Serene Bliss Stone Market & Runic Fortune Telling

Serene Bliss Stone Market & Runic Fortune Telling

パワーストーン・リング Serene Bliss Ringのデザイナーが、パワーストーン作品やルーン占いについて語るブログです。


テーマ:

私自身も、色んな占い師に診てもらったことがあります。

 

まったくお門違いの人もいれば、鋭いなって人もいるし、部分的には合ってるけど、イマイチ、ピンと来なかったり、一般論と執着のセットで、片付けてくる、お決まりパターンの人間修行の浅い占い師も、大勢います。

 

彼から連絡が途絶えた、ブロックされた。。彼が好きだけど、諦められない・・・。

 

そう相談した場合に、占い師の見立てには、以下のパターンがあります。

 

A 彼は、今、忙しいから(疲れてるから)、もう少し時間が経ったら、連絡してみて。。

その間、他の人とデートしたり、彼のことばかり考えない方がいいわよ。

もっといい人が現れるから、出会いの場に行ってみて。

 

B 彼は、あなたのこと好きなんだけど、決め手に欠けるのよ。

少し考える時間が必要だから、しばらく待ってあげて。。

その間、自分磨きをして、人生を楽しんで。

 

C 彼は、ハンターだから、落とすまでが楽しくて、恋愛を続けることには興味がないのよ。

執着すると逃げるから、執着を手放すようにして、駆け引きをして。

 

D 彼は、あなたのことは嫌いじゃないんだけど、今は、別の女に目が行っている。

あなたは、家族みたいで、恋愛対象じゃないのよ。お母さんみたいな感じ。

彼が甘えてるんだけど、これは、時間がかかるよ。

 

E 彼は、弱い人で、自分にもあなたの気持ちにも自信がないのよ。

だから、あなたの愛を試してるのよ。駆け引きなんかせずに、

彼が自分に向き合っているのを、見守ってあげて。

 

まぁ、こんな感じですかねぇ・・・。大まかにいえば。

 

その人の心の荒みようや、二人の絆や縁の強さにも依るけれど、

私の感覚では、Aが一番、見えてない、友達レベルのアドバイスですよね。。

Bは、話の分かる親友レベル、Cは、恋愛の達人レベルのアドバイス、

Dに来て、やっと占い師っぽい感じですが、潜在意識の奥の魂の叫びまでは、見えていない。。

Eまで到達して、やっと、本物の占い師だと、私は、思います。

 

私の見解では、人間って、多面体で、都合が良いエゴの部分と、弱くて脆い部分があるんだと思うんです。

 

リアルに恋を楽しみたい欲求の部分は、もちろんなんですが、潜在的に、恋愛に溺れることや、真実の愛を掴むことへの恐れや不安を感じる人がいるし、恋人や結婚っていう枠にはめられることや、人生や生活の自由が奪われてしまうことに抵抗や葛藤がある人もいるのです。

 

そういう、人のエゴや弱さを見ずして、一人の人間としての分析やその人と関係を深めていくためのアドバイスなんて、できないと思うんですよね。。

 

残念ながら、そういうエゴや弱さは、タロットでは、出ないものなのです。

 

私の感覚では、タロットって、流動的な雰囲気や、気分、気持ち、流れを読むツールです。潜在意識でも、浅い部分しか見られないと思う。

 

でも、ルーンって、潜在意識のもっともっと奥の深層心理まで、視ることができるんです。

 

人の中に眠っている、エゴや執着、ずるさや弱さ、コンプレックスや恐れ、渇望や情欲を、リアルに浮き彫りにしてくれるんです。

 

そういう奥底に眠る、その人自身のサガみたいなものって、そう簡単に変わらない。。

 

だから、ルーンは、同じ状況だと、何度も同じルーンが出るんです。

 

相手や自分の弱さや魂の叫びを知らずして、表面的な駆け引きで、相手の心を惹きつけようとしても、無駄なんです。

 

彼らの弱さと、本当の望みを理解して、受け止めてあげる。そして、見守ってあげる。

 

それこそが、愛の神髄であり、リレーションシップというものです。

 

海外では、恋愛のことを、リレーションシップと言います。

ただの惚れた腫れたじゃなくて、相手のことを、酸いも甘いも理解して、関係を育むということです。

 

これは、鑑定師の人生経験や恋愛経験が豊富でないと、たどり着けない領域だと思います。

 

百聞は一見に如かず ですから・・・。

 

机上の空論の占い師の意見なんて、何の説得力もないのです。

 

私は、人の弱さと魂の叫びを見せてくれる、ルーンが、気に入っています。