間にも私にも本職がありますし。ただ。今の気持ちとしては、前回参加してくださった方たちのお声がとても嬉しかったし私自身も励まされたしいただいたアンケートやコメントで見られた参加したいと思ってくださる方々の思いに応えたいという気持ちが強くあります。だから、まずは1年でも続けてみたいと。回を重ねるごとに、よりよい会にしていければと。……とは、思う次第です。画像by pastel flower(パステル) さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

      568
      11
      1
      テーマ:
  • 11Jun
    • 持病と、企画第2回目の見通しの話。

      こんにちは。二の腕から指先までが痛いという持病があります。最近、お天気による気圧のせいか痛みが増していて状態が良くなるのを待ってみたんですがあまり変わらないようです。痛みは変わらずなのですが無理をしないようにと大事をとってもとらなくても痛いことに変わりがないことに気がつきました(^_^;)ということで、今週からは、少しくらい痛くても更新しようかな、と思い始めました。とはいえ、一定量以上にパソコン使用量が増えれば痛みは比例してきますので無茶しないように気をつけます(^^)/娘の話を書いている過去記事の続きが、なんとクリスマスなので季節外れもはなはだしく更新に躊躇するところでして(^_^;)。過去の娘の記事も続けたいところですが明日の午前中は時間があるので腕の調子にもよりますが、音声入力も使いながら今思っていることを書きたいと思っています。イベント企画の第2回目についてですが。コメントくださった方、いいねを押してしてくださった方、どうもありがとうございました。おかげさまで企画第2回目開催の目処が付きつつあります。小規模のものであれば8月までに。同じ規模であれば9月に。検討している所です。会場は一旦申し込むと企画を倒すとキャンセル料がかかるところも多くあります。安定継続を目指すためにも参加してくださった皆様の言葉をありがたく参考にさせて頂きながらご賛同いただける参加費の設定も検討中です。参加費は止む無く上げさせて頂くことになる可能性が高くご理解いただければありがたく思います。参加をご検討してくださる方は今月末予定の詳細告知までお待ちください。またお会いできればうれしく「はじめましての方」にお会いできることも楽しみにしています。尚、悶々と思案していました経費については会場費と人件費の問題がほとんどですので良い会場があれば教えてください。条件は土曜日の午後。4時間程度の時間、~30名。お集まりやすい山手線か中央線の駅近くで考えていますがその他の場所でも検討可能な安価で借りられる貸会議室などご存知でしたらコメントでお教えいただければ幸いです(承認は控えます)。なんだか連絡事項のような記事でごめんなさい。読者の方にお会いしたような気持ちが大きくなっていたので書いてしまいました。今日もご訪問くださってありがとうございます。このブログをご覧になっている方が今日も幸せな一日でありますように。画像by pastel flower(パステル) さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

      220
      1
      テーマ:
  • 06Jun
    • 「子どもを売ってる」…って売れてないし。

      【追記】 今、昨夜更新したこの記事を読み直しました。悩みどころを書いてしまったので、「2回目も」と望んでくださったことをプレッシャーを与えたのではないかと心配させてしまったのではないかと、読み直した今、私の方こそ心配になりました。2回目を望んでいただける会にすることが目標でしたし、それは私の背中を押していただくありがたいものですから嬉しくありがたいものです!そこは誤解しないでくださいね。回りくどくて言いたいことが分からない文章になっていました。すみません。今回は、仲間が無償で手伝ってくれましたが、次回以降また無償で、というわけにはいかないなと思い、葛藤しているというお話です。こんにちは。すぐに更新できなく申し訳ありませんでした。更新しなかった間にいただいたコメントを1つご紹介いたします。今回ブログ記事に上げる際はイニシャルで記載したので、書いて頂いた文章の中のお名前もイニシャル表記にさせていただきます。Kさんこんにちは。先日は参加させていただいた、kです。参加して本当に良かったです。あの会へ参加してどのお母さんも皆さんご自身をとても責めていらっしゃいました。私も同じように、自分の至らなさや感情で怒った事が原因で息子が荒れてしまってるのではないかと、自分に育てられなければとも感じていました。けれどシェリナナさんがおはなしして下さった、自分ほど自分の子どものことを考えている人間はいないと言うのを聞いて、本当にそれはそうだと思いました。息子の事は誰より私が考えてるからそこ、悩むし傷つくし、落ち込むのだなと。シェリナナさんが最初の頃に書かれていた記事にレンチャンは、魅力的な子どもだとありましたよね。私の息子もそうです。でも、本当に自分の子だとなると、どうしても許せなかったりする事があります。私の器が小さいばかりにとも思いますが、あそこで出会えた事は本当に大きいです。将来がとても怖かったけれど、味方はいるのだと感じられました。本当にありがとうございました。私は実母との関係が良くなく、自分が小さい頃、人前でけなされ、世間体第一の母の元過ごしてきました。母は他の人からみるととても良くできた母です。私も食事や習い事、ほしいものは基本的には何でも買ってもらいましたし、そこそこ裕福な家庭でしたので何不自由なく過ごしてきましたが、1番欲しかった愛情を分かりやすく示してもらえず、ずっと悩んできました。だから息子には絶対同じ思いはさせないと、人から息子の事を褒められた時は、ありがとうございます。嬉しいね。と話し、息子に産まれてきてくれてありがとうと常々伝え、たくさん抱きしめています。でも、やっぱり世間の目がとても気になります。もっと優しい息子をしってほしいのにと、息子がもし、支援教室にいったら、何て言われるんだろうと、、本当に強くなりたいです。でも、Bグループのお母さんと話せて、その不安も少し楽になりました。本当にありがとうございます。第2回ぜひ、開催してください。大変かとは思いますが、待っています。併せてしまい失礼かも知れませんが、アメンバーに申請させてください。タイトルの名前が変更できませんでした。申請時の名前はkで、お願いいたします。よろしくお願いいたします。※ Kさんへコメント有り難うございました。アメンバー申請が見当たりません。見つかり次第承認しますので、ハンドルネーム含めご確認をお願いします。改めまして、参加者の皆様。参加を検討してくださった皆様。そして企画を応援してくださった読者の方々本当に有り難うございましたきっともう、すっかり日常に戻って慌ただしく、そしてへとへとに? 笑お過ごしのことと思います。生きている中での問題や壁などは一足飛びに解決できるものなどほとんどなく日々向き合いながら、乗り越えていくしかないですから。だからこそ、その日、 1日を乗り越えるための力をそのひとときを持つことがとても大切なのだと思います。全員の方からのアンケート拝見しながら開催できて本当に良かったと思うことができました。どの方から頂いた言葉も印象に残っているんですが。アンケートで満足度を問いた回答で ☑ 満足 と答えてくださった理由の中に「今、私がとても楽になって 笑えているから!!」という言葉を見たとき、開催して良かったとつくづく思いました。まさに、私が願っていたこと。幸せだと感じました。今は、どうしたら2回目以降が継続できるかを一生懸命考えています。お見送りの際、お一人お一人と言葉を交わさせていただいたのですがその時に「毎月開催してください」とおっしゃってくださった方がいます。私も、このような企画は1回限りで終わる事ではなく継続してこそ意味があると思います。その意味で、その方の言葉もとても嬉しかったです。匿名可のアンケートで分母が少ないので、高い数字になりすぎますがとは言え、 95%を超えるほぼ全員に2回目も「参加したい」と回答いただいています。これは、結果論ではありません。完全にできるかどうかはともかく開催前から、いらした方全員に、「不快な思いをさせない」「傷つけない」ということを徹底的に意識し、さらには対策をとっているから出た数字です。「誰もひとりぼっちにはしない」吐き出しは、 3つのグループに分かれて行っています。ファシリテーターとして各グループをリードしていく人は、お話が上手な人、感じの良い人、リーダーシップをとれる人であれば、誰でもいいというわけではないんですね。一見、笑って話を進めているだけにみえるかもしれませんがそうではない。今回の成功と呼べる結果は手伝ってくれたスタッフの協力なしには行き着けませんでした。初めての試みで、至らない点は多くあったとはいえ、彼女たちがプロであったからこその数字だったと思います。第2回目以降を考えるにあたりこれを私1人で運営し、同じレベルでの満足を感じていただけるだろうか。という疑問があります。参加者の方々の「話したりなかった」という部分については予測される事ではありました。いくつかの理由から、3つのテーマを掲げることが必要でその結果、一人当たりが発言できる時間が短くなることを今回は選択せざるを得ませんでした。ですが、ほぼ全員の方が参加された懇親会を含む3時間という時間が「短かった」とおっしゃって頂けた事は満足度からのマイナスであったとしても全体の時間としては適切だったと思います。一定人数が参加してくださったおかげでグルーピングの際に必ず共通の何かがある方たちに同じお席に座っていただくことができました。また、お子さんの年齢によって悩みは変化していくものなのでそこもグルーピングに意識することがある程度可能でした。今回、経験させていただいて初めて分かったことも多くあります。今後の悩みどころは。参加者の人数が増えればその分、共通認識を深められる人との出会いが期待されますが人数に比例して私以外の他者の協力が不可欠になるという部分です。しかもそれは誰でもいいわけではない。今回、全員が無償で手伝ってくれました。仲間で「一緒にやろう」と始めたことではなく私が個人で始めたことに賛同してくれての好意なので、次回も、というわけにはいかないなと。逆に少人数であれば、参加者の共通点が少なくなります。更にキャンセル予測を踏まえると、会場費 等、赤字が懸念。今のところ、喫茶店でワイワイだとかキラキラお茶会のイメージは持っていません。参加費を大幅に上げることで対策とすることは可能ですが、それはしたくない。できることなら参加費は上げたくない。もう一歩、深く踏み込んで、何かを立ち上げ、国や都に支援金、助成金なりを申請することもよぎってはいますが、なんせ私も、自身の仕事や受験生の親としての役割もあってのことなので気持ちと、痛む体との狭間にありまして。あああっムリムリ。若さが欲しいわっ…。本音を言えば、お菓子も、もっと いいものにしたかったし(Twitterでフォローさせていただいている「よもぎさん」お勧めお菓子がすごく良さそうでしかし、どうにも予算がとれず断念)最初のドリンクも選べるようにしたかったし珈琲も1杯1杯をドリップにしたかった。そんなものなくてもいいからという声も聞こえそうですけど。愚痴を吐き出すだけじゃなくて、ホッとできる楽しい時間になったらいいなという思いがあって。欲を言えば、もっと贅沢な時間が提供できたらという。いつかそんなものを提供できる様になれないかな。したいな。スポンサーつけばいいのに。ん? スポンサー。つけばいいのか…。いやいやいやいや。スポンサーだけなくpolkaだの様々な支援を受ける仕組みをしらなくはないけれど、その行動を起こすだけの時間的体力的余裕がないわ。危ない、危ない。その気になるところだった。諸々葛藤します。でもこの葛藤こそが、参加者の方々の満足につながるのだと思うので。こだわりを持たず開催するだけであれば、さほど大変な事ではないです。でも、それであれば私がやらなくてもいい。「親の会」などは至る所で開催されています。これまでも「子どもを売ってる」(売れてないしー。売れるものなら売りたいくらいだわ。 …と書いて、こんなことを書くから敵を増やすんだと思ったけど消すのももったいないからそのままで)「この人は、自己承認欲求を満たすために子供を使っている」とか、ギョッとするほど、いろんなことを言われてきましたが、こんなことで満たしたい承認欲求など私にはないです。自分のステージは別にありますから。意地悪なご心配には及びません。へへへ。1回くらい牽制しておこうかなと思って言ってみました (^。^)y-.。o○顔見知りになっていただいて離れた場所にも仲間がいると思って頂けるようにとにかく継続させるためにはどうしたらいいかしっかり考えます。継続することで、遠くから来てくださる方の場所に私が飛べるような参加人数になっていけばいいんだよな。ともかく、2回目以降前向きに企画します。「またぜひ」と書いてくださった参加者の皆様の声にはぜひ応えたいです。更新が遅れたうえに独り言のような記事でごめんなさい。次からは、また娘の小学校時代の過去記事を更新していきます。読んでくださってありがとうございました。画像by pastel flower(パステル) さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

