第三回、写真部。


今回は、江の島に向かった☆


江の島。


その人気の謎を考えながら…





Dr.k●iの研●室≪裏路地の写真館≫



江の島の駅だ。


この時点で、異世界に投げ入れられた気分になる。何故だ?! 江ノ電のせいか?



Dr.k●iの研●室≪裏路地の写真館≫


驚くのは、この人の数だ。


なんだ? この人の群れは?!


なぜにここまで人が集まるんだ?


聞くと、毎週、土日はこんなもんなんだそうだ。


ありえない!!



Dr.k●iの研●室≪裏路地の写真館≫



だが、どの場所にも抜け道はある。


人が集まらない場所がある。


それを見出すのも、また「探究」の楽しみである。



Dr.k●iの研●室≪裏路地の写真館≫



あった。人のいない水辺。


静かで、人のいない場所。


さらに奥へと向かう。



Dr.k●iの研●室≪裏路地の写真館≫



もう、人は一人もいない。


無の世界へ。


ゴミもそれほど落ちてない。


どこか神秘的な世界が広がっていた。



Dr.k●iの研●室≪裏路地の写真館≫



これは何なんだ?!


水が溜まってる。


何のために?


墓でもなさそうだし。でも、墓のようにも見える。



Dr.k●iの研●室≪裏路地の写真館≫



そして、美しい鳥が遠くに見える。


何の鳥だろう? 僕はこういうのが苦手で。。。


花と動物を識別する能力が欲しい。。。



Dr.k●iの研●室≪裏路地の写真館≫



写真部ほな部長と、不思議なゆかちゃん。

何を願っているんだろうね~?!


僕は、徹底的無宗教なので、祈りませんでした(爆)



Dr.k●iの研●室≪裏路地の写真館≫



こういう小路が好きなんです。ワタクシは。



Dr.k●iの研●室≪裏路地の写真館≫



世界的に有名な「EMA」。


子どもの願望は、エゴイズムにまみれてなくて、素敵だわ。


大人になると、エゴむき出し。私利私欲。


家族が幸せでありますように、か、大学合格、か、立志、か。。。


どれも夢がない。広がりがない。自己主義的なものばかり。。。



Dr.k●iの研●室≪裏路地の写真館≫


ドイツ語の絵馬も発見したぜ。



Dr.k●iの研●室≪裏路地の写真館≫


江の島は、どこまでも続く。


歩けど、歩けど、、、


Dr.k●iの研●室≪裏路地の写真館≫



歩けど、歩けど、、、



Dr.k●iの研●室≪裏路地の写真館≫



歩けど、歩けど、、、、



Dr.k●iの研●室≪裏路地の写真館≫



歩けど、歩けど、、、、、、、



Dr.k●iの研●室≪裏路地の写真館≫


ようやく辿りついた、江の島の「果て」。


ここまで来ると、人ごみはなくなる。


が、それでも、人は多い。


なんて、人気だ。凄いとしか言いようがない。


銚子とは違いすぎる、、



Dr.k●iの研●室≪裏路地の写真館≫

何度も登り、下り、登り、下りを繰り返して、辿りついた先。。。



Dr.k●iの研●室≪裏路地の写真館≫



美しすぎる、、、



そして、



闇の洞窟の中へ、、、




Dr.k●iの研●室≪裏路地の写真館≫



歴史に裏打ちされた世界。場所。空間。




Dr.k●iの研●室≪裏路地の写真館≫



闇の世界。


やや観光地化されているが、それでも、圧巻だ。



Dr.k●iの研●室≪裏路地の写真館≫



洞窟のはざまから見えてくる海の世界。




Dr.k●iの研●室≪裏路地の写真館≫



吸い込まれそうになった。


なんだ、この広がりは。。。




Dr.k●iの研●室≪裏路地の写真館≫



行きつく先には、、、


恐ろしいドラゴンが待ち受けていた。




Dr.k●iの研●室≪裏路地の写真館≫




江の島というのは、人が集まるためのあらゆる要素が揃っていた。



文化。


歴史。


宗教。


建築。


自然。


食。


そして、最高のエンターテイメント。


あらゆる人を受け入れ、そして、あらゆる人を魅了する場所になっていた。



人が集まるための条件というのは、実に複合的で、複雑だ。



千葉にはない、何か奥底深い何かが、ここにはあった気がする。。。。




自分の曲の中でも、かなり好きな曲☆

で、そのかなり好きな曲に、自分が撮った写真を合わせてみた。

写真部のメンバーには是非見て、聴いてもらいたいねー。

歌詞も何気に写真部メンバーっぽいかも?!(笑)


こういう女性が好きなのよ。僕は。

ふふふ。