売れてる店には理由がある!

売り場づくりの企業、株式会社センスアンドセオリーです。


店前で使う販促物に、「布」で出来たツールがいくつかあります。

タペストリー、暖簾、のぼりなどは、旧来から利用されている、客を呼び込む為の定番の販促ツールです。

盛況感の演出だけでなく、お店らしい佇まいを形成し、入店しやすい雰囲気を醸成させる便利で手軽なエレメントです。

 

この中で「のぼり」は様々な業種の店舗に利用されている代表的な布製品です。

お店の打ち出し商品や、キャンペーンなどのイベント、新サービスなどを、店舗から最も歩行者に近い面前道路近くに設置しているのですから、イヤでも視界に入ってきますし、動いているものは誘目性があり、その伝達効果は抜群でしょう。

大型の施設の敷地の外周に沿って、数十本ののぼりが規則的にぐるりと設置され、風にはためいている様子は活気があり、「元気、エネルギッシュな店」というイメージを訴求することも出来ます。

 

のぼりの使用についての注意点ですが、最近ではカフェやレストランなどの飲食業でも使用されていますが、「ランチ」「ワイン」などを表記した、いかにも通販で購入した既製品と思われる、どこかの店でも見たような物もちょくちょく散見されますね。

お店の店舗デザインと比べて違和感のある色やフォントであったり、また、店の「格」によってはのぼりそのものを掲示しないほうがいい場合もあります。もうお分かりでしょうが、5千円のランチを提供しているお店では、そのイメージが損なわれることなく、せっかくの格調高い店舗外観を格下げするようなことも回避できるからです。

なぜなら、のぼりでの販促はどちらかと言えばカジュアルな方法だからです。

 

のぼりは比較的安価な販促ツールですが、飲食に限らず、お店の「ビジュアルイメージ」に合わせてオーダーすることをお勧めします。イメージカラーやロゴマークに合わせた販促物を使用しているお店はビジュアルの統一性があり、遠くからでも目立ちます。

 

これを実践している不動産会社のセンチュリー21は見事な統一性があります。

 

 

売り場のお悩み解決。売り場作りのプロ 株式会社センス&セオリー

http://www.shop-fukuoka.com/