アスリート/プレイヤーとしての基本を

テーマ:

若手の選手数名に自分のやりたいことをもっと明確にし、細分化するよう伝えた。
彼女らの話を掘り下げて聞いてみたところ、具体性が乏しく、思っていることをやっていない現状がある。また掘り下げ方も浅く、部活程度の考えしか無い。高校時代はそこまで追求されていないから、考えもしなかったようだ。

練習での各メニューに対して目標設定等、当たり前のことができていない原因がここにある。これはある程度プレーをできてきた選手に多く、学生時代にそこそこできていれば指導者は何も言わないことが多いようだ。

時代の流れというか、現実を思い知る。
もちろんそういった指導者ばかりではないが、クラブに来てくれた以上、アスリート/プレイヤーとしての基本をしっかり叩き込まなければならない。

伝えているという思い込みと実際伝わっているかの現実をしっかり見極め指導していきたい。


時には待ちで

テーマ:

ここ数日は同様に選手主体の練習。
メニューを立て、どのような目的を持ち個々がどういった感じで練習を進めているか、実際中身が見える選手・見えない選手がいる。
指摘せずそのままやらせているのだが、それは自分が気づかないと意味がないからだ。

人間を伸ばすのは辛抱が必要だなとつくづく思う。
選手の待ちはあってはならないが、時には監督の待ちはあったほうが良いかもしれない。


先日の敗戦から時が経っていく中、果たして何人の選手がそれを心に留めているだろうか、ということをふと考えることがある。
今やっていることが全てで、それは選手たちが出した結論だと思いながら練習を見ている。
その評価は後日の大会に必ず出る。それをまた受け止めながら練習に没頭していくのが選手の務め。その繰り返しの中、何を感じ想うかだろう。

決して暗くて辛い世界ではなく、楽しみで仕方ないと感じてくれたら最高なことだと思っている。


この負けを意味のあるものに

テーマ:

先日の敗戦(クラブ選手権九州予選)を受けて。

試合は選手がやるもの。

正直、監督は選手を変えること、得点を取るため、取られないためのサインやアドバイスしかできない。

選手に発破をかけ、その気にさせることはいくらでもできるが、それはこのチームができた頃の話。

3年間主力メンバーが入れ替わっていない現状で、実際進化していない姿をみると、自分たちの手で勝利を掴み取る実感を持ちながらプレーしていたか疑問が生じる。


誰が監督であっても、選手が自分達で試合をするという基本は身につけてほしい。


叱責や指示待ちの世界ではレベルアップは望めず、上を目指すのであれば通用しない。


今その狭間にきている。

だからこそ今一度しっかり考え対処していきたい。

この負けは今後を左右する今までで一番意味のあるものとして全員が心しなければならない。