◎緊急事態宣言下において学校・保育所などが休校・休園にならない背景

緊急事態宣言下における学校・保育所等は、文科省・厚労省が「各自治体に対して休校等を求めない※1」としたことから、感染症対策に留意しながら、授業・保育が行われています。

しかしながら、「感染者が著しく増加している」「医療機関・保健所がひっ迫している」ことなどから、保護者・生徒から「不安の声」が高まっています。

◎松戸市立小中学校ではクラスターの発生なし

この間、県立高校においては「クラスター」が複数校で確認された一方で、松戸市立小中学校においては「クラスター」が確認されていません。これは教育委員会・学校現場・各家庭のご努力によるものだと思います。また、松戸市が行っている教職員等へのPCR検査費用の補助事業の効果も出てきているのだろうと思います※2。

加えて、松戸市立小中学校は、県立学校よりも厳しい休校基準を採用していることも、クラスター防止に大きな役割を果たしているのではないかと思います。

◎市立小中学校と、県立学校の休校基準の比較(市立小中学校ガイドラインと、県立学校ガイドラインの一部抜粋を添付)

・児童生徒が濃厚接触者となった場合
市立小中学校は児童が濃厚接触者になった場合には「生徒は出席停止。学校は学年閉鎖(休校もあり得る)」します。一方で、県立学校は「生徒は出席停止。学校は学年閉鎖等はしない」としています。

・児童生徒の家族が濃厚接触者となった場合
市立小中学校は児童の家族が濃厚接触者となった場合には「児童を出席停止。その児童が結果的に濃厚接触者になった場合には、学校は学年閉鎖(休校もあり得る)」します。一方で、県立学校は「生徒に対して出席停止とすることが可能(必ず出席停止とするわけではない)」としています。

なお、松戸市立保育所・市立高校は、県立学校の休校基準に準じています。

◎市立保育所・市立高校・県立高校の休校基準を「松戸市立小中学校の休校基準」に見直しを

以上のように、松戸市立小中学校は、県立学校よりも厳しい休校基準を採用していることが、クラスター発生を防いでいるひとつの理由だと思われます。

現在、感染者が急増し医療機関・保健所のひっ迫が深刻化しています。市立保育所・市立高校・県立高校でクラスターを生じさせ、ひっ迫している医療機関・保健所に対して更なる負担をかけることは何としても避ける必要があると考えます。

また、休校基準を見直すことにより、児童・生徒の感染リスクを低減することが出来る可能性があります。

松戸市・千葉県は、市立保育所・市立高校・県立高校を「松戸市立小中学校の休校基準」に早急に見直すべきです。

※1 NHK(2021.1.5)「文部科学相一斉休校要請せず」https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/emergency_2021/detail/detail_10.html / 日経新聞(2021.1.5)「保育所の休園求めず 緊急事態宣言発令でも」https://www.nikkei.com/article/DGXZQODF058840V00C21A1000000

※2 松戸市HP「PCR検査費用の助成を行います」https://www.city.matsudo.chiba.jp/kenko_fukushi/kansenshou/PCRjosei.html
 
 
 

 

 

関根ジローはパトラン松戸メンバーです。パトランメンバーから「松戸税務署敷地内の照明切れ」について情報提供を頂きました。地域の防犯上、照明切れは好ましくないと思いますので、市から税務署に修繕を要望するように、市にお願いしました。

 

パトラン松戸は、パトロールランニングをしながら、道路等の破損等を発見し、改善につなげる活動をしています。なお、パトランには全国的に多数の議員が参加しており党派を超えて協力しながら改善にむけて取組んでいます。

 

パトランHPはコチラ⇒http://patorun.com/



関根ジローはパトラン松戸メンバーです。パトランメンバーから「松戸市松戸1645付近道路の破損」について情報提供を頂きましたので、対応を市に依頼しました。

 

パトラン松戸は、パトロールランニングをしながら、道路等の破損等を発見し、改善につなげる活動をしています。なお、パトランには全国的に多数の議員が参加しており党派を超えて協力しながら改善にむけて取組んでいます。

 

パトランHPはコチラ⇒http://patorun.com/

 

関根ジローはパトラン松戸メンバーです。パトランメンバーから「柳原水閘付近の『不法投棄』及び『不法投棄禁止啓発看板の破損』」について情報提供を頂きましたので、対応を市に依頼しました。

 

パトラン松戸は、パトロールランニングをしながら、道路等の破損等を発見し、改善につなげる活動をしています。なお、パトランには全国的に多数の議員が参加しており党派を超えて協力しながら改善にむけて取組んでいます。

 

パトランHPはコチラ⇒http://patorun.com/

 

SNSで下記のご意見を頂きました。

 

***

先ほど、某党の市議会議員が突然我が自宅にピンポン挨拶みたいに来ました。 コロナ感染拡大中にもかかわらず、ピンポン挨拶は困るし、鼻出しマスクでしたので、クレーム言いました。当該所属の県の党本部にも電話しました。ちょっと怒り過ぎましたが、今の庶民感情です。

***

 

関根ジローの回答です。

 

***

各党、各議員の判断によるところが大きいと思います。政治活動の自由は最大限保障されるべきですが、感染拡大による緊急事態宣言下においては、僕は街頭活動をはじめ訪問活動なども自粛しています。

***

 

回答に対してのご意見です。

 

***

ありがとうございます。 こういうのって政治活動の自由でクレームって言えないんですか? 我々は私的自由を拘束された生活を強いられています。政治の誤った判断のGo toで感染拡大しています。政治家の自由だけを保障しようとする今の政治に怒りを覚えます。 変えてくれるよう、期待しています。

***

 

関根ジローの回答です。

 

***

ごもっともです。訪問した議員や党本部にご意見を言って頂きましたので、改善されることを期待します。また、このような案件を、有権者の皆様には、次の選挙の際の判断材料のひとつにして頂ければと思います。

***

1月26日、市議会会派「立憲民主党」「政策実現フォーラム」連名で、「『地域の感染者状況に応じて部活休止』とする県教育委員会の方針に準じる対応を求める要望書」を松戸市長・教育長に提出しました。要望書は下記の通りです。

 

なお、緊急事態宣言(2回目)以降に「立憲民主党」「政策実現フォーラム」が松戸市に提出した要望書としては4本目となり、過去3本は次の通りです。

 

◎(1月7日)「新型コロナウイルス感染症へのさらなる対策の強化を求める要望書」https://ameblo.jp/sekine-jiro/entry-12648850319.html

 

◎(1月13日)「無症状者へのPCR検査費用助成事業のさらなる普及促進を求める要望書」https://ameblo.jp/sekine-jiro/entry-12650070579.html

 

◎(1月25日)「『パルスオキシメーター』及び『搬送サービス』に関する要望書」 https://ameblo.jp/sekine-jiro/entry-12652439511.html

 

引き続き、市民の皆様からのご意見・要望を頂きながら、松戸市・千葉県に対して、政策提言を継続してまいります。皆様の声をお寄せください⇒ jiro.sekine@gmail.com 090-5766-6891

 

↓↓↓

 

「地域の感染者状況に応じて部活休止」とする県教育委員会の方針に準じる対応を求める要望書

 

県立高校の部活等が原因でクラスターの発生が相次いだことから、千葉県教育委員会は1月18日付けで「地域での感染が増加傾向の場合には、必要に応じて部活を休止する検討を求める通知」を県立学校長宛てに出しました。緊急事態宣言期間中における部活動の在り方について、県は当初、「部活は短縮して行う(土日の活動なし、平日は90分以内)」としていましたが、部活でのクラスターの発生を受けて方針を見直したことになります。

 

一方で、松戸市における現状ですが、上記のように県が方針転換をしたにもかかわらず、1月25日時点においても「部活は短縮して行う(土日の活動なし、平日は90分以内)」という状況に変化がありません。

 

森田県知事が「医療崩壊が進行中(1月22日)」、松戸市長が「1月7日から急激に自宅療養者が増えており、医療がついていっていない(同日)」と発言しており、地域の感染者の状況に危機感を表明しています。このようななかで、学校でクラスターを生じさせ、ひっ迫している医療機関・保健所に対して更なる負担をかけることは何としても避ける必要があると考えます。

 

そこで、下記の通り要望します。

 

 

市立学校においても「『地域の感染者状況に応じて部活休止』とする県教育委員会の方針」に準じること。また、現在の松戸市の感染者状況(医療機関・保健所のひっ迫等も考慮し)を考慮のうえ「部活休止」の判断を検討すること。

 

以上

 

 

現在、千葉県では緊急事態宣言を踏まえ、飲食店に対して「20時以降の休業」を依頼しています。市民が県に対して「●●●の店が20時以降も営業している」と通報するケースもあるようです。

 

こんななかで、ある飲食店が「20時以降は閉店し、翌日のお弁当の仕込みを店内で行っていた」ところ(20時以降、店内で仕込みをすることは何ら問題ないにも関わらず)、市民から通報うけた県が、当該飲食店に対して添付の依頼文を送付する案件が発生しました。

 

安藤じゅん子・千葉県議会議員を通して本件について県に確認したところ「市民からの通報があれば、添付の依頼文を出している。通報内容が事実かどうかを県は確認していない(確認する余力がない)。依頼文には”(通報の)情報が事実であれば協力してほしい”と但し書きを書いている」との回答でした。

 

事実かどうかも確認せずに、一方的に行政からこのような文書を送りつけることは善良な事業者の経済活動に委縮を与えてしまう心配があることから、安藤じゅん子・千葉県議会議員が県に対して「本文書を送付する際には、事業者に丁寧な説明と対応を徹底すること」を要望しました。

ヤフーニュース(2021.1.25)を転載します。記事urlはコチラ⇒https://news.yahoo.co.jp/articles/414de1b201596fdee08d2a33cc133d2d93f89259

 

この大津いじめ自殺事件がきっかけとなり「いじめ防止対策推進法」が制定されました。松戸市においても「いじめは必ず発見され、必ず救われる」ように、「いじめ防止対策推進法」がより機能したものになるように、これからも市議会で議論を重ねてまいります。

 

↓↓↓

 

大津市で2011年に市立中2年の男子生徒=当時(13)=が自殺したのは元同級生らによるいじめが原因だとし、遺族が元同級生らに損害賠償を求めた訴訟で、最高裁は25日までに、二審大阪高裁判決を不服とした両親の上告を退ける決定をした。元同級生2人に対して計約400万円の支払いを命じた二審判決が確定した。

 

元同級生側の賠償額は一審大津地裁判決より大幅な減額となったが、一、二審が認定した「いじめと自殺の因果関係」を支持した形で、遺族側の代理人弁護士によると、いじめによる自殺を一般的に生じうる「通常損害」と認めた判決が最高裁で確定するのは初めて。この自殺問題は、13年のいじめ防止対策推進法施行の契機となった。

 

二審判決は一審判決を踏まえ、元同級生らの一連の加害行為を「いじめ」と断じた上で、自殺に及ぶことは、社会でも認知され一般的にあり得るとし、元同級生らの損害賠償義務を認定。一方、「両親は家庭環境を適切に整えられず、男子生徒を精神的に支えられなかった」などとして、賠償額を一審判決の計約3750万円から減額した。

 

一、二審判決によると、男子生徒は11年9月以降、元同級生らに殴打されたり、ハチの死骸を口にのせられたりするなどのいじめ行為を受け、同10月11日、自宅マンションから飛び降り死亡した。

 

遺族は12年2月、元同級生らと市に約7700万円の損害賠償を求めて提訴。過失責任を認めた市とは15年に和解金1300万円を支払うなどの内容で和解し、分離された元同級生らとの訴訟が続いていた。

関根ジローはパトラン松戸メンバーです。パトランメンバーから「矢切地域等への不法投棄」について情報提供を頂きましたので、対応を市に依頼しました。

パトラン松戸は、パトロールランニングをしながら、道路等の破損等を発見し、改善につなげる活動をしています。なお、パトランには全国的に多数の議員が参加しており党派を超えて協力しながら改善にむけて取組んでいます。


関根ジローはパトラン松戸メンバーです。パトランメンバーから「UR松戸プロムナード付近の街灯が切れている」と情報提供を頂きましたので、対応を市に依頼しました。

パトラン松戸は、パトロールランニングをしながら、道路等の破損等を発見し、改善につなげる活動をしています。なお、パトランには全国的に多数の議員が参加しており党派を超えて協力しながら改善にむけて取組んでいます。