関 正生ブログ 「暗記英語からの解放」

関 正生ブログ 「暗記英語からの解放」

子供のころ感じた「初期衝動」
新しい英語への「覚醒」
丸暗記では見えなかった「英語の聖域」を
感じとって頂くべく日々精進中。

関 正生(せきまさお) 197573日 東京生まれ。http://sekimasao.net/

慶応大学文学部(英米文学専攻)卒/TOEICテスト990点満点取得


①授業:オンライン予備校『受験サプリ』https://jyukensapuri.jp/

            『資格サプリ』https://shikakusapuri.jp/toeic

②執筆:著書累計80万部『世界一わかりやすい英文法の授業』など21冊。

③新聞の連載:英和新聞『朝日weekly』にて「英文法のコラム」連載中(2011~)

④連載:NHKラジオ『入門ビジネス英語』にて連載(2013~2015)

⑤雑誌の記事執筆:『CNN ENGLISH EXPRESS』NHK 英語でしゃべらナイト』寄稿多数/ビジネス雑誌『The21』『PRESIDENT』『日経ビジネスアソシエ』など取材多数

⑥講演:企業講演/各種セミナー/教師対象「授業力アップセミナー」実施

⑦オンライン英会話hanaso 教材監修 http://www.hanaso.jp/

DVD授業:全国のTSUTAYAにて23タイトルがレンタル中 http://tsutaya-college.jp/

      前置詞の授業DVD http://www.nw-r.com/seki.html   


      


テーマ:

事業拡大につき、新大学1年生~社会人の方(35歳まで)で、

下記の分野が得意、または興味のある方を募集しています。

 

① 出版(英語教材)

② 大学受験英語

③ 高校受験英語

④ TOEIC

⑤ 英検

⑥ ビジネス英語

⑦ 小学生英語

⑧ 英語講師

⑨ 塾経営

⑩ その他

 

【応募資格】

新大学1年生~社会人の方(35歳まで)

 

【勤務地】

東京都千代田区麹町弊社オフィス

(最寄り駅:東京メトロ半蔵門線半蔵門駅または有楽町線麹町駅)

 

【時間帯】

完全フレックス(シフト申告制)

午前9:00頃から午後9:00頃まであいている時間帯でシフトを申告して頂きます。

週15時間以上勤務可能な方、大歓迎です。

学生や掛け持ちの仕事がおありの方など時期によって調整可能です。

 

【給与(時給)】

能力、業務内容により異なります。昇給アリ。

 

【待遇】

交通費支給

ただし、新幹線通勤などあまりにも遠方の方はご応募をご遠慮ください。

 

【主な業務内容・その他】

・データ(英文・入試問題等)の入力(Word/Excel)

・出版物、雑誌やネット掲載の記事の校正

・動画授業の校閲

・その他雑用をいとわず丁寧に仕事ができる方を歓迎します。

 

 

【選考の流れ】

「書類選考(一次選考)→面接(二次選考)→採用」の流れで実施致します。

① 書類選考(一次選考)

履歴書を下記までお送りください(書式自由)。

自作教材等あれば選考資料として同封して頂いても結構です。

※ 履歴書にメールアドレスを記載してください。

さらにgmailからのドメイン指定を解除してください。

主にメールで連絡を取らせて頂きます。

●宛先

〒102-0083 東京都千代田区麹町2-12-13 LYNX麹町5F

有限会社ストリームライナー 人事課

※ 履歴書等をお送り頂いて、1週間以上連絡がない場合は、

届いていない可能性がございますのでご注意ください。

※ お送り頂いた履歴書を含む選考資料は、原則、返却致しません。

予めご承知おきください。

② 面接(二次選考)

一次選考の書類審査通過者のみ、弊社オフィスにて面接を実施させて頂きます。

 

【応募締切】

第一次募集期間(3月16日~3月31日)

第二次募集期間(4月1日~4月15日)

第三次募集期間(4月16日~4月30日)

※ 期間内必着で履歴書をお送りください。

※ 応募状況、採用状況により第二次募集以降を打ち切らせて頂く場合も

ございます。予めご承知おきください。

※ また、事務作業緩和のため、弊社Twitterアカウントなどへのご質問等はご遠慮ください。

 


テーマ:

募集開始 10月31日 

終了 2017年 11月22日

 

出版(英語教材)に興味ある方

 

英語教材の作成  

大学受験英語・高校受験・TOEIC・英検・ビジネス英語なんでも可能

 

履歴書による書類審査の結果、通過者のみ面接になります。

原則応募書類は返却いたしません。

 

応募条件

・週に15時間以上割ける方(曜日・時間帯自由)

・雑用等をいとわない方勤務先は東京都千代田区/交通費支給

学生可・社会人歓迎(35歳まで)

 

以下の住所に期間内(必着)に履歴書をお送りください。

 

●住所

102-0083 千代田区麹町2-12-13 LYNX麹町 

有限会社ストリームライナー

※履歴書にはメールアドレスを書いて、さらにgmailからのドメイン指定を解除してください。

 

2017年11月22日必着

※遅くても12月10日までに結果を郵送でお伝えします。

もしそれまでに連絡がない場合、書類がこちらに届いていないことが考えられます。

 

また、事務作業緩和のため、ご質問等はご遠慮ください。


 
こんな感じです。

 


テーマ:

大学卒業後、3カ月の充電期間…ではなくプータロ―の後、

最初に勤めたのが、当時東進ハイスクールの重鎮であった

永田達三先生の私塾です。

 

永田先生には、予備校講師としての姿勢を教わりました。

といっても、細かいことは一切言われず(当時24歳の僕は人の言うことを一切聞かなかったのを見透かされてたのかも)

教わったことは、基本、2つだけです。

しかしその2つの教えは、いまだに予備校講師として大事な考え方であります。

 

1 授業はできて当たり前

 

大学のときから、小さいところも入れれば10か所くらいで教えました。

どこであっても、1日、というより、1コマで圧倒的な感想をいただいてきました。

初日の授業の後、塾長から電話をもらって、時給を倍にするから、もっと来てくれと言われたこともあります。

 

その後、予備校でも有名講師よりも受講者数が増え、調子に乗りまくっていたころに

この言葉はガツンときました。

 

その後に「予備校の締め切りくらい当たり前」と言われました。

見てる世界の次元が違ったわけです。

 

授業で完璧に結果を出した上で、出版なり、塾経営なり、その他もろもろで

いかに仕事をするか、ということを教わりました。

(こうやって書くと、なんかいまいちですが、

実際はとてもとても書ききれないほどの衝撃と新たな世界、でした)

 

この発想は今でも十二分にいきています。

僕が予備校の立ち見講座や、全講座満席でも、その日のうちに原稿を書き続けたからこそ

今のように、たくさんの出版のお話をいただけるのだと思います。

 

この話だけで、いくらでも書けるのですが、ブログではこのあたりで。

もう1つの教えは、8年くらい前に行った「教師セミナー」ではお話しましたが

これもいつかどこかの機会で。

 

 

 

 

 

 


テーマ:

高2のころに出会った『英文解釈教室』に衝撃を受けました。

 

英語を読む「仕組み」を、明確に解説。

 

生まれて初めて、「読むのがもったいない」と思った参考書です。

(マンガとかではよくありますよね)

 

この先生がいなければ、僕は英語を仕事にしていなかったかもしれません。


テーマ:

出版(英語教材)に興味ある方

 

英語教材の作成  

大学受験英語・高校受験・TOEIC・英検・ビジネス英語なんでも可能

 

履歴書による書類審査の結果、通過者のみ面接になります。

原則応募書類は返却いたしません。

 

応募条件

・週に15時間以上割ける方(曜日・時間帯自由)

・雑用等をいとわない方勤務先は東京都千代田区/交通費支給

学生可・社会人歓迎

 

以下の住所に期間内(必着)に履歴書をお送りください。

 

●住所

102-0083 千代田区麹町2-12-13 LYNX麹町 

有限会社ストリームライナー

※履歴書にはメールアドレスを書いて、さらにgmailからのドメイン指定を解除してください。

 

2017年7月14日必着

※7月31日までに結果を郵送でお伝えします。

もしそれまでに連絡がない場合、書類がこちらに届いていないことが考えられます。

 

また、事務作業緩和のため、ご質問等はご遠慮ください。


 
こんな感じです。この後ろに僕のスペースもあるので、何気に広いです。

 


テーマ:

さて、今度は「他動詞」を全国に広めます。
 

例外があるからといって

英語の教え手がハッキリ教えず

「その都度暗記する」ことを学習者に丸投げしている分野です。

 

くだらない揚げ足取りがあるのは間違いないでしょうが

これでものすごい数の高校生が「!」となるはずです。


テーマ:

2年ぶりに人材募集をしたいと思います。

 

英語教材の作成  

大学受験英語・高校受験・TOEIC・英検・ビジネス英語なんでも可能

 

履歴書による書類審査の結果、通過者のみ面接になります。

応募書類は返却いたしません。

 

応募条件

・週に15時間以上割ける方(曜日・時間帯自由)

・雑用等をいとわない方勤務先は東京都千代田区/交通費支給

学生可

 

以下の住所に期間内(必着)に履歴書をお送りください。

 

●住所

102-0083 千代田区麹町2-12-13 LYNX麹町 

有限会社ストリームライナー

※履歴書にはメールアドレスを書いて、さらにgmailからのドメイン指定を解除してください。

 

20175月日必着

※5月20日までに結果を郵送でお伝えします。

もしそれまでに連絡がない場合、書類がこちらに届いていないことが考えられます。

 

また、事務作業緩和のため、ご質問等はご遠慮ください。


 
こんな感じです。この後ろに僕のスペースもあるので、何気に広いです。

 

 


テーマ:

今年のスタディサプリのCMではメインで出させて頂きました。

 

 15秒CMの中で、僕に与えられた時間は、

 

 

 8.8秒! 

 

 

応援系や英語論なら5秒でそれなりのことが言えるが、

スタッフからの要望は

 

「英語の説明そのもので勝負」

 

とのこと。

 

かなり過酷な仕事でしたが、反響は抜群でした。よかった。

 

***

 

さて、前回書いたonの話は、CMがOAされる前に書いたものです。

 

onの概念がいかに知られていなかったのか、

多くの人の反響から証明できたと思っています。

 

 

教え子諸君に知っておいてほしいのですが

 

このように、前に進めば、そして多くの人の元に届くようになれば

見当はずれの評論家気取りが表れますが

そんなもの気にしないように。

 

そもそも、そんなものはまったくもって影響力がないのは

僕の仕事を見ていればわかるでしょう。

今回もそれを証明できました。

 

僕はまだまだ前に進みます。自分の目標の20%も達成していませんので。

 

 

 

 

 


テーマ:

 

1年以上書かなかったこのブログ。

まあ多くの人にとってはどうでもいいこと、予備校のことでも書こうかと。

 

onが「接触」という概念は、いまや新しくはありません。

なので、数年前に「いまどきonを接触って言われても」なんてツイッターで言ってる予備校講師も多少いました。

 

これを見たとき思ったのは、「その人たち授業ヘタなんだろうな」ということ。

 

結局高校生はonをきちんとわかっていない、接触ということもわかっていないのです。

高校生の現状を知らないで、ネットで「俺はもっと深いことを知っている」とアピールするようでは、授業は聞いてもらえないんだろうな、ということ。だからネットでアピールするしかないという。

 

これを確信したのが、2年前TVで授業やったときです(「超一流テレビSP」という番組)

特に舞台が大きくなる、つまり受講者が劇的に増える場合は、どこまでレベルを下げたことを、端的に、明確に伝えられるかがポイントとなります。

 

常に生徒に向かっている仕事を続けたいと思います。

そして「onは接触」が世間に浸透したときに始めて、「そんなの当たり前」と言えるときがくるのでしょう。

それを広めるのは僕の役目かなと思っています。

 

 

 


テーマ:
この時期、過去問で思うように点が取れない受験生は
僕の本ですが「世界一わかりやすい 早稲田の英語 合格講座」
「同 慶応の英語」に取り組んでほしいと思います。

早慶それぞれの対策本ですから
志望者は当然一字一句読み込んでください。

ただ、僕としては、受験生ならどこの志望でも取り組んでほしいと思っています。
全力で書き上げた「関正生の問題集」です。

早慶志望じゃない方には、最初の「学部別分析」は必要ありませんが
lesson1から最後まですべて役立つ内容です。

確実に実力がつくのと、この時期にやることで「過去問の分析の方法」が感じ取れるようになるはずです。


従来の問題集は、過去問分析になると
「総合的な読解力が必要」「設問は多岐に渡る」という

「じゃ、どうすりゃいいの?」

という解説ばかりです。

そこをズバッと見抜ける分析力がつくはずです。
1冊12日で終わります。冬期講習2講座分の要点がつまってますので
12月中にぜひ取り組んで、「センターの問題が子供に見える」って状態まで到達してください。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス