今はリトープスの事で頭がいっぱい。

毎年リトープスをやめるとか

規模縮小するとか言っていますが、

実は年々増え続けております。


この他にもやめるとか規模縮小とか言っている植物は多数

私は飽きる事は無いですね。


断捨離して一度は全部処分していても

年数が経つと処分したことに後悔して

また復活するという事がよくあります。


花サボテンもそうです。

一度全部処分しております。


今では手に入らない伊藤ロビビアも全部捨ててしまっております。


という事で、

リトープス思いっきり楽しもうと思います。



L.hookeri v.susannae 選抜

リトープスは生きる宝石ですね。



L.fransiscii 

ポットが変形していますので、植え替えしようと思います。



L.julii 'Chrysocephala' C205

メサの種子から一番美しいと思ったのを残してみました。

こちらも植え替えですね。



左は

群仙園さんのC393

右は

我が家の選抜c393


今年は相互交配してみようと思います。



L.aucampiae C46我が家での窓選抜


こちらは同じC46の色艶選抜



L.aucampiae C12


L.meyeri 



昨年、群仙園で購入したaubaredeに

花が咲いてました。

群仙園さんのリトープスは模様が綺麗に入っていていいですね。

到着した時はかなり小さな苗でびっくりでしたが、次の年には立派な姿に成長するので、満足です。また今年も注文しようと思います。





群仙園産のリトープス達

花が咲きました。


C国産らしいのがヤフオクなどで安く売ってますが、交配したら違うのが出てきそうで怖いので、おすすめしません。

購入するなら群仙園さんが良いですよ。



私の選抜スザンナエと

選抜紅大内玉が

雑草に侵食されております。

この雑草不死身で抜いても抜いても生えてきて厄介です。



このままでは蒸れて枯れてしまいますので

今度の休日植え直しです。


リトープスの鉢を持ち上げると

ナメクジがおります。



夜のナメクジチェック

コノフィツムは餌です。


リトープスの鉢の下に潜んでいるのに

食べるのはコノフィツム


リトープスより

コノフィツムが美味しいようです。