大阪ビンテージ不動産投資家しゃもじのブログ

大阪ビンテージ不動産投資家しゃもじのブログ

小売業サラリーマンしゃもじです。
30歳、貯蓄ゼロから不動産投資実践ブログ。
ただいま、戸建4戸とシェアハウス三棟、
賃貸併用一棟、アパート二棟を大阪で、運営中
自分より年上のビンテージぼろ物件との格闘の日記をときどき更新します。


テーマ:

2月末でサラリーマンをセミリタイアした

 

大阪ビンテージ不動産投資 しゃもじです。

 

 

 

 

2月末に無事、サラリーマン生活から足を洗ったので

 

退職祝いで石垣島に遊びに来ている。

 

 

 

石垣に来るのはこれで3度目。

 

ここは、妻のルーツなので

 

久しぶりのお墓参りなども兼ねているのだ。

 

 

 

 

今回は1週間ほどの滞在の中で

 

石垣島と小浜島を巡る。

 

 

 

 

初めて、クラブメッドに宿泊した。

 

 

クラブメッドは、オールインクルーシブという

 

管内での基本的な飲食やイベント、アクティビティがコミコミプライスという

 

面白いリゾートホテル。

 

 

GOと呼ばれる多国籍なスタッフとの

 

他言語でのコミュニケーションがあったり

 

子供向けのプログラムが充実しているなど

 

ユニークなシステムを一度体験したいと思っていた。

 

 

 

 

3日間ほどの滞在だったが、

 

非常に満足度が高かった。

 

 

 

とりあえず、飯がうまい。

 

そしてGOのみなさんがフランクで楽しい。

 

しゃもじ息子は、みんなにかわいがられ、

 

終始ご満悦であった。(笑)

 

 

{59B9B164-8C1F-4093-829C-2770B6ED186B}

 

 

子供向けのプログラムが多彩なので

 

4歳〜小学生、中学生くらいまでの

 

お子さんがいるご家庭などは、すごく楽しみの幅が

 

広いのでは無いかと思う。

 

 

 

我が家は、まだ1歳、3歳のおチビを連れての

 

旅行なので、実際楽しめるイベントや

アクティビティって、あんまりなかったのだが

 

それでもかなり快適に楽しく過ごすことができた。

 

 

 

もうちょいと子供たちが大きくなったら、


海外のクラブメッドにも

 

宿泊してみたいと思う。

 

 

 

さて、明日から小浜島だ。

 

 

 

 


テーマ:
大阪ビンテージ不動産投資 

しゃもじです。







2月末でサラリーマンを

リタイアすることになった。

11月に上司に退職を伝えた。

明日が勤務の最終日である。







新入社員から約15年。





入社一年目に、

自分の、そして会社の将来に限界を感じて

「金持ち父さん、貧乏父さん」の本に出会い




不動産に本格的に取り組むと決めたのは

2010年の結婚がきっかけだった。


{AE113887-2EA1-4EF5-AC90-4F8358262E83}


(写真は、沖縄で結婚式二次会で使わせてもらった

レストラン カサラティーダ)





あれから約8年。

一軒目のテラスハウス購入からは約7年。

さまざまな人や物件との出会いを経て

不動産の規模は63室となった。






まだまだ専業として大家業をするには

小さな小さな規模。

しかし、実践していて感じるのは

不動産投資は

特に優秀な頭脳や特技を持たない

私のような人間でも

やり方さえ間違わなければ

少しずつ確実に着実に、拡大

成長して行けるビジネスだ、ということだ。




自分なりの歩みでいい。

それぞれの理想の状態に向けた歩みは

毎日をワクワクさせてくれるはずだ。




多分、私も不動産投資に出会わなければ

死んだような目でサラリーマン生活をしていたと思う。

遠い先であっても、この道を歩んでいけば、

いつか自分が目指す

自由な生活を達成できるという、

おぼろげな確信があったからこそ

会社員生活にも意味を与えることができた。





興味がある人は、

自分のリスクの取りうる範囲で、

ぜひチャレンジしてみてほしい。







最後に、

ブログを通じてこれまで

出会うことができた皆様

ありがとうございます。



3月からは、

専業大家という新世界を

家族と一緒に楽しんでいこうと思います。




テーマ:
大阪ビンテージ不動産投資 しゃもじです。


現在検討中の二物件



一つ目は、自宅至近距離の
過去検討物件が、リフォームされて
お値ごろで再販されたもの。

もう一つは、しゃもじ初の
心理的瑕疵あり戸建てだ。



一つ目、自宅至近距離物件は
徒歩30秒という近さと
2年前に内覧した時はボロボロの雨漏りだらけの
物件だったのだが、
購入した方が綺麗にリフォームして
内外装ともに見違えた状態で200万ほど
プラスして再販された。

前の状態を知っていた僕は
明らかに買いだと判断して、
情報確認段階で買付証明を業者にFAX。
後日内覧の上、ローンを当たった。



しかし、今日あえなく撃沈_:(´ཀ`」 ∠):

建ぺい率、容積率オーバーの築古物件に
長期融資をしてくれる金融機関の金利は高く、
頼みの綱だった信金のセカンドハウスローンは
総合的判断により否決(¬_¬)

ご縁がなかった。



二件目物件。
心理的瑕疵あり物件。
もとい、告知事項あり物件。

三年前にリビングで病死があった物件だ。

この物件は築年数がまだ数年しか経っておらず、
フルリフォームをかけているので見た目は新築と変わらない。
それでいて地域の新築相場の半値以下。
自殺や他殺なら問題は大きいが
あくまで病死であるため、問題も限定的。

5〜6年賃貸で回して転売が
可能かと思ったが、
近隣の不動産業者を4〜5件回ったところ、
想定以上に賃料相場が低い地域とわかった。



ということで、
こちらも見合わせ。


しょげてても仕方ないので、
現在また新たな戸建て物件を
検討中。

つづく。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス