不登校セラピーブログ

不登校セラピーブログ

不登校カウンセラーによる、自発的な再登校と根本的な改善をもたらす不登校専門カウンセリング

初めまして、不登校専門カウンセラー、不登校セラピー代表の新井てるかずと申します。

私は日本で最初に不登校を専門に研究し始めて、2010年に不登校の原因と解決法を理論的に解説した日本で初めての専門書を出版しました。

私の元には「心療内科、スクールカウンセラー、一般的なセラピストに相談したけれども、一向に解決できなかった。」というお悩みが、全国から寄せられています。

これまで13年間、1400件の相談経験から、2018年に不登校の真の原因「役立たず不安」を解明し、科学的に解決することで、不登校解決率100%※を達成しました。

不登校解決率100%を記念して、新井てるかずから無料プレゼントがありますので、こちらからダウンロードください。
↓↓↓
「言葉がけを変えて不登校を解決する無料レポート」


アメブロでも、不登校の解決に役立つヒントをお伝えしていますので、どうぞご活用ください。

不登校のお子さんを持つ

多くの親御様に共通する点があります。

 

 

それは一体、何だと思いますか?

実は多くの親御様は

「過干渉」を行ってしまっているのです。

 

 

この「過干渉」は子供の

自己肯定感を大きく下げてしまいます。

 

 

実際に「過干渉」を行っている

親御様たちの話を伺っていて、

気づいたことがあります。

 

 

それは、親御様たちは

まったく悪気はなく

こんな気持ちで干渉しているのです。

 

 

「この子のタメだ。」

 

 

「この子が人に迷惑を

かけてはいけないからだ。」

 

 

「この子ができないから

私が手出しするんだ。」

 

 

「この子を正しい方向に

導かなければならない!」

 

 

「この子は放っておくと、

間違った方向に行ってしまう…」

 

 

しかし実は深く話を聞いていくと、

干渉をしてしまう本当の原因は

そうではないことが分かりました。

なぜ、親御様は過干渉してしまうのか?

 

 

それは親御様ご自身が

「不安」だからです。

 

 

「ちゃんと育てないと、

世間様からどう思われるかわからない。」

 

 

「姑から何を言われるかわからない。」

 

 

「我が子の将来に対して、

自分が手を差し伸べないと
子供がダメになるのではないか?」

 

 

こんな強い不安を感じて

子供に過干渉してしまっているのです。

 

 

みなさんはお気づきでしょうか?

 

 

実は子供に干渉すればするほど

逆効果になってしまっているのです。

 

 

その理由は、子育てにおいて、

親が不安に突き動かされて

行動すると100%

「失敗・悪い結果」を招くからです。

 

 

だからこそ、親御様ご自身が

過干渉をしてしまっていることに

気づき、お子さんへの接し方を

変えることができれば

必ずや不登校解決は近づきます。

 

 

ぜひ、皆さんも子供に対して

過干渉をしてしまっていないか

振り返ってみてください。

追伸:

 

現在、私が個別にご指導している

不登校を100%解決する

ホンモノ共感の言葉がけの

実例をまとめた特別レポートを

今だけ無料プレゼントしています。

 

 

実際にそのまま使える

言葉がけと接し方の事例を

豊富にご紹介しています。

 

 

読んだ方の3割は専門家に相談せずとも

自分の自己肯定感を高めて

子供の不登校も解決しています。

 

 

今だけ無料でプレゼントしていますので

ぜひ子供への言葉がけと接し方に

活用してみくださいね。

 

 

新井てるかずから無料プレゼント

「言葉がけを変えて不登校を解決する無料レポート」

 

https://xn--1ck7b2cxds17qqy6a18u.jp/present/?ameblo