しらべなきコトバ列ねて詩と呼ぶな
1000年残る詩歌を遺す詩人で歌人の梶原しえり

作品のご購入は通販サイト をご利用ください。

会いたい方は出展先にどうぞ。
公開していない出展情報はメルマガ かお問い合わせでどうぞ。
(メルマガ読者様限定レビューキャンペーンは4月末日まで)
※info@shelley-k.bitter.jp からのメールを受信できるようご設定ください。


ソーシャルメディアなど
 ウェブサイト
 フェイスブックページ
 ツイッター
 メールマガジン


詩人 しえり 出展予定のイベント

5月18日(土)・19日(日) デザイン・フェスタVol.37
5月26日(日) 中央林間手づくりマルシェ
5月29日(水) ワカバザールプチマルシェNo.2
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2013-05-31 06:00:34

「誠」

テーマ:過去作品紹介
2012年12月の作品です。




詩人 しえり 奇跡の軌跡-20121215174456.jpg

初めより欺(あざむ)かれてば好(よ)からまし
うつろへる真に何かあたひある
忘らるる身をば思はず
いにしへのをみなごの御こゝろ
今こそおもほゆれ

初めよりなに欺かで
かろくしも真なる君が御こゝろ告(の)らしける
忘らるる身をば思はず
いにしへのをとこらは千年(ちとせ)を経(ふ)れど変はらざりけり

そは偽り 偽りなりき
なさけあらば誠込めてそのひと言を告らしたまへな

そは偽り
そのひと言を ひと言を


「誠」




作品購入はこちらから
お名前の詩などのご依頼はこちらから
メルマガ登録はこちらから


ペタしてね

読者登録してね
2013-05-30 06:00:29

「鮭」

テーマ:過去作品紹介
2012年12月の作品です。




$詩人 しえり 奇跡の軌跡-20130127142104.jpg

岩に身を切り遡(さかのぼ)る
さとへ さとへ と遡る
多くは捕られ食はれていつた
卵(らん)ある女体は値(ね)が付くの

岩に身を切り遡る
さとへ さとへ と遡る
水底(みなそこ)の石は熱いのよ
傷ある女体は値が付かないの

岩に身を切り遡り
人の来ぬ地に産み落とす
産み落とすべき卵がない
卵がないのよ この女体には

卵ある女体は食はれていつた
傷ある女体は存らへた
このさとの地に産み落とすべき卵を持たない
この女体

卵がないのよ この女体には
卵を欲しがるをとこたち


「鮭」




作品購入はこちらから
お名前の詩などのご依頼はこちらから
メルマガ登録はこちらから


ペタしてね

読者登録してね
2013-05-29 06:00:48

「赦」

テーマ:過去作品紹介
2012年12月の作品です。




$詩人 しえり 奇跡の軌跡-20121227150748.jpg

父よ 父
我が児(こ)とのたまひ 袖を払ひし御手ゆかし

父よ 父
死に隔てられ赦しを知らぬ我れをあはれべ

隠れまして後(のち)せし恋のみなみな君と通ふこと
こたびの者は 児は要らずと云ひ 児を生(な)す胎(はら)を選びけり

こよりくるしきあらじゆゑ支へとせよ
とのたまひて 御目とこしへに閉ぢまししひと
我れが赦しを与ふるまへに

父よ 父
我れを遺して届かぬ場所へ去(い)にますな

父よ 父
おこなひにこそ赦されめとぞしたまへよ

父よ 父
御口に約せしもの ひとつさへ賜(たま)はずて

父よ 父
我が求め来しものを約して賜はずて

父よ 父
我が児とのたまひ そを棄てましし君 愛(かな)し

父よ 父
生ける我れとの世ぞとこしへに隔たれる

赦すすべなくうつし世に 君を赦さでくるしべり
御魂かがよふ 我れのうへ
赦されむとせぬ君が御魂よ


「赦」




作品購入はこちらから
お名前の詩などのご依頼はこちらから
メルマガ登録はこちらから


ペタしてね

読者登録してね
2013-05-28 06:00:14

「道」

テーマ:過去作品紹介
2013年1月の作品です。




詩人 しえり 奇跡の軌跡-20130131155644.jpg

人を呪はゞ穴ふたつ
入(い)らば入りなむ 地獄への道
怨み渡るの険しさ知れど
忘るゝむなしさよりよろし

焼けな 焔(ほむら)よ
苛め 闇よ
ひとり行くとて休らはじ
まして君との死出の旅
歩み逸(はや)らむ 笑み零れむ

人を呪はゞ穴ふたつ
入らば入りなむ 地獄への道
怨み渡るの険しさ知れど
忘るゝむなしさよりよろし

忘るゝむなしさより


「道」




作品購入はこちらから
お名前の詩などのご依頼はこちらから
メルマガ登録はこちらから


ペタしてね

読者登録してね
2013-05-27 06:00:02

「鷺」

テーマ:過去作品紹介
2013年2月の作品です。




$~しらべなきコトバ列ねて詩と呼ぶな~-20130304140017.jpg

羽根を毟(むし)れり 真しろき羽根を
お鶴(つう)が夫(つま)にせしやうに
羽根を毟りて墓前に舞へり
錦を織るはせざれども

羽根を毟れり 真しろき羽根を
お鶴が夫にせしやうに
羽根を毟りて墓前に鳴けり
雲居の果てに焦がれつゝ

風よ おほわだのあなたより
天つそらまで駆くるもの
我れを連れ去れ 雲居の果てへ
骨の在り処(か)に狂へるを

羽根を毟れり 真しろき羽根を
お鶴が夫にせしやうに
おのれのむねを啄(ついば)めど
この身をおとなふ死はあらず

羽根を毟れり 真しろき羽根を
お鶴が夫にせしやうに
鷺たる我れは墓前にくづれ
終の日を待ち羽根を撒く

終の日よ来よ 我がむねに


「鷺」




作品購入はこちらから
お名前の詩などのご依頼はこちらから
メルマガ登録はこちらから


ペタしてね

読者登録してね
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス