3月24日(日)13:30~16:30

 

「マリア様のお祈りの会」 in 吉祥寺5 が開催されます。

 

インドの聖地で過ごして響いた祈りのバイブレーションを、...

 

参加者の皆様と共にシェアできたら幸いであると思います。

 

アヴェ マリア! アヴェ アンマ! 

 

オーム ナマ シヴァーヤ!

 

♡ ♡ ♡

 

3月25日(月)は、

 

大天使ガブリエルが乙女マリアに、

 

救世主イエスを身ごもることを告げ知らせた

 

「お告げのマリアの祭日」の記念日です。
 

 

その前日の3月24日(日)に、

 

吉祥寺で、「マリア様のお祈りの会」を開催して、

 

マリア様に心を向け、お祝いして、

 

お祈りを捧げたいと思います。

マリア様と共に、祈りと瞑想とお話の時を過ごされたい皆様、どうぞご参加下さい。

 ♡ ♡ ♡

☆ 日 時:3月24日(日)13:30~16:30

☆会 場:東京都 武蔵野市 吉祥寺 (駅から徒歩2分)
     (参加者の方に直接お知らせ致します)
     
☆会 費:3,000円

☆連絡先:菊谷:E-mail : seibomaria03@gmail.com

 

 

 

 ♡ ♡ ♡

『聖母マリアの秘密』のHP:http://seibomaria.com
『聖母マリアの秘密』のブログ:http://ameblo.jp/seibomaria03
『聖母マリアの秘密』の 電子書籍:https://www.amazon.co.jp/dp/B07FC9KSNK/ref=sr_1_3

 

 

2019年3月5日(火)

「神様からの贈り物(送り者)③」

 

インドでは、3月4日(月)から5日(火)にかけて、「シヴァ神」を讃えながら過ごす、一年で最も吉兆な「マハ・シヴァラトリ」のお祭りがありました。

...

この日は、徹夜で「バジャン」(讃歌)を歌ったり、「マントラ」を唱えたり、「瞑想」や「プージャ」(儀式)などをして過ごされます。

 

それは、この夜が「シヴァ神」を通して、「暗黒と無知とエゴを克服する大切な夜」なので、夜通し寝ないで歌ったり、お祈りをしたり、断食などをするのです。

 

 ♡ ♡ ♡

 

この吉祥な「シヴァ神の夜」に、3月4日の「午後6時」から翌朝5日の「午前6時」まで徹夜で、12時間途切れることなく「バジャン」が歌われる場に参加しました。

 

そして、夜が明けた午前6時のこと。

 

バジャンが終わり、何気なく後ろを振り向くと、そこに、あの「送り者」のドイツ人の姿がありました。

 

千人を超えていると思われる広い会場で、特に約束したわけでもないのに、私たちはいつの間にか前後に座って、吉祥な夜を過ごしていのです。何という「ご縁」でしょう!

 

彼は、私にとって確かに特別な意味のある「贈り物」であるように感じられました。

 

その後、会場で提供された食事を一緒に頂いて、部屋に戻りました。

 

 ♡ ♡ ♡

 

この日、再び同じ会場に行くと、椅子に座り、目を閉じて、瞑想している彼の姿がありました。

 

その表情は平和そのもので、至福のエネルギーに満ちていました。

 

その夜、部屋に戻ると、彼の姿はなく、荷物もありませんでした。ドイツに向けての帰路についたのでしょう。

 

3月3日の午後に、突然現れた笑顔の素敵なドイツ人は、5日の夜に、風のように去って行ったのでした。

 

 ♡ ♡ ♡

 

数日後、ドイツの自宅に戻った、というメールが届きました。

 

そこには「私たちが出会ったのは偶然ではなく、神様の配慮があったと思います。これからも連絡を取り合いましょう」と記されていました。

 

「暗黒とエゴ」を打ち払うための「マハ・シヴァラトリ」のお祭りの時に起きた、日本人とドイツ人の不思議な出会いの物語でした。 

 

有り難うございます。

 

 

 

 ♡ ♡ ♡

 

『聖母マリアの秘密』のHP:http://seibomaria.com
『聖母マリアの秘密』のFB:https://www.facebook.com/seibomaria03/
『聖母マリアの秘密』のブログ:http://ameblo.jp/seibomaria03
『聖母マリアの秘密』の 電子書籍:https://www.amazon.co.jp/dp/B07FC9KSNK/ref=sr_1_3

 

2019年3月3日(日)

「神様からの贈り物 (送り者) ②」

 

 

「来客」=「神様からの贈り物(送り者) ②」

 

 

3月3日午後3時頃(333)、

 

私が泊まっている部屋に、突然、

 

ドイツ人の男性が訪れてきて、

 

部屋をシェアすることになったことを 「①」 で記しました。

 

♡ ♡ ♡

 

 

その高齢の男性は、部屋に入るなり、すぐに言われました。

 

「私はドイツ人で、年齢は81歳です」

 

それを聞いた瞬間、私は思いました。

 

「9・9=81歳の方だ」 (くくはちじゅういち歳)

 

 

「99」 は 「100」 という完成の一つ手前の数であり、

 

「九分九厘」 の 「99」 でもあります。

 

 

 ♡ ♡ ♡

 

翌日の3月4日~5日は、

 

「マハ・シヴァラートリ」 の大祭があり、

 

「破壊と創造」 を司っておられる 「シヴァ神」 を讃えながら過ごします。

 

 

「9・9=81歳」 のドイツ人の男性が、

 

「破壊の神様」 をお祭りする 「前日」 に突然訪れてきたことには、

 

これから遠くない将来に、

 

「破壊と創造」 の時が突然に訪れてくるという、

 

一つの 「しるし」 であるようにも感じられたのでした。

 

 

その時は 「九分九厘」 (99%) 迫ってきているのかもしれません。

 

オーム ナマ シヴァーヤ!

 

 

 ♡ ♡ ♡

 

2019年3月3日、

 

「マハ・シヴァラートリ」 の前日の格言。

 

「備えあれば憂いなし」

 

 

 ♡ ♡ ♡

 

「そういえば、あのころ、あんなこと言ってたねえ」

 

「そだね~」

 

というようなことになるかもしれませんから・・・。

 

 

有り難うございます。

 

 

 

 ♡ ♡ ♡

 

『聖母マリアの秘密』のHP:http://seibomaria.com
『聖母マリアの秘密』のFB:https://www.facebook.com/seibomaria03/
『聖母マリアの秘密』のブログ:http://ameblo.jp/seibomaria03
『聖母マリアの秘密』の 電子書籍:https://www.amazon.co.jp/dp/B07FC9KSNK/ref=sr_1_3