なぜ、痛み止めで胃が悪くなるのか?  椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症専門 鬼頭健康院 | 腰痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症専門整体院:鬼頭健康院(名古屋、名東、豊田、日進、長久手)骨盤矯正・体幹矯正

腰痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症専門整体院:鬼頭健康院(名古屋、名東、豊田、日進、長久手)骨盤矯正・体幹矯正

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症を克服するための情報を公開。なかなか治らない人は、治し方が間違っています。当院は医者が認めた「理学整体」をもちいます。
理学整体 鬼頭健康院 0561-63-4499 アピタ長久手店の近くです 

なぜ、痛み止めで胃が悪くなるのか? 
椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症専門 鬼頭健康院

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症専門整体院   長久手市の理学整体 鬼頭健康院 腰痛の治し方!

マイナビ ニュースより
http://news.mynavi.jp/news/2013/05/01/148/index.html


炎症による痛みの発生には
プロスタグランジン
という物質が関係しています

炎症を引き起こすプロスタグランジンには、
胃の粘膜を保護して血流をよくする働きもあります

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症専門整体院   長久手市の理学整体 鬼頭健康院 腰痛の治し方!

痛み止めには、プロスタグランジンを作る酵素を
抑制する働きがある。

プロスタグランジンが減ると胃の粘膜が荒れるため、
胃粘膜に傷つき胃潰瘍になったり、胃酸の影響で
胃や十二指腸の粘膜が傷つき胃潰瘍や十二指腸潰瘍になったりする