毎度!金光塾塾長の金光です。


某ブログで出ていたので、僕の見解を・・・

 

 

個人的には、どっちでもいい。

 

どちらが正解というのはないと思っています。

 

僕、割とインクっていいます。w

 

怒られちゃいそうですけど・・・汗

 

 

粘度が高いものをインキ、低いものをインクって、識別されている方もいらっしゃいますが・・・

 

だったら、フレキソインキ、グラビアインキっていうのはなぜでしょう??

 

フレキソもグラビアもシャバシャバの液体ですけどね・・・

 

まぁ、そりゃ、水よりは粘度高いでしょうが・・・

 

 

 

インキジェットとは言わない!インクジェットっていうでしょ!って、それ、ただの習慣だと。

 

 

 

ちなみに、シール印刷用のインキを主に作られている、久保井インキ株式会社っていう会社があるのですが、

 

そちらのブログにこんな記事がありました。

 

 

色々、色のお話し(第二回)インキ?インク?

 

 

僕の見解とほぼ同意です。

 

このブログにあるように、マジックインキや、シャチハタさんの補充インキなんかも粘度の例からは外れますよね。

 

 

 

言葉(用語)は、正しく使わないといけないという考えは、賛成です。

 

ただし、正解がないものを一方的な考えで、こうじゃないとダメだ!と、反対派を否定や非難するのは、いかがかと・・・

 

インキ?インク?に関しては、結局はただの習慣なんですよねぇ・・・

 

個人的には、そんなことどうでもいいので、若い人には、もっと印刷の本質に向き合ってほしいなって思います。

 

 

 

 

あっ、おかげさまで、コンサルティングのお問い合わせは、少しずつ頂いております。

 

近日中に契約まで行きそうな会社様もあり、まずは順調な滑り出しといったところでしょうか?

 

また、講演の依頼も続々と頂いております。

 

 

 

東京都正札シール印刷協同組合青年部様(10/21:ウェビナー)

 

九州シール印刷協同組合様(11/13:現地開催)

 

東北シールラベル印刷協同組合様(1/21:ウェビナー)

 

 

 

みなさんのお役に立つことが出来るように、精一杯頑張ります!