きょうの石膏像 






左側カラム内の”ブログテーマ一覧”に、全身像・半身像・胸像・半面・レリーフ・トルソ・幾何形体・・・・・などの分類がされています。お探しの石膏像がある場合はそちらからどうぞ

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018年08月14日(火) 06時06分07秒

私の運営するネットショップ「石膏像ドットコム」が、カラーミーショップ大賞にて受賞が内定しま...

テーマ:石膏像 N-全身像 
2018年03月10日(土) 18時23分03秒

アートフェア東京に行ってきました。ギャラリー小暮から出展の上路市剛(かみじいちたか)さんの...

テーマ:石膏像 N-全身像 
2018年02月10日(土) 12時18分55秒

素晴らしい並び。「美術の窓」は現アートダイバー代表の細川さん主導の特集。2005年「...

テーマ:石膏像 N-全身像 
2018年01月26日(金) 09時08分33秒

昨日の読売新聞朝刊の文化面です。取材していただきました。写真入りです。真面目な表情で良か...

テーマ:石膏像 N-全身像 
2018年01月08日(月) 16時08分25秒

小沢剛「不完全ーパラレルな美術史」@千葉市美術館 1月6日のオープニングに行ってきまし...

テーマ:石膏像 N-全身像 
2018年01月02日(火) 12時24分36秒

あけましておめでとうございます。本年も堀石膏制作・石膏像ドットコムをよろしくお願いいたし...

テーマ:石膏像 N-全身像 
2017年12月31日(日) 22時33分56秒

”今年もありがとうございました!”

テーマ:石膏像 N-全身像 
2017年08月14日(月) 20時33分43秒

webマガジン「よむよむカラメル」に堀石膏制作が掲載されました!

テーマ:”石膏像ドットコム”店長日記

ご無沙汰しておりました。
告知の時だけ図々しく復活で申し訳ありません・・・が、またも告知でございますm(_ _)m

 


ネットショップ支援の「カラーミーショップ」が発信するウェブマガジン「よむよむカラメル」に、僕の工房「堀石膏制作」の記事が掲載されました!!!





↓こちらから記事を読むことができます。前編・後編(後編は明日15日に公開です)に分かれています。
http://pickup.calamel.jp/52233



僕が運営する「石膏像ドットコム」というネットショップは、GMOペパボ株式会社(以前は”ペーパー&ボーイ”という社名だったのが、短縮されてこの名前に)という会社が運営する「カラーミーショップ」というネットショップ支援の仕組みを使用しています。僕のような個人事業主が、ネットショップのためのサーバーや、カート、クレジットカード決済の契約などを独自に運営していくのはとてもハードルが高いため、そういった運営上のツールを取りまとめて提供してくれるのが「カラーミーショップ」です。同様のサービスを提供する業者はたくさんあるのですが、ユーザーフレンドリーな仕組み、月々発生する手数料の安さなどもあり、カラーミーショップは国内では最大規模の事業者だと思います。

 






ということで2010年から運営している「石膏像ドットコム」は、カラーミーショップさんにはたいへんお世話になっているのです。店舗運営では毎日カラーミーショップの管理画面を開きますし、システム変更、新規機能の追加などの情報収集のために、カラーミーショップのFB、Twitterも常にチェックしています。

そんな中でいつも気になっていたのが、カラーミーショップが発信する様々なネットショップの情報記事なんです。こだわりのハチミツを売るお店があったり、個性的なファッショングッズのお店だったり。カラーミーの仕組みを使用して開店し、お客様の輪が広がり、評判になって、やがてメディアにも掲載されて・・・っていうサクセスストーリーが、これからお店を始めようとする人、日々の運営に奮闘しているユーザーさんたちへのエールとして、コラムのような形で掲載されていて、僕も日々愛読していました。

コラムで紹介されるショップはどれもスマートな画面デザインで、販売される商品の一つ一つにストーリーやショップ運営者の想いが反映されていて、すごく勉強になります。いつの日かウェブデザインの専門業者にショップデザインを委託して、ビシっとしたカッコ良いお店の仲間入りをしたいなぁ・・なんて夢見ていたのです。

そんな憧れの場に「石膏像ドットコム」が登場です!感動~~~(T_T)
タモリ倶楽部もすごいことでしたが、この「よむよむカラメル」に取材していただけたというのは、日々ネットショップ運営に携わる者としては同じくらいの喜びなんです。

7月末に取材の依頼があって、8月初旬にスタッフの方が3名で来訪。2時間くらいのインタビューでした。一番暑い季節なので、蒸し風呂みたいな作業場で大丈夫かしら?と心配していたんだけど、たまたますごく涼しい日で、和やかなムードで取材していただきました。メインのインタビュアーの方と、カメラマンさんのお二人ともが美大出身ということで、石膏像のこともある程度ご存じだったのでお話しやすかったです。テレビの時はものすごい緊張感でしたけど、今回はとてもリラックスしたムードで楽しかった。

僕の写真をたくさん撮っていただいたんだけど、素晴らしいカメラなんで、ありのままが写りすぎというか(笑) Tシャツがねぇ。せっかくだからユニクロが出してたビーチボーイズの「ペット・サウンズ」ジャケのをと思って探したんだけど、もう売り切れでどこにもなくて。。コーネリアスのとか、がんばって探すべきだったなぁ・・ちょっと後悔。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年05月07日(日) 21時16分18秒

「石膏デッサンの100年」の出版記念イベントに参加させていただきます。

テーマ:”石膏像ドットコム”店長日記

 

 

 

 

石膏像に関するイベントのお知らせです。

 

日程が迫っているのですが、5月20日(土)に根津の「ギャラリーマルヒ」にて、美術教育史研究者の荒木慎也氏の著作「石膏デッサンの100年」(三重大学出版会刊 2016年12月末)の出版記念イベントが開催されます。

 

著者の荒木慎也氏が登壇し、石膏像とは何者なのか?、日本の美術教育で常に重要な位置を占め続ける石膏デッサンとは?というテーマで講演を行います。この講演は二部構成なのですが、16時からの第一部に私もゲストとして参加させていただくことになりました。

 

石膏像製造業者からの視点で、微力ながらお話に彩りを添えさせていただければと思っています。

 

会場の最寄駅は千代田線の根津駅、または千駄木駅です。大正6年に建てられた元質屋をリノベーションした素敵なギャラリーです。こじんまりとした会場ですのですぐに満席になってしまうかもしれません。ご興味のある方はどうぞお早目にギャラリーの方へご予約をお願いいたします。

 

 

以下、イベントの告知情報です。
情報のシェアも大歓迎ですので、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 

ギャラリーマルヒ

トークイベント 【石膏デッサンの100年】

 

 開催日:2017年5月20日(土) 

〈第一部〉開演:16:00  登壇者:荒木慎也・脇本壮二 

〈第二部〉開演:19:00  登壇者:荒木慎也・筒井宏樹 

定員各部:25名 料金:各部 1,000円 当日現金払い 

 

会場:ギャラリー・マルヒ 

住所:文京区根津2-33-1 

アクセス:東京メトロ千代田線根津駅 

根津交差点方面改札口より徒歩5分 

電話:03-5832-9911 

メール:maruhi@konoike.org 

HP:http://konoike.org/maruhi/ 

 

【お申し込みについて】 各部25名様限定となります。 

お申し込みは先着順となります。 

定員に達した場合は、お断りする場合もございますが、 ご希望により、キャンセル待ちもお受けいたします。 

 

【申込受付期間】 2017年5月日20(土)16:00まで 

【キャンセル受付期限】 2017年5月日20(土)16:00まで 

 

【詳細】 

〈第一部〉 開場:15:30 開演:16:00  登壇者:荒木慎也・脇本壮二 

〈第二部〉 開場:18:30 開演:19:00 登壇者:荒木慎也・筒井宏樹 

 

・登壇者プロフィール 

 

荒木慎也(あらき・しんや) 美術史家。多摩美術大学絵画学科中退、東京芸術大学芸術学科卒業。2013年に東京大学で博士(学術)。多摩美術大学他で非常勤講師。専門は美術史・美術教育史。2017年に『石膏デッサンの100年』(三重大学出版会)を出版。 

 

筒井宏樹(つつい・ひろき) ライター。編集、展覧会企画。愛知県立芸術大学で博士(美術)。専門は美術批評研究。鳥取大学准教授。編著に『コンテンポラリーアートセオリー』(イオスアートブックス)。 

 

脇本壮二(わきもと・そうじ) 堀石膏制作代表、「石膏像ドットコム」主宰。彫刻史、石膏史に造詣が深く、2015年に自身の研究をまとめた『石膏像図鑑』(堀石膏制作)を出版。2017年には「タモリ倶楽部」にも出演。 

 

【お申し込み方法】 下記をご明記の上。メールにてお送りください。 2日営業以内にご返信いたします。 

メール:maruhi@konoike.org 

・メールの件名は「トークイベント申し込み」でお願いします。 

・本文に以下の情報をご明記ください。 

①お名前 ②ご連絡の取れるお電話番号 ③第一部 又は 第二部をお選び下さい。 

両方ご希望の際は、お申し付けください。 

④ご質問等ございましたら、お申し付けください。 

 

---------------------------------------------------- 

 

ギャラリー・マルヒ 

〒113−0031 文京区根津2-33-1(月曜定休/祝日除) 

03-5832-9911(12:00〜20:00) 

maruhi@konoike.org http://konoike.org/maruhi/ 

http://www.facebook.com/maruhi.nezu https://twitter.com/maruhi_nezu

 

 

 

 

2017年02月16日(木) 09時15分39秒

同じような写真ばかり…と思うでしょ?数が増えてます((( ;゚Д゚)))

テーマ:石膏像 N-全身像 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス