ドラム式の洗濯機を使っている方から、タオルが黒ずむっていうご相談を受けたのですが、これは多くの人に起こっているお悩みかもしれないので、ちょっとシェアしておきます。

 

洗濯って、基本的な考え方として、「衣類の汚れを水に移す作業」です。

 

その事を考えたとき、ドラム式の場合、その「汚れを移す場所」である水がかなり少ないです。

 

そのため、そもそもとして汚れが出て行きにくい構造の洗濯になりやすいのが節水型のドラム式の洗濯機です。

 

 

加えて、いつもの洗濯の工程をお聞きすると、すすぎ一回の設定、更に柔軟剤を使用しているとのこと。

 

まず、すすぎが一回だとだと、汚れはやはり残りやすい。

 

また、その1回のすすぎは服から洗剤と汚れを水に移す作業に当てられるべきなのですが、そこに柔軟剤が入ってしまうと、繊維に逆に汚れをくっつけてしまう様な状態にさせてしまいます。

 

繊維から、不要なものをとりたいのか?それとも、繊維にある種の機能を付けたいのか??

 

もうそれがぐっちゃぐちゃになってしまっているのが、今の洗濯です。

 

まずは、洗いの工程でしっかりと洗剤と衣類をよく混ぜて、汚れを洗剤で包むこと。

 

そして、その包んだ汚れをすすぎによってしっかり流す(薄める)こと、が大切。

 

何か機能をもたせたいのであれば、まずは余計なものを取り除いてくれ、話はそれからだ

と繊維は思っていると思いますよ(笑)

 

 

 

柔軟剤を使うなら、すすぎの回数は最低二回は必要ですし、すすぎ一回なら、柔軟剤は使わない方が良いです。

 

逆に、白いものなどをスッキリ仕上げるならすすぎを3回にする場合もある。

 

その辺りは、時間やコストとの兼ね合いにもなって来るので、毎回入念なすすぎをしろということではないですが、黒ずんでくるというのは明らかに洗濯しても汚れが落ちていないという、衣類からのメッセージです。