Shared Note 管理人のブログ

治療の体験談を集めたサイト『Shared Note』管理人のブログです。


テーマ:
先日、ハズしまぶくろクリニック院長
島袋 隆先生の講演会に行って来ました。

島袋先生は、28年間外科医として
主に癌治療に従事されてきたそうですが、
多くの患者さんと向き合う中で、
「本当の医療とは何か?」 を考え、
現在は、自分が病気になった時に受けたい
医療と環境を提供できるような病院作りを
しているそうです。

2時間を超える講演は、その時間の長さを
感じさせないくらい、最初から最後まで興味深く、
納得感や共感を強く感じる内容でした。

そんな中で、私にとってインパクトがあったのは、
「癌細胞は、けなげな細胞だ」 という言葉かな。

癌細胞って、本来、
自爆(自殺)する細胞なんだそうです。

でも、人は、精神的ストレスや肉体的ストレスを
そのまま放置して、自分自身を酷使しちゃうから、
正常な細胞は厳しい環境に適応できなくなる。
そんな厳しい環境に適応した細胞が、癌細胞なのだそう。

つまり、自分自身を維持し続けるために、
正常な細胞が生きられないような環境で、
がんばって生き残っているのが、癌細胞ってことかな。

だから、病気を治すためには、まず最低限、
ストレスの軽減、生活習慣の見直しは必要ってこと。

島袋先生の考える 「病気の前兆」 というのは、
精神的ストレスや肉体的ストレスに加えて、
低体温、低酸素状態が続くことで、体が酸化し、
細胞が錆びて、免疫力が落ち、新陳代謝が下がった状態。

その過程で、体が電子不足に陥るので、
抗酸化療法により電子を供給しましょう、
という理論のもとに、
免疫療法、温熱療法、還元電子治療などを取り入れ、
たくさんの患者さんを診ているそうです。

患者さんの気持ちを尊重してくれる
優しいお医者さんだなぁと感じました。

最近話題のAGE(終末糖化産物)についても
言及されていました。

また、今回は、ノニジュースを販売する
企業とコラボした特別講演会だったので、
ノニの抗酸化力についても説明がありました。

とても良い講演会でしたよ。

島袋先生は、去年、将来のノーベル賞候補と
なるような有望な科学者に贈られる
ライナス・ポーリング賞を受賞されたそうです。

★ ハズしまぶくろクリニック
★ 島袋院長ブログ 「ちょっと一言」
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

sharednoteさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。