有名な「星の王子さま」のお話の中で出てくる言葉です。


私が初めて星の王子さまに出会ったのは、大学2年生の時。


病床にいた私に、姉からのプレゼントでした。


他にもその時はやっていた斎藤孝さんの「理想の国語教科書」とかももらいましたが、それは途中で断念(笑)



星の王子さまは、読んでみたいなぁと思っていたから、するすると読み進んでいったんだけれど、


何だか、結構難しい(笑)訳の問題なのか~?とも思ったけれど、とりあえず理解できる範囲で読み進んで行って。


「ほんとうに大事なことは、目にはみえない」というのはわりと最初にそのお話が出てきて、

王子が主人公のパイロットに羊を描いて、とお願いするのだけど、

描いても描いても「それはぼくがほしいひつじじゃない」と言われ、

やっきになったパイロットが箱を描いて、「この中にひつじはいるよ」、というと、

王子が「ぼくがほしかったのはこのひつじだよ」といって喜ぶ、という・・・。



その箱には3つの穴が開いていて、そこには羊(王子)に対するパイロットの優しさが込められているのだって。


その優しさを王子が受け取った、ということ。



パイロット自身が子どものころ、パッと見はただの帽子のような絵だけれど、実は大蛇がゾウを丸飲みにした、という子どもの遊び心が一緒に描かれていた絵のことが一緒に出てきて、当時、その絵を見た周りの大人には理解されず、悲しい思いをした、という過去があった。

パイロットはその時そのことも一緒に思い出したりもして・・・。


王子がパイロットの絵を受け入れてくれたことで、そんな過去も受け止めてくれたような気分になったのかも、という・・・。



星の王子さまのお話はほかにもいっぱいう~んと考えさせられることがたくさんちりばめられていて、読めば読むほど味が出るなぁと思います。




子どもの頃というのは、見えない世界がこわくもあり、魅力的でもあり、それは自分の想像力を思いっきり花開かせられたからなのだと思う。



年齢を重ねるにつれ、その想像力はどこかに忘れ去られてしまいがちになるな~と思う。



目の前の現実に対して、ひたすらに向き合って生きていくことが優先されて、一歩立ち止まって頭の中で楽しい世界に浸る(ちょっと違う?)時間が少なくなっていくというか。。。




子どもの時って、とにかく自分の楽しいことに一生懸命だった。

楽しいことしか考えてなかったんじゃなかったというくらい・・・。




本当は、子どもも大人も関係なく、私たちの中にはそういう想像力(たとえば子どもがうきうきわくわくすることを考えたりする)がずっと使われないまま使われる時を待っているんじゃないかなぁと思う。




私たちの中には、そういう「使われる時を待っている」能力たちが、た~くさん順番待ち(笑)をしているんだと思うのですよ。



うずうずしていると思う。



私なんかもそうで、それに気づいたら「あ~私のしたかったことはこれです、これです!!」


てな感じで、自分の心が体が魂が喜ぶ、楽しくって踊りたくなる音符ようなことばっかり、するようになりました。



いろんなことを判断する基準を、なるべく、この「自分の心と体と魂が喜ぶか」ということにするようにしていったのです~かお



もちろん全部は難しいけど、少しずつ、そうしていった。



そしたら、自分のしていることが「自分の心と体と魂が喜ぶこと」ばかりになってきています。



だから、毎日がルンルン音符



あ、何度も言いますけど、



ルンルン音符じゃなくてドーンダウンって日ももちろんありますよ。



でも、そのドーンダウンって時間はなるべく短くする。努力をする。



そうするとルンルン音符な時間が増えるきらきら!!


と信じて毎日過ごしています芽生え




数日前、大好きな埼玉のお友達と「魔女会魔女」(笑)をし、


今日は大好きな幼馴染とお茶ティーポットをして、


「目にはみえない」大事な、大事なことをお互いに交換し合って、


お互いにエネルギー満タンきらきら!!になって、「心と体と魂」がしっかり喜んだと思います音符


相変わらず微熱生活は続いていますが、そのおかげで、こころなしか体がすっきりしています。



身体って正直!!






ただいま!!

テーマ:

まさかこんなに入院することになるとは思いませんでした・・・(笑)


入院日に発熱し、早速大量に採血されて検査して。


病院にいると、何かあった時にいろんなことを調べ上げてくれるので、


「安心」


と思う反面


「そこまでやらなくても」


と感じてしまう瞬間も・・・(笑)


とってもありがたいことなんだけどね。


(あ、たぶん私の血管がもう、どこからでも取り放題です!!という状態だったらこんなに気にならないのかも~!!血管さんがなかなかみつからない私はお医者さん泣かせなのです。)



私の予想では、体の免疫さんの働きで熱が上がった、のだと思います。


もっと厳密に原因を追究しようとしても、わからないんだから、ただ、体が私のために熱を出してくれてる、と思っちゃいます。



結局、入院期間中

夜38℃超え→朝37℃前半に落ち着く→午後上がる→夜38℃超え→朝37℃前半に落ち着く・・・を繰り返して今日まで来ました。



今回治療をして、その治療が免疫のスイッチをONにしたことは十分に考えられて、



そのためにお熱生活が続いた、ということもあるかもしれません~。




私はずっと、ただ「体の免疫さんがしっかり働いてくれている」という思いだけを持って今日を迎えました。



だから、ひたすらに、体さんにありがとう。免疫さんにありがとう。

眠くなるのでよく寝ます芽生え(←本当に、この10日間くらいはほとんど寝てる私。)

そのことに関してはきっと明日も同じ気持ち。



でも、昨日と今日、全然違う気持ちを持った私がいます。



それは、我が家家に帰ってきたから。




前のブログで「この入院は神様からの贈り物♪♪」なんて言ってましたが、入院してみたら、



すぐ、ホームシックみたいになりました(笑)



「あ、私やっぱりおうち家が好きなんだ」



単純なことですけど、



気づいちゃったんです。



入院している間、「おうちに帰りたい」とずっと思ってました。




久しぶりに会う看護師さんたちとおしゃべりするのも、楽しいんだけど、前の自分みたいに、思いっきり楽しめてない。


がんばっている私がいました。(ごめんね、みんなごめんね(笑))



心の中の私は「早くおうちに帰りたいよ~泣き3おうちのごはんおにぎりが食べたいよ~おうちのお布団で寝たいよ~」と叫んでました(笑)



だから、今日退院できて、おうち家に帰ってきて、ほんとうに、嬉しくて、心が穏やかな気持ちになれて・・・きらきら!!ふふふ、幸せいっぱいなのです。



お熱があるのも、忘れちゃう。



そうだ、昨日まで入院してたんだ、なんて思っちゃう。



我が家の存在ってこんなにも大きいものなんですね。





昔、家族旅行とかで長期間家を空けた時に、帰宅して扉を開けた瞬間のあのおうちの匂い。


今日も、その匂いがして、「あ~私帰ってきたんだ~にへ」とじんわり温かい気持ちになりました。



大好きに我が家に帰ってこられて、今日は家族団らんを楽しみたいと思います家きらきら!!








二人で一人前

テーマ:

8月に身体傷害者手帳をもらってから、電車に乗る時は車椅子の私と、押してくれている父や母と、それぞれ運賃の半額ずつを支払って乗車させてもらっています電車


もし私が一人で電車に乗ろうとすると、一人で行ける車椅子、ということで半額ではなく正規の運賃を支払うことになります。



この制度を知った時、


「あ、二人で一人前なんだ~」と感心してしまったのを覚えています。



中学に上がってから大人と同じ運賃を払ってきて、すっかり一人前な気分になっちゃってたところはあると思います。



でも、人っていくつになっても、自分一人で生きているなんて大きな勘違いで、


誰かの支えがあって、


誰かに頼って、


お互い様で生きているんだなぁ、と思います。





そして、なぜかふとした瞬間に、



「あ、病気と私も、二人で一人前なんだ」


そんなふうに感じたのです。



この6月で発病から10周年キラキラこんなに長く一緒にいるんです。



二人で一人前。



そう思ったら、また一つ肩の力が抜けたような気持ちになりました。






病気さん、私はあなたから、いろんなことを学んでいます。



病気さんが私のところへやってきてくれてから、私の人生は大きく変わりました。



最初は、きっと私の体から姿を消してくれると思って、いろんな方法であなたのことを隠そうとしてきました。



でも最近は、「そうか、まだ出てきたいんだね、わかったよ」と




その時その時であなたとのうまい付き合い方を模索している感じがします。



そして、あなたのおかげで、いろんなこと、すべてのことに感謝することができて、



自分の人生を思いっきり楽しもうと思えて、



私の周りにいる人たちにもイキイキと生きていってほしいと思えます。



だから、私とあなたは二人で一人前なんです。



お互いに支えあって、これからも生きていきましょう。




・・・なんて、今日は病気さんへの手紙みたいになってしまいました(笑)




今週は、病気さんに少し刺激を与えて、どんな変化があるか見るために、短期入院をします。



正直、この冬は寒すぎてゆきだるま、家にいるより病院にいたい(病棟は年中快適温度芽生え)私にとって、この入院は神様からの贈り物です(笑) 



2013年をよりイキイキと生きていくための、大事な大事な入院です。



お久しぶりの病棟スタッフさんたちとの再会もひそかな楽しみ音譜



どんな入院生活を過ごそうか、今からルンルンですキャ