しばらく前、ネズミは、誕生日を迎えた。

家族の誕生日会は、自宅開催だが、自分の誕生会まで自ら調理ってどうよ・・・という

わけで、外食することにしている。

とは言え、妻の誕生日だからと気を利かせて、レストランを予約するような旦那さんでは

ない。

”仕事大好きな昭和のオジサン”には、ロマンチックなことは、期待していない。

同じく”仕事好きな昭和のオバサン”は、そこのところを理解した上で引き取って(結婚して)

いるのだ。

子育て中となるとなかなかご縁のないドイツのビアホールを自分で予約した。

店名を聞いた旦那さんは、「そこでいいの?」と若干驚いていたが、息子は、「さすが、

母さんっ!」と意味深な一言。

 

上海市内に5店舗ある中でも外灘(ワイタン)の夜景が見える”濱江店”が、お気に入りだ。

定番のソーセージ盛り合わせにアイスバイン(カリッと焼きつけたブタの肘肉)を注文し、

ビールで乾杯!(息子は、ジンジャエール)

ビールは、白と黄、黒の3種類。

サイズは、300ml、500ml、1Lの3種類。

黒ビールとは言え、軽い口当たりで飲みやすい。

ただし、ウイスキー党なので、ビールは、軽く1杯で十分だ。

薄暗いビアホールの雰囲気がいい。

イギリス帰りの女友達と東京のアイリッシュパブで立ち飲みしていた20代も楽しかった

が、今、家族とビアホールでゆっくり過ごすのは、また、違う味わいがある。

季節柄、テラス席も大盛況で各国の人々で賑わっており、こういう多国籍な雰囲気も

気に入っている。

週末は、混み合うので、予約がお勧め。

さすがに誕生日会は、旦那さんが、お会計担当。

このルートの定番である外灘(ワイタン)の夜景を鑑賞して帰宅。

画像は、携帯でアニメ加工したもの。

 

* おまけ *

誕生日には、元部下で今や親友(中国人)からフラワーアレンジが、届いた。

大手日系企業で中間管理職として活躍する親友(中国人)は、今なおネズミの事を

慕ってくれ、カードにも”Anego(姉御)”と書かれているのには、苦笑。

お互い家庭を持ち、滅多に会えないが、毎年、忘れずにプレゼントを届けてくれ、実に

義理堅い人だ。

お花屋さんから受取り、如何にも自分で注文したかのような表情で「どうぞ~!」と渡し

てくれた旦那さんに「いやいや、(送り主は)あなたからじゃないし!」と突っ込んでおいた。

”旦那さん名義のクレジットカードで誕生日プレゼントを購入可”という暗黙のルールが

あり、日本のサイトで実用品を注文した。

ただし、漫画家の西原理恵子さん同様に”男性からもらったプレゼントが自慢の女”では、

つまらないので、高価な物は、自分で手に入れたいと思う。

          **********

最近、同じく誕生日を迎えた同僚達(中国人)が、「私達は、永遠の18歳だから!」と

言ってくれたが、正直なところ、若い頃に戻りたいとは思わない。

悩みや迷いの多い10代よりも今の方が、経験値から思い切りがよくなり、裁量権も大きく、

自由だ。

オバサンになるもの悪くないな、と思う今日この頃。