晃輝和尚のブログ「覚禅堂」

岡山県津山市にある曹洞宗少林寺住職、
清涼晃輝のブログ


テーマ:

平成30年5月15日午前49才(満48才) 友人が逝きました

ここにあなたへ衷心よりおくります

 

南岳宏人座元(曹洞宗僧名)

故 太田宏人さんへ


謹んで哀悼の意を表します
 


2011年、南米最古の仏教寺院ペルー曹洞宗慈恩寺(1907開山)参拝で初めてお目にかかりましたね。

ペルーの仏教と移民の事について沢山教わりました

https://www.shorinzenji.com/%E4%BD%8F%E8%81%B7%E3%81%AE%E8%A9%B1/%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%83%BC%E8%A8%AA%E5%95%8F/

 



1899年日本からペルーへ南米初の集団移民が始まり、言葉の問題、劣悪な労働環境、風土病で沢山の日本人が亡くなりました。

その先人たちの思いを受け、やみくもに慈恩寺に置かれ傷んだままの2,000以上のお位牌の存在に心を痛めた太田さんは、3年かけお位牌を修復整理し位牌帳を作成されました。この事実を知った拙僧は太田さんを尊敬しております。

 



 

その後は、東日本大震災支援のため「傾聴に取り組む宗教者の会(KTSK)」で共に活動し「微力かもしれないけど、無力ではないですよね」この言葉で拙僧は目が覚め、今も忘れられません。

 



太田さんは、その言葉通りいつも全力で向き合い続けてきました。その被災地支援がきっかけで予てよりの出家を決意。

出家得度式で仏様へ帰依した姿は今もよく覚えています。

その後は僧侶として、被災者に寄り添い、終活カウンターとして、末期の患者さんに寄り添い、葬儀や法事の法要を勤め、自分のこと以上に真剣に考え、精進されました。

2013年には南米開教110周年にあたり、二人で思いが熱くなりその思いのまま「2人だけでもよいではないか」と、ペルー慈恩寺へ参拝しましたね。

https://www.shorinzenji.com/%E4%BD%8F%E8%81%B7%E3%81%AE%E8%A9%B1/%E5%8D%97%E7%B1%B3%E4%BB%8F%E6%95%99%E9%96%8B%E6%95%99110%E5%91%A8%E5%B9%B4%E8%A8%98%E5%BF%B5%E5%B7%A1%E5%9B%9E%E6%B3%95%E8%A6%81%E3%81%AE%E6%97%85/


 


日本人墓地へ慰霊巡回法要して、サン・ニコラス墓地へ参拝した時、ここの墓地へ入りたいと言っていましたね。また日系人のご自宅での法要も勤めましたね。

 

サン・ニコラス日本人墓地は日本の方角へ向いている


サン・ニコラス日本人墓地にて


日系人より読経を頼まれ供養する故人

 

読経供養の食事の施しを受ける

 

ペルーから日本へ祈る故人

 

太田さんは、いつも上手に人と人を繋がれますが、この時も次々と人を巻き込み結局40名以上のご縁ある方々を慈恩寺へ招き参列頂きましたね。「南米開教110周年記念法要」「ペルー日系先没者追悼法要」をお袈裟を身に付けご縁ある方と共に捧げられたことは有り難ったです。この時、坐禅会もしましたね。「おそらく慈恩寺で初坐禅会だろう」と言いながら、微笑んでいた太田さんのお姿は、まさに布教師のお顔でした。



 

それから事あることに「清涼さん。○○の法要での作法や読経はどのようにしたらよいのですか?」など困っては教えて下さいと、年下の拙僧に謙虚なお言葉でお訪ねになられた求道心は見習うべきものでした。

2017年11月曹洞宗僧侶として登竜門である「首座法戦式」は感動的でした。難病発症と体調不良を受け拙僧は何度も辞退を勧めましたが、太田さんは強い意志で「許されるならばやらせて頂きたい」その思いが通じ養命寺福田住職の温かいお心と周囲の理解を得ることが出来ました。

たくさんの法要の作法や問答の言葉を覚え、一緒に何度も何度も練習しましたね。そして、ようやく法要当日を迎えることが出来ました。

当日は発熱があり味覚障害で食事がまともに出来ない。車の運転が出来ないほど視力は落ち、血痰がでて大きな声もでず、歩くだけでも大変な状態で、きっと不安で一杯だったはずです。



 

正に命懸けの大法要お勤めでした。その気力が伝わってきました。病の痛みから逃げず、本当によく練習され、しっかり大きな声で、間違いのない綺麗な進退で、無事にお役を全うされました。仏様に帰依し、己を信じ、他を敬い、仏縁に任せらたから実ったものだと思います。よく頑張りました。頑張り過ぎですよ。そのお姿は立派な禅僧でした。心から感動し涙が止まらなかったです。



太田さんには本当に色々お世話になり学ぶことが多かったです。よいご縁を頂きありがとうございました。

太田さん。約束は覚えていますよ。ペルーへ帰って納骨、お経ですね。

「清涼さん」毎度毎度ちゃんと名前を呼んでくれてありがとう。「太田さ~ん」

 

合掌 

晃輝 九拝 


テーマ:

季節や生活環境の変化で体調を崩しやすい時期で、5月病という方も少なくないと思います。

 

時には立ち止まり、身体と心を整える必要があると思います。パソコンでいえば最適化が人間にも必要。

 

慌ただしい日常から離れ、偶にはゆっくり身体と心を休めませんか。

 

身を正しく整え、落ち着いた呼吸、心静かに一緒に坐わりましょう。

 

≪覚禅会≫ 
●日時:5月12日(土)
 9時~   坐禅&プチ法話
 10時~  写経
 11時頃  終了予定
 
●場所:少林寺  津山市中北上1150
https://www.shorinzenji.com/

 

初めての方も大歓迎です(^.^) 足が組めなくても大丈夫。
椅子(坐禅・写経)でも出来ます。
予約不要、お好きな時間にどうぞ。
どなた様もお待ちいたしております


テーマ:
本日は親友の結婚式です。
 
厳しい修行時代、一緒に寺で修行ながら高校へ通った友。
ようやく39才で仏縁がございました。
嬉しいです!なんと喜ばしい事でしょう!!
 
 

 
副住職をつとめる眞秀寺様(山形県)にて仏前結婚式です
 
 
仏様の前で結婚のお誓いをいたします
 
 
 
 
 
 
披露宴の友人スピーチ
乾杯の後、宴会が始まっているので、聞いているよな。聞いていないような。
厳しい環境…。
 
親友のスピーチ。喜んでお受けしたのでケッパリました!!
 
以外と皆さん聞いて下さっていたのですね。
有り難かったです。
 
 
お寺でも結婚式は出来るのですよね。
少林寺でも出来ますよ。
勿論、檀信徒、一般の方も大歓迎です(^.^)
 
末永いお幸せを心よりお祈りいたします
 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。