日常を独自の目線で笑い飛ばしていきますー!
  • 19Jun
    • 認知行動療法

      今日は、就業支援2日目。就業は9時半だが、自転車で早めにでて近くのミスドでコーヒータイム。のはずが、昨日チラっと絡まれた推定70ほどのジジイに会っちまい、またしても話し相手に(笑)しまいにゃ、席こっち座れ!とズケズケ指図される始末。そこからはジジイ劇場で、これまでのジジイの人生談を延々と聞くことになり、ひえ~と思っていた矢先に、ジジイの押しの強さにおじけつた私は、ついに名前と電話番号までジジイに教えてしまいました。せっかくの憩いの場が、ジジイの介護の時間になるなんて・・(笑)最悪である。その後ジジイは本日三度に渡る着信を残し、やっとのことで電話にでた私い明日渡すものがあるとのこと。一体何を渡されるのが気になるので、明日もミスドに足を運ぼうっとwwツレに言ったら、めっちゃ怒られたけどね(笑)さて、2度目の就業支援だったんだけど、午前中は食育だかの時間で、みんなで昼飯のタンタンメンを作ることに。白髪ねぎを切っていたところ、まさかの指から出血wwwwwww治療を受けた後は包丁部隊から脱退し、もやしのヒゲをひたすらむしりとってました(笑)出来上がったのがこちら。なかなかうまかった!!でもダイエット中なのに!!!(泣)んでもって、同じ年代のミドリちゃんって子と意気投合し、友達になりました。うつが多い施設内で、唯一の統合失調症同士、話は盛り上がるよね。午後は、認知行動療法についての講義。私は一時森田療法にハマってたんだけど、認知行動療法ははじめて。病気によって考え方や捕らえ方が大きく歪んでしまった部分を見直し、適切な認知に改めていきしょうって感じの授業でした。色々聞いていくと、タメになる話も沢山あって勉強になった!明日はヨガで~す

      NEW!

      1
      テーマ:
  • 18Jun
    • 就業支援

      今日から、就職に向けて、就業支援の施設に行ってきました。前夜は眠ることができずに、ドキドキドキドキ。。久々の社会復帰に、不安と戸惑いが入り混じりながら、直前まで行くかどうかで悩みましたが、勇気を出して、一歩を踏み出してみました!最初はしどろもどろでしたが、少しずつ人の輪に溶け込み、たのしかった!!気さくな方ばかりで、快く受け入れてくれた方々に感謝です。明日から通います!

      1
      テーマ:
  • 15Jun
  • 14Jun
    • 1ヶ月1万円生活は可能か?

      ツレと話していて、私のダイエットに便乗して、7月に実験的にやってみようと思っているのが、2人で1ヶ月の食費1万円生活。内訳はこうだ。_______________■1ヶ月の肉類 3000円(業務用スーパーでまとめ買い)■1ヶ月の魚介類 1500円(アメ横でまとめ買い)■一週間の食費 1375円(近所の激安スーパー)※米代、アルコール代、調味料代は別※牛乳、ヨーグルト、玉子は切らさない※飲み物は家で作る麦茶のみ※毎日お弁当つくる_______________出来るのか?(笑)まず、肉。【商品名】国産 若どり胸肉【サイズ】2kg【価格】900円以下【商品名】スモークチキン スライス【サイズ】1kg【価格】895円豚バラ1.5キロ 1200円合計 2995円!!!魚介類は、上野のアメ横で。参考までに。ちりめん 1キロ500円干しエビ 1キロ 500円魚類工夫しながら、1500円になるように買います!1週間で牛乳 3本 450円ブルガリアヨーグルト 1個 150円玉子 2パック 300円で、合計 900円。って、やべぇ(笑)残り475円ぢゃん!!1週間で野菜類 475円は無理だよね!?(笑)だめぢゃんか。月15000円予算だと、どうだろうか?食費 月15000円予算_______________■1ヶ月の肉類 3000円(業務用スーパーでまとめ買い)例: 鶏むね肉2キロ800円、豚バラ、ひき肉など■1ヶ月の魚介類 2500円(アメ横でまとめ買い)例:ちりめん、小海老、しじみ、アジ、鮭など■一週間の食費 2375円(近所の激安スーパー)牛乳玉子ヨーグルト900円野菜、納豆、豆腐、油揚げなど2375-900=1475円_______________※米代、アルコール代、調味料は別※牛乳ヨーグルト玉子は切らさない※飲み物は家で作る麦茶のみ※毎日お弁当つくるいけそうだ。やっぱり、月15000円は欲しいところだね。

      テーマ:
    • 家計簿 復活

      家計簿が苦手な私が、東京時代、採用していたのは、封筒管理だ。毎月の収支の金額をあらかじめ決めて、給料が入ったら封筒に仕分けるのだ。病気になり、封筒管理も家計簿もつけなくなった私は、療養を何より最優先した。遊びたいだけ遊び、食べたいだけ食べる。それが、10ヶ月。体調も回復した今、再び家計簿や封筒管理をはじめるべく、アプリを探していたところ、良さそうなものを2つ見つけた。全資産と、毎月のクレジット払いを管理するためのアプリ。毎月の生活費の収支を細かく記録するアプリ。なんとこちらは、レシートを撮影するだけで、品目を自動判別できる。封筒管理も復活した。

      テーマ:
  • 12Jun
    • 最近のお洒落

      最近は、白とグレーがお気に入り。こないだ購入したアイテムたちです。見事に、白とグレーのオンパレード(笑)身につけるのは、この時計。眼鏡も買いました。メイクBOXは無印。イヤリングコレクション。シンプルコーデが好きです。お洒落するためにも、痩せねば!

      2
      テーマ:
  • 11Jun
    • [連載企画]2ヶ月で-10キロダイエット43

      今日の朝食はこんな感じ。昼食は、こちら。午前中は買い物。酵素入りの青汁を入手!肌年齢調べていただくと、なんと23歳!ビリーします!夕食は、ご飯抜き。

      2
      テーマ:
  • 10Jun
    • [連載企画]2ヶ月で-10キロダイエット42

      今日の朝食は、ヨーグルトと牛乳。昼は抜きで、夜ごはん作りました!さつまいもの煮物冷しゃぶレタスの胡麻和えピーマンとナスの揚げ浸し。今日は、ビリー30分!頑張ります!

      1
      テーマ:
    • [連載企画]2ヶ月で-10キロダイエット41

      やるやる詐欺もここまできたか(笑)ビリーを脱退し、現在。過去最高の体重を記録してしまいました!まぢ痩せる!絶対痩せる!今週は、朝食しかたべない!今日からビリーやる!#ダイエット記録 #ダイエット方法 #ダイエットメニュー #ダイエット女子 #フィットネスウェア #運動 #サプリメント #ビリーズブートキャンプ #ブートキャンプ #肉 #野菜 #健康 #筋トレ #筋トレ女子 #筋肉は裏切らない #統合失調症 #糖質制限 #糖質制限ダイエット #青汁ダイエット #BBB #トリプルB #うつ #デブ #統合失調症にかかりました #コーデ #ハムスター #戦争 #第二次世界大戦 #祖父 #ダイエット

      2
      テーマ:
    • まやかし

      病気になってから、私には、ある種の悟りのような心境に陥る時があります。この世での営み、喜怒哀楽、その全てが、まやかしの様に思う時があります。生きてるそんな当たり前の感情が欠落し、無の中で静かに呼吸をしているのです。この世のことは、全て生命が繰り返す紙芝居のようです。生まれて、生きて、死ぬだけ死んだら、この世の行いを審査され、あの世に帰り、また生まれるのを待つのみ。繰り返し、繰り返し、同じ試練が待ち構えていて、合格点を貰えるまで、輪廻の枠の中を延々とさまようだけ。楽しい時間を過ごした後に、ふと、そんな無の境地に私は戻ります。喜怒哀楽の表情の意味さえ分からず、なぜ、そんな日々を繰り返さなければならないのかと、ハァーとため息をつくことも、時たまあります。詰まる所、我々は生きて死ぬただ、それだけなんだ。それが、負のエネルギーに向かうと、この世の一切合切がすべて無駄に思え、喜怒哀楽さえ、煩わしくなります。病気になってからは、負のエネルギーが私の心を支配して、変な悟りを開いてしまいました。病気になる前は、プラスのエネルギーに包まれていました。生きて死ぬ限られた時間の中で、精一杯生きぬいてやるそんな覇気にも近い覚悟を決めて私は全力で生きていました。喜怒哀楽、この世のあらゆることが美しく、悲しみさえも、喜んで受け入れていました。苦しみも悲しみも、私に与えられた私の感情です。誰にもその感情を奪う権利はありません。愛おしくて堪りませんでした。人間関係のゴタゴタさえ、思い切って飛び込んでいきました。知らぬ存ぜぬ精神が嫌いだったからです。世にいう、めんどくさい人に興味もありました。めんどくさい人をめんどくさいとスルーしていたら、いつまでたっても、めんどくさい人がいるたびに嫌な思いをする。そのことが嫌でした。同じ死生観をもちながら、マイナスとプラスへの方向によって、ここまで考え方が変わる。新しい発見でした。

