管藤のつぶやき。うぇぶろぐ。p

管藤のつぶやき。うぇぶろぐ。p

日々過ごす中で得た気付き、自分にした質問、生きてる間に起きる様々な問題も課題も活かして成長したい!


テーマ:

怒られるのが、1回目なら構わないけど、2回目、3回目と同じことで怒られているようなら、本気で反省した方がいい。

 

なんで犯罪に近いか?

 

飛躍した考えに思えるかも知れないけど、

同じ過ちを繰り返すのは学んでいないってこと。

 

インターネットが普及して、誰でも、どんな情報にもアクセスできるようになった。

 

600万人を殺す計画を立てたアドルフ・アイヒマンという人を知っているだろうか?

 

その人は、人を殺すとは考えずに、「処理」すると表現していた。

 

なんで、そんなことを考えたかといえば、ナチス党(働いている会社)で出世する為だった。出世したいから、バリバリ仕事をしていただけだった。

 

出世する為「だけ」とは、書いたが、その人にとっては大事なことだったんだろう。

 

アイヒマンに欠けていたのは、全体を見れていなかったことでもある。

 

この仕事は、なんの為にしているのか?少しも考えていなかったとは思わないけど、少しでも考えていたら、変わっていたのではないかと思う。

 

同じ過ちを繰り返さない為に、哲学者が考えていたことは役に立つと思う。

 

けど、同じ規模感で考えられるかといえば、そうでもない。

 

だとしても、自分のことくらいは考えられるだろう。

 

だったら、同じ間違いは犯さないように努力すべきだと思う。

 

 

それ位の気持ちで、日々改善を繰り返していけば、より快適に過ごせると思うのだが、どうだろう?難しいだろうか?

 

論理的に考えられたとしても、感情面では、めんどいとか思うこともある。

 

それでも、同じ間違いを繰り返すから、上司に激怒される。それをまた繰り返す。また!また!また!と、続けていけば、諦めてしまうだろう。

 

そうなってからでは、遅い。

 

同じ過ちは犯さない。

 

ほんと、気をつけるべき点だ。

 

その為には、指摘されたら、どんな思考でそれを伝えたのかを考えなければならない。

 

 

自戒も込めて書いてきた。

 

ブログ更新したので、ここまで、読んでしまった人がいたら、、、

 

 

→ あなたの哲学は始まっている

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス