Senseful Design

Senseful Design

センスのいいデザインってどんなデザインなのだろう

「カッコいいデザイン」=「センスのいいデザイン」とは限らない

'Simple is best' なデザインだからって、センスの悪いデザインもあるだろう

そんな答のないSenseful Designを見つけに行きましょう!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

------- Senseful Visual Art 3×3 -------

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

ここは一体どこ?

 

発掘された遺跡の中?

 

それとも洞窟?

 

かつてはコンサートホール

だったような

その廃墟感満載の空間を見ながら

ここがどこなのか

想像してみてくださいませ〜

 

 

想像できましたか?

 

実際は狭い空間です

そして写真のような目線では

きっと誰もそこに

佇んだことはきっとないと思います

 

ヒントは

天井のようなところに開いてる

奇妙な形の穴

そしてそこから差し込む光です

 

わかりましたか?

 

そうなのです

ここは

ヴァイオリンやチェロ、そして

ギターの中だったのです

 

まるで自分が

ちっちゃなネズミくらいになって

楽器の中に入り込んだ時に

目の前に広がる空間だったのですね

 

ルーマニアの画家であり写真家の

エイドリアン・ボルダ氏の

作品でありました〜(o^^o)

 

the insides of old musical instrument

by Adrian Borda

 

ペタし
  てね   読
  者登録してね

 

【 クリックしていただけると嬉しいです 】

      ↓

   
 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

------- Senseful Visual Art 3×3 -------

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

なかなか日本では知名度がないものの

抽象絵画が台頭した後に現れた

新表現主義(ニュー・ペインティング)の画家

ピーター・ドイグの初期作から最新作までを網羅した

日本では初めての展覧会が

今月10月11日まで開催されてました

 

そのロマンティックでありミステリアスな

彼の描くその夢の中のような風景は

画集などでは知ってる日本のファンも

その実物の大きさには

さぞ驚かれたことでしょう

 

そして今回その展覧会では

それこそこんな絵も描いてたんだという

さらなる驚きの絵画作品も40点

展示会場の最後の一角に

展示されていました〜

 

 

絵画といっても

絵と一緒に文字も描かれていて

まるで本の表紙を見ているようですが

これらは世界に1枚しかない

直筆の映画ポスターなんです

 

作者のピーター・ドイグは

カリブ海のトリニダード・トバゴにある

彼のスタジオで2003年から

「スタジオフィルムクラブ」という

映画の上映会を友人と始め

その告知のためのポスターとして

これらを描いたのです

 

ポスターと言っても

通常の映画ポスターとは違って

その映画のドイグによるイメージビジュアルと

手書きで映画のタイトルと

一番下にスタジオフィルムクラブの

表記があるのみで

監督やキャストの名前などは見当たりません

 

なんとも手作り感満載のポスターですが

この街には名画座やミニシアターがなく

近くの映画好きの人たちにとっては

誰でも無料で観ることができるこの映画上映会を

このポスターを通じて

楽しみに待ち望んでいたことでしょう

 

それにしても

目の赤い金髪の男の顔に「ZATOICHI」って

北野武の『座頭市』ですから〜(o^^o)

 

 

STUDIO FILM CLUB   by Peter Doig

 

ペタし  てね   読  者登録してね

 

【 クリックしていただけると嬉しいです 】

      ↓

   
 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

------- Senseful Visual Art 3×3 -------

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

ソーシャルディスタンス時代の

コロナ禍の今だからこそ

逆に楽しめる写真です〜

 

もちろんそうでなくても

時間を操った

このお祭り騒ぎのような

アスリートたちの模様は

大いに楽しませてくれます

 

写真家ペレ・キャスが創り出した

3密どころか1000密の写真をどうぞ〜

 

 

これらの写真は

コロナ禍のソーシャルディスタンスを

皮肉って作成されたわけではなく

まだ誰も新型コロナウイルスになんて

感染されていない時に

スポーツ観戦しながら写して作った

作品なんです

 

もちろんシャッター1回で

このような写真が写せるわけはなく

三脚にカメラをセットして

何時間も同じ場所で写して

後から加工しています

 

それぞれの一瞬の1枚には

こんなに人はいなくても

長い時間をかけて見てみれば

確かにそれだけの人たちが

その場所にその空間に

存在していたわけです

 

スローシャッターで時間を捉えるのではなく

その一瞬一瞬をあと加工で凝縮させた写真なのに

加工なしのリアルな一瞬のように感じるのは

本当に不思議でしょうがありません

 

これらの写真のような密な状態は

仕組まない限り決して実際には

目の前で見ることはできませんが

それを写真で表現したこのアイデアには

本当に驚き笑ってしまいました〜(o^^o)

 

 

Crowded Fields 2017-   by Pelle Cass

 

ペタし
  てね   読
  者登録してね

 

【 クリックしていただけると嬉しいです 】

 

   
 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★