こんにちは、首都圏のハワイに住んでいます、蘭月すばるです。

海沿いなので日射しが強いのなんのって。

もともと色白なのですが、自分では日焼けしているつもりでも他人から見たら真っ白らしい。

黒くも赤くもならずに、黄ばんで終わります。

よく不思議がられます。

なぜ海沿い(ほとんど海)に住んでいて、そんなに白いのか、と。

遺伝ですわ、遺伝。父も母も白いので。

 

そんな漁師町暮らしの必需品といえば、車。

ですが10年超えると普通車でもいろいろガタが来ますね。

ここ2年ほど、エアコンに翻弄されていまして。

また今年も夏がきた。まだ7月の話。

 

2016年12月の車検の時に、セルフガゾリンスタンドを利用しました。
そのスタンドでの車検は3回目でした。
「エアコンのクリーニングをしませんか?」
車検といえば、よくエアコンのフィルターはね、そのタイミングで交換するのですが、エアコンの点検とは…?
猛暑だとエアコンが壊れやすくなっていますから。って。
へー。
まぁこの車、(その時点で)9年乗ってるし、そろそろガタが来てもおかしくない。
(その前に軽自動車で三菱のミニカに乗っていましたが、8年でいきなり調子悪くなった経験が)
 
なので車検と一緒にエアコンのクリーニングなる作業を+10,000円でお願いしました。
 
そしたら明けて2017年の夏よ。
エアコンが冷たくならないワケ。
うそでしょ?
車検の時のあのオプションは何だったの?
 
ワタクシ、割と暑さに強い… というか、冷房に弱い体質なもので、車のエアコン使うのって本当にギリギリなんです。
7月下旬くらいでね。
 
腑に落ちないじゃない? ワザワザ車検の時にエアコン見てもらってるのに、次の夏に使おうとしたら効かないんですから。
で、車検の明細をみたら、「不具合補償は6か月以内」って書いてあるんです。
うそでしょ?
12月に車検やって、エアコンの冷房なんか6か月以内に使うかーいっ!
 
で、そのガソリンスタンドに車を持って行き、12月の車検の時にエアコンクリーニングしてもらったのにもうエアコンが使えないのですが?
ってお話したら、
「(冷却)ガスが無いんで、ガスを入れます」
って悪びれもせず。
その前の夏まで普通に使えていたエアコンがよ?
しっかりガス充填代10,000万円弱取られました。
 
それで17年、18年と夏を凌ぎ、それでも18年の夏はやっぱり効きが悪くて。
車の年数も年数だから、エアコンのラジエーターとかコンプレッサー系統かな?と疑い始めました。
ただ、コンプレッサー系統だと交換すると5万円ほどかかります。
あと何年乗れるかわからないのに、夏しか使わないエアコンに5万円…
ウーン… 
家のエアコン買い替えるのとはわけが違います。
エアコンを直しても、車の他の所にガタが来てサヨナラする可能性もある。
8年くらいの車だったら迷わず直しますけど、10年超えは難しいのよ、その見極めが。
 
さて、2018年12月の車検。
もうあのガソリンスタンドではやらないッ。
という事で、スイフトを買ったディーラーさん(もともと修理工場が本職、地元では結構大きい)で車検を通すことに。
見積りで20万とかいう金額をだされてビックリ。
はい?
それだったらもうちょい頑張って軽の中古買うわ!
 
あかん。
そう思って立ち会いながら見積もりをし直し、最低限車検が通るレベルでとお願いしたら10万に収まりました。
なんだったんだよ、その20万って数字は。
 
しかし冬ということもあり、冬に冷房の点検をしても意味がないので、エアコンの件は夏に持ち越し。
 
5月に少し暑かった日があったじゃないですか。
その時にエアコン付けたら、やっぱり熱風しか出てこなくて。
15分付けても全然温かい、というより熱い…
冷暖房の切り替えもちゃんとしているんだけどね。
 
ただもう、ガソリンスタンドもディーラーさんにも不信感しかないワタクシ。
どうしたものか。
ダメもとでディーラーさんに行こうかな…?
 
と、そこへ、同じくスズキのアルトに乗っている叔母上が「スズキの直営に持って行って車検してる」という話を聞かせてくれました。
片道45分かかるところにありますが、叔母も同じディーラーさんでリコール修理をしたら、エアコンの切り替え回路が逆に繋がれてしまったとのこと。
そういうことってあるんだ。
修理工場ですから、スズキ車だけでなく、色々なメーカーさんの車を扱いますからね。
いやでも、メインで販売しているのはスズキ車なのに…
 
一縷の望みをかけて、スズキ直営店に。
前日に電話して、状態とどうして欲しいかを伝える。
そこで購入した車でなくても、スズキ車ならOKとのこと。
「ではまず、エアコンの点検をしましょう」
私「はい、もしそれで冷却ガスが無くなっていて、ガスを充填して直るのならガスを入れて下さい」
 
持っていったら、即見てくれて、改めてその場で説明をすることもなく。
説明の二度手間が無いのはありがたい。(人見知りは電話するのも勇気がいるし、説明もてんぱってうまくできなかったりする)
待つこと15分。
エアコンの点検→ガス充填。
修理担当の方がいらして、「ガスが無かったので、ガスを充填しました。ラジエーターやコンプレッサー関係は特に、まぁ、経年の小さなキズはありますけど、異常なないですよ。漏れも調べましたが、漏れている所もなかったので」
おお!
ヘタにエアコンコンプレッサーの交換をなんて言い出さなくてよかった。
 
お代はガス補充分5,400円。
工賃ナシ(割と工賃の方が高くつくケースが多い)
ガソリンスタンドでガスを入れた時の経験から、10,000円は覚悟していたのですが、半分で済んだ…!
なんだったんだあの金額は!
 
45分かけて直営店に来た甲斐がありました。
もう次回から、何かあったらそこの直営店まで行こうと決心した蘭月でした。
レッカーが必要でない限り、ね。
 
そんなわけで、皆さんも自動車関連の修理は、ガソリンスタンドの修理ピットやカー用品店併設の修理工場まかせにするとえらい高くつきますので、メーカー直営がオススメです。
間違いが無いから。
 
※車を購入する時に、特に初めて車を買う人なんかはセールスさんの言われるがままにオプション付けたり、任意保険の契約も高い保険を組まされてしまったりするらしいです(弟がこれで月3万というバカ高い保険を払っていた)
 
ガソリンスタンドやカー用品店なんかは、販売よりも手数料で儲けている部分がありますので、車乗りはなるべく自分でメンテナンスできるようにしておくのが得策かな?
少なくても「その金額が妥当なのか?」相場の知識はあった方がいいですね。
GSなんかは「ウォッシャー液入れます」といってバンパーを開けて、バッテリーが弱まっているだのオイル交換の時期だの言ってきますから。