手ぶらで帰ろう~空禾空間(くうかくうかん)

手ぶらで帰ろう~空禾空間(くうかくうかん)

覚醒めの道へと引き返す。
スピリチュアルアロマセラピーと「ACIM/奇跡講座/奇跡のコース」の空禾空間。

★10月14日 日曜日 午前10時~Skypeによる、
「ACIM・ウェブスタディ会」を開催いたします。
お申込み受付中☆

★「オンライン・アロマ講座」始めました。
詳しくはHPをご覧ください。

テーマ:

いろんな想いが

湧いたり

消えたり。



その想いに捕まって

泣いたり

怒ったり。


キリのない

自我の想念の泉。


コロコロ変わるお天気模様に、

てるてる坊主が必要かもな。。。




それでも、

愛の想念もそこにある。

ずっとずっとここにある。


それは、
見つけても見つけても

また
目をそらして見失って

また探して見失う。


それでも、

ずっとずっとここにある。


湧いたり消えたりしているものも

ずっとずっと同じもの。



ずっとずっと愛だった。



今日も幸せな1日を〜〜♪



「ACIMカフェ・金沢」
10月28日日曜日 12時〜
お申込みはこちら

●毎月開催のSkype による
「ACIM・ウェブシェア会」
次回日程は少々お待ちください。




テーマ:

今までに、ちょこっと

ランチやお茶を兼ねて、

ACIMに興味のある友や
ACIMを学習中の兄弟姉妹たちと

気軽なシェア会というか、
おしゃべり会をしていました。


7月に沖縄のもりGさんのPalm Church
に行った時に、

「金沢でもACIMの勉強会が
開催できるといいね。」

と言ってはいたものの、
まだ動けずにいました。



そして今回、

勉強会とまではいかないかもしれませんが、

ACIMをテーマにした
シェア&お茶会と言った感じで

とりあえず集まってみようかな。


金沢市内ではないのですが、
日時と場所を設定しました。


石川県近辺で、(じゃなくても笑)

ア・コース・イン・ミラクルズ(ACIM)
奇跡講座・奇跡のコース
に興味のある方、
どんなものか知りたい方、
学習中の方、
実践中の方などなど、

お時間の合う方は
ぜひご参加ください☆



◆ 詳細 ◆

10月28日日曜日 

12時〜16時ごろ

スケジュール(予定)

・ランチ会 12時〜

・シェア会 13時〜

・お茶会 14時〜

途中参加、途中退室など出入り自由です。

一応16時までとなっておりますが、
18時まで使用可能です。


場所:石川県鶴来町

の和室

獅子吼高原の下で、
白山比咩神社の近くの
自然派キッシュのお店です。





参加費:無料

お部屋のレンタル代の割り勘(数百円)と
ドリンク(350円〜)だけでもいいのですが、
オーダーが必要です。

アボガドお豆腐ティラミス Vegan対応

ラクトベジ対応豆乳アパレイユキッシュ
事前オーダーでVegan対応OK


加賀蓮根バーグキッシュ
スィーツキッシュなど。



お申込み、お問い合わせは

お申込みフォーム


からお申込みください。


(お申込みフォームが開けない場合

お手数ですが以下のメールアドレスまで

お申込みください。)



お名前

連絡先のメールアドレス

性別

お問い合わせ、伝言等


kuuka888☆gmail.comまで。

(☆を@に変えてください)


皆さまのご参加をお待ちいたしております☆



テーマ:
明日はウェブシェア会です☆


最近は、赦しは本当に役に立つな〜
と思う場面がよくあります。

その度に、奇跡講座は
本当に素晴らしいものだな〜と
思います。


それは、
自我の強い誘惑から
少し逸れることができるようになってきている
ということ。

その時、自我の思考から
少し思い直すことが
できるようになってきているということ。


その時、夢中になっている夢の中に
聖霊を呼び込めるスキマを
持っていられるようになっているということ。

かな。


その状況に入り込まないですむ。

その感情に共感しすぎないですむ。


相手を悪者にして恨まないですむ。

自分を責めて苦しめないですむ。


入り込むのは聖霊にであり、

共感するのも
聖霊の携えている正しい愛の想念(神の想念)
にであり、


夢の中のストーリーや
目の前の幻想にではないということが

少し理解できて、
実践できるようになってきたのかな?


それがわかってくると、

本当にイエスや聖霊は優しくて


愛と平安と、兄弟との分かち合いへの道を

ゆっくりと確実に歩ませてくれているんだと

思えてくる。



今日のレッスン。

「私は神の内に休らう。」
(奇跡講座 ワークブック レッスン109)

今日は平安の日である。

このままで、
この場所で、
いつでも、いつまでも

私はずっと休らいでいていいのだ。

と、安心して思える。


今日も幸せな1日を〜〜♪



10月のSkype による
「ACIM・ウェブシェア会」
第13回10月14日日曜日
午前 10時 〜
無料
お申し込み受付中☆

お申込み、お問い合わせは
こちらをご覧ください。



テーマ:


#V6より日本語字幕を引用しています。





奇跡講座 T-12.Ⅱ.1:5
「奇跡を行う人の務めは、
"真理の否定"を否定すること」であると
述べられています。

これは、
自我の取り消しのプロセスとは何かを、
簡潔に表しています。

また、奇跡講座の中心的フォーカスの要約
でもあります。

私たちに求められているのは、
自分たちの本性が愛であると思い出すとか、
真理を探究するということではなく、
私たちに求められているのは、
自我を見つめることです。

自我の見せかけの実在性を否定し、
自分の教師について、自分の心を変え、

つまり、
自我のかわりにイエスか聖霊を教師とし、
そして、自我を取り消すことにより
自我が覆い隠してきたものが、自動的に、
私たちの自覚に浮かび上がってきます。

そして、
自覚に浮かび上がってくるものとは、
神についての記憶です。


このコースが教えていることを
簡潔に要約すれば、
私たちはキリストの顔を兄弟の中に見れば、
神を思い出すことができる、
とということです。

キリストの顔を兄弟の中にみるとは、
私たちがほかの人々に投影した
罪悪感の闇を超えて見ることであり、
そして、そのかわりに、
罪悪感と憎悪が隠している無垢性をみる
ことです。

それが試されたなら、自我は消え去り、
常に正しい心の中に存在していた
「神についての記憶」がただ蘇ってきます。


奇跡講座 T-16.Ⅳ.6-1
私たちの為すべきことは、
愛を探し求めることではなく、
ただ自分の中に築き上げてきた
愛を阻む障壁のすべてを探し出して、
見つけ出すことである。

奇跡講座の序文でも、
このコースは、愛についてのコースではない
と言っています。
それは、教えることができないと。

このコースは、
愛の現存を自覚できなくしている
障壁を取り去るだけだ。と。

ですから、このコースでポジティブなものは
何であれ、「正しい心」という
意味合いにおいてのもので、、、

コースでいうところのポジティブとは、
実際には、ネガティブなものを
取り消すことなのです。


学校で習った算数を思い出してください。
二つのマイナスを掛け合わせると
プラスになります。
(マイナスかけるマイナスはプラス。)

同じように、「真理の否定」を否定すると、

自我による「真理の否定」を否定すること、

つまり、自我による「真理の否定」を
見るということ。

分離という思考体系、裁き、攻撃、特別性
それをみて、正しい心の意味合いで、
否定すること。
「もはや、私はこれを信じない。」
ということ。

これが「真理の否定」の否定であり、
ネガティブなものを取り消すこと。

自我の否定の思考体系をみて、
「もはやこれを望まない」と述べること。


コースのフォーカスは実際、自我である。

自我があまりに圧倒的に強力で、
自我を手放すことは、
心の中に聖霊の愛がなければできませんが、

その愛を傍らにして
私たちができるというのは、
自我を見て、「これは狂っている」
ということです。

自我は、恐ろしくもなく、邪悪でもなく、
強力でもなく、無であるにすぎません。

自我そのものが問題なのではなく、
自我に力を与えている
傲慢さが問題なのです。

自我が力をもっているのは、
心が幻想を信じているということ。
そのこと自体です。
力はそこにあります。

「真理の否定」を否定するとは、
この世界の経験から、
心の中の決断の主体にもどり、
そこから再び見ることです。

「自我を受け入れるべき思考体系」
としてではなく、
「自分に苦痛のみをもたらしてきた思考体系」
としてみるとき、
苦痛をもたらすものなら、
それを選択する理由などあるでしょうか。

それは、邪悪でもなく、罪深くもなく、
悪魔的でもなく、
単に愚かだということがわかります。

それは、分離という小さな狂った考えと、
それが無数に現れた形を見て、
それを笑い飛ばすことです。

自我を笑い飛ばすということの意味は、
自我の「真理の否定」を否定することです。

どうして真理が否定できるだろうか、
どうして神の愛が否定できるだろうか、
どうして完全な一体性が砕かれて、
断片化され得るだろうか、と。

こうしたことのすべてが不可能です。
だから、それは起こってはいません。

それが、「真理の否定」を否定することです。

そして、それが、
このコースを実践するということの意味です。

毎日、毎晩、すべての状況において、
すべての出来ごとや人間関係において、
それを見て、
「これらには、私から神の愛と平安を
取り上げる力はない」と、言うことです。

「だから、もはや、それらに
実在性を付与する必要など、あるだろうか」と。


自我に力はなくただ無である。

幻想に力はなくただ無である。

悪くもなくただ愚かなだけである。


今日も幸せな1日を〜〜♪




10月のSkype による
「ACIM・ウェブシェア会」
第13回10月14日日曜日
午前 10時 〜
無料
お申し込み受付中☆

お申込み、お問い合わせは
こちらをご覧ください。



テーマ:

私に、平安を選べる
選択の力を
取り戻させてください。

恐れではなく。
自我ではなく。 


私に、愛を選ぶ
選択の力を
取り戻させてください。

魔術に頼ることなく。

私の持つ選択の力で、
聖霊を選べますように。

自らの意志で
神の意志を選べますように。


私は今日、
悲しみを選びません。

私は今日
苦しみを望みません。

どうか思いとどまらせてください。

私の持つ選択の力で、
平安を選べますように。



最近、私なりにですが、
この祈りの言葉がとても役に立っています。

心に雲がかかりそうな時。

誰かに投影してしまいそうな時。


「私の選択の力を取り戻す」
「自我を選ぶことを思いとどまる」
というところが、
とても役立ちます。


自我を選んだという
とてつもない選択の力を
否定することなく、

その力を使って、
自らが聖霊を選び直そうと意図する。


この世界の魔術に頼ることなく、
(頼ることは悪いことではありませんが)
心の力をうまく使って。


それこそが、
奇跡講座の学びにおいて、
私の意欲を差し出すところであり、

あらゆる魔術の力を借りなくても、
心を変えることで
いつでも幸せを選べること。

そこが素晴らしいです。


そして、
そこまでが、私のすること。

あとは聖霊がしてくれる。

私はそれをただ信頼してゆだねること。




今日も幸せな1日を〜〜♪



10月のSkype による
「ACIM・ウェブシェア会」
第13回10月14日日曜日
午前 10時 〜
無料
お申し込み受付中☆

お申込み、お問い合わせは
こちらをご覧ください。


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス