シニアマネーアドバイザー!FP畠山秀一

シニアマネーアドバイザー!FP畠山秀一

専門家「税理士*社会保険労務士等や銀行員*保険外務員等」は、今どうすればお客様に喜ばれるかを重視しがちですが、私はもう少し長期的に見てお客様に喜ばれる「お金」のアドバイスをします。

あなたのお金の悩みを聞きます(無料)お申し込みは以下まで

http://attacksfp2016.sakura.ne.jp/lp/lp/soudan/





・事業者:総務(マイナンバー)、経理(試算表)、財務(資金繰り)のアドバイス
・個人:年金、社会保険、相続、税金等のアドバイス
お問い合わせは以下まで
http://attacksfp.com/






        2年10月19日     おはようございます

 

 

 

 

     新型コロナウィルスの感染拡大で解雇や雇止めが広がり

 

    雇用保険の失業手当「基本手当」を受ける人が増えて

 

    いる。コロナの特例が加わるなど内容が拡充されており、

 

    離職者にとって心強い味方になっている。雇用不安の

 

    長期化が見込まれる中、仕組みを知っておけば、万が一

 

    の時の生活防衛に役立ちそうだ。この制度は定年や退職

 

    といった仕事人生の節目で出番がある。

 

 

 

 

  ※   会社都合と自己都合による給付日数と給付額の例

 

                       会社都合    自己都合

 35歳で月給40万円 

 雇用保険加入12年         240日       120日

 

                      約160万円    約80万円

 

 

 50歳で月給50万円          330日     150日

 

 雇用保険加入27年         約275万円    約125万円

 

 

   注意  給日数の期間すべて失業認定を受けた場合

 

 

 

 

  

 

 

 

 

     以上のように、仕事環境は大変厳しくなっており

 

    コロナウィルスの発生で解雇、倒産などでの受給は手厚く

 

    なっていますので、会社やハローワークで聞いてから手続き

 

    をしてくださいね。