武道と医療とフィールドワークのblog

武道と医療とフィールドワークのblog

谷町なかの整骨院
日本拳法洪游會本部道場
中野文武のブログです

『瞬間、リバイバル施術院』






長らくお悩みの症状と、悪かった関節の動きを、一回の施術でも瞬時に回復(リバイバル)させます。






はじめての方は、まずご予約/お問い合わせの上、ご来院の日程をお聞きし、状態把握と施術説明をさせていただきます。






初 診  11,000 ~ 22,000円



再 診  5,500円 (基本施術料)



集中施術  22,000円 (50分)



患者勉強会  55,000円 (120分)



医療相談  5,500円 (25分)



各種証明  2,000円~


   ※表記は消費税込

他人に助けられることの落とし穴について


精神的なものでも、肉体的な障害でも、経済的な問題でも、他人によって助けられることや、支え愛は大切でありがたいことですが、ときとして陥る落とし穴にも気をつけておいた方がいいです。


他人に助けられることは、自分の無力感を強く自覚することにもなったり、無力感にさいなまれてしまうことがあります。


突然障害を負ってしまった人によく起こることです。


周りの人が心配して何もかも手伝ってしまうと、本人は無力感を覚えてしまいます。


もちろん、気を遣ってくれている相手の気持ちを有難いと思う心もあるのですが、その裏返しで、申し訳なさ、本人の出来なさなどで自己嫌悪して、悲しみや苛立ちを覚えてしまい、そんな自分にも嫌気が差したり、怒って周囲にきつく当たってしまうこともあるそうです。


甘えや過剰な依頼心も出るのでしょう。


無力感から何もしなくなったり、わがままを言ったりします。


お世話をする周囲の人は、そんな心情までわかりませんから、相手の無気力に困ったり、わがままや怒りに傷ついたり。


理解できないことに悩むことになりがちです。



でも、お互いにそういうことがあると理解しておいて気配りすれば、解決できますね。

 


すべてをお世話しすぎないこと。


何が出来て、何が出来ないか、良く話し合うこと。


愛を忘れずに、支えて支えられることですかね✨