結局は自分から

テーマ:

ある選手のポジションを従来からやっていたところに変更したところ、活き活きと守るのが印象だった。本当はそうでないポジションだとしても元気よくやってほしいと願っているが、中々そういう訳にもいかない現実を見ると、どこに行っても自分を見いだせるような力をつけていかなくてはならないと気づかされる。
ポジションだけの問題ではなく、生きていく上でも自分から何かをする、考え出すという意欲的に動くことは大切だと思っている。
言葉で表すなら、「やる気があって行動できるか」があるかないかだと考えている。

また、ある選手が練習でミスをし、下を向いている傾向に奮起を促したい。
少々ミスが出たくらいで落ち込んでいる暇はない。情けないと感じているようだが、そこの強い思い込みがプレーに集中していないことになっている。情けないとか恥ずかしいとか他人には見えない感情であり、自分がいかにそれをポジティブ変換できて行動に表すかだと思う。
いつもそこにぶち当たっている。選手には感情のループの変換が必要。いつも同じ情けなさや悔しさばかりが先にくる。1本ミスしたらもう1本というしつこさで向かっていかなければ打破できない。自分との勝負だ。
人はいろんな気持ちに妥協したり負けたりする。そんな時どうするかだと思っている。


共通しているのは『自分から行動』。

 


 

自信を持つ

テーマ:

少しずつだが選手が変わりつつあるように思う。
自分たちで突き詰めるところを流さないで、互いにコミュニケーションを取りながら練習をやっていた。

選手には今から来年のクラブ選手権や総合選手権の県・九州予選をイメージしながら毎日の練習を頑張るようにと伝えた。そんな先のことと思わず、今年の悔しさがあるならプレイヤーとして当然のことで、悔いたことを力に変え、練習の中身を変え、やり続けなければならない。必ず結果が出る保証はない。しかし、出るよう努力を続けていくことがメンタル強化にも繋がり、自信となって返ってくることは間違いない。

自信を持ってプレーできることで、やっとスタートラインに立てる。
そこからが重要で、その先もまたその先も次々と色々なことが訪れるのだが、自信が持てるような練習をしておけば、必ず乗り越えられる強さが身につき、諦めない精神が宿る。
その光景を一人ひとりに見てほしいものだ。

アスリート/プレイヤーとしての基本を

テーマ:

若手の選手数名に自分のやりたいことをもっと明確にし、細分化するよう伝えた。
彼女らの話を掘り下げて聞いてみたところ、具体性が乏しく、思っていることをやっていない現状がある。また掘り下げ方も浅く、部活程度の考えしか無い。高校時代はそこまで追求されていないから、考えもしなかったようだ。

練習での各メニューに対して目標設定等、当たり前のことができていない原因がここにある。これはある程度プレーをできてきた選手に多く、学生時代にそこそこできていれば指導者は何も言わないことが多いようだ。

時代の流れというか、現実を思い知る。
もちろんそういった指導者ばかりではないが、クラブに来てくれた以上、アスリート/プレイヤーとしての基本をしっかり叩き込まなければならない。

伝えているという思い込みと実際伝わっているかの現実をしっかり見極め指導していきたい。