「しょう」のブログ(2)

「しょう」のブログ(2)

 「生活指導」という言葉は戦前、綴方教師の峰地光重がはじめて用いたといわれますが、「生活そのもの(それを綴り意識すること)が子どもたちを成長させる」というイメージです。当面、「生活指導」や「生活綴方」を中心に書いていきたいと思います。


テーマ:

  韓国人徴用工に対する勧告最高裁の判決に対する攻撃は相当なものです。

 「最高裁の判決」は日韓で合意された請求権協定に反する、というわけです。

 しかし、そもそも自明のように取り上げられる「請求権協定」とはどのような内容でしょうか?

 

 まずは、以下の動画を見てみませんか。

 

 

 


テーマ:
「傷つけられた子どもたちは今~ヘイトスピーチから6年」

 去る10月30日、NHKかんさいで放映されました。
 以下は私がNHKに送信した意見です。



 上記番組をオンライン放送で視聴しました。ヘイトスピーチで傷つけられた子どもの視点から丁寧に作られた番組、日本の現状を問い直す問題提起としても素晴らしかったです。番組を作り放送にこぎつけた皆さんに心から敬意を表します。人権や民主主義を大切にするという視点をNHKがまだ失ってないということも確認することができました。

 この間、安保法制などをめぐるNHKの報道は「政府の広報機関」に成り下がっていると判断し本気で受信料を拒否するつもりでしたが、もう少し考えることとします。

 なお、「クローズアップ現代」の放映中止のうわさがありますが、それには強く反対しておきます。政府の「発表報道」だけで「調査・検証報道」がなくなれば、報道機関は完全に死んでしまいます。



 「クローズアップ現代」が2016年3月で打ち切りか(ゲンダイ)
http://news.livedoor.com/article/detail/10782735/
------------------------------------------------------------------------------------
 NHK局内で、看板報道番組「クローズアップ現代」に打ち切り論が浮上しているという。来年3月末で終了し、後番組には報道以外で調整を進めているというのだ…クロ現打ち切りに併せて、午後7時からの「ニュース7」も時間を縮小する案が上がっていると伝えている。

 2日発売の週刊誌「週刊現代」が報じた。
 打ち切りの理由としては、NHK関係者の談として「政治のニュースも減るので、官邸からの『お叱り』もなくなる」「上層部にとっては、トラブルの種を潰すという意味でも『クロ現』の打ち切りは都合がいい」としている。

 一方で、今年春に発覚した“やらせ疑惑”の影響を指摘する声も聞こえてくる。(・・・)「やらせ疑惑についてBPOの審議結果が今週にも発表されるようです。その結果次第では、番組存続の大きな影響を与えるでしょう」とも。

テーマ:

 過去記事を、こちらに移しました。


 安保関連法案が「成立」した今こそ、共有したい価値があると思われるからです

 


 「絶望してはいけない」チャップリンの史上最高のスピーチ【独裁者】という題の動画がYouTubeで公開されています。
 1940年に上映されたチャップリンの映画「独裁者」の最後、主人公が兵士に向かって演説する場面に、現在の様々なニュースや映画の映像を加えたものです。 

 東日本震災のニュース、福島第一原発3号機爆発の映像も、含まれています
 ぜひご覧ください。 




 本当に心揺さぶられる感動的な演説です。背景の映像によってチャップリンの演説が持つ現代的な意義が強調されているように感じられます。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス