築古戸建ての セルフリフォームにっき

築古戸建ての セルフリフォームにっき

兵庫県の某市内に築古の戸建てを購入しました。
部屋数が多いので、リフォームしてシェアハウスを作ろうかと。
リフォームはできるだけ自力でやってみたいと思っているところ。
2018年3月末で脱サラしたので、専念できます。

2018年度内の完成を目指す!


テーマ:

リフォーム中の物件は、たいそう古い建物なんで、箇所によっていは、家の端の方にいくほど、

傾きがある。

悲しいぐらいに・・。

 

前にも書いたけど、101号室の傾きを調べたら、下記の表のようになっていた。

 

  

 

                                              単位:mm

  

 

   最大、40mm以上・・。

   40mmの傾きを改善するのが望ましいけど、それをやると、扉の下面の高さにも影響して

   しまうし、ほぼ、部屋全体の高さ調整が必要なので、大変。

 

   だから、20mm以内は、しょうがないとした。 

   はい、しょうがないレベルではありません、が。

 

   20mm以下の箇所はそのままとし、それ以上の箇所を修正する。

 

 

   計測は、30cm毎に測っているが、高さ補正用の根太は15cm間隔で入れることにしようか。

   測定結果を元に、20mm以下は無視して、補正用の表を作り直した。 

 

                                                                                                  単位:mm

    

 

  この表を元に、補正用の根太を作る。

      木の 断面は、こんな感じになる。 15cm間隔で、計13本。 いちばん長いのは 210cm

          

          

  作った補正用の根太

    

 

 

床に置くとこんな感じになる。

   【設置前】

    

 

   【設置後】

    

 

 

   もっと時間がかかるかと思ったけど、そうでもなかった。

   明日から、フローリングを貼る。

   違和感無く貼れたらいいけど。

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス