誠真会館長野 ブログ

誠真会館長野 ブログ

ブログの説明を入力します。

こんにちは。

日本空手連盟誠真会館
長野県支部佐久道場の阿部です。


「がんばろう佐久!応援券」
これを元手に佐久市内のグルメ行脚をする食レポシリーズ。

今回はその第2回目。

 

佐久市役所の前を南北に走る主要地方道138号線。

かつてはメインストリートであり、現在も往時を忍ばせる面影が沿道に多く見られる、興味深い通りです。

この138号線と旧佐久甲州街道が交わる、といいますか接する変則交差点「中込原南」。その程近くに今回の食レポの舞台があります。

 

その名も

「食事亭すたぁーと」

外観はこれぞまさに“大衆食堂”。

素朴な佇まいのお店です。

すたーと、ではありません…。

すたぁーと、であります!

 

シブすぎるぜ!

 

この妙にスッキリしない、違和感のある表記なのですが、大抵こういったものにはそれなりの理由があるものです。

いずれはお店の人にその理由を尋ねてみたいと考えております。

 

沿道を走っていても、とにかく見逃しがち・・・。

(グーグルストリートビューより)

 

さてこちらのお店の特徴としまして、

メニューが多い!

だいたい大衆食堂というものはいわば“食のなんでも屋”。

ですからメニュー豊富なのは当然ですが、それでもこの数はスゴイ。

ラーメン、定食、丼もの、一品料理系…。100種近くあるだろうか。

とにかく「何でも出しますよ」と言わんばかりのラインナップ。

大規模チェーンのファミレスならいざ知らず、個人経営の小さな食堂でこの品数はスゴイのではないかと思うのですが、果たしていかがでしょうか。

 

散々迷いに迷った末、チラシでオススメとされていた「焼肉丼」をチョイスしました。

なんでもタレが“特製”なのだとか。

 

しばらくして運ばれてきたのがコチラ。

 

ひと口食し、「アタリ」と感じました。

特製タレは主張が強すぎることもなく、お肉本来の旨味を的確に演出しています。

またお肉そのものも比較的厚みがあり、食べ応え充分でした。

 

さほど大きな看板もなく、通りからやや奥まった立地でもあるのですが、意外にも客数は多く、狭い店内がフル回転といった状況でした。お客さんと店員さんとの会話等から恐らくはリピーターが多く付いているのではなかろうかと推察されましたが、それだけ「味に定評あり」ということなのでしょう。私も今回が初訪問でしたが、メニューが豊富ですし、また行きたいと率直に感じてます。

 

おわり