      483
      16
      1
      テーマ:
  • 29May
    • 【結果報告】勇気を出して参加して良かったです(←こちらこそありがとうございました)

      5月26日の仲間づくりイベントにご参加いただいた方々からのご感想などを一部ご紹介します。22名の参加。アンケート回収21枚。懇親会参加は21名懇親会まで含め3時間を少しオーバーする開催時間でした。アンケート内容はこちら。先に、アンケートとは別にいただいたコメントからご紹介します。※若干名、私についてお誉めていただいている記載がありますがこれは、世の中のOver 50のイメージとあまりにも疲弊する日々をご存知ゆえの私のボロボロの状態を加味した想像が、前提にあってのことと確信いたします。実際、普段はシャツにジーンズ。お洒落が分からない。私服センス皆無。スーツを着たから雰囲気をごまかせているだけですし、当日は、娘からは「化粧が濃い」と言われ夫からは「普段からその位は(化粧)してくれ」と言われる程度には頑張って化粧もしましたし前夜には高級パックも施し、様々な胡麻化しに苦慮しました。ネイルはしようか迷いましたが、迷う以前にマニキュアがどこにあるかわからなかったので止めました。という体たらくな女です。では、いただいたコメントから。(ちなみに「由美さん」「りこさん」とは、当日ファシリテーターを務めてくれたスタッフのHNです)hさん想像以上の方でした。土曜日は本当にありがとうございました。りこさん、由美さんにも心からお礼申し上げます。正直に言うと、皆さん思っていらっしゃったと思うのですが、シェリナナさんを独り占めしたかった(笑)シェリナナさんは思い描いていたように美人でスマートな方でした。プロフィールを拝見させて頂きましたが、なるほど、さすが、だからあれだけ力のあるブログが書けて、このようなイベントを開催できる力があるんだなって思いました。我が家の娘はなんかおかしいと思いつつも多動ではないので、検診等では一切引っかかることもなく、最近になって発達の凹凸がわかったので、まだ親としては初心者です。実際にお見えになっている方たちは、既に診断も受け、対処法を見つけ始め、実行している方達が多かったように思います。なので、診断も受けるか迷っているような私としては、もう少し皆さんのお話をゆっくりとお聞きしたかったです。実際に、子供を抱きしめる事が出来ないと言う話にわかる!と共感して貰えたりしてとても嬉しかったのですが、娘の対応を模索している身としては先輩方の経験談等もっと聞いてみたかったです。勿論、レンちゃんのお話も。せっかくシェリナナさんとお会いできたのに、私はまだモヤモヤの中です。娘の発達の凹凸が判って、やっと一ヶ月経ったくらいですので、夫とも今まで以上に揉めますし(夫はとても教育熱心です)、娘の対応にも苦慮しています。思春期も始まってしまい、二次障害も始まってしまっているので・・・。とっても不思議だったのですが、シェリナナさんも、りこさんも由美さんも、そして男性のスタッフの方も、皆さん芸能人?っていうくらいキラッキラに見えました。都内にはたまに出て来てるし、そんなに田舎で生活している訳ではないのですが・・・なんでしょうね。輝いている人っていうのは、やっぱり何かしらオーラを発しているのでしょうか。上手く書けないのですが、お会いできたことに感謝しております。どうか、ご無理なさらず安静にお過ごしください。Sさん先き日は貴重な場をセッティングして下さり、ありがとうございました。私自身は、今この瞬間も軽度知的の息子の不穏と、不登校の娘の対応で、気持ちがグラグラで、当日含めて思うように話せなかった気がします。でも、お互い色んな悩みを抱えながら集ったママさん達と、共感できる話もあり、大変な中頑張ってるんだな~って頭が下がる思いもしたし、貴重な時間を共有させてもらえました。私はストレス食いで、ここ最近ではMAXに太っているので、ますます自分に自信が無くなるばかり。どなたかのコメントにあった、真矢みきさん似、私も同感です。誰かに似てる…ってモヤモヤしていたので、スッキリです♪真矢みきさんにはなれなくてもいいけど、シェリナナさんみたいに、前向きで明るいママになりたいです。息子の暴言暴力 ニモマケズ娘の不登校 ニモタジロガズでん!とした母になりたいです♪勇気を出して参加して良かったです。ありがとうございました!Sさんステキな会に参加させていただき、とても感謝しています!本当にありがとうございました!!私と同じ、子どもが1歳というお仲間がおらず、正直寂しかったのですが、参考になるお話がたくさん聞けたので、とてもありがたかったです。連絡先を交換するまでには至らなかったのですが、同じような悩みを抱えていらっしゃるんだな、と思いを共有する事ができて、日々のストレスで殺伐としていた心が穏やかになれました。むしろ私の悩みなんてちっぽけなのかも…アンケートでは書きそびれてしまったのですが、もっと他の方のお話も聞いてみたかったなと思いました。また開催される事があれば、次も是非参加したいと思います!腕は大丈夫ですか?あまり無理されませんように…シェリナナさんをいつも応援しています!kさんシェリナナさんおはようございます。昨日はお疲れ様でした。そしてあのような会を開催して頂いて、本当にありがとうございました。家族でもなく友達でもなく知り合いでもなく、表現は悪いですが、二度と会わないかもしれない人だからこそ、自分のブラックな部分までも臆することなく吐き出せるんだと感じました。だって引かれたり嫌われたらどうしようなんて思いながら話さなくていいんですもの(笑)私の場合は、子供の問題もしかり子供をそうさせてしまった私の生い立ちに向き合っている段階なのですが、それぞれ抱えている問題は違くても、ここにいる人はみんな味方なんだって気持ちになれて居るだけでとても心が軽くなりました。実は、会場に着いてはじまるのを待っている段階で、まだ誰とも話してないのに不思議な安心感があり、ひとり感極まって涙をこらえてました(笑)お恥ずかしいですが。。それから、アンケートにも書きましたが、シェリナナさんがお綺麗で本当にビックリしました!ホームページを拝見していなかったので、私の中のシェリナナさんは普通のおばちゃんのイメージで(失礼しました(ノ_<)私のシェリナナさん像はいい意味でガタガタと崩れたと同時に、たくさん苦労されててもそんなに輝けるんだなととても刺激を受けました!私は……の資格取得を目指して通信大学で勉強しています。正直かなり挫折しそうになるのですが、実際してますが、、シェリナナさんのように輝きたい!!とモチベーションもあげていただきました!改めまして、本当に昨日の会の開催本当にありがとうございました。お疲れのところ長々と私の思いを綴ってしまい失礼しました。またお会いできる日を楽しみにしています^ ^今回参加された方の感想をみて、参加を迷っている方が、次は!と一歩を踏み出せたらいいなと思います。安心して吐き出せる場所だと伝わると嬉しいです。私も次回の開催を楽しみに待っています。1年でも2年でも気長に待っていますので、まずはお身体を最優先でご無理なさらずにお過ごしください。末筆ながら益々のご活躍をお祈り申し上げます。※ どうもありがとうございました。昨日から引き続き 人生で二回目、真矢みきさんに似ていると言われてしまった♪ 似てると言われたことなど過去一度もないのだが(^_^;)。誤解されたままでヨシとしまーす!ヽ(^。^)ノ―――――――――――――ここからアンケート結果です。ブログ記載の許可をいただいた方から適当に抜粋して載せさせていただきます。匿名だったとしても不満は書きづらいと思いますし結果をそのまま鵜呑みにできませんが懇親会ではあちこちでグループもでき笑顔も見られていましたし最低限のご満足にはたどりつけたのではないかなと思える嬉しい回答をいただけました。1. 本日は参加して良かったと思われますか? □満足 □やや満足 □どちらでもない □やや不満 □不満 結果□満足     19名/21名 □やや満足  2名/21名 5. 今後、今回のような機会が開催されたら、参加してみたいですか?□参加したい □参加したくない □今はわからない結果□参加したい     20名/21名 □今はわからない 1名/21名 皆さん、ありがとうございました。次回は、イベント開催しての私の感想と今後についてお話しさせていただき、また元の、過去記事に戻りたいと思います。今日も読んでくださってありがとうございました。画像by pastel flower(パステル) さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

      342
      3
      1
      テーマ:
  • 27May
    • 「つらいと時には つらいと言おう」イベント開催の報告とお礼

      2018年5月26日土曜日、告知していたイベントを開催しました。タイトルは会場案内の文字数の都合で以下に変更に。「モヤモヤしたその感情、吐きだしてみませんか」→「つらいと時には つらいと言おう」撮影のご了承は頂き、横顔にも元の画像からはお洋服の柄も消えるよう全てにぼかしを入れましたが画像が小さいと、むしろぼかしがあまり意味がなくなる不思議…(^_^;)参加者の方でなにか気になる方がいらっしゃいましたらご連絡くださいね。画像はこの形式ですがその後はグループセッションを行っています。こちらはどうしてもお顔が入ってしまうので写真は控えます。ぶっちゃけ、私以外の2名のファシリテーター(カウンセラー)が超優秀なもので完全に任せきり。(彼女らの写真は撮っておけばよかった)私が気付かないうちにも、様々な対応をしてくれておりそのおかげで私は目の前の参加者の方々に集中することができました。彼女らの助けがあってこその機会でした。この催しには、34名の申し込みがあり当日は22名の参加となりました。懇親会参加は21名。ささやかながらご用意した珈琲や紅茶とお菓子を摘んでいただきながらの談笑。初めての試みで、どうなることかと思っていましたが至らない点は多々あれど素晴らしい参加者の方々のおかげで無事に開催できたことをご報告いたします。最初は何人も涙を見せる方たちの姿がありましたが懇親会はあちこちで笑顔が見られ嬉しく感じました。アンケートに頂いたご感想などはご了承いただいている範囲で明日以降、改めてご紹介させていただきます。改めてブログにいただいたコメントは承認を控え(あの場だけのお話もありましたので笑、一部控えさせていただくためでもありますが)こちらにご紹介させていただきます。どうもありがとうわざわざありがとうございました。Nさん「シェリナナさん。昨日は本当にありがとうございました。自分のドロドロした嫌な部分も吐き出すことが出来ました。『困りはあまりない』とかカッコいい事言ってましたが取り繕ってただけだったんだ…と思いました(笑)誰にも言えなかった、自分が頑張っていることも(他の方からしたら当たり前の事かも知れませんが)口に出せたことは本当によかったと感じています。シェリナナさんのご苦労は大変だったと思いますが、有意義な時間を過ごすことができ、感謝しています。ありがとうございました。あんな素敵な会になったのはシェリナナさんの人柄だと思います。お礼をどこにかけばよいかわからずにこちらにコメントさせていただきました」Rさん「印象に残ったのは、お子さんが朝起きない、起きてから支度に時間がかかる、という毎日の戦いについて、普段なら笑い事じゃないし周りにも言えないのに、今日は「うちは靴下片足はくのに15分」という話が出たら「うちなんて20分だよ!」とか「服が気に入らないと全部脱いでかんしゃく起こす」→わからわかる、イラつくよねー。「夏は窓開けてるから怒る時は窓を閉めてからにする」→そうそう!みたいな感じで皆で大笑いしてた瞬間があって、この場だから笑い話にできたんだなぁと思ったら本当に救いになると思いました。」Kさん「今日は生のシェリナナさんとお話し、…興奮してます。生のシェリナナさんは真矢みきさんに似ていてドキドキしました(*^.^*)グループ内のお話では、なかなかヘビーな話もありみなさん、『すごいなぁ、偉いなぁ…』と思うことが多く(子育てに関しては)みなさん真面目で真剣だ~!とビックリでした。※私はかなりいい加減にやってる部分があるので…緊張しながらもべらべら喋ってしまい、相手に少し失礼なことを言っちゃった気がしますが…いろんな人と話すこのような機会があってよかったです。」ちなみに、。51年の人生の中で真矢みきさんに似ていると言われた事はありません。初めてで光栄です。調子に乗ります。次回、アンケートの結果をご報告させて頂きます。参加してくだったの皆様方へ東京都内からだけでなく遠方からも足をお運びいただき本当に有り難うございました。何か力になることができればと考え企画した機会で、元気になっていただければと思っていましたがむしろ私の方が皆様に元気をいただいた気がします。行き届かなかった点は多々あったと思います。ご理解とご協力をいただき有り難うございました。お会いできて本当に嬉しかったです。また、言葉足らずだったのでもう一度ご紹介させてください。協賛としてプレゼントさせていただいた「りらふん」ですがもし使ってみて良かったらお友達などのプレゼントにもご利用いただければと思います。提供してくださったオーナーから「紹介してほしい」などとは「全く!」言われておりません。ただただ「頑張ってるお母さんたちに」というお気持ちからお預かりさせていただきました。本当にありがとうございました。またいつか!参加してくだったの皆様と、読者の方へこんなに素敵なことをさらりとやってくださる「りらふん」ホームページはこちら→http://www.relafun.com/ ふんどしパンツりらふん「あやめ」 (「やなぎ 和柄緑」との2枚セットL) 3,800円 Amazon ふんどしパンツりらふん 開運☆赤ふんどし(L) 2,000円 Amazon ふんどしパンツりらふん「さんご」 (M) 1,900円 Amazon ふんどしパンツりらふん なごみの和柄シリーズ「青竹」(L) 1,900円 Amazon 私自身がオーナーのお気持ちをとても嬉しく感じておりますのでこの場を借りてご紹介させていただきます。※今回、お会いできなかった皆さまともまたいつかお会いできる機会が作れたらと思っています。個人的なことですが、 4月に手術をし現在はその手術の影響であと3ヶ月ほど腕の痛みが続くようです。日常生活に支障はなく、手術前ほどの痛みはありませんが指先を使うことによる疲労が激しいためイベント開催におけるメールのやり取りや書類作成などを優先し更新を控えていました。このブログも更新していきたいと思いますのでまた読んでいただければ嬉しく思います。ーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

      289
      1
      テーマ:
  • 11May
    • 落ち込みから早く立ち直る方法。

      過去記事です。(本日、再投稿にて2本目の記事になります。先の1本目に、5月26日(土)のイベントの告知をしております【残り3席】。既にお申込みいただいている方には連絡事項もございますので、ご確認いただきたくお願いいたします)----------------------レンのケガですが。朝には昨日よりずっと腫れていてさすがの私も不安になり、朝イチで病院にすっ飛んで行きました。CTで検査までしましたが、おかげさまで異常なし。1日で腫れはぐんぐん引き、今は赤い痣に変わりました。朝は「開かない」と言っていた目も夕方にはすっかり開いていました。あとはこれが黒くなって黄色くなって…。3週間くらいでもとに戻るようです。昨日、先方にお電話したとき。レンは何度も「おかあさん、怒らないでいいよ。その子、わざとやったわけじゃないから」と言っていました。なかなか状況把握、出来るようにはなってきたのね。怒りませんよ。怒れる立場でもないでしょ。過去のあれこれ思ったら。何度もお断りしましたが、ケガをさせた方になってしまったお母さんが夕方、菓子折りまで持って、わざわざ謝りに来てくださいました。昨夜に比べれば随分、腫れも引いていましたが今度は眉下から瞼までが濃紫色の痣になってはいたので、先のお母さんは、レンの顔を見るなり「ひっ」と小さく叫ばれて。まあ、逆の立場になれば私も身が縮むな(^_^;)あまりに恐縮されるので思わず本当のことを言ってしまいました。「実はいつも謝罪する方だったんです。今回、初めて、される側で。『気にしないでください』ってやってみたかったので夢がかないました。おかげさまで異常もありませんでしたからもうどうか心配しないでください」笑われて、その後、ハッとしたように「すみません、笑える立場じゃないのに」とまた謝られ。いえいえ、本当にありがたい貴重な体験をさせていただきました。レンもそのお母さんから「大丈夫?ごめんね」と声をかけられ「全然、大丈夫です」と、ブサイク顔でニッコニコ。ほっほー。敬語使えてんじゃん。先方がお帰りになってから、レンがポツリと言いました。「すごく謝ってたね」「レンも見たことあるでしょ。おかーさんが謝ってるとこ。おかーさんって、みんなタイヘンなんだよ」レンは「へへへ」と笑いました。過去の私の、他の方への謝罪でレンが堪えた素振りを見せたことはただの一度もありません。でも、今日は初めて少しは何か分かっているような気がしました。やっぱりいいですねぇ。『気にしないでください』なんだか、自分が心の広い人間になったような錯覚を覚えます。痛い目に遭ったのはアンタじゃないだろう、という怒号も遠くで聞こえますが、聞か猿、聞か猿、聞か猿。耳は両手で押さえてますから。すみませんね、こんな人間で。言わせてもらえば、それ以前に、ボコボコにされてるのこっちですから。もう痛みも治まっていますし、異常がなかった時くらい、浸らせてもらっても罰はあたらないでしょう。謝って謝って、怒りや悲しみを受け止めるのは本当に辛いです。やった側は当然ですが、どんなに辛くても当たり前で、「辛い」なんて言える立場にはありません。言ってはいけません。私はここで、そうなんだと言っちゃってますが、声に出しては仲のいいママ友にすら言ったことはありません。コメントで「普通、わが子が怪我した・・って聞くと、心配や加害者への怒りが先に沸くのにわが子も加害者になりやすかったので、思考回路がヘンになってる気がします。どれだけ加害者の親は心にダメージ受けてるんでしょうね」と頂きました。低学年の頃、レンが顔にひっかき傷をつくって帰れば、相手のお子さんの状態を心配して学校に電話したことがあります。やられただけだと知り、胸をなでおろしたことも数知れず。何度も言い聞かせ、叱って、なだめ、注意して。小4になり、手が出るようなことはなくなりましたが、友だち関係では未だに謝罪することは少なくない。凹みますよ。何度謝ったって慣れません。でも、凹んだままではいられませんから。昔から「強い」とよく言われます。「シェリナナだからできるんだ」と言われることも少なくありません。でも、自分では全然強いなんて思わない。寂しいし心細いし自信もない。キツイことを言われたら凹むし辛い。誤解されたら悲しい。困難にも立ち向かいたくなんてない。でも、気持ちが落っこちてしまったら、できるかどうかはともかく、そこから立ち直りたいと思う気持ちはみんな同じでしょう。そのままそこにいるのは辛いです。もし仮に。もしも私が強いとするならば、それは、自分にとって、悲しかったり苦しかったり、あるいは不幸なできごとに、しがみつかない、執着しないよう気を付けているからかもしれません。そこだけに入り込まない。できるだけ早く手放す努力はしている気がします。反省するべきことは反省して、そして痛みは早く手放す。痛い目に遭い過ぎて、少しずつ身につけた処世術。あとは思い込む。「私は立ち直りが早い!」そうすると少し立ち直りが早くなる。…気がする。元々、立ち直りの早いタイプの方もいらっしゃるでしょうけど、私はそうじゃない。早く立ち直るには。自分の悲しみや苦しみに焦点を当てすぎないこと。そしてそれに執着しないこと。多分、たいしたことじゃないんです。ほとんどのことは。そう思えないのは、私がそう思わないから。もっと上手になれたらいいな。みんなが幸せでありますように。今日もご訪問くださってありがとうございます。このブログをご覧いただいている方が今日も幸せな1日でありますように。画像by pastel flower(パステル) さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

      2150
      28
      9
      テーマ:
  • 10May
    • 苦節4年半、憧れ続けたあの言葉を発する時が遂に来た!

      現在、中学生の娘が小4のときに書いていた過去記事です。ちょっと季節も随分ずれすぎていて季節感皆無ですみません。(^_^;)ーーーーーーーー激し過ぎるレンの歌。これが冬休み中ずっとだと思うと、心からゾッとします。でもこんな私にも救いの手があるのです。その1。年末年始、ちょっと遠くの夫実家に3人で帰ります。あちらには夫の弟妹の子どもたちがいるので「おかーさん」という、しつこすぎる呼び声の頻度は大きく減少するはず。28日にレンのみ先行出発。私たち夫婦と愛犬は30日出発です。年明け3日に3人で帰京予定。その2。救世主登場!レンの大親友、Aちゃんが帰京しました!Aちゃんは父子家庭。9月にお家の事情で、パパとも別れ、九州に転校しました。24日から冬休みで、パパの元に帰ってきているのです。よかったね。Aちゃん!今日、明日2日は「遊ぼう」とお誘い頂いたAちゃんにレンの子守りをしてもらって。28日は空港から夫実家に強制送還という流れ。ふふふっ。いいでしょ。夫両親の理解のおかげで、私の神経破壊はギリギリ免れそうです。揃っての帰省は、レンを引き取った最初の年、保育園時代、以来初!夫とレンの関係悪化のため、夫両親の提案に甘えさせていただいて、レンだけを預かっていただいていました。問題個所に目をやれば、あれもこれもヒヤヒヤすることばかりですが、兎にも角にも、ここまで修復できたのだと、ある種の感慨を覚えます。さてようやく本題。本日、ワタクシ、遂に憧れのセリフ(バージョンその1)を発することができました!「いーえ。子どものやることですから。どうぞ気になさらないでください」年長時代から、頭を下げてばかりの苦節4年半。ようやくこの日を迎えることが出来ました。ありがとう! ありがとう!!私が午後から、数か月ぶりという美容院へ行っている間にレンはAちゃんと公園へ。帰宅したときにはレンの目尻上数センチ。ぷっくり腫れておりました。レンからメモを渡されます。「Aがこれお母さんにって」それはあるお母さんから私へのメモでした。Aちゃんが間に入って対処してくれたようです。そのメモにはこう書かれていました。「大変申し訳ありません。公園で遊んでいる最中に、娘の足がお嬢様のお顔に当たってしまいました。青く腫れてしまっていて、本当に申し訳ありません。心配ですので、一度ご連絡をいただけたらと思います。本当に申し訳ありません。どうぞよろしくお願い致します。○○○○ 090-△… 」お嬢様ってだれーーー??時計を見ると、17時を過ぎており、かかりつけの病院には間に合わない。少し迷いましたが、明朝、診察を受けに行くことにしました。保冷剤を私のターバンと紐で固定。メモを下さったお母さんに電話しました。繋がってすぐに「レンちゃんのお母さんですか?本当にすみませんっ!!私がついていながら…。病院は間に合わないかと思い…」ものすごく丁寧に謝罪されてしまい。なんだかとてもいい方で。それが声にも表れていました。もちろん、足が当たったのが目であったら私もこう余裕かましてもいられないでしょうけど。でも眉骨ですし。たまたま足が当たった方がレンで、当ててしまったのがその女の子で。正直言えば……。よかった、よかった、よかった、よかったーー!。鬼母と呼んで頂いて結構です。他の子を傷つけていなくて本当によかった。レンの当たった箇所がギリギリ目でなくて本当によかった。レンの説明ではイマイチ、状況把握はできませんでしたが「レンが顔を出した先で『ターザン』やっていた子の足で蹴られた」ということなのでそもそも「ターザン」がなにか分かりませんが、そう呼ぶからには、勢いよく飛んできたのだろうと。相当な勢いがないとここまでは腫れませんし。「いいえ、子ども同士のことですから。たまたま当たったのがうちの子だっただけで、タイミングが違ったら逆だった可能性もあるわけですし。ええ、念のため、明日は病院に行きますが、どうぞお気になさらないでください。……そうですか。ではご心配いただいておりますので、結果だけ、またご連絡させていただきます」わざわざメモを持たせて下さったことも、嬉しかったし、すごく心配して下ったことも嬉しかった。「気にしないで」 なんて、いい人っぽい言い方ができるタチバであることも本音を言えばちょっと嬉しい。レン、ありがとう!レンの体を張った事故でお母さんは夢の言葉を発することが出来たよ!万一、大事だったら、とちらりと思わなくもないですが、それほどなら発熱するなり、おう吐するなり、もう少し違う症状もあるかと思うので。レンもさすがに「まばたきすると痛い」と顔をしかめてはいましたし、寝返りでも打ったのか一度だけ、「いたい~」と起きてはきましたが。眉尻部分が大きくぷっくり腫れています。明日はもう少し痣が濃くなるかな。……。ん? ちょっと待てよ。レンにありがとうって言ったけど。そもそも、謝罪してばかりの身であるのも、「いえいえ」をやってみたかったのも、これぜーんぶ、レンのせいじゃないか!ともあれ明日、病院行きます。※ ここからは2018年5月10日現在のご案内です。★★★★★★★★★★★★★★★★★※ 5月26日(土)イベントの企画があります。お申し込みにメールがお送りできてませんがもう少しお待ちください。ご心配をおかけしもうしわけありません。Hさん。再申し込みありがとうございます。ちゃんと届き参加人数にありますのでご安心くださいね。  【ご確認事項】※ ご自身のお仕事の延長線上にあるご参加は善意と存じておりますが、今回はご遠慮頂いています。違う機会にお力をお貸しいただければと存じます。参加者の方が安心してお話しできる環境を最優先させていただいております。どうかご理解いただきますようお願いいたします。※ また、参加動機が曖昧な方につきましては、こちらから確認のメールを順次送らせて頂いております。不快な思いをさせてしまうことは容易に想像でき、大変に申し訳なく、失礼は重々承知いたしておりますが、今回はイベントの趣旨より、参加者の方が安心してアウトプットできることに注力したい旨、何卒ご理解いただきたくお願いいたします。その上で、苦しい胸の内をお抱えになり、参加ご希望を頂けるということでしたら、喜んでお待ちいたします。今一度、ご確認下さい。一斉ご案内詳細メールの送信に時間がかかっておりますこと、どうそお許しください。★★★★  ご案内  ★★★★【時々 子育てが疲れるな、と思う方へ】【子育てに疲れ果てている方へ】【誰にも言えない苦しい気持ちを抱えている方へ】その気持ち。そっと吐き出してみませんか。私たちには、共感し合い、認め合い、許し合える場所が必要です。必要なのは、ほんの少しの勇気です。日時: 5月26日(土)13:30-15:30場所: 渋谷・表参道(会議室) (詳細はお申込みをいただいた方にメールでお知らせいたします)参加費: 1000円(当日受付にてお支払いください)申込方法: 承認は決していたしません。コメントにてお申し込みください。お申込み等、詳細はこちら ⇒ ★コメント申込記載内容:1.お名前(ふりがな)2.ご住所(都道府県 区市町村までで可)3.メールアドレス (受信拒否設定をされている方は携帯番号もお願いします。  ショートメールでご連絡します)4.お子様の年齢(学年)5.申込動機(その他自由にお書きください。当日の参考にさせて頂きます)皆さまのご参加を心よりお待ちしています。★★★★★★★★★★★★★★★★★今日もご訪問くださってありがとうございます。このブログをご覧いただいている方が今日も幸せな1日でありますように。画像by pastel flower(パステル) さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

      332
      2
      テーマ:
  • 09May
    • うつ病は心の風邪なんかじゃない。うつ病患者の家族を経験して。

      過去記事です。先の記事で夫のうつ病のことを読んでいただきました。一連の記事を公開していた時UPしてなかったようなので投稿します。もしや二重投稿だったらどうしよう。飛ばして下さい。すみません。――――――――もしも、自分がうつ病になってしまった時には誰より自分に優しくしてほしい。自分を責めないことは難しいけれどでも「仕方なかったんだ」と自分に言ってあげてほしい。どちらを選択したら自分が楽になるか考えて、楽になるほうを選べばいい。しっかり休んでください。こんなことを言いつつ。私が理解できなかった、うつだった母を思い出して。周りの理解が無かったら自分に優しくなんてできないんだよっ、と、思ってもしまうけど。でも、それは家族の問題。どうか、それと病気のことは分けて考えて。「仕方ないんだ」と、自分を許し、優しくする。自分が自分に優しくすることは家族がいる、いないかとは別の問題。自分次第。本当は、家族の方が、うつ病を理解することが必要だと思います。それはそう。絶対にそうです。でもそれは、とても大きな、取り返しがつかない過ちを犯した私だから思うこと。母を理解できなかった家族として逆の立場からものを言えば。うつの家族を支えることはとても大変です。単純に支えることのみならず、引きずられないように踏みとどまる力も必要になる。一概には言えないと承知の上で、癌の妹も介護した経験から思うことですが、妹が患った病気の場合、生死にかかわると分かりやすい分、家族の他の負担はともかく、患者に優しくすることは、比較的容易いとは言えるかもしれない。少なくとも私はそうでした。ネガティブに「死にたい」と繰り返し私のギリギリの精神状態までをも脅かす母よりも手術もできない状態で愛娘レンのためにのみ、苦しい治療を選択し、私に我儘三昧言っている妹の方が、自分の感情をコントロールすることは、楽でした。逆にいえば、うつ病の家族に対して、優しく接し続けるには、よほど、うつの恐ろしさを理解している場合を除いて、支える家族には、力量が、言いかえればとても大きな忍耐が必要になるということです。家族にはそれぞれの役割が既にあり、うつを発症した家族を持つ、多くの人は、仕事だけではなく家庭人としての大きな責務も抱えています。今、うつ病で家族が理解してくれない、と思う人はできればその家族に、病院に同席してほしいと勇気を持って頼んでほしい。医師から、家族に、協力が必要だと教えてもらってほしい。私の後悔はそこにもあるような気がします。家族同士の言葉って、よほど緊迫した状態にならないと、残念ながら、説得力に欠けてしまいます。ただの言い訳や、性格の問題と誤解されやすい。だから第三者から、状態を伝え、家族に理解してもらってほしい。それだけで、家族の問題が解決するとは思っていないけれど、足がかりにはなるかもしれない。私は聞きたかったです。医師から、母の苦しみ、うつの怖さ、命の危険性を教えて欲しかった。命にかかわる妹の状態を、厳しい予後も余命の宣告も母に隠して1人で背負っていた私には母本人がどんなに自分の苦しみを私に訴えても、それに耳を貸す余裕がありませんでした。現実を知ることから逃げていました。だから第三者から、状態を伝え、家族に理解してもらってほしい。そして、それを受ける家族としては。いい意味で覚悟すること。開き直ること。もうこれに尽きる気がします。こんなことをここで言っていいのか迷いますが、開き直って聞き流す。真面目に受け取ったらものすごくきついです。家族が家族としての機能力を問われるのはいつも困難なときでしょう。私は、昨年の娘の状態で、これで夫がうつになったら、もう私が今の家族を支えていくことは不可能だと思っていました。もうとっくに限界を感じていました。でも。夫がうつだと診断されて。逆に力が湧きました。自分でも意外でした。私がどうあるべきか。母が命を懸けて私に教えてくれたことだと思います。我が家の場合、娘は足を引っ張るだけなので、(それも底なし沼にまで)これが「家族としての機能力」の証明になったかと自身に問えば、いやいや、単に私がすごいんじゃ?と、痛い目みたことをもう忘れてほざいてしまいますが。よくも悪くも、先の事なんてわかりません。今、やることを、やれることを淡々とやること。ただそれだけです。そしてそれは。もしかしたら自分が思うほどには大変ではないのではないのかもしれない。……と。つい先日、子どもから虐待されたと大騒ぎした自分を、もう高い高―い棚に上げて、私はそう思っています。私にとって、うつ病は、心の風邪なんかじゃない。支える私たち家族は、外で愚痴を吐きながら、なんとかやっていきましょう。「あの頃はきつかったねー」笑って話せる日がきっとくると信じて。綺麗ごとばかりを言ったかもしれません。全ては言うほど容易くないことも知っています。でも、うつ病で母を亡くした私には全て本音です。うつ病なんかに家族を奪われてたまるかっ。うつ病で苦しい思いをしている方も。そんな家族を持つ方も。お互いに。心と体、大事にしていきましょう。読んでくださってありがとうございました。★★★★★★★★★★★★★★★★★※ 5月26日(土)イベントの企画があります。勇気を出して、というお申込み記載をして下さった方々が複数いらっしゃいます。不慣れな点に苦慮している最中ではありますがお気持ちを裏切ることのないよう最善を尽くす所存です。  【ご確認事項】※ ご自身のお仕事の延長線上にあるご参加は善意と存じておりますが、今回はご遠慮頂いています。違う機会にお力をお貸しいただければと存じます。参加者の方が安心してお話しできる環境を最優先させていただいております。どうかご理解いただきますようお願いいたします。※ また、参加動機が曖昧な方につきましては、こちらから確認のメールを順次送らせて頂いております。不快な思いをさせてしまうことは容易に想像でき、大変に申し訳なく、失礼は重々承知いたしておりますが、今回はイベントの趣旨より、参加者の方が安心してアウトプットできることに注力したい旨、何卒ご理解いただきたくお願いいたします。その上で、苦しい胸の内をお抱えになり、参加ご希望を頂けるということでしたら、喜んでお待ちいたします。今一度、ご確認下さい。一斉ご案内詳細メールの送信に時間がかかっておりますこと、どうそお許しください。★★★★  ご案内  ★★★★【時々 子育てが疲れるな、と思う方へ】【子育てに疲れ果てている方へ】【誰にも言えない苦しい気持ちを抱えている方へ】その気持ち。そっと吐き出してみませんか。私たちには、共感し合い、認め合い、許し合える場所が必要です。必要なのは、ほんの少しの勇気です。日時: 5月26日(土)13:30-15:30場所: 渋谷・表参道(会議室) (詳細はお申込みをいただいた方にメールでお知らせいたします)参加費: 1000円(当日受付にてお支払いください)申込方法: 承認は決していたしません。コメントにてお申し込みください。お申込み等、詳細はこちら ⇒ ★コメント申込記載内容:1.お名前(ふりがな)2.ご住所(都道府県 区市町村までで可)3.メールアドレス (受信拒否設定をされている方は携帯番号もお願いします。  ショートメールでご連絡します)4.お子様の年齢(学年)5.申込動機(その他自由にお書きください。当日の参考にさせて頂きます)皆さまのご参加を心よりお待ちしています。★★★★★★★★★★★★★★★★★今日もご訪問くださってありがとうございます。このブログをご覧いただいている方が今日も幸せな1日でありますように。画像by pastel flower(パステル) さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

      922
      10
      4
      テーマ:
  • 08May
    • 正直者が無理すると不自然さが隠せない。女優生命の危機。

      娘が小4の時の過去記事です。ーーーーーーーーレンからは、ゴミになる絵や工作を沢山もらいます( ̄▽ ̄)先に、記事にした、プラバンをもらった時のことです。(※この記事は更新しませんでした)これはめずらしく私、本当に欲しいと思ったんですね。それで勿論「ありがとう」と言ってもらったんですが。唐突にレンに言われました。「おかあさん、キツネのブラバン、本当に欲しいと思ったでしょ」「うん。なんで?」「『ありがとう』の声が低かった」「声が低いと欲しいってことなの?」「うん。いつもはね。(高い声で嬉しそうに)『ありがとー!』ブラバンはね。(低い声でぼそっと)『ありがとう』」まさかの読まれまくり。正直者が無理すると不自然さが隠せないのね。女優生命の危機を感じました。そんなら、いらんのは分かるやろ。処分がこそこそ大変だから自分がいらないものは、もうくれなくていいぞ。さて。こんな時間に私はなぜブログが書けているのでしょう!レンの勉強机で漢字の書き取りにつきあっていたからです。なぜか彼女が調子に乗って余計やるものでこの時間。うっかりレンに言いそびれてしまったのですが、自由勉強をしたからって今からTVは観せません。多分、彼女は観るつもりでやっているかもしれない。とすると、これから修羅場の可能性があります。でも今から観せたら、それはそれで大変になるので明日、観ようね。という話です。では、気持ちを落ち着けて。いざ。行って参ります。【追記】あれからおよそ15分…。抱っこして寝室連れて行ったら「おやすみなさい」ですって。もう寝室ですよ、レン。21時半ですが、もうリビングに戻ってますよ、私。読まれた方が祈ってくださったからでしょうか。でもなんか本気で怖いです。明日からの反動やら何やらが……。素直に「やったー!」と喜べないのが悲しいところ。さて。※ 5月26日(土)イベントの企画があります。勇気を出して、というお申込み記載をして下さった方々が複数いらっしゃいます。不慣れな点に苦慮している最中ではありますがお気持ちを裏切ることのないよう最善を尽くす所存です。 ★★★★★​ 【ご確認事項】 ★★★★★※ ご自身のお仕事の延長線上にあるご参加は善意と存じておりますが、今回はご遠慮頂いています。違う機会にお力をお貸しいただければと存じます。参加者の方が安心してお話しできる環境を最優先させていただいておりますので、どうかご理解いただきますようお願いいたします。※ また、参加動機が曖昧な方につきましては、こちらから確認のメールを随時送らせて頂いております。(これからの方もおられます)。不快な思いをさせてしまうことは容易に想像でき、大変に申し訳なく、失礼は重々承知いたしておりますが、今回はイベントの趣旨より、参加者の方が安心してアウトプットできることに注力したい旨、何卒ご理解いただきたくお願いいたします。その上で、苦しい胸の内をお抱えになり、参加ご希望を頂けるということでしたら、喜んでお待ちいたします。今一度、ご確認下さい。一斉ご案内詳細メールの送信に時間がかかっておりますこと、どうそお許しください。★★★★  ご案内  ★★★★【時々 子育てが疲れるな、と思う方へ】【子育てに疲れ果てている方へ】【誰にも言えない苦しい気持ちを抱えている方へ】その気持ち。そっと吐き出してみませんか。私たちには、共感し合い、認め合い、許し合える場所が必要です。必要なのは、ほんの少しの勇気です。日時: 5月26日(土)13:30-15:30場所: 渋谷・表参道(会議室) (詳細はお申込みをいただいた方にメールでお知らせいたします)参加費: 1000円(当日受付にてお支払いください)申込方法: 承認は決していたしません。コメントにてお申し込みください。お申込み等、詳細はこちら ⇒ ★コメント申込記載内容:1.お名前(ふりがな)2.ご住所(都道府県 区市町村までで可)3.メールアドレス (受信拒否設定をされている方は携帯番号もお願いします。  ショートメールでご連絡します)4.お子様の年齢(学年)4.申込動機(その他自由にお書きください。当日の参考にさせて頂きます)皆さまのご参加を心よりお待ちしています。★★★★★★★★★★★★★★★★★今日もご訪問くださってありがとうございます。このブログをご覧いただいている方が今日も幸せな1日でありますように。画像by pastel flower(パステル) さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

      258
      5
      1
      テーマ:
  • 07May
    • 大人の発達障害を自認される方からいただいたコメント。

      4年半ほど昔になる過去記事です。―――――――――――――今から、もう10年近く前になりますが、不妊治療をしていた時期があります。3年くらいでしょうか。他人を変えることは難しい。変えるのは自分。なんて、よく聞きますが、どうしてどうして。自分を変えることだって簡単なことではありません。来月で47歳になる私も、ここに至るまで、自分の人格みたいなものに影響を与えたことは、いくつかありますが。その中のひとつに不妊治療があります。このときに、私は自分が知らなかった醜い自分を発見しました。不妊治療時、私の中に私の知らない自分が存在していることを改めて強く知ったし、そのように、今も気付かない、自分が私の中に他にもいるのだと思います。悪い意味だけではなく、未知の可能性を秘めているものも含めて。世の中には様々な考え方や生き方があって、自分の考えとは違うそれを人は往々にして、正義や、良いか悪いかで判断してしまいがちであるように思います。人が生きているうちに経験することなんてほんの一握りでしかなく、僅かなものであるはずなのにその経験値は、ひとつの価値基準になっていきます。自分が経験していないものに対して、謙虚でありたいと思います。それを強く思うようになった大きなきっかけは前述の不妊治療ともうひとつは母の死です。自分が経験していないものに対して、謙虚である。その上で、寄り添おうとする姿勢を持てる人を素敵だと憧れます。時々、このブログに「うちの子は発達障害ではないんだけど」と仰りつつ、好意的なコメントを寄せてくださる方がいます。嬉しいなあと思います。勇気がいると思うんですよ。それでも言いたいと思ってくださるのはご理解を伝えてくださることが私たちを楽にすることを感じていらっしゃるからじゃないかと思います。子育ての悩みの根本は同じかもしれない。しかし、枝葉はそれぞれで大きく違う。それを理解していただけるようで嬉しく感じるし、その理解は発達障害を抱えた子どもたちにとっても私たち親にとっても、社会としての大きな味方に繋がっていくような気がします。それから。「私は発達障害だ。だと思う」という方からも、コメントをいただきます。(字数の問題でタイトルを上記にしていますが、ご自身の「疑い」含めとご理解ください)最近、いただいたコメントの一部をご紹介します。『……私は幼少期より「育てにくい子供」で、洗濯物が揺れると泣いたり、布団の上下を物凄く気にしたり、冗談が通じなかったり、こだわりが強くて自分のしてる作業の途中で手を出されると激怒する等……。机の中は基本ぐちゃぐちゃ、国語はよく出来たけど算数は全く出来ない、時計の読み方も高学年になるまで理解出来ませんでした。……でも生きてます!結婚もしました。……育てにくい子供だった私も、大人になってからは多少色んな不具合も修正?されて、両親の事もそこそこ支えてあげられてるようなので生きてて良かったなって感じです』すごく心強く感じます。ご自身をさらけ出しながらさりげなく励ましてくださっている。とても優しい方です。個性が強すぎることが生き辛さになり大人になって発達障害を知り、苦しんでいる方からもコメントはいただいているので簡単に言えることではなく、言葉を選びますが。道はきっと開けるし、未来がよくなることを信じることはやはり大切で有効なことだと思います。これもコメントからの抜粋です。2つ頂いていたコメントをまとめて。『私、自閉症スペクトラムと自覚しています。大人になったらこんな感じになります。言葉通りに受け止めてしまう、というところがあり、例えば……。さすがに、経験で冗談はわかるようになりますが、たまに、皮肉を褒められた、と受け取るおめでたさです。それで、受け止め方が、本来の意図とか周りの人とズレが生じる事も多く……。……お詫びします。ごめんなさい。おそらくわたしは、シェリナナさんの本当の気持ちが分かりきってはいないだろうな・・・・と気がついていました。シェリナナさんの本当の辛い気持ちも含めた、ブログで綴る思い、少しは分かるような気がするけれど、たぶん、私とは状況も違うし、もっともっと私の想像に及ばないご苦労や、生活の様子、あるだろうな・・・と思いながら読ませていただいています。……それでついコメントしたくなっちゃったんです。でも、やっぱりお門違いでした。(^^;)私、よくやるんです。お門違いなアドバイス、っていうやつを。だから、励ますなんてことはしないようにしていたんですけど、またやっちゃった・・・ってところですが、結果、めんどくさい、思いを助長させ、イラつかせてしまいました。本当にごめんなさい。』すごく印象に残っています。私の書き方が悪くて、多くの方に、受け取られ方が違うと思った時にでも、どの言葉を選んでいいか分からなくなって「あーー、めんどくさい!」って、私、ブログ上で叫んでしまったんですね。それに対しての反応でした。私は「いえいえ、そうじゃない、私の書き方が問題なんです」と、あたふたするわけですが。でも、このコメントをいただいたとき、正直。なんだかとても清々しい喜びにも似た感情を覚えたんですね。この方には謝罪までさせてしまい本当に申し訳なかったんですが。ご自身を、自閉症スペクトラムと自覚されている方。結婚され、お子さんもいらっしゃいます。ご自身の個性を知り対応し違うと思われたときの、この感性の瑞々しさ。なんてチャーミングで素敵な方なんだろうと思いました。ま、このブログにコメントして下さる方たちって魅力的な人が多くて、私が書いてるわけでもないのに管理人というだけで内心、鼻が高かったりしているんですけどヽ(^。^)ノ幅はそれぞれあるので語弊はありますが。私たち親が右往左往していても、子どもたちは子どもたちでどうにか生きていく。娘にも、できないことは、人の助けを借りながら、生きる術を身に付けて欲しいと思います。ほらね。長々書くくせに、構成も考えないからいつも着地点がずれます。すみません。ーーーーーーーーーーーーー★ ここからは現在の私からのご案内です。※ 5月26日(土)イベントの企画があります。(以下のご案内内容に追記がございます。特に参加者の方は以下の案内のお時間欄をご確認ください)※ ご自身のお仕事の延長線上にある善意のご参加は今回はご遠慮頂いています。参加者の方が安心してお話しできる環境を最優先させていただいておりますのでどうかご理解いただきますようお願いいたします。  ※ 6日にお申込みいただきましたA県のI.S.さんへ遠方からありがとうございます。ご希望のお話はさせて頂きます。メールアドレスの記載がございませんでした。ご連絡をお願いいたします。★★★★  ご案内  ★★★★【時々 子育てが疲れるな、と思う方へ】【子育てに疲れ果てている方へ】【誰にも言えない苦しい気持ちを抱えている方へ】その気持ち。そっと吐き出してみませんか。私たちには、共感し合い、認め合い、許し合える場所が必要です。必要なのは、ほんの少しの勇気です。日時: 5月26日(土)13:30-15:30 ※ 終了後、自由参加でフリーな時間をお取りいたします。話し足りない方などいらっしゃいましたら、もう少しお話ししましょう。自由解散で最終終了予定時刻は16:30です。お預けのお子さまも、こちらはどうぞご同席ください)場所: 渋谷・表参道(会議室) (詳細はお申込みをいただいた方にメールでお知らせいたします)参加費: 1000円(当日受付にてお支払いください)申込方法: 承認は決していたしません。コメントにてお申し込みください。お申込み等、詳細はこちら ⇒ ★コメント申込記載内容:1.お名前(ふりがな)2.ご住所(都道府県 区市町村までで可)3.メールアドレス (受信拒否設定をされている方は携帯番号もお願いします。  ショートメールでご連絡します)4.申込動機(その他自由にお書きください。当日の参考にさせて頂きます)皆さまのご参加を心よりお待ちしています。★★★★★★★★★★★★★★★★★今日もご訪問くださってありがとうございます。このブログをご覧いただいている方が今日も幸せな1日でありますように。画像by pastel flower(パステル) さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

      390
      2
      1
      テーマ:
  • 04May
    • 【残り9席】 5月26日(土)イベント開催について。「締切日変更のお知らせ」

      【満員御礼】お申込みは締め切らせていただきます。ご検討いただきありがとうございました。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜来たる 5月26日(土)以下のイベント開催を予定しています。申込締切日を5月25日→5月19日(土)に変更させていただきます。参加者の方にご満足いただく会にできるよう最善を尽くします。※お申し込みいただいています方々にはコメント承認もできませんので申し込みが出来ているか不安にさせているのではないかと思いますがご連絡までもう少しお時間をいただきたく何卒お許しください。★★★★★  ご案内 ★★★★★子どもが育てにくい子育てが辛く苦しい自分は一人ぼっちだ本音で話ができる人が身近にいない夫や家族が、この子を理解してくれない学校が子どもを理解してくれない孤独を感じる私たちには、共感し合い、認め合い、許し合える場所が必要です。そんな場所をご用意してみました。よければお気軽にご参加ください。(発達障害に限定しません。専門的な勉強会ではありませんので趣旨をご理解の上お申し込みください)★★★★★★★★★★★★★★★★人は、話すことで自分の考えや思いに気付かされることがあります。人は誰かに気持ちを話したり言葉にすることで感情を整理できます。言葉にできなかった想いを言葉にしまた耳にすることで自分の本当の気持ちに気がついたりします。モヤモヤした自分の感情を整理して前に進む。その答えを持っているのは他のだれでもない自分でしかありません。​★★★★★★★★★★★★★★★★★【時々 子育てが疲れるな、と思う方へ】【子育てに疲れ果てている方へ】【誰にも言えない苦しい気持ちを抱えている方へ】その気持ち。そっと吐き出してみませんか。仲間を見つける為に必要なのはあなたのそのほんの少しの勇気です。日時: 5月26日(土)13:30-15:30場所: 渋谷・表参道(会議室) (詳細はお申込みをいただいた方に、5月16日~お申込み平日3日以内にメールでお知らせいたします)参加費: 1000円(当日受付にてお支払いください)申込方法: 承認は決していたしません。コメントにて以下をご記入の上、お申し込みください。コメント申込記載内容:1.お名前(ふりがな)2.ご住所(都道府県 区市町村までで可)3.メールアドレス4.申込動機(その他自由にお書きください。当日の参考にさせて頂きます)◆ メールの受信拒否設定をされている方は携帯番号をご連絡ください。ショートメールでこちらのメルアドをご案内します。その上で受信できるよう設定をお願いいたします。※ ブログコメントやTwitterでのHN(ハンドルネーム)等お持ちの方は、もし差支えなければお教えください。締切日:5月19日(土)会場の定員に達したらその時点で満席といたします。※ご連絡いただいた情報は今回のイベントのみに使用し、その後は速やかに破棄いたします。※ 当日はHNなどでお話しいただいて構いませんが、お申込みはお名前をご記入ください。※ キャンセル料は頂きません。その趣旨ご理解の上、できるだけ当日の安易なキャンセルはお控えいただきますようお願い申し上げます。(お子様やご本人の体調によるものはくれぐれも気になさいませんように)皆さまのご参加を心よりお待ちしています。★★★★★★★★★★★★★★★★今、暗闇にいるような気持ちでいる方がもしいらしたら荒れる時代を書いているこのブログの行く末である現在が確実に楽になっている今であることをお伝えしたいと思います。おそらくそれは、娘だけの変化ではなく私の変化でもあります。もしも今、あの頃の私と同じように真っ暗闇の中でひとりで泣いている人がいたらあなただけじゃないよと伝えたいと思っています。なぜなら、私はこのブログを通して、多くの読者の方と気持ちのやり取りをしそれこそこんなに辛い思いをしているのは、私だけではないんだと知ることであの日々を乗り越えることが出来たからです。ここでの読者の方々との出会いがなければ、私たち家族の今はありません。色々なことを経験し乗り越えていく中で、当時の私からは想像のつかない未来に今、たどり着いています。もちろん、この先が順風満帆などと思ってはいません。折に触れ悩み、手探りで前に進んでいくでしょう。しかし、おそらくはもう私たちは当時の様な暗闇を見ることはありません。そう言い切れるほどに辛い時期を越えてきました。当日は、シェリナナとしてこれまでの経緯や、経験、ブログには書けないことなども可能な範囲でお話ししします。その後は参加人数に応じて内容は変化させますが基本はグループセッションで各人で自由にお話しししていただきます。話したくないことは話さなくて構いません。お話が苦手な方もいらっしゃるでしょう。参加人数に応じて進行役としてファシリテーターをご用意いたします。私は時間に応じ、全ての参加者のグループセッションに参加します。ファシリテーターは私を含め 国家資格を持つカウンセラーですのでどうぞ安心してご参加ください。★★★★★★★★★★★★★★★★★★【参加ルール】・セッションで知った個人情報を含む具体的な内容を漏洩しない・アドバイスや提案の禁止・どんな内容であっても発言者の批判をしない(ファシリテーターが調整します)★参加者の方に、お申込時、お名前をご記入頂くことからご希望の方がいらしたら当日、私の名前とプロフィールはお伝えします。御気軽にお声掛けください。尚、私に対してのご質問があれば、お応えできる範囲でお答えします。★★★★★★★★★★★★★★★★★★画像by pastel flower(パステル) さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

      191
      2
      テーマ:
  • 02May
    • この怒りの正体はなにかを考える

      過去記事です。ーーーーーーーーーーーーーーー前々回の記事で、怒りを治めるために、笑ってみる、とお話ししたんですが。怒りを治めるために笑うことは、決して怒りを抑え込めと言っているわけではないんです。怒りを他に転換するための手段の提案にすぎません。怒らずに済めば穏やかに生活できるし、それに越したことはないからそうなりたいな、とは思っています。でも「怒り」自体は悪者でもないなと。自分が、何に怒っているのかを知ることはとても大事でしょう?自分を守るために自分を大切にするために。必要なことだと思います。意味なくバカにされたり、失礼な言い方をされたり、理不尽に怒りをぶつけられたり怒って当然の扱いをされたときには、これを無視したり、気付かないふりをして突き進めば、私たちの心や体を傷つけることになる。いつのまにか壊れてしまうこともあるかもしれない。私は怒りすぎても自分を庇ってあまり反省しませんがそんな私でも少しくらい後悔することがあります。それはどういう時かと言えば、我慢しすぎたあまりに必要以上に攻撃的になった時。言いかえれば、なにかのスイッチで「怒り」に自分自身を乗っ取られてしまった時です。それはまさに「感情的」。乗っ取られているから、本来の目的を忘れ、自分自身をも見失った状態で起こる。怒ったことに落ち込むのは大抵の場合、「激怒したこと」そのものではなく「思いがけなく」「必要以上に」怒ってしまったときではないでしょうか。そう。私が娘の頬を引っ叩いてしまったあの時のように。だから上手に怒りを出すことが必要だということなんだろうなぁ。どうやったら上手に怒れんだろう。(怒る、叱る、の言い方云々ありますが、今回は論点避けます。あくまで「怒る」で。)書きながら考えているんですが。まず、自分が怒っていること、イライラしていることに早く気付くことが重要かなと。客観視すること。それがいいとか悪いとか考えるのはその後。自分の感情に気付くというのは、自分を大事にするということだから気付いた分だけ少し余裕が出てきます。(だから「いっつも怒っています!」という方は既に気付けていて素晴らしいということです(^.^)/)私も、今自分が、どこに怒りを感じているのか、考えてみます。いま、既にモヤモヤしているのは「暗くなる前に帰れ」と言ったのにレンのバカタレが、いつものように帰ってこないからなのね、うん。彼女が帰ってこないことにどうして私が苛立ちを感じるのかといえば「心配だから」そんなハズはないだろうと楽観視する気持ちの片隅で「何か、事件に巻き込まれたりしていないか」「事故に遭ったりしていないか」彼女の身を案じている。恐らくは、私はそんな心細さに似た思いを抱えているのだけど毎日の事なので「心細さ」だとは気付いていない。この不快な感情は単純に愛情に基づくものであろうに「怒り」だと心が誤解している。自分を客観視できないままだと「怒り」に気持ちを乗っ取られて彼女の帰宅早々に怒鳴りつけてしまうかもしれない。帰宅の遅さは怒ろう。叱ろう。彼女の身を守るために必要なことだから。だけど自分の根本的な気持ちを知っていたら伝え方を変えることはできるかもしれない。「なぜ(帰宅の)約束が守れないの!」と怒るよりも「帰りが遅いと心配なのよ!」と伝えよう。後者の言葉を選ぶことが出来るかどうかは自分の気持ちを知り、その自分の気持ちを大切にするということにかかっていると思う。怒っちゃだめなわけじゃない。怒りに自分の心を振り回されないようにすることが大切なんだな。で、うちのお利口さんはこうして書いている間もまだ帰ってこない、…っと!( ̄∇ ̄)……。おかしいなあ。ちょっといい感じで結論出したのに。(まだ帰らない)と時計を見てからのこの腹立だしさは何なのかしら(ーー;)※ 5月26日(土)イベントの企画があります。    ↓★★★★  ご案内  ★★★★【時々 子育てが疲れるな、と思う方へ】【子育てに疲れ果てている方へ】【誰にも言えない苦しい気持ちを抱えている方へ】その気持ち。そっと吐き出してみませんか。私たちには、共感し合い、認め合い、許し合える場所が必要です。必要なのは、ほんの少しの勇気です。日時: 5月26日(土)13:30-15:30場所: 渋谷・表参道(会議室) (詳細はお申込みをいただいた方にメールでお知らせいたします)参加費: 1000円(当日受付にてお支払いください)申込方法: 承認は決していたしません。コメントにてお申し込みください。お申込み等、詳細はこちら ⇒ ★コメント申込記載内容:1.お名前(ふりがな)2.ご住所(都道府県 区市町村までで可)3.メールアドレス (受信拒否設定をされている方は携帯番号もお願いします。  ショートメールでご連絡します)4.申込動機(その他自由にお書きください。当日の参考にさせて頂きます)皆さまのご参加を心よりお待ちしています。★★★★★★★★★★★★★★★★★今日もご訪問くださってありがとうございます。このブログをご覧いただいている方が今日も幸せな1日でありますように。画像by pastel flower(パステル) さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

      287
      3
      1
      テーマ:
  • 01May
    • 「怒りましょう」

      過去記事です。※ K市のU.A.さんへお問い合わせありがとうございます。お時間、全く問題ございません。お申込み承ります。喜んでお待ちしています。ーーーーーーーーーーーーーーー昨日の記事と真逆のような。どっちやねん!と、突っ込まれそうですが。今日は「怒りましょう」と言う記事です。昨日の記事と真逆やんか!適当なことばかり言うなや!と、お叱りも遠くから聞こえて参りますが、遠いのであまり聞こえなくてすみませんね。年取ってくると耳も悪くなるもので。『子育ては自分育て』なんて言いますが、私、本当のことを言うとこの言葉があまり好きでは…。というか、苦手です。向上心がない人間だと言われても構わない。自分に試練を与えて乗り越えて成長するとか、もういいって。不妊治療を散々やって上手くいかなかった身としては、「子育てで成長しなくても結構です!」という負け惜しみもあるんでしょうね。そういえば、一昔前は、「子どもはあなたを選んで生まれてくる」とかも嫌いでした。随分、この言葉には傷つけられましたから。ピュアだったなー、私。でも、そう思うことで、しんどい育児を乗り超えようとする気持ちはよく理解できます。なんでもそう。立場が変われば、ものの捉え方、感じ方は違って当然なんです。その上、今は色んな情報が溢れています。だからこそ取捨選択がとても重要になります。懸命な方はお気付きでしょう。そうです。言いたいことを言いたいがための布石を打っているのです。胸を拳骨で ど突かれて、「うっ」とかなりたくないですもん。育児ってこだわりのある方も少なくないし、(こだわらない、というこだわりもある)「何か」を信じて支えにして一生懸命奮闘されている方も多いから異論に対して厳しい意見を持たれる方も少なくないようです。じゃあ、何が正しいのかって言えば、育児なんて所詮、結果論でしかないような気がするんですよね。同じように育てたからって同じようになるというわけでもないし。だから子育てのしんどさの中で、選択に迷ったときには、より自分が楽になるものが、その時その時の、答えなのじゃないかなって思います。私たちが、あまりに疲弊しているときは、そうは見えなくても(レンなんて全然見えない)子どもの方も心がざわついていて不安になっているでしょうし。やつらは、もとい、彼らは、私たちより動物的ですからそういうところ、めんどくさいほどに敏感なのでは。私たちが心を元気にしていることってこんな過酷な育児の中では本当に本当に難しいことですが、大切なこと。誰もが、そうだとわかっています。でも、できなくて。自己嫌悪に晒されての悪循環。「心を元気に」なんて、日々、平らになるくらい、ぎゅうぎゅうに足踏みされ、潰されてしまっている私が言える義理もないんですが。立ち直りだけは早いので、その極意?だけでもお話させてください。(ああ、やってしまった…)と思った時でも、反省なんて、気が向いたらする、というくらいでいいですよ。大体、こんな子育て系ブログ読んでる時点で(書いてる私も含め!)十分にいい親でしょう。だから少々、自分が理想とするお母さん像と違っても自分を責めない。反省なんて休み休みで十分すぎておつりがきます。でないと、神経持ちませんって。子育てでの、親の反省って「叱りすぎた」「怒りすぎた」「言いすぎた」というのが多い気がするんですけどどうでしょうね。私はそうですけどね。「怒り」は損することが多いから、怒らない人間になれたら、そりゃあ、穏やかな人生でいいなぁって思うし、できることなら子どものためにも「怒り」がない子育てがしたい。でもね。喜怒哀楽あっての人間ですし。出家したって怒りはあるんじゃないかなぁ。瀬戸内寂聴さんだってよく怒っていそうじゃないですか?怒んないのかな?……冒頭の「怒りましょう」に全然いきついてないんですけど、夫から連絡があったので、ちょっくら出かけてきます。なんせ月曜なもんで(^_^;)。(意味不明の方はカテゴリーうつ病記事を参照ください)続きはまた明日。★★★★  ご案内  ★★★★【時々 子育てが疲れるな、と思う方へ】【子育てに疲れ果てている方へ】【誰にも言えない苦しい気持ちを抱えている方へ】その気持ち。そっと吐き出してみませんか。私たちには、共感し合い、認め合い、許し合える場所が必要です。必要なのは、ほんの少しの勇気です。日時: 5月26日(土)13:30-15:30場所: 渋谷・表参道(会議室) (詳細はお申込みをいただいた方にメールでお知らせいたします)参加費: 1000円(当日受付にてお支払いください)申込方法: 承認は決していたしません。コメントにてお申し込みください。お申込み等、詳細はこちら ⇒ ★コメント申込記載内容:1.お名前(ふりがな)2.ご住所(都道府県 区市町村までで可)3.メールアドレス (受信拒否設定をされている方は携帯番号もお願いします。  ショートメールでご連絡します)4.申込動機(その他自由にお書きください。当日の参考にさせて頂きます)皆さまのご参加を心よりお待ちしています。★★★★★★★★★★★★★★★★★このブログをご覧いただいている方が今日も幸せな1日でありますように。画像by pastel flower(パステル) さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

      256
      2
      テーマ:
  • 30Apr
    • 怒りが治まらないときには

      過去記事です。※ 末尾に記載している5月26日(土)のイベントにお申込みいただいている方へ私からのメールはGW明けとさせていただきますのでご了承ください。また、受信拒否設定をされている方は、私のアドレスを公開することが出来かねますので、コメント欄にて携帯番号をお教えください(お申込みに関するコメントの取り扱いには重々注意しております。決して公開しません)携帯番号のショートメールにて、こちらのメールアドレスをお送りしますので、メールの受信設定をお願いいたします。※ Kさん。上記に関するメルアドの件、了解です。ーーーーーーーーーーーーーーー穏やかな夜だったかと言えば、……。まあ、昨日は夫もいましたからね。平日とは別人のようなレンちゃんですし。おかげさまで修羅場はありませんでしたから、いつも願う意味とは少し違いますが穏やかだったとはいえるでしょう。笑って過ごした夜でした、というよりいつものように緊張感のある夜でした^^;さて。前の記事で頂いたコメントを拝見して思い出したことがあります。妹が病気になってから、私は癌について色んな本を読みました。その時に知ったひとつに「NK(ナチュラルキラー)細胞」があります。ご承知のことと思いますが、体の中では1日数千個のがん細胞が発生しています。(ご承知の、なんて言っていますが私は妹が がん になるまで知りませんでしたけど)NK細胞は、この がん細胞を破壊します。敵と戦い守ってくれる細胞なわけです。実際はこう簡単ではありませんが、免疫力が弱れば、NK細胞も力を失くし敵と闘う数が減ります。この時に、悪いヤツ(がん細胞)の生き残りを許し消せなければ、それは分裂を始める。正常細胞の数倍の速さで。簡単に言えばこれが癌になる仕組みです。頂いたコメントで思い出したのはこの大切なNK細胞でした。耳にしたことがある方も多いと思いますが、これが、笑うことで増やすことができるというんですよね。NK細胞の働きが活性化するそうなんです。実際、血液を調べると、笑った後ではNK細胞の働きが活発になっているとか。妹(亡くなったレンの実母)にこの話をしていたからですが。母が逝ってからのこと。私が妹とTVを見ていた時の会話です。妹はTVを観てクスクス笑っていました。私は全然、その番組が面白くなくて。というより、その一時期、何を見てももう心からは楽しめなくなっていて。「なんか、どれも面白くないなー」と呟いた私。妹は、笑いを止めて、TVから私に視線を移すと、少し怒ったように言いました。「面白くなくても笑えって、お姉ちゃんが言ったくせに」あ……。ちなみに。妹は逝ってはしまいましたが彼女のその最期までの時間はおよそ皆さんが想像する悲劇的なものではありません。とても穏やかで賑やかで、そして皆さんの大爆笑をも得る自信があるネタ満載の末期でした。我が妹ながら大したもんだ、と思っていますがそれが可能だったのは、彼女には強く優しく聡明な姉がいたからだ、ということは付け加えさせて頂きます(^。^)y-.。o○頂いたコメントの言葉はこれです。「試しに、レンちゃんの真似して目をつぶって口角上げたら、コレって、やる方も楽しくなってきますね」素晴らしい!おかげで思い出させていただきました。そう。そうだったんです。些細な気付きだったので、すっかり忘れて書いてなかったけど。レンにブサカワ笑顔を作られて、止む無く、お返しブサカワ。と、ですね。ココロに何か微妙な変化が起こるんですよ。屈折した私は、コメントを下さった方のように、楽しくなるまでの感情には全然追いつかないんですが、それでも、苛立ちが別のものに変化する。小さく、しかし確実に。しかも、それはなかなか悪くない感じのものです。そして、2人でその顔をしている事実も客観的にあほらしく。これってNK細胞生み出してません?生み出してるとまでは言えずとも、敵となる細胞分泌をストップする意味で、少なくともNK細胞活性化には貢献しているはずです。苛立ちが楽になるうえに、NK細胞強化。一笑いで二度おいしい、みたいな。怒りが治まらないときには、どうぞお試しください。無理やり笑顔を作ってみせる(*^。^*)。……その笑顔。お子さんに、より一層の恐怖を与えてしまうかもしれませんが悪しからず。★★★★  ご案内  ★★★★【時々 子育てが疲れるな、と思う方へ】【子育てに疲れ果てている方へ】【誰にも言えない苦しい気持ちを抱えている方へ】その気持ち。そっと吐き出してみませんか。私たちには、共感し合い、認め合い、許し合える場所が必要です。必要なのは、ほんの少しの勇気です。日時: 5月26日(土)13:30-15:30場所: 渋谷・表参道(会議室) (詳細はお申込みをいただいた方にメールでお知らせいたします)参加費: 1000円(当日受付にてお支払いください)申込方法: 承認は決していたしません。コメントにてお申し込みください。お申込み等、詳細はこちら ⇒ ★コメント申込記載内容:1.お名前(ふりがな)2.ご住所(都道府県 区市町村までで可)3.メールアドレス4.申込動機(その他自由にお書きください。当日の参考にさせて頂きます)皆さまのご参加を心よりお待ちしています。★★★★★★★★★★★★★★★★★画像by pastel flower(パステル) さんTwitter今日もご訪問くださってありがとうございます。このブログをご覧いただいている方が今日も幸せな1日でありますように。ーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

      380
      1
      2
      テーマ:
  • 29Apr
    • 子から親への心理的虐待。

      現在中学生の娘が小学4年生の時の過去記事です。当時、ゲームをさせないのは私にとって拷問のように苦しい事でしたが中学生になった今、ここだけは自分で時間管理ができます。泣いた甲斐がありました。―――――――――――――――逃避でPCに向かっています。レンは歌はまあまあ上手です。音程、そこそことります。鼻歌も多いですが、私にとってはとても残念なことに、腹式呼吸を使っているとしか思えない声量で歌うこともしばしば。最近はそれにオペラ歌手のようなふざけた歌い方が加わりました。「ふざけた」と書きましたが、本人は大まじめです。デイで一緒の高校生のお姉さんに開いてもらったPCで覚えたという「進撃の巨人」の主題歌。今は、腹式呼吸のオペラ調で、腹の底から、歌っています。歌詞はむちゃくちゃ。すごいボリュームです。特に「イェーイ、イェーイ!!」うるさい、うるさいうるさい、うるさい。本当にうるさい。誰か助けてーーー。外遊びが好きなくせに、寒いのは嫌という。1人では嫌という。子どもは外で遊べえええええっ!!ここまで続くレンの歌は、私への心理的虐待と言えるのではないでしょうか。そもそも、虐待とは保護下に置かれている対象への行為を指すものであるから、言葉の使い方としては間違っていますが、私の心情には1番近い。午前中でお絵描きに飽き。午後からは、私がこんな日のために溜めているゴミ、もとい、工作に使えそうな空き箱やリボンを渡し、一時、自室で工作をさせていました。大声で歌いながら私のいるリビングを無駄に往復するその姿。気が休まらない。とてつもないこの疲労感。あまりのうるささに、愛犬もずっと緊張。お耳がペタン。「だーまーれーーー!!」耐えかねて。2回ほど、彼女の後ろから襲いかかり、片手で彼女の口を塞ぎました。こんな行動は、レンの喜ぶツボだと知っているのにやってしまった愚かな私。あげく、またやって欲しくて私の手から逃れようとのけ反り満々の笑みで一層、張り切って歌うレン。ああ、私はつくづく学ばない……。工作にもすぐに飽きて、私のいるリビングにきて「すごろく」を作りながら、もう2時間歌っています。この子は、黙るということを知らない。歌だけではない。「おかーさん、ねぇ、おかーさん」おかーさん、おかーさん、おかーさん、おかーさんおかーさん、おかーさん、おかーさん、おかーさん…現実か、はたまた悪夢か。何度か空耳か? と思うけどまぎれもなく現実だ。絶対、夢に出てくる。私は今日の1日で、一体何百回、この「おかーさん」という呼びかけに反応を強要されたであろうか。DSでも持たせれば、即行確実に自分の部屋で大人しくなるんだけどゲームは自主勉強したらその時間だけという約束。自分に都合のいいイレギュラーは確実に自分のものにするこの子に、やらせるわけにはいかない。ここまできついなら、と、何度も挫けてしまいそうになるけれど、後で己の首を絞めることになる。必ずなる。「リィーリーリリリリィーーー♪」創作なのか歌詞をしらないだけなのか。そもそもこれは歌なのか。高音が頭に響く。これは嫌がらせじゃないよ。子どもが楽しく歌っているだけだよ。自分に言い聞かせる大人の私。今日は私の咳もでるので外出は控えました。ギブです。マジで。今日もご訪問くださってありがとうございます。★★★★  ご案内  ★★★★【時々 子育てが疲れるな、と思う方へ】【子育てに疲れ果てている方へ】【誰にも言えない苦しい気持ちを抱えている方へ】その気持ち。そっと吐き出してみませんか。私たちには、共感し合い、認め合い、許し合える場所が必要です。必要なのは、ほんの少しの勇気です。日時: 5月26日(土)13:30-15:30場所: 渋谷・表参道(会議室) (詳細はお申込みをいただいた方に平日3日以内にメールでお知らせいたします)参加費: 1000円(当日受付にてお支払いください)申込方法: 承認は決していたしません。コメントにてお申し込みください。お申込み等、詳細はこちら ⇒ ★コメント申込記載内容:1.お名前(ふりがな)2.ご住所(都道府県 区市町村までで可)3.メールアドレス4.申込動機(その他自由にお書きください。当日の参考にさせて頂きます)皆さまのご参加を心よりお待ちしています。★★★★★★★★★★★★★★★★★このブログをご覧いただいている方が今日も幸せな1日でありますように。画像by pastel flower(パステル) さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

      323
      6
      1
      テーマ:
  • 28Apr
    • 5月26日(土)イベント開催のお知らせ「モヤモヤしたその感情、吐きだしてみませんか」 

      ★★★★★  ご案内 ★★★★★子どもが育てにくい子育てが辛く苦しい自分は一人ぼっちだ本音で話ができる人が身近にいない夫や家族が、この子を理解してくれない学校が子どもを理解してくれない孤独を感じる私たちには、共感し合い、認め合い、許し合える場所が必要です。そんな場所をご用意してみました。よければお気軽にご参加ください。(発達障害に限定しません。専門的な勉強会ではありませんので趣旨をご理解の上お申し込みください)★★★★★★★★★★★★★★★★人は、話すことで自分の考えや思いに気付かされることがあります。人は誰かに気持ちを話したり言葉にすることで感情を整理できます。言葉にできなかった想いを言葉にしまた耳にすることで自分の本当の気持ちに気がついたりします。モヤモヤした自分の感情を整理して前に進む。その答えを持っているのは他のだれでもない自分でしかありません。​★★★★★★★★★★★★★★★★★※ ご自身のお仕事の延長線上にあるご参加は善意と存じておりますが、今回はご遠慮頂いています。違う機会にお力をお貸しいただければと存じます。参加者の方が安心してお話しできる環境を最優先させていただいておりますのでどうかご理解いただきますようお願いいたします。参加動機が曖昧な方につきましては、こちらから確認のメールを随時送らせて頂いています。不快な思いをさせてしまうことは容易に想像でき、申し訳なく、重々理解しておりますが、参加者の方が安心してアウトプットできることに注力したい旨、ご理解いただきたくお願いいたします。その上で、苦しい胸の内をお抱えになり、参加ご希望頂けるということでしたら、喜んでお受けいたしますので、ご確認下さい。一斉ご案内詳細メールの送信に時間がかかっていますこと、どうそお許しください。★★★★★★★★★★★★★★★★★【時々 子育てが疲れるな、と思う方へ】【子育てに疲れ果てている方へ】【誰にも言えない苦しい気持ちを抱えている方へ】その気持ち。そっと吐き出してみませんか。仲間を見つける為に必要なのはあなたのそのほんの少しの勇気です。日時: 5月26日(土)13:30-15:30場所: 渋谷・表参道(会議室) (詳細はお申込みをいただいた方に、5月16日~お申込み平日3日以内にメールでお知らせいたします)参加費: 1000円(当日受付にてお支払いください)申込方法: 承認は決していたしません。コメントにて以下をご記入の上、お申し込みください。コメント申込記載内容:1.お名前(ふりがな)2.ご住所(都道府県 区市町村までで可)3.メールアドレス4.申込動機(その他自由にお書きください。当日の参考にさせて頂きます)◆ メールの受信拒否設定をされている方は携帯番号をご連絡ください。ショートメールでこちらのメルアドをご案内します。その上で受信できるよう設定をお願いいたします。※ ブログコメントやTwitterでのHN(ハンドルネーム)等お持ちの方は、もし差支えなければお教えください。締切日:5月19日(土)会場の定員に達したらその時点で満席といたします。※ご連絡いただいた情報は今回のイベントのみに使用し、その後は速やかに破棄いたします。※ 当日はHNなどでお話しいただいて構いませんが、お申込みはお名前をご記入ください。※ 定員はございますが、運動会開催時期でもあり、参加人員の想定不可の為お申し込み状況によって考慮します。先着順です。※ キャンセル料は頂きません。その趣旨ご理解の上、できるだけ当日の安易なキャンセルはお控えいただきますようお願い申し上げます。(お子様やご本人の体調によるものはくれぐれも気になさいませんように)皆さまのご参加を心よりお待ちしています。★★★★★★★★★★★★★★★★今、暗闇にいるような気持ちでいる方がもしいらしたら荒れる時代を書いているこのブログの行く末である現在が確実に楽になっている今であることをお伝えしたいと思います。おそらくそれは、娘だけの変化ではなく私の変化でもあります。もしも今、あの頃の私と同じように真っ暗闇の中でひとりで泣いている人がいたらあなただけじゃないよと伝えたいと思っています。なぜなら、私はこのブログを通して、多くの読者の方と気持ちのやり取りをしそれこそこんなに辛い思いをしているのは、私だけではないんだと知ることであの日々を乗り越えることが出来たからです。ここでの読者の方々との出会いがなければ、私たち家族の今はありません。色々なことを経験し乗り越えていく中で、当時の私からは想像のつかない未来に今、たどり着いています。もちろん、この先が順風満帆などと思ってはいません。折に触れ悩み、手探りで前に進んでいくでしょう。しかし、おそらくはもう私たちは当時の様な暗闇を見ることはありません。そう言い切れるほどに辛い時期を越えてきました。当日は、シェリナナとしてこれまでの経緯や、経験、ブログには書けないことなども可能な範囲でお話ししします。その後は参加人数に応じて内容は変化させますが基本はグループセッションで各人で自由にお話しししていただきます。話したくないことは話さなくて構いません。お話が苦手な方もいらっしゃるでしょう。参加人数に応じて進行役としてファシリテーターをご用意いたします。私は時間に応じ、全ての参加者のグループセッションに参加します。ファシリテーターは私を含め 国家資格を持つカウンセラーですのでどうぞ安心してご参加ください。★★★★★★★★★★★★★★★★★★【参加ルール】・セッションで知った個人情報を含む具体的な内容を漏洩しない・アドバイスや提案の禁止・どんな内容であっても発言者の批判をしない(ファシリテーターが調整します)★参加者の方に、お申込時、お名前をご記入頂くことからご希望の方がいらしたら当日、私の名前とプロフィールはお伝えします。御気軽にお声掛けください。尚、私に対してのご質問があれば、お応えできる範囲でお答えします。★★★★★★★★★★★★★★★★★★画像by pastel flower(パステル) さんTwitterーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

      224
      25
      1
      テーマ:
  • 27Apr
    • 小4の娘の頬を引っ叩きました。

      久しぶりにパソコンに向かっているので過去記事とはいえ渾身の記事を選びたいなと思ったんですが順番を変えると私が更新したのかしないのか混乱してしまうので単純に続きの記事でごめんなさい。個人的に慌ただしい今月で(あ、先月もだった)自分のテンションも今一つ。だけどTwitterでフォロワーさんにとても大きな力をいただいて気持ちよく更新することができています。こちらのコメントにもいただいていました。本当に本当にありがとうございます。何度も書いていますが私にとってこのブログは「人生」の1部と言っていいほど大切なものです。このブログを書いていなかったら私たちの今の、3人家族の生活はなかったかもしれないと本気で思っています。ここで嫌なことをたくさん吐かせていただいてキーボードを泣きながら叩いて同志のような読者の方達とやりとりをしてそうやっていくつものことを乗り越えてきました。そのせいか更新するだけでストレス解消というか自分の中の毒素がちょっと出るような気がするんですよね。私にとって、このブログの更新は精神的なデトックス効果が確実にあります。自分はデトックスしてすっきりして逆にこんな毒素をあおらせてしまう読者の方には申し訳ないんですが「毒をもって制す」という言葉もありますしね。同じ思いをしているということでお読みいただくことで私と同じようにデトックス効果を感じてくださる方も読者の方の中にはいらっしゃるみたいで。それであればそれも私にとってとても嬉しいことです。この毒が嫌な人は自動的に離れていくし悪くないなと思ってくださる方はお付き合い頂けるし私にとっては一石二鳥。FC2からアメブロに変えてまた新しく知り合えた方がいることも私にとっては幸せなことです。今日もご訪問くださってありがとうございます。それでは今日も過去記事です。尚、今日は、読者の方にお知らせがありもう1本記事を上げる予定です。また後ほどお目にかかれたら幸いです。わ。更新しようと思ったら次の記事、嫌われる方には嫌われるちょっとヤバめの記事だった。関係ないと言われるのは承知で書きますが現在は、このような状態ではありません。思春期なりの生意気な娘にムカつくこともありますが普通に思春期の娘に成長しています。―――――――――――――――コメントで、「シェリナナは菩薩さまみたい」とまで言ってもらっての早速。今夜。レンの頬を引っ叩きました。バッチーンとヒット。叩いた手が熱く感じた。帰宅してから、ずっと悪態つかれてた。原因は。宿題が分からないから。だからやるなって言ってるのに。愛犬が嫌がっているのに、レンが抱きついて追い詰めるから愛犬をハウスに入れたら、「なんで入れるの!!」と喚かれて。どうせレンはバカなんだ。どうせ何やっても、レンのせいになるんだ。と言いながら、リビングの床に仰向けになって、体をエビ反りにしては戻すを、激しく繰り返し、足をバタバタさせているのをキッチンから冷静に淡々とキス見ていたら、いつものように、「そんなことないよ」 って励ます気持ちも慰める気持ちも薄れていって。心がツーッと冷たく固まっていくようだった。昨日も寝るが寝るまで反抗的で。ここ数日、毎日こんなんだ。どうか穏やかな夜であるようにと願う気持ちは今夜も踏みにじられる。抱っこして!なんで抱っこしないのっ!怒鳴られながら、黙ったまま何度も手を止め何度も抱っこ。キッチンにいた私にトイレを濡らしたと言うから彼女には「拭きなさい」とだけ言ってキッチンから離れ、トイレを掃除に向かったら、トイレにいたレンに睨まれて、「どうせなんでもレンのせいになるんでしょ!」と、悪態つかれた。いつもなら、私が離れるとこだったのに、距離が近すぎて。距離が近すぎて、気がついたら頬を引っ叩いてた。ぎゃあああ、と泣くレンを放って黙ったままそのまま寝室に入って鍵をかけて。何度か、寝室に「ごめんなさい」って来たけど、私はずっと黙ってた。今日、キッチンで、私は叩きたい感情と戦ってた。彼女の頬を叩く自分を想像してた。追い打ちで投げつけられたレンの反抗的な言葉に簡単に切れちゃった。私、親に引っ叩かれたりしてないのに、なんであんなに引っ叩きたくなったんだろう。もっと嫌なことに、今日は、叩いたあとに、どこかスッとする気持ちもして。我慢して我慢して我慢していたから。少し大袈裟に言えば自分にゾッとした。こんなことに慣れてしまったらどうしようって。愛着障害の講習やセラピーで叩くことは彼女にとって、大きなマイナスにはなっても何一つプラスになることはないと断言されています。ようやくここまで来たんだから。もう後戻りはしたくない。( ※ ここは誤解があるかもしれないので補足します。基本、私は叩きません。過去歴確認したら都合よく、忘れているシーンがボロボロ出てきたらどうしよう(^_^;)程度によっては叩いていい、というご意見もあるので、それらの方に、ダメだ!!と強く異論を唱えるまでの感情はありませんがあくまでレンの場合、程度によっても叩いちゃダメな子だと自覚してます。今回のように感情的になるときは。…いつもなら私はその場から逃げて回避します)安定剤飲んで気持ちを整えて寝室から出たらレンが素直な言い方で「ごめんなさい」って言ってくれた。私も叩いてごめんね。抱っこして、と言うので抱っこしてソファーに座り、しばらく背中をなでました。レンは私にすっかり体を預けていて、ようやく私に許された安堵感が伝わってくるようでした。痛かったでしょ。ごめんね。少し赤くなっていた頬にキスしたら私を見た嬉しそうに顔がいつになく素直な表情で。かわいいじゃんと思えた自分にホッとした。明日から、またがんばろう。と、反省したような気でここまで書いてから、コメントの返信をさせて頂きました。返信していたらいつの間にかいつもの自分がすっかり戻ってしまって、反省など、どこ吹く風です。大体、私が手を挙げないからって、調子に乗りすぎなんだよね。セラピーでお世話になったNさんに、「大人をなめる子どもはいない」と断言されたけど、いや、ありゃあ、確実に私のことは舐めてるね。良いタイミングでバッチーンできてよかったんだよ。もう出さないけどね。この菩薩とも聖母ともしれない(と、コメントで言ってもらってしまった)私が出すくらいなんだから、レンが相当わるかったってことだわ。凡人だったら、とっくに追い出してるよ。コメントで子どもは「図に乗る」、と教えて頂いてああ、そうだったと思い出しましたよ。いやー、ホント、乗せちゃった乗せちゃった。図に。こっちを反省し直しです。で? 図ってなんだ?どうにも気になり調べました。追記:【語源由来辞典より】 図に乗る図に乗るの「図」とは、仏教の法会などで僧が唱える声楽『声明』の転調のことである。この転調は難しかったため、調子がうまく変えられることを「図に乗る」と言った。そこから、調子に乗ることを「図に乗る」と言うようになり、「つけあがる」といった意味に変化していった。また、「図に乗る」は「頭に乗る」と表記されることもあるが、意味が変化した後の当て字と考えられる。僧が唱える声楽『声明』の転調のことだそうです。あの歌う時の「こぶし」みたいなやつですかね?分かったような、分からんような……。画像by pastel flower(パステル) さんTwitter今日もご訪問くださってありがとうございます。このブログをご覧いただいている方が今日も幸せな1日でありますように。ーーーーーーーーーランキングに参加しています。励みになるのでどうぞ以下のバナークリックを押していただければ嬉しいです。よければこちらもお願いします。ツイッターやっています。よかったらこちらにも気軽に声かけてください。大したことは呟いてもいませんが。 シェリナナTwitter

      598
      11
      テーマ:

プロフィール

シェリナナ

自己紹介:
家族構成: ★夫:秀俊 ★私 ★娘:レン(小学生時代を書いています) ★愛犬

続きを見る >

読者になる

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。