1 | 2 | 3 | 4 | 5 |oldest Next >>

あと1点あと1点

2017-08-20 23:24:21 Theme: 横浜F・マリノス
ヴィッセル0-0F・マリノス

マリノス惜しかった。ゲームはコントロールできた。
やることやっての引き分け。仕方ない。

いろんな意見があると思うが、ここでの2位に意味はなく、5位にも意味はない。勝ち点差だけ見て1位と5差ならまだまだこれから。
最後に優勝するためにやっている。

今年のチームが凄いところは、どんなに負けなしでも緩まない。調子いいから勝てるでしょって空気にならない。いつもピリッと緊張感があり、やる気を見せてくれる。素晴らしいこと。




引き分けは、どこまでいってもあと1点。あと1点取れば勝てる。

あと1点。やることやって、チャンスは作った。決めきれるか。

あと1点。取ればその選手はヒーローで、チームを勝たせた選手となる。

あと1点。とらなきゃいけない選手を、知っている。一番本人が分かってる。チームを勝たせる選手にならないと。


だから、サポーターが出来ることは、信じてついて行くだけだ。不満も文句もあるかもしれないが、黙って信じてついて行くだけ。

最後に優勝すれば、勝たせた選手だ。
あと1点、ネットに突き刺して、残りの試合で勝とうじゃないか。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

マツの日

2017-08-04 08:10:20 Theme: 横浜F・マリノス

また暑い夏がやってきて、マツの日がやってきた。

去年のマツの日から今の状態は想像できなかったなぁ。あれから冬にもめて、マツの退団時くらいもめて、出る人残る人がいて、結果なかなか若くてエネルギッシュなチームになりました。

学がね。チームを鼓舞してくれてます。
強い意志のもと、優勝するんだって、チームもスタッフもサポーターも盛り上げて、闘ってくれています。

学が言うんだから、黙ってついて行く、そのくらい頼もしいです。

ただ、まだ、リーグでゴール出来てないので(苦笑)
ちょっと、シュートの時だけ乗り移って、助けてやって下さいよ(笑)

マツのこだわった『闘』って気持ちは、学が引き継いで、魅せてくれています。
次は学を見て、魅せられて、感じ取った新たな選手が引き継いで、ずっとマリノスに残っていくんだと思います。

今はチームが闘えている。
これからも闘っていきたい。
今年こそ、優勝したぜ!って言えるようにみんなで闘っていきます。

AD

マリノス練習生合否のバブンスキ事例

2017-07-19 20:54:51 Theme: 横浜F・マリノス

マリノスは新潟は十日町市でキャンプ!
練習試合もあるし、気になります。

そんな中、キャンプに参加している練習生が何名かいて、うちユースと高校生以外に凄い名前が。

サイ・ゴダードと篠塚一平

チーム状況も良くってきて、夏の移籍加入はたぶんないだろう、外国人もフルだしと思っていたのでビックリ。

二人ともハーフで、2列目のドリブラーで、それぞれユースやセカンドチームで実績あり。
サイ・ゴダード(20)左利き
篠塚一平(22)右利き

くらいしか分からない(笑)よりいっそうキャンプ見たいです。

で、彼らはフリーな選手で、来期の加入内定の新人ではない。
つまり、今加入かどうかを決める選手です。

となると、その加入の試験中といったところ、合否が凄く気になります。

この気持ち、なんか今年の頭にもありました。そうタイキャンプでのダビことダビド・バブンスキ!あの時もこんな感じでYouTubeで動画探したりそわそわしてました。
と言うことで、そのときの加入までの流れを確認してみましょう。

①ネット上に『練習参加』のニュース
②マリノス公式のキャンプレポートの写真や動画に見切れだす
③ネット上に『契約へ』的なニュース
④マリノス公式の写真が隠さなくなり、バッチリ写る
⑤横浜に移動
⑥加入発表

こんな感じだったかと思います。
ダビの時はニュースがマケドニアのサイトだったりしましたね。なかなか翻訳したり大変でした。

今は②くらいまでは来てますかね。公式写真に見切れてるの探して楽しんでます(笑)

果たして、予定されている練習試合には出るのでしょうか?
出て結果残して、得点『練習生』が見たいです(笑)

AD

なるほどマルティノス

2017-07-17 15:48:40 Theme: 横浜F・マリノス

初めてキュラソー代表の試合を観た。

お休みの日にあって良かった。

ゴールドカップ、キュラソーVSメキシコ

 

これまでの2試合で途中出場1回だけの、マルちゃんこと我らがマルティノスは、図ったように先発出場。結果まで言えばフル出場でした。

メキシコと公式戦で闘えたことを考えれば、マルちゃんにとってはとても良い経験になったのだと思いました。

 

さて試合の感想。

マルちゃんのプレースタイルのルーツはココだなと納得するようなキュラソー代表チームでした。

キュラソー代表チームはGK以外の10人が、マリノス加入当初、と言うか、今年の頭、右サイドで出場していた頃のマルちゃんでした(笑)

ボールを持って前を向いたらとにかくドリブル。キープして頑張ってシュートまで行く感じです。囲まれてもとにかく自分で何とかできそうなら頑張ってみる。それをセンターバックまでやるからすごい。まずは20メートル前に進んでから、話はそれからだ!みたいな。

 

ディフェンスは連動してないがとりあえずハイプレスで突っ込む。奪えればいいけど、スコーンと抜かれることもあり、なかなかアグレッシブでした。いろんな意味で。

 

でも、監督がしっかりした人で、守備攻撃にそれぞれ決まりごとを持ってる人になったら、相当強くなりそうなイメージでした。選手の身体能力は高い。

 

マルちゃんは、終始守備に追われて大変そうでしたが、攻撃にも顔を出し、素晴らしい裏抜けを狙ったり、頑張ってました。ボール出てこなかったけど……

 

マルちゃんは、マリノスで相当変わったんだなぁと思いました。

それはとても素晴らしい方向に成長したんだと思います。周りと連携して抜け出したり、自分の特徴を発揮するために工夫するとか。

 

1つだけ違和感は背番号6と言うのが、マリノスで言うと6はボランチなので、んんん?って感じでした。

 

あと気になったのはキュラソーの9番。

チェコのプラハに所属してるようで、良いセンターFWでした。守備もするし、ボールを足元で受けて前を向けて、パワーもあり。かつてのオオシみたいな?

 

ただ、マリノスは裏抜けをFWの条件にするし、それではないなあと。Jリーグ来たら面白そうな存在ですね。

 

マルちゃんは、キャンプには合流するんでしょうかね?それともそのまま夏休みありなのか?

まあ、怪我なく帰ってきてもらえて何よりです。

Jリーグ再開からまた頑張ってもらいましょう!!

天皇杯マリノスVSアスルクラロ沼津

2017-07-13 08:28:50 Theme: ブログ

マリノス4-2アスルクラロ

マリノスは4点取りました。

左から連携で崩して、ボールが中央にきたところ喜田ミドルシュートで誰かに当たって転がってゴール

カウンター右サイド抜け出した前田から中を走る学へ。ちょっと長くなったけど学追いついてループ……はGKに触られたが、ゴールラインギリギリで追いついて無人のゴールにドリブルゴール

高いラインのアスルクラロの裏をついた、ダビ→学のカウンターでGK手前でバウンドするドライブシュートで学ゴール

アスルクラロの後ろでのパスが乱れ、ペナ角あたりでDF孤立しそこをあまじゅん猛プレス。それを見てパスコースがGKしかないと分かったウーゴが猛ダッシュから、DFのGKへのパスをさらってゴール。


4つとも良いゴールだと思います。


喜田が中町してました。
高い位置に顔を出し抜け出して攻撃参加。そうですね。喜田はマチからポジション奪わないとね。頑張って喜田。

下平さんは左サイドにいるボランチですね。スーパーです。
山中のようなオーバーラップは少なくとも、前の選手の斜めの裏抜けには素晴らしいスルーパスを出せる。ウーゴや敬真、学マルティノスの裏抜けを増やせると思います。
こうなると、左は山中下平、右は金井松原の戦いかしら。


前半、前田シュート2本、松原のクロス2本の精度が高ければ、もっとゴール取れていたと思います。最後の精度、キャンプでみっちり磨いて下さい。


で、この最後の精度ってところ、アスルクラロがすごかった。

アタッキングサードからの攻撃の質はJ1でも高いレベルだと感じました。

アタッキングサードで、人数をかけて、FWはスッとDFの間に入り、その選手をしっかり使い、ワンタッチでテンポ良くワンツーして、前を向いた選手がシュート。このシュートが強く速く枠をとらえる。
ワンタッチのパスもミスしない高い精度。これできるの?マジで?って感じでした。

失点はこの攻撃をうけてのスーパーゴールとコーナーからのボールが相手の足元に入ってシュート撃たれて。

マリノスが2失点したけどあれだけ強烈な攻撃されていたら仕方ないのかなぁと。そのために4点とったのだからまぁOKじゃん?と思います。
選手はそう思わないでしょうが。

攻撃の質、精度はマリノスよりよほど上だった気がしました。特にシュート。特にシュート!!見習って、本当に。

J3でダントツのゴール数はこの攻撃あってでしょう。コレは必然かも。
アスルクラロ沼津、素晴らしいチームですね。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |oldest Next >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。