      1
      テーマ:
  • 08Jun
    • 地元まつり

      約10年ぶりに麻衣子に会った。待ち合わせは、行きつけの純喫茶。人を変え、顔触れを変え、3日連続でのご出勤である。店員からの、今日も来てくれたんですね攻撃に、一瞬恥をかいたが、今日は麻衣子との10年ぶりの逢瀬だ。気合いをいれて、アイスコーヒーをちゅーちゅーすすっていると、ニヤニヤした顔で麻衣子がご登場。よぉ、おめぇ久しぶりだっけやwwと、すぐに10年前にタイムスリップし、お互いが歩んできた、それぞれの10年間の軌跡を報告し、称え合った。麻衣子は、高校卒業時に私が落ちた出版社で、足掛け10年働いてきた。24で結婚し、26歳で第一子、29歳で第二子を産んだ。仕事と家事を両立し、日常生活は多忙を極めたそうだ。洗濯機は夜中に回し、一時期、食器洗いの手間を省くため、紙皿を使用していたことからも、麻衣子の奮闘ぶりが伝わってくる。仕事一筋の私には、考えられない日常だった。私の体調をいたく心配してくれた。私も、この2年に及ぶ闘病生活をご報告した。麻衣子とまた会えた。それだけで、嬉しかった。かつて私の体調は悪化の一途を辿り、対人関係が困難になった。特に昔から自分のことを知っている人たちに会うことが嫌だった。これだけ変わり果てた自分を知られるのが嫌だったし、会話を心から楽しむことができない自分と向き合うことができなかったからだ。そんな私が、麻衣子と楽しく、10年前と同じ様に馬鹿笑いしている。そのことが堪らなく嬉しかった。麻衣子は、たくましくなっていたが、10年前と変わらず、口が悪い(笑)互いをおめぇ、てめぇと呼び合い、話題は尽きることがない。ROUND1のカラオケに移動してからは、ソファーに寝っ転がりながら、おかしをボリボリ食い散らし、麻衣子の壮絶な出産秘話を聞いていた。結婚も出産も私にとっては未知の世界だ。ただ、もし仕事で更なるキャリアを築きたいなら、結婚前に就職活動をする必要がありそうだ。麻衣子がこんなことを言った。私は例えお前がニートでも、ブラブラやってようが、お前自身の価値が下がる訳ではないと思う。こうやってたまに会って馬鹿笑いして、お前が元気で幸せなら、何でもいいそんな言葉を送ってくれた。今週は忙しかった。元地元新聞社の事業部長や、現地元新聞社の事業部長にも会った。事情を話すと、新聞社に戻ってくるかい?そんな嬉しい誘いまで受けた。翌日には高校の同級生に会った。互いに頬が痛くなるほど笑い転げた。そして麻衣子である。私はなにも失ってなかった。ツレの言う通りだった。ただ、ただ、嬉しかった。

      1
      テーマ:
  • 07Jun
    • お父さんに内緒だよ

      母との間で、お父さんに内緒だよこのフレーズが何回出たことだろう(笑)小さい時、デパートに行く度に散財する母から、お父さんに内緒だよと言われたのが、最初のお父さんに内緒な出来事だった(笑)その後も、事あるごとに、お父さんに内緒な場面に遭遇した。父への秘め事が増え続ける日々。そんな私が思春期になり、就職し、上京するようになると、私から、お父さんに内緒だよと言う機会も増えてきた。なぜか、お父さんは、弾かれものだ(笑)どこの家庭でもそうなのだろうか。家族の大事な話に、入れてもらえない父は、今日も家族のために、朝早くから車を飛ばし、仕事場に行く。お母さんには内緒だよとたまには言ってあげたいけど、母と娘はたいがいツーツーである(笑)そんな父には、父にしか味わえない晴れの日がある。バージンロードだ。今までのお父さんには内緒なことを、一気に帳消しにできる舞台である。

      テーマ:
  • 06Jun
  • 05Jun
    • 料理日記

      仕事を辞めて自宅療養に入ってから、色々なメニューに挑戦した。

      テーマ:
  • 04Jun
    • ツレの怒り

      ツレは穏やかだ。滅多に怒らない。喧嘩をしても、冷静に話を受け止め、冷静に向き合ってくれる。そんなツレが本気で怒った。周囲もビックリな瞬間だった。それは、2日前のバーベキューの最中に起こった。酒が進み、酔っ払ったあやねぇが、端を発した言葉により、一気に険悪ムードになった。あやねぇは、酔っ払うと説教臭くなる癖がある。案の定、あやねぇは、大いに酔っ払い、あたしの病気について、話題が及んだ。あやねぇは、私が療養している身を案じながらも、私の父も母も言ってみれば病気だ。だけど娘のために、自分たちを差し置いて家族だからこそ受け入れている。誰も言わないけど、迷惑をかけていると。それは事実だ。誰もいえないからこそ、あやが言わせてもらう。そのことを、えっちゃんは、もう少し自覚した方が良いと話し出した。そして、ツレのことを他人だと言い、家族を差し置いて、2人で将来のことを勝手に決めて、親を不安にさせることはしないでくれと、するどい口調で捲し立ててきた。最初は黙って聞いていたツレだったが、私の病気にことが及ぶと、人が変わったように、えっちゃんは好きで病気になった訳ではない。家族も俺も、えっちゃんが良くなることを第一に考えていて、誰も迷惑だなんて思っていない。ただでさえ本人が周囲に迷惑かけているかもしれないと敏感になっていて、プレッシャーを感じているのに、追い詰める発言は控えてくれ。とピシッとした声で反論した。それを受けてあやねぇは、それは違う。あやはえっちゃんと血が繋がっている。他人のツレとは立場が違う。だからこそあやの目から見えている事実を、伝えた。第三者のあやにしか出来ないことだ。と譲らなかった。ツレは、えっちゃんの家族は、えっちゃんの病気が良くなるために、居心地良い環境を整えてあげたいって思っている。心配こそあれ、迷惑だなんて思っていない。家族を心配してくれるのは有り難いけど、家族が思ってもないことを勝手に代弁されると、俺やえっちゃんの両親が今までしてきたことが台無しになってしまう。また、病気のえっちゃんの前で、なんで追い詰めるような発言をするのか、もっと相手の立場を考えて、発言してほしい。と言った。すると、あやねぇは、物凄い形相で私の方を振り返り、あやが言ってること間違ってる?嫌なの?嫌ならいいよ。もう言わないから!と凄んで来た。ツレはすかさず、本人に嫌かと聞いて、嫌だと言える訳がない。なぜ、本人の前でそんなことをいえるのか。と、すかさず助けてくれた。あやねぇが従姉妹として、えっちゃんのことを大切にしているのは分かっている。だけど、相手の立場や状況を踏まえた上で発言しないと、それはただ相手の心を傷つけて、かき乱すことにしかならない。と何度も繰り返した。あやねぇは、あやが言っているのはそんなことではない。えっちゃんの両親を不安にさせることだけは辞めてくれ。それだけは譲らないと話した。ツレは、俺とえっちゃんの将来のことを持ち出して、東京に住むのはダメだと頑なに言っているけど、俺の願いは、まずは、えっちゃんが良くなることだけだ。えっちゃんにとって、穏やかに過ごせる環境が、函館なら函館にいたら良いし、仮に東京なら、東京で過ごせば良いと思っている。ただそれだけだ。将来だの、結婚だのは、また別の話であり、いますぐ出来ることでもない。俺は俺で片付けなきゃいけないことはあるし、そんなのは言われなくても分かっている。東京に住む=結婚する東京に住む=娘を渡すという話ではない。今はただ、えっちゃんにとって一番良い環境を整えてあげたいだけだ。そのことをえっちゃんの両親とも相談しながら、協力していきたいし、理解し合えるように、向き合っていきたいと思ってる。また、えっちゃんのことに関してだけは、あやねぇといえども、おれは絶対に譲らない。と言い切った。あやねぇは、えっちゃんは、あやにとって特別な子だ。血が繋がっている。レイくんは他人だ。他人に、家族や親族の気持ちは分からない。もうこれ以上は、話さない。とソッポを向いてしまった。ツレは、なんで?と詰め寄るが、あやねぇは、もういいと首を横にふる。私は、あやねぇが思ってくれているのはよく分かっているし有り難い。けど、病気に関してだけいえば、私自身どうしようもなくて、いつ治るだとか、早く両親を安心させるには中々難しいのが現実だ。あやねぇはレイくんを他人というけど、病気になって、一番近くで私を見てきたのは、間違いなくレイくんだ。症状がひどい時に隣で寄り添ってくれたのもレイくんだ。また、レイくんと両親は、そもそも比べる相手ではない。両者と相談しながら今後のことは決めていきたいと思っている。と話した。ここで、バーベキューの主役である友人が、風呂から上がり、一気に場が和らいだ(笑)ツレは、いいすぎたとあやねぇに謝った。私のことで、大切な人同士がここまで真剣に話し合ってくれる。申し訳ないけど、とても嬉しい出来事だった。

      2
      テーマ:

プロフィール

ブックマーク