シニアマネーアドバイザー!FP畠山秀一

シニアマネーアドバイザー!FP畠山秀一

専門家「税理士*社会保険労務士等や銀行員*保険外務員等」は、今どうすればお客様に喜ばれるかを重視しがちですが、私はもう少し長期的に見てお客様に喜ばれる「お金」のアドバイスをします。

あなたのお金の悩みを聞きます(無料)お申し込みは以下まで

http://attacksfp2016.sakura.ne.jp/lp/lp/soudan/





・事業者:総務(マイナンバー)、経理(試算表)、財務(資金繰り)のアドバイス
・個人:年金、社会保険、相続、税金等のアドバイス
お問い合わせは以下まで
http://attacksfp.com/






          3年10月28日    おはようございます

 

 

 

 

 

    若年層を中心に投資を始める人が増えています。株や

 

   投資信託などを購入するには、まず、金融機関で証券口

 

   座を開設する必要があります。どのような仕組みになって

 

   いるのでしょう。

 

 

 

 

 

 

   Q」  証券口座とは何ですか

 

 

 

   A」  金融商品の売買や管理をするための口座です。

       証券会社のほか銀行、運用会社などで開設で

       きます。日本証券業協会によると国内証券会社

       の個人の口座数は2021年6月末で約2800万

       です。銀行の預金口座は給与受取や公共料金の

       引落とし、振り込みなど、お金のやり取りや管理

       が主な役割です。一方で証券口座で現金のまま

       置かれることはあまりありません。

 

 

 

 

 

  Q」  証券口座で購入できる金融商品には何がありますか

 

 

 

   A」  株や債券、投信、上場投資信託「ETF」、不動産投資

       信託「REIT」などです。ただし、株やREITなどが購入

       できるのは証券会社のみです。それ以外の金融機関

       で開設すると、直接購入できるのは投信や国債などに

       限られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

     以上のように、最近は金利があまりに低いので

 

    預貯金から他の金融商品に変えていこうとしている

 

    「国の金融政策で税金がかからない商品が出ていま

 

    す」傾向です。皆さんも、是非、資産の運用を勉強して

 

    されることをお勧めします。