千里丘の小さな不動産屋さん「千里住みかえネット」 社長のブログ

千里丘の小さな不動産屋さん「千里住みかえネット」 社長のブログ

摂津市千里丘で不動産屋さんをしています。
ありのままの姿を見て頂きたく
日々の仕事やプライベートの出来事など、
とにかく毎日更新し続けています!!

中古マンション売買仲介をやっていますと、気を付けないといけないのが管理費と修繕積立金の上昇です。。汗

 

物件として魅力があっても、管理費などのランニングコストが高いと敬遠するお客様も多いです。。

 

住む側も、売る側も、買う側も、管理費は安いにこしたことはないのですが、管理会社の管理コストも上がっていて、管理費が下がる要素はないのが実態。。あせる

 

そんな中、築年数が古い物件を中心に「自主管理」のマンションをたまにみかけます。

「自主管理」というと住民が掃除から何から全部やらないといけないイメージが強いですが、それは昔の話。

 

いまは清掃だけ外部業者に任せたり、うまくアウトソーシングすれば、通常の管理会社を入れるのと遜色ない運営も可能です。

 

今後はこういうマンションも増えてくるのかも?

 

自主管理になると、たしかに管理組合の役員の負担は確実に増えますが、築年数が経過するごとにマンションにかかるコストは確実に増えていくわけで、どこかでコストカットしないとなんのための管理かわからなくなるマンションも出てくると思ってます。。

 

かねてより、管理費・修繕積立金をローンに組み込むとか、金融商品にするとか、新しいことをやっていかないと中古マンションの流通が滞るんじゃないか?っていう持論をこのブログで書いてきた私。

 

最近、管理会社が途中で変わっているマンションを頻繁に目にするようになり、業界は今後どうなっていくのか?その前に、弊社データベースの「管理会社」欄を打ち換えないと・・・と考え事が最後は目の前の仕事にかき消される小川でしたアップ

 

【千里丘の不動産売却のことなら千里住みかえネット株式会社まで】