今日は、私が運営するサイト 『Shared Note』
協力してくれたdobonさんの体験談をご紹介します。

banner

dobonさんとは、奥様の治療の件で、
たまにメールのやり取りをさせていただく
ような関係だったのですが、
その奥様は3年前に他界されました。

今回、サイトへの協力については、
とても快く引き受けてくださり、
skypeを通した音声通話で2時間ほど
お話を伺ったわけですが、
奥様はすでに亡くなっているということで、
いろいろな課題を含んだ難しいテーマとなりました。

お話を伺う中で印象的だったのは、
要所要所にみられる
dobonさんの奥様へ対する敬意。

そして、どんな場面でも奥様の選択を尊重して、
可能な限り応援してきた、支える側の姿勢。


そんなdobonさんからの言葉は、

最悪の結末になったとしても悔いのないように
納得して治療に臨むことが大切!


という治療への向き合い方と、

治療しながらも楽しみ方はいろいろあるよ!

という前向きなメッセージでした。

自分の選択に納得して臨み、
どんな状況でも楽しみを見出す。

これって、病気とか治療とかに関係なく
何にでも言えることだなぁ、って感じました。

自分の中の “納得感” みたいなものが、
現在の自分と未来の自分を
支えてくれるのかもしれない。

そんなことを思ったのでした。


dobonさんの体験談はこちらから ⇒ dobonさんの体験談