横浜白楽 整体処せせらぎ 身体の歪みを整えて心身をまるごと健やかに

横浜白楽 整体処せせらぎ 身体の歪みを整えて心身をまるごと健やかに

非常にソフトな施術で身体を根本から整える完全無痛整体です。
つらい肩こり・腰痛・膝痛・骨盤のゆがみ・O脚に。
生理痛・PMS・更年期障害など女性特有のお悩みに。
赤ちゃん待ち・妊娠中・産後・母乳育児のケアに。


クローバー整体処せせらぎのブログにお越しくださいまして、ありがとうございますクローバー


 せせらぎの整体は、症状とは「治す」ものではなく、「治る」ものである考えています。
施術者が治してあげるのではなく、お客様ご自身が持つお身体の力で自然と治っていくのです。

 施術がお身体の要求にかなっている時は、優しく触れるだけでお身体は自然と一番整った状態へ変化していきます。バキバキ骨を鳴らしたり、グイグイ押したり揉んだりする必要はありません。
 せせらぎの整体は、根本から身体を治し健康になりたいと強く願っている方に、「生きている気持ち良さ」を思い出して頂ける、本物の治療だと自負しています。
 それは、私自身が子供の頃から身体の歪みを抱え、どこに行っても良くならず、本人の頑張りが足りないと言われ続け、沢山の回り道の末にたどり着き、ようやく救われた手法だからこそ、自信を持って本物だとお薦めできるのです。
 腰を据えて根本から健康になりたいと願っている方には、必ずご満足頂けると確信しています。 皆様に施術できますことを、心より楽しみにしております。 

  
                          整体処せせらぎ 整体師 井川



クローバーせせらぎの整体の特徴クローバー


施術は非常にソフトですので、赤ちゃんからお年寄り、妊娠中の方にも安心・安全で無痛の整体です。強く押したり揉んだり骨を鳴らすなどの施術はいたしません。


一度の施術でも高い効果を実感して頂ける当院オリジナルの整体です。

共鳴法・操体法・繋解法・新正体法・野口整体などの手法や思想を学び、当院独自にアレンジしています。※野口整体の手法や思想を取り入れていますが、野口整体そのものではありません。


・症状のある箇所だけでなく、大もとの原因を取り除きます
そのため再発しにくく、お身体全体の調子が整います。


・お一人お一人に合わせたテーラーメイドの施術です。
丁寧な問診を行い、古傷や体質までアプローチします。


完全予約制でお待たせしません。閑静な環境にあるアットホームな女性限定整体院です。
※リピーター様のご家族やパートナー、中学生以下のお子様に限り男性の方にも施術いたします。


・お身体の状態に合わせて来院間隔のご提案はいたしますが、無理な勧誘は一切いたしません




クローバー整体メニュークローバー


全身調整 1時間半 7,000円
(問診時間は別途)
身体はすべて関連し合っています。あらゆる症状は、思いもよらない別の場所に生じた原因のために必要があって起こっています。よって症状が出ている箇所だけでなく、なぜ症状が起こる必要があったのか、その原因にアプローチする必要があります。全身が整うことなく、特定の症状だけをピックアップして治すことは不可能なのです。そのため当院では、肩こり・腰痛など特定の症状でお越しになった方にも、必ず全身の調整を行います。
せせらぎの整体で、全身が整っていく心地よさを是非一度味わってみませんか?


<このような方に>
・肩こり・首のこり・腰痛・ひざ痛・骨盤の歪み・身体の歪み・O脚・古傷の痛みなどのお身体のお悩みに。

・ぎっくり腰・座骨神経痛・四十肩・五十肩・腱鞘炎・脊柱側弯症・顎関節症など、対症療法しか治療法がないと言われている辛い症状の根本原因にアプローチしたい方に。
・生理痛・冷え性・更年期障害の諸症状の緩和・マタニティ整体(産前産後のお身体の調整)などの婦人科系のお悩みに。また、母乳の出が悪くてお悩みの方に。
・慢性疲労感・頭痛・イライラ感・不眠などの心身のアンバランスによる不快症状の緩和に。
・病院でどこにも異常はないと言われたのに、お身体の悩みが解消しない方に。
・頭の形、額の形、眉毛の高さ、目の高さ、頬骨の高さ、頬の形、鼻の形、顎の位置などが左右で異なることにお悩みの方に。
・お顔の歪みに起因するお顔のむくみ、たるみ、血色の悪さ等でお悩みの方に。


全身調整のリピート割引制度

3週間以内のリピート6,000円 5週間以内のリピート6,500円
短い間隔で通う必要のある重い症状のお客様の負担軽減のための全身調整の割引制度です。

クイックコース 1時間 5,000円
(問診時間は別途)
2回目以降からご利用頂ける簡易コースです。初診の方はご利用不可です。
若い方、持病がなく単純な肩こり等の軽い症例の方、全身調整で症状が落ち着いた後の定期的なメンテナンスなどにはクイックコースで対応可能です。

シンメトリー整顔 2,000円

全身調整の方は無料(追加料金なし)でお受けいただけます。
全身調整かクイックコースを受けて頂くことが条件となります。

延長料金 30分ごとに 2,000円


こんばんは。整体処せせらぎの井川です。 

とても久しぶりの更新です。
 
 
 
まずは、最近撮影できたビフォーアフター写真をご紹介します。
 
10代前半の女の子。20度以上あり、コルセット作成を勧められて来院。
初診時、頭が前に大きく倒れ、強い猫背がありました。
華奢で骨が細くて体幹がしっかりせず、身体を支えるのが辛そうでした。
4か月ほど通院されて、現在は初診時と比べると随分元気になりました。
 
 
 
10代前半の女の子。30度以上あり、コルセットを作成したものの、よりよい治療を求めて来院。とても華奢で骨格から細く、頭を支えるのが辛く、首が痛い自覚症状があります。
よく食べるそうですが、吸収力が弱いと思われます。骨の成長や栄養の吸収をよくするサプリの使用等、栄養面からアドバイスを行っています。
 
 
 

10代前半の女の子。初診時は足を揃えて立とうとするとフラついてしまい、上の写真のように大きく足を開かないと安定しない状態でした。半年経過した現在ではO脚が改善し、スラっと姿勢よく立てるようになりました。(当初は2週おき、現在は1か月おきの通院です)

 
 
 
10代後半の女の子。10度台で経過観察中。
長年バレエ等の身体を柔軟に使うスポーツを熱心にされてきました。
何度か仙骨を痛めたことがあり、仙骨に大きな歪みがありました。
頭の傾きよりも、下半身からの影響を強く受けているタイプの側弯です。
身体は整ってきましたが、長年歪んだ骨盤で踊って来られたために、お尻の筋肉がが左右非対称に発達してしまっています。お尻の形の改善には時間が必要です。
 
 
 
10代前半の女の子。10度台で経過観察中。
下半身の歪みの影響が強いタイプの側弯です。写真では分かりにくいですが、初診時、足を揃えて立てず、右足が前に出てしまいました。自然に立っていても右ひざは曲がり気味、左ひざは反り気味になっており、その下半身の歪みが骨盤→背骨へと波及していました。
 
 
**********
 
 
さて、この半年ほど集中的に側弯症のお子さんに施術してきましたが、側弯症のお子さんの身体の特性として、

「栄養を吸収する力そのもの」に問題があるのではないか、と考えざるを得ない症例が多いことを実感しています。
 
上にご紹介した写真は全て10代の女の子の写真ですが、いずれも頭や身体の重心や体幹そのものに問題のあるケースです。
 
 

側弯症の子は、骨の発育が不十分な子、身体が柔らかすぎる子、体幹がしっかりしない子、華奢な子、頭の傾きや顎ずれのある子が多いのですが、

整体の施術で整えるのはそれほど難しくないのですが、姿勢がクニャっとしやすく、整体の効果が長期間持続しづらいという特徴があります。

つまり、身体が歪んでいる問題以前に、身体や頭をきちんと起こして支える力が弱いのです。
 
私としても、必要に応じてサプリメントをご紹介したり、歯科への受診を勧めたり、毎日の体操を実施して頂くなどしていましたが、どうもそれだけでは限界を感じていました。
 
 
 
こうしたお子さんは、決して食が細いということはなく、3食きちんと食事を摂り、量も人並み以上に食べるという子が多いのですが、

痩せの大食いの傾向があり、沢山食べているのに細身で体幹が弱く、普通に発育している子と比べて、骨も筋肉もどこか頼りない感じがあります。

また側弯症の子には不登校の子が珍しくなく、いじめ等の辛い思いをしているわけではなくても
 
学校に行くだけで疲れる、クラスメイトとの(時に面倒な)人間関係に対処していく気力がないなどの理由から、学校に行けなくなっている子も珍しくありません。

こうした子は身体をしっかり起こして支えるだけでもいっぱいいっぱいですから、体力や気配りの必要な学校生活に対処する元気がないのも無理もないと言えます。
 
当院で整体を受けたことによって、少しずつでも学校に行けるようになった子が珍しくありません。
 
 
 
以上のことから、私は側弯症の要因として
 
「先天的に栄養を吸収しづらい身体であり、栄養不足の影響が体幹や骨格に出やすい体質」
 
という問題があるのではないかと考えるようになりました(もちろんまだ仮説の段階です)。

先天的に問題の出やすい箇所は人によって異なっていますので、別の体質の場合、栄養不足の影響が、皮膚に出たり、呼吸器に出たり、胃腸に出たりする子もいるでしょう。
 
これは野口整体の体癖論にも符合する考え方です。
 
 
 
もし栄養素を吸収しづらい身体であることに原因があるのであれば

普段の姿勢に気を付けたり、毎日体操やストレッチを行うなどの、本人の努力だけに任せるのは酷ではないかと思うようになりました。

そこで以前から、必要に応じてセノビックなどの成長サプリや、カルシウム、マグネシウム、ビタミンD、ウコンなどの摂取をお勧めしてきて、ある程度は良い感触を得ておりましたが、
 
ハッキリとした成果を実感するまでには至っていませんでした。
 
(ただウコンは、元気の出ない子や集中力が持続しない子にとてもよく効きました。二日酔い用というイメージが強いウコンですが、ほかにも脳機能の活性化、抗酸化作用、がん予防など様々な研究報告があり、発達障害やうつのほか、自己免疫疾患やガンにも効果があるようです。
 
 
 
そんな折に知人から紹介されて出会ったのが、藤川理論です。

藤川理論は精神科医の藤川徳美先生が提唱している食事療法なのですが、藤川先生はこれに基づいて実際に、うつ病、統合失調症、発達障害をはじめとしたメンタル面の疾患だけでなく、
 
糖尿病、高血圧、自己免疫疾患など、現代医学では治らないとされる多くの疾患を治していらっしゃいます。

特に治らないと言われている発達障害のお子さんが治ったり、IQが大きく上がったりするなどの目覚ましい効果があり、
 
その方法や効果をご自身のFacebookやブログに惜しみなく公開してくださっているため、今とても注目されています。
 
 
 
藤川理論は、「3食バランスよく食事をとっていても、現代人は基本的に質的栄養失調である」という前提が出発点になっています。
 
現代医学は「先進国には基本的に栄養失調は存在しない」という前提から始まっている学問ですので、藤川理論のそもそもの出発点が現代医学へのアンチテーゼになっています。
 
 

現代人の食事は圧倒的にたんぱく質が足りません。
 
人間の身体の組織の材料になっているのはたんぱく質です。
 
内臓も皮膚も骨も血液も、ほとんど全てのものはたんぱく質を材料に作られています。
 
人間の身体では毎日三千億~四千億個もの細胞が死に、同じ数の新しい細胞が生まれているのですが
 
それだけの細胞を作る材料(栄養)の足りない人はどうしているのでしょうか。
 

中には「私は動物性たんぱく質を控えていますが、元気ですよ」という方もいらっしゃるかもしれませんが、 

 

そういう人は、実は死んだ細胞を再利用して、新しい細胞を作っているのだそうです。

 

死んだ細胞も素材はたんぱく質ですから、そうした古い材料を使って新しい細胞を作っているのです。 

 

古い材料をリサイクルして作られた細胞は、当然劣化しやすくバグも発生しやすくなります。 

 

こうした古い材料を使った細胞がガン細胞のもとになったり、劣化した細胞を異物と認識して免疫が攻撃することによって自己免疫疾患が起こると考えると、 

 

多くの難病や不治の病の原因も見えてくるのではないでしょうか。

 

 

 

また、ろ過されすぎてミネラルの足りない水、化学肥料により栄養の足りない痩せた土壌から作られる米や小麦は、

ただでさえ昔に比べてビタミン・ミネラルが不足しているのに、そのわずかな栄養のある部分を取り除いて精製されすぎています。

ですから、バランスの良い食事を3食摂っていても、食品に含まれる栄養素はそもそも圧倒的に足りていません。
 
 
 
また、人間の体内で作られる酵素は個々人の持つ遺伝子(DNA)によって形が少しずつ異なっており、酵素にビタミン・ミネラルがくっつきにくい形である場合もあるのです。
 
そのため、個々人の持って生まれた遺伝上の特性により、先天的に特定の栄養素を吸収しやすい人と吸収しにくい人という個人差が生まれてしまうのです。

家系的に同じ病気が発生しやすいとか、家族の体質や食の好みが似てくるのはこのためです。
 
これはDNAレベルの話ですので、努力によって克服することはできません。
 
 
 
そのような持って生まれた体質として栄養が吸収しづらい人は、3食の食事だけではとても栄養が足りません。

そこで藤川先生は、サプリなどを利用してでも必要所要量以上の大量の栄養素を取り込む必要があるとして、メガ量(体に害の出ない最大量)のビタミン摂取を推奨しています。

つまり、吸収力が通常の人の100分の1しかないなら、100倍の栄養を取ればい良いということです。

厚労省の定める一日のビタミンC所要量が100mgなら、吸収しづらい人は1万mg摂りましょうということです。
 
 
 
こうした考え方は、伝統的な食生活を大切にしている方や、マクロビオティックや玄米菜食、動物性たんぱくの除去を勧める健康法などとは対極の考えにあるため、抵抗を感じられる方もおられるかもしれません。

実際に、側弯症のお客様にご紹介した時に、「これまで実践してきたこととは真逆すぎて、すぐには受け入れられそうにありません…」とショックを受ける方もいらっしゃいました。
(そういう方に無理強いすることはありませんので、心配しないでくださいね。)
 
 
 
でもこれは決して伝統的な食生活を否定するということではないと、私は思っています。
 
戦後豊かになった日本は、多産多死の時代から、少産少死の時代を迎えました。

けれど、乳幼児死亡率が減ったからと言って、全員が病気もなく健康に生きられることが保証されているわけではありません。
 
昔も今も先天的に栄養の吸収力に個人差があり、慢性病に苦しむ人や遺伝上避けられない病気があるというのは歴然とした事実なのです。

もちろん伝統的な食生活だけで100歳まで健康に生きられる人はいます。
 
でもそういう人がいるからと言って、栄養の吸収力に個人差があるのですから、誰もが同じ食生活をしても同じ寿命にはならないのです。

それならば、遺伝的に吸収力が劣る人が栄養の不足分を人工的なもので補うことは、何ら間違ったことではないと思います。
 
 

車も家電製品なども、電気・ガス・ガソリンなどのエネルギーがなければ動きません。

人間も、身体を構成する材料に不足があれば、健康な身体を維持し、健全に動くことはできません。

その不足している材料を集中して補ってあげようというのは、考えてみればごく当たり前のことと言えます。

伝統的な食生活にこだわって古いリサイクル材料を使うか、サプリで補ってでも新しい材料を使うか、どちらが賢明な選択かは言わずもがなです。
 
 
 
私自身、吸収力の個人差を無視した現代の栄養学の「食べさえすれば吸収される」という考え方には、以前から違和感を感じていたこともあり、藤川理論にはとても納得できました。

また、遺伝子レベルで避けられない病気の多くを、藤川理論なら克服できるということが何よりも魅力だと感じました。
 
 
 
そこで、実践するかどうかはお客様にお任せするとしても、当院のお客様(特に側弯症の方)には藤川理論をご紹介していくことにしました。

以前から成長サプリ等は紹介していましたが、藤川理論を勉強すればするほど、やはりそれだけでは足りないと感じますし、
 
身体を構成し生命を維持し新陳代謝するための基本的な栄養素から補っていくことの重要性を感じています。
 
 
 
今回ご紹介するにあたって、まずは軽度側弯症の私自身や、側弯症の出かかっている息子達にも、しばらく藤川理論を試したところ、

特に小学生の次男(身長が低くやせ型で体幹がしっかりせず、長時間姿勢よく座っていられなかった)に目覚ましい変化が見られました。

身長が一か月半で2センチ伸び、体重も増え、体幹がしっかりしてきましたし、肩甲骨や肋骨の出っ張り方の左右差がなくなり、側弯症の徴候が見つからないほどになりました。

もちろん整体の施術も並行して行っていましたし、歯科でかみ合わせを見てもらったり、体操をさせるなど様々なことの合わせ技ではありますが、
 
サプリを摂らせ始めてからが、一番顕著に変化したと思います。

以前はしばらくうつむくと「首が痛い、頭が重い」と言って頭を傾けていたのですが、そのようなこともなくなりました。
 
 
 
また私自身も、藤川理論に基づいてサプリ等を摂取するようになってから、色々と身体に変化を感じました。

すぐに感じた変化としては身体がポカポカして体温が上がり、むくみが解消し、疲れにくくなり、よく眠れるようになり、お通じの不調が解消しました。

また、頭の重心が変わったため、かみ合わせが変わりました。

今まであまり当たっていなかった歯が、強く当たって痛むようになったので、歯医者さんに行って、かみ合わせを調整してもらったくらいです。
 
これは下顎が動いたことを意味します。

下顎が動いたということは、頭の重心が変わったということであり、
 
下顎と対応する仙骨も変化したことを意味します。

そのおかげか、骨盤も整って身体が軽くなり、疲れると痛む股関節痛が随分改善しました。

おそらく藤川理論の実践によって私の栄養状態が改善されたことによって、体幹や頭の重心が自然と整い、左右のバランサー(水平器)である下顎や仙骨が整ったと言えると思います。
 
(※ただし、下顎が良い方向に移動したか、悪い方向に移動したかは、シンメトリー整顔で頭蓋骨を整えてから全身とのバランスをみなければ判断できません。私は今回たまたま良い方向に移動していたのでかみ合わせを調整してもらいましたが、単純に、ある日歯の当たり方が変わったからと言って、自己判断で安易に歯を削ってもらうのは危険ですのでご注意ください。)
 
 
 
今のところ私と息子達のケースしかサンプルはありませんが、側弯症の歪みは単に左右非対称な緊張や姿勢の悪さなどの外的要因のみによるのではなく、栄養状態にも左右される可能性もありそうな気がしています。
 
私も勉強中で試行錯誤中ですが、ピンと来られた方は、ぜひご一緒に実践し、効果をシェアして頂ければ幸いです。 

 

これから適宜このブログで情報をシェアしていければと考えています。

 
 
 
藤川理論の実践方法については、この記事だけで簡単にお伝えできるものではありませんので、
 
ぜひ皆さんが各自で藤川先生の著書を購入するか、藤川先生のFacebookやブログをお読みになって勉強して頂ければと思いますが、
 
ざっと簡単に実践方法をご紹介しますと、毎日たんぱく質中心の食事に加えて、以下のものを摂取して頂きます。

・プロテイン(牛乳由来のホエイプロテイン。まずは毎日体重gの摂取を目指します。)
プロテインと言うと筋トレのイメージがあるかと思いますが、プロテインとはたんぱく質のことです。決してムキムキになることはありません。

・ビタミンB群、C、E、鉄(摂取量は年齢や性別や体質によって異なりますので、本や藤川先生のブログを参照してください。)
持病や体質によってさらに増やすべきサプリもありますが、長くなりますのでここでは省略します。

・カルシウム、マグネシウム、ビタミンA、D(側弯症の方のみ)
藤川理論で側弯症まで扱っていないのでこれは私の自己流ですが、骨の成長が不十分な方に欠けている栄養素です。なお、カルシウムとマグネシウムの量は2:1の割合で吸収されるのですが、普通に食事をしていると、日本人の場合カルシウムが余り、マグネシウムが不足する傾向があります。日本のドラッグストアのカルシウムサプリは大抵カルシウムとマグネシウムが2:1の割合で配合されているため、結局マグネシウムが不足します。カルシウムが余ると結石の原因になったりしますので、iHerbなどでそれぞれ単体のサプリを購入することをお勧めします。
 
・同時にできるだけ炭水化物や糖質の摂取量を減らす。
 
 
 
※日本のサプリは検査機関の検査を受ける義務がなく、余計な成分が入っていることが多いため、iHerb(アメリカのサプリの通販サイト)から購入されることをお勧めします。アメリカのサイトですが、日本語で買い物でき、カード決済可能です。
こちらのクーポンで新規の方は10%オフになりますので、良かったらお使いください。
紹介コード:BGC9916

※藤川理論は難しい、勉強する時間がない、どこで購入すればいいか分からないなどありましたら、来院時にご相談ください。
 
 
 
たんぱく質不足の方は、いきなり鉄剤は胃痛などが起きて飲めないことがあります。その場合はしばらくプロテインのみを摂取するところから初めてください。

藤川先生の本やブログに詳しく説明されています。

また、お子さんで錠剤が飲めない方は、iHerbやアマゾンなど通販サイトで「グミ サプリ」または「チュアブル サプリ」で検索してみてください。
 
その他、藤川理論の原型となった三石理論の三石先生が開発されたメグビーミックスというマルチビタミンは、少し高めですがお子さんにも飲みやすいようです。

お菓子状のサプリも今は多く売っています。(お菓子タイプのものは含有量が少ないことが多いので、成分の含有量はしっかりチェックして、製品の規定量ではなく、藤川理論の必要量を毎日摂取するようにしてください)
 
 
 
また、藤川理論の入門書としては、以下の本が最適です。
(著者が精神科医なのでタイトルに「うつ」とありますが、精神疾患に限らずすべての不治と言われる病気に応用できる内容です。)
 
(アマゾンのKindle unlimitedに入っている方でしたら無料で読めます。)
 
 
(藤川先生に発達障害を治してもらったお子さんのお母さんが書かれた本。具体的なレシピ案が掲載されていたり、お母さんの妊娠・出産前の栄養状態が生まれてくるお子さんの栄養状態にいかに密接に関わっているか、赤ちゃんの頃から栄養不足だったお子さんにはどのような影響が出るのかなど、育児中の方には参考になると思います。)
 
 
 
本を買う前にざっとどのような内容なのか知りたいという方には、以下のまとめサイトが分かりやすくまとめられていると思います。
 
 
 

●藤川先生の面白い話 まとめ

(膨大な藤川先生のブログの記事の中でも初めての方向きの記事がピックアップされています)
 
 
 
強制ではありませんが、今後は当院のお客様には順次できるだけ実践していただくようご紹介していくつもりです。
 
慌てずゆっくりできることから、適宜情報を取捨選択したり、頭の片隅に置いておくなどして頂き、関心のある方はぜひ試してみて頂ければ幸いです。
 
当院に通っていない側弯症の方にも、また側弯症に限らず、どのような方にもお勧めします。

ただし、藤川理論は藤川先生自身もまだ試行錯誤中であり、日々進化し新しい発見も続いていますので、これが決定版・完成形というものはまだありません。実践は自己責任でお願いします。