Shaya(photographer)写夜の世界 (C)2021

Shaya(photographer)写夜の世界 (C)2021

★★市久 写夜★★のブログの・・・・・写夜(しゃや)です。

“特撮とコラージュ写真とレタッチ...”で作る...オリジナルキャラクターを公開している★現代の浮世絵師★です!


今··そう、···写夜(しゃや)の世界では、素材写真を撮影し、その写真プリントを重ね併せて立体的にして、オリジナルキャラクター(インチャンティィンキャラ)を制作します!


そのキャラクター、アンニュ(プロフィール写真)などを使って、ストーリー(スペースウーマン、volナンバーで記された記事
)を展開し、ブログに公開していきます❗


スペース・ウーマン【space woman】シーズン1では、一切CG加工は使わずに特撮だけで制作しています。★

【space woman】のストーリーは、vol.1~vol.21までが・・・・シーズン・1です!



※尚、【space woman】シーズン2は、vol.22からです。

※シーズン2では、特撮とアプリ(加工)との融合で、コラージュ写真として制作しています。




※ストーリー

ケプラー星の天才科学者エリック・コーエンが、地球侵略の為にやって来た❗

同じくエリックのライバルである、ケプラー星の秀才科学者マイケル・ガースンは、地球の未来の平和を心配し、自分の長女である“アンニュ・ガースン”と、叡智を結集して造った高性能ロボット“ブルーアイ”を、遥々500光年離れたケプラー星から地球へと送り込んだのであった・・・・・(Vol.22の前にあらすじがあります)


ごきげんよう皆さん、、お元気ですか?

前回のブログから又又、なんと、、半年以上が・・・・・




いや〜、今年の年始は大変な事になりました、

コロナ感染者急増です。


今年は少しは治まってくれると思い、前回のブログに続き‥昭和の東京五輪と日本万国博覧会の話しをしようかと思ってたんです、

本年はオリパラもあるし・・・



しかし、ここに来て又のコロナ第4波が押し寄せる、

これは災害か、戦争か、とにかく人間社会の危機です。


Twitterではコロナが“あまりに酷くな
った時には”、関連情報をアップをしてきました。





❈ここで、昨年中から今年の年始までのネット報道を見てアップした記事をまとめてみます、



●昨年の4月に、アイスランドで世界で初めてコロナウィルスの突然変異が見つかりました。

そして、昨年7月には200種の型になっている話しも出ていました。中でもGH型は伝播力が6倍とされ深刻な状況です。


●自宅療養者にアビガン投与が出来るとよいのですが、効くか効かないか別として、認可は絶望的です!


●昨年11月頃から、日本を代表する企業のトップやその家族に水面下で中国製ワクチンを接種。さらに富裕層や永田町へ・・・?

年始の報道では、中国人バイヤーが一般人にまで働き掛け、一回10万円とのこと、接種した人もいるらしいが厚労省では責任を持たないとの事!








・・・さて、今の日本には自国ワクチンも無く、ロックダウンも出来ません、


#先進国であれば、この2つの武器を持っててよいと思いますが、現状の日本にはありません。



●新型コロナは、今まで築き上げてきた人間社会(経済的な発展や世界中の人々がコミニケーションをとりポジティブな考えで平和を目指す‥などなど)を全部否定してくるウィルスです、まるで故意に人間社会を壊そうとしているとまで思えるくらいです。



今までにも当ブログで、自然の猛威や、ゴキブリの知能指数の高さや、蚊の頭の良さは話してきましたが、

新型コロナウィルスにも脳があるのかと思うくらいです、でも人間からは生き物として認めらてないようで‥ならば自然の猛威ですね、、



このウィルスの遺伝子はRNAと言うもので、人間のDNAとは違うようです、

コロナが蔓延してからは、よく専門家と言われる人達がRNAはコピーミスをするので、変異ウィルスが発生しやすいなどと言います。



●しかし、これは、本当にコピーミスなのでしょうか?


私は専門家でも何でもありませんが、今までの報道を見てきての感想を少し‥“哲学的にみて勝手に解釈”してみますと・・・


記憶は定かではありませんが、今から20年前ぐらいですか、Nスペで鳥インフルエンザの特集のなかで、ウィルス変異の怖ろしさについて放送をしてました、それは人間の遺伝子が何万年もかかり変異をするのに対しインフルエンザは数年単位で出来てしまう可能性があり、人間には太刀打ちが出来ない驚異って感じの放送だったかと思います、

その番組を思い出したので、私もウィルス変異について少し調べた所、エイズやインフルエンザウィルスの変異は、ヒトゲノム進化速度の100万倍のスピードであるとの報告があり、新型コロナについては更に速いらしいです。(初めての変異の発見から3ヶ月で200種類に変異する驚異的なスピード)


だから、今、世界中の人々を混乱に巻き込んでいる訳ですね!





●その結果、、人間が生き残る為には、あの哲学的な言葉にヒントがあるのではないかと‥思い出します!


最も強い者が生き残るのではなく、

最も賢い者が生き延びるのでもない。


●唯一、生き残るのは変化できる者である。


チャールズ・ダーウィン







●さて、前文中の‥‥#先進国であれば・・・の続きですが、


2つの武器を持たない日本ではワクチン接種も遅れてます。(今年オリパラがあるのに)

今、日本の一般人に打てる対策は、手の消毒やマスクワクチン等しかありません。


そのマスクも、中国に不織布マスクの輸出をストップされてしまえば、日本は大混乱になってしまいます。

●今日の報道では、その中国は1億円以上の資産を持ってる富裕層が1億人いるとのこと、中国は人口が多い国とは言え‥日本の全人口が1億円を持ってる感じですか・・・





●私の子供の頃、日本は昭和の高度成長期(いざなぎ景気)のたけなわでMADE IN JAPANが世界中を席巻してました。

技術力、生産力、輸出大国‥で大国の仲間入りって感じでした・・・


・・が、しかし、、それから何年かして、世界から日本はエコノミックアニマルと揶揄されるようになった!

●でも、気にしない日本があった!


そして、私が社会人になった1980年以降には、何処の会社でも「数字を上げろ、結果を出せ、」とノルマを課せられた、

そして日本人の人件費は上がり、物作りの生産は人件費の安い海外に外注へ、


●●この頃から数字ばかり追う事に命をかけて、技術や物作りに遅れていく日本になっていったのでは‥と思う。




●何れにしても、

日本のジェンダーの問題にしても然り、、今までの形だけ、数字だけ、上辺上の変化する日本ではなく、

このコロナ禍の中で、精神的な中身の変化が求められる時がやってきたのではないかと思います。









さてさて、ここの所‥重い話ばかりになってしまっているので・・・




●本日もおまけ映像をアップしておきますね!



この作品は、イギリスが1960年代の頃‥大英帝国病などと言われ困難な時にも関わらず、私が尊敬するジェリーアンダーソン氏をはじめとしてスタッフが本気で作品作りをして世界的ヒットとなったサンダーバードのオマージュ作品です。(人物は写夜のコンパドールです)












今日も、最後までお付き合い下さりありがとうございました。

又、次の作品でお会いしましょう!