仙上 真也のブログ

中国占星術算命学で運勢鑑定を承っております。


個人鑑定をご希望の方はこちらから


https://www.senjo-maya.com/



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

思春期

思春期は大人になる第一歩を踏み出す頃。見かけははつらつとしていますが、悩みの多い時期です。将来への不安もあるでしょう・・・。そして恋の悩みも・・・。ただそれを過ぎてしまえば、そんな悩みなんて微笑ましい思い出に変わるものです。

思春期の星は「天恍星」。天恍星の時代は、社会からもそれほど縛られず、自由な発想・自由な動きができる時です。成長の途中だからこそ、未来に向かって明るさを放つ時代です。

ところが天候星を持ちながら、内面の悩みが外に表れ暗い人は、天恍星が活かされていません。陰転している状態です。内向的で、実力があっても周りからは認められません。

なぜそんな根暗になってしまったのか・・・?

思春期は親離れの時期です。精神的に親離れができないと、いつまでも精神的葛藤が続き暗いまま。大人への第一歩が踏み出せない状態だからです。

天恍星を持っていなくても、思春期には思春期らしい経験をしなければ内向的なままです。

精神的に親離れができないということは、親が子離れをしていないから・・・。

結局、子供を成長させないのは、親の責任でもあるのです。

 

 

<個人鑑定をご希望の方はこちらから>

*お申し込みの際は「着信拒否」の設定がされていないメールアドレスをご記入ください。

 

 

辰月生まれの壬水2

あの世までお金を・・・。

あの世までお金を持って行こうとする人がいます。お金に汚い人・・・。「事実は小説よりも奇なり」と言いますが、驚くほどお金に汚い人っているものです。たとえば親が亡くなった時、ハイエナのようにやって来て、根こそぎ持っていこうとするような・・・。

この世の現実と言えば「お金」。お金は執着して得られるものではありません。たとえ財を目指す宿命であっても、それは固執ではなく目標です。生き方を陽転させて財を目指すのです。そうすればお金の方から寄って来てくれます。

「この世」の反対は「あの世」。あの世の星「天馳星」が陰転すれば、驚くほどお金に汚い人になってしまいます。まるであの世にまでお金を持って行こうとするかのように・・・。

陰転するということは、自分の価値観でしか物事を見ません。狭い狭い自分だけの世界で生きている人。目の前のことしか見えません。こんな生き方は、長生きできない方法の一つです。

長生きする方法はありませんが、逆に寿命を縮める方法ならいくつもあります。そのうちの一つ。

「自分で自分の寿命を縮めてどうするの?」と言いたくなりますが・・・。こんな人って人の話に耳を傾けるようなことはしません。だから「ろくな死に方」とはならないのです・・・。

 

 

<個人鑑定をご希望の方はこちらから>

*お申し込みの際は「着信拒否」の設定がされていないメールアドレスをご記入ください。

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>