MISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHA

こんにちは。

仙台美容外科 SENDAI BEAUTY CLINIC

くまのですくま

 

本日もたくさんのお客様に

ご来院いただき、

誠にありがとうございます!!

 

 

今日は

目の下のクマ治療

の話題です。

 

 

モニター様は20代前半の方ですキラキラ♪

 

 

『目の下のクマを改善したい』

とのことで、

 

目の下のふくらみ取り

(下眼瞼経結膜的眼窩脂肪除去:つまり

下まぶたの裏から脂肪を取る手術)、

および目の下のヒアルロン酸注射

をさせていただき、

 

1か月後の経過を

撮影させていただきましたニコニコキラキラ♪

 

 

施術前

 

施術後1か月

 

 

 

 

以下、解説です。

 

施術前

下の写真に白点線で示したように

施術前は眼窩脂肪が隆起しています。

この脂肪の塊を

下瞼の裏の粘膜側から除去します。

 

なので、表面には

傷は出来ません。

 

しかし、脂肪除去だけですと、

このタイプのクマの方では、

下の写真の青点線のエリアの凹みと

脂肪を除去したところが

一帯となってへこんでしまい、

元気なお目元には見えません。

そのため、青点線のエリアには

ヒアルロン酸を注入し、

逆に少し膨らませることをしています。

 

ヒアルロン酸は目の下の場合、

数回程度入れますと、

長持ちモードに入ることが多く、

何度も入れ続けるものではありません。

 

5年経っても

まだまだ残っているということも

多々拝見します。

 

 

このようなお目元の方のクマ改善には

青点線のエリアの凹みを

併せて解消することが

とても大切になるのですが、

 

そのために、

他にも手法があります。

 

ひとつは、ハムラ法、

あるいは裏ハムラ法という方法です。

 

これは簡単に説明しますと、

上の写真で白点線部分にいる

眼窩脂肪の一部、あるいは全部を

青点線部分の皮下にスライドして

縫着することによって

青点線エリアの凹みを解消させて、

目の下の涙袋よりも下方が

平面化するという術式です。

 

 

また、他の術式としましては、

 

眼窩脂肪を除去した上で、

除去した眼窩脂肪、あるいは

身体のどこか他の部位から脂肪を

吸引するなどして採取してきて、

青点線エリアに注入して

脂肪を注入して生着させることで、

目の下を平面化するという術式です。

 

 

どの方法が最も良いのか、

ということを考えました時、

医師によって

考えは異なることと思います。

 

 

私は、これまで

これらの術式を行ってきた中で、

 

目の下の眼窩脂肪除去と

ヒアルロン酸注射の組み合わせが最も良いと、

私個人としては考えております。

 

 

理由

 

① ハムラ法・裏ハムラ法や脂肪注入は

料金が一般的に高額になる

 

② ハムラ法・裏ハムラ法は、

目の下の剥離範囲が広いことなどもあり、

手術時間も比較的長く、また

ダウンタイムがより長くなる可能性がある

 

③ 生着率の高いコンデンスリッチファット技術等で行っても、

脂肪が死ぬことも鑑み、最初は脂肪を多めに入れなければならず、

ダウンタイム中には仕上がりよりも膨れた状態で経過することも

ある程度心得ておかなければならないが、

ヒアルロン酸であれば、ジャストフィットの量で調整ができる

 

④ もし感染が起きた場合、脂肪注入の方が

治療に難渋する可能性が高く、

ヒアルロン酸の方が対処しやすい場合が比較的多い

 

⑤ 生着できずに死んだ脂肪は

石灰化として画像検査で指摘される可能性がある

 

⑥ 注入した脂肪は、他の部位の皮下脂肪と

同様に痩せたり太ったりはしないため、

ダウンタイムが過ぎて一旦落ち着いた際に

ちょうど良い平面を保てる量の脂肪が生着したとしても、

ヒトはずっと同じお顔ではいられないので、

5年後、10年後、お顔がどのように変わるかによって、

生着した脂肪に過不足が生じる可能性があり、

過量となった場合には、目の下表面に膨らみとして

見えてきてしまう可能性がある上、

そういった脂肪を脂肪溶解注射で

簡単にしぼませることができない難点があるが、

ヒアルロン酸であれば、ヒアルロニダーゼという

ヒアルロン酸を溶かす注射によって

簡単にリセットをかけることができるという

長い目で見てのコントロールの良さがある

 

⑦ 脂肪注入において、眼窩脂肪を移植に使う場合以外は、

脂肪を採取する場所として腹部や大腿部など別の部分も

腫れ・内出血・傷などの経過を辿る部位ができる

 

などの理由からです。

 

 

もちろん、

ヒアルロン酸にも長所ばかりではありません。

 

① 皮膚が薄い方や、埋めるべき凹みが深い場合など、

ヒアルロン酸によって、皮膚の色が透けるような色に

変わって見えることがある

 

② 血行障害や感染のリスクも否定できない(非常に稀ですが)

 

③ 長持ちモードに入るまで、何度か注入の回数を要する

 

④ どんなに綺麗な平面に注入しても、

普段の生活の中での眼輪筋の動き等により

ヒアルロン酸の居場所に偏りが生じることがある

 

 

といったことがありますが、

脂肪注入やハムラ法で起こり得ることと

比べた時には、

些細な問題であることが多いからです。

 

 

ちなみに、

以下に施術前、施術直後、

施術後1週間、施術後1か月の経過を

時系列で並べます。

 

施術前

施術直後

施術後1週間

施術後1か月

 

 

通常料金(税抜)

目の下のふくらみ取り

両目で150,000円

目の下のヒアルロン酸

1cc 40,000~100,000円

マイクロカニューレ 7,500円

静脈麻酔 40,000円

 

使用するヒアルロン酸の種類により料金が異なります。

この症例ではボリフト(税抜80,000円)という

ヒアルロン酸1ccを使用しています。

 

 

目の下のふくらみ取り

 

●施術の説明

目の下のふくらみ取りは、元々皮膚にたるみがなく、目袋によるクマが目立つ場合に適応します。下まぶたの内側の赤い粘膜の部分から必要な分の脂肪を取り除きます。腫れがしっかり落ち着いた段階で、脂肪が取り足りない部分が見えてきた場合は1年以内無料でご対応します。

 

●リスク

・腫れ…1週間で概ね落ち着きますが、もう少し時間を要することもあります。術後少なくとも1か月は経過をみてください。

・内出血…内出血(青あざ)が生じることがあります。眼球にも内出血や白目がゼリー状にブヨブヨすること(結膜浮腫)があります。通常は2~4週間程度で消失します。

・小じわ・皮膚色調変化…脂肪で膨らんでいた皮膚が萎むため、細かいシワが増えることがあります。また皮膚の色が濃くなることがあります。その度合は元々の脂肪の出方や皮膚の薄さ等に依ります。これらを軽減させるには、目の下のたるみ取り手術(皮膚のたるみを除去する手術)等が必要になることがあります(別途費用)。

・目の下のヒアルロン酸等の必要性…元々、脂肪の隆起の下方に凹みがある方は、ヒアルロン酸、あるいは脂肪注入、あるいはハムラ法等を行わないと、この脂肪除去の手術だけでは、目の下のクマの改善には至らないことがあります。

・上瞼のくぼみ…非常に稀に、目の下の脂肪除去後に、上瞼のくぼみを生じることがあります。もしこれが生じた場合、上瞼の手術等が必要になることがあります(別途費用)。

 

●施術後の注意点

・軽く洗顔、お化粧、洗髪、シャワーは当日から可能です。目に洗剤が付いても濡れても大丈夫ですが、付いた際は強くは擦らず、洗い流してください。入浴は3日後からでお願いします。飲酒は1週間後からでお願いします。

・少なくとも施術当日は、車・バイク・自転車等の運転はお控えください。

・目薬は1日に3回使用してください。化膿止めは1日分服用してください。痛み止めは原則として屯用として1回1~2錠、1日最大3錠を限度とし、空腹時に飲むことはなるべく避けてください。

・目やにが一時的に、多めに出ることがあります。

・涙に血液がにじんだり、ブドウゼリー様の血液の塊が出たりすることがあります。拍動性(動脈性)の鮮血でなければ心配ありませんが、出血、流血が持続する場合は、脂肪のふくらみがあった部位を、5分程度軽く圧迫止血してください。心配な時は再診してください。

・コンタクトレンズは1週間後から装着可能です。

・術後の抜糸等は不要ですが、もし心配な経過があるようでしたら再診してください。

・強い力での洗顔やお顔のマッサージは1か月間お控えください。

・その他わからない事や、異常を生じた場合はご連絡ください。

 

 

ヒアルロン酸注射

 

●施術の説明

ヒアルロン酸注射は凹みの下に注射して持ち上げる、形を整える、また鼻等の高さを作る効果があります。注射する場所と注射量により異なりますが、初回は3~6か月で拡散吸収され、無くなっていきます。回数を重ねる毎に無くなりにくくなり、長持ちするようになります。

 

●リスク

・腫れ…数日間むくんだ感じが出ることがあります。腫れが強い場合は濡れたタオルを絞ったもので冷却してください。

・内出血…注射部位に内出血(青あざ)が生じることがあります。通常はそのまま様子みて頂くと2週間程度で消失します。

・偏り…ほうれい線、目の下等では、お口の動きや瞼の動きや笑う動作によって、ある程度時間が経過してから、稀にヒアルロン酸の偏りが生じることがあります。その場合、ヒアルロン酸を溶かして、元に戻すこともできますが、ヒアルロン酸を溶かすヒアラーゼ注射は別途費用となります。

・感染…非常に稀に細菌が繁殖して腫れることがあります。その際は再診してください。抗生物質による治療やヒアルロン酸を溶かす処置等を行うことがあります。

・血行障害…極めて稀に、血行障害を起こすことがあります。施術後に増強する痛みが生じたり、特に注射部位以外の部分に異常を感じたりした場合、すぐに(診療時間外の場合は翌日すぐに)ご連絡の上、再診してください。抗生物質による治療やヒアルロン酸を溶かす処置等を行うことがあります。

・異物肉芽腫…非常に稀に、ヒアルロン酸に対する異物反応が過剰に起こり、線維性のしこりを生じることがあり、この治療は難しい場合があります。

 

●施術後の注意点

・お化粧、洗顔、洗髪、シャワー等は当日から可能ですが、入浴は翌日からが望ましいです。

・笑気ガス麻酔を使用した場合は、施術当日は車・バイク・自転車等の運転はお控えください。

・ヒアルロン酸が残った場合、半年間、お名前・カルテ番号・日付を記載して冷蔵保存します。もし追加注入をご希望の場合は、6か月以内に再診してください。

・追加注入は、基本的にはむくみや内出血が治まってからの再診にしてください。その際には追加注入手技料金と、麻酔やマイクロカニューレをご希望の場合、それらの料金はその都度頂戴します。

・その他わからない事や、異常を生じた場合はご連絡ください。

 

 

麻酔の説明

麻酔の危険の度合いは、手術の内容やお客様の全身状態、体質などによっても異なり、極めて稀ではありますが、以下のような合併症があり得ることをご了承ください。

 術前の絶飲食 

術前6時間の絶食をお守り下さい。飲水は2時間前まで少量の水でしたら可能です。コーヒー等はお控えください。胃内に食物があると、もし術中に吐いた場合、肺に入り重症肺炎を起こすことがあるためです。

 麻酔方法及び術中術後の合併症 

麻酔を開始する前に点滴確保、血圧計、心電図、酸素モニターを装着します。また必要に応じて尿道カテーテル挿入や、酸素マスク(あるいはチューブ)装着を行います。麻酔中には非常に稀にショックや低酸素症などの全身疾患や、以下のような合併症が起こることがあります。

 ≪静脈麻酔≫ 静脈麻酔の主な目的は、術中の鎮静、およびリラックスです。点滴から麻酔薬が注入され徐々に眠くなります。大量に投与すれば意識消失させることができますが、呼吸抑制が生じることがあるため、体重を鑑み、単位時間あたりの麻酔薬使用量を調整します。その調整量の下で、体動が激しい場合などには、手術の安全のために、適宜調整させて頂くことがあります。卵黄・大豆油アレルギーがある方はプロポフォールという麻酔薬が使えないため、別の薬剤(ドルミカム等)を使用しますが鎮静レベルが浅めになります。

合併症…悪心嘔吐、頭痛、呼吸循環障害、意識障害、血栓・塞栓症、穿刺部痛、痙攣、薬剤アレルギー、誤嚥性肺炎

 

 

 

 

ご参考になりましたら

幸いですくまキラキラ

 

 

仙台美容外科のホームページは

こちらになります。

 

MISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHA

院長 熊野 充剛

宮城県仙台市青葉区中央3-2-21

仙台日興ビル8F  

電話: フリーダイヤル0120-918-837

電話受付: 10時~19時

(休診日除く。最終ご予約枠は18時です。)

休診日: 月により変動します。

MISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHAMISSHA