2005-06-20

54.長い1週間

テーマ:彼女じゃない恋愛

週末、男はこんな状況にも関わらず会いたいと言ってきた。

男がセックスを望んでいたかどうかは今となっては謎だ。

男の彼女になってから、初めて男と会わない週末を送った。


<何か食べたいもんあるか?>

<どっか行きたいとこあるか?>

バーテンダーの彼からのメールが、嬉しくて堪らなかった。

彼氏なんて存在しないかのように。

<どこでもいい。エビが食べたいな>

仕事の合間に彼と時間差を潜り抜けながら毎日メールで会話をした。

眠りについて、朝起きると話の続きが待っている毎日。

<エビ?!素材で言うなよ!困ったちゃんやな!>

そんな朝の目覚めはよかった。


彼と過ごす時間に思えた勤務時間。

勤務時時間はとても早く過ぎてゆくのに、明日の為に眠る夜はとてつもなく早くくるのに、過ぎ行く1日がながかった。

過ぎ行く1週間が長かった。


これって、浮気っていうのかな・・・。


「せのり、土曜やっぱ働いてくれへんか?」

「嫌ー!」

「頼む、派遣集められへんくって」

「その派遣の中の一人でも私はあるんですけど・・・」

「頼む」


断れなかった。

今自分がしようとしている事が弱みに思えたからかもしれない。

押し切れなかった。

責任感とかそんなものは持っていない。

そんな立派な精神があれば、遠の昔に定職についている。

正直何に対してか誰に対してか解からないけれど、「罪悪感」という文字が頭に浮かんだ。


<土曜ね、仕事入った>

<お前最悪やな!で、何時に会えそうなん?>

<定時には絶対帰る。だから・・・5時に終わって、6時に家着いて、8時かな>

<おい、その計算おかしくないか?7時はどこいった?>

<いいじゃん、色々あんだよ!馬鹿!!>

<まぁいいけど、遅れんなよ。俺待つの嫌いやから>


懐かしいと思った。

A型の彼の予定をO型の私が崩しまくる。

「お前最悪やな」彼の言葉がくすぐったい。

「待つのは嫌いやから」そう言いながら、ずっと待っていてくれた。

私が連絡を絶ってからも、彼はずっとメールを待っていてくれたのだろうか。


私は不貞腐れて、土曜出勤した。

半分本当で半分は嘘。

機嫌が悪いフリをしなければ、仕事に集中できないくらい浮かれてた。

休みの彼はずっとメールを送り続けてくれる。

まだお昼だというのに、終わったかと聞いてきたり、行く店を決めたと報告をくれたり。

あまりに沢山のメールが逆に、まだ1時間しか経っていないのかと思わせた。


「馬鹿!詐欺!エロハゲ!最低!」

私は上司を罵った。

「馬鹿じゃないし、金は払うし、エロイがハゲてないし、最高の快感を与えてやれるよ」

「もう!冗談はいいよ!何で私残業してんのさ」

気付けば時刻は6時だった。

「声かける暇さえなかったな~、忙しかった、忙しかった」

「何か恨みでもあるわけ?」

「男くらい少しくらい待たせとけよ」

「ムカつく!今すぐ送って!じゃないともうこないから」

明らかに仕事量の少なかったこの日、何故自分で気付かなかったのかと悔しかった。

上司にからかわれていることにも。


<ごめん、仕事今終わった>

<急いで、俺待たないよ>

<待っててね>


待っててね・・・。



← 53 ]  [ 55 →
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

senoriさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■> くらんぼさん

はじめまして、せのりです。
記事を読んでくださってありがとう。
実体験なだけに、結末はまだ自分でもどうなるかは予測できませんが、また読んでください。

3 ■お初です☆

はじめまして★なんか~めちゃ②いいですね(^^)
スゴイです!!めちゃハマリました★またきます!!楽しみにまってます!!

2 ■> ageha-freesiaさん

はじめまして、せのりです。
私もこの記事を書いている時、とてもドキドキでした。
会えなくなる事と叶わぬ想いが続く事と・・・どっちにしても何だか辛い。
だけど、彼を刻めることに幸せを感じています。
忘れたくないな・・・。

ありがとう、また何かを感じたら聞かせてください。

1 ■はじめまして

なんだか小説を読むよりドキドキしました。
私も彼女がいる人がまだ好きです。
もう二度と会うことはないけど、
忘れられない。

また遊びに来ます!

